暮らしの達人 > 格安SIM > 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説

携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説

作成年月日 : 2020/06/25

携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説

この記事の内容まとめ

  • 格安SIMを含め、携帯会社との契約には必ず審査が行われる
  • 主に3種類の審査が行われる
  • SIMのみ契約することで、3つの審査のうち1つが行われなくなる
  • つまりSIMのみ契約することで審査に通りやすくなると考えられる
  • SIMのみ契約する場合、自分でスマホを用意する必要がある
  • その際、SIMロックやAPN設定など若干の知識が必要になる
  • それ以外には特にデメリットなし
  • さらにリンクスメイトならもう1つの審査も行われないので、より審査に通る可能性が高い
  • とは言え携帯会社の審査は厳しいものではない。審査よりも料金や通信速度を考慮するとLINEモバイルがおすすめ

「SIMのみ契約することで、携帯会社の審査に通る可能性が高まる」なんて言われることがあります。なぜなら、SIMのみ契約することで、携帯会社が行う審査のうちの1つが行われなくなるからです。

携帯会社ではどのような審査が行われるのか、そしてSIMのみ契約することにはどんな注意点があるのか、それぞれまとめて詳しく解説していきます。

携帯会社で行われる審査は主に3項目ある

携帯会社で行われる審査は大きく分けて3つあります。

  • 契約に関する審査:契約する携帯電話会社に迷惑をかけていないか、申し込み内容に不備が無いかを確認する
  • TCAやTELESAによる携帯料金未払い履歴の審査:携帯電話料金の未納が無いかを確認する
  • CICなどによる個人信用情報の審査:クレジットカードなどの支払い遅延が無いかを確認する

それぞれについて以下では詳しくご説明します。

目次へ戻る

1.契約に関する審査

携帯電話の契約に関する審査は、クレジットカードやローンの審査とは少々意味合いが異なります。

この審査は信用力を確かめる意味合いではなく、申し込みをした会社へ過去に迷惑をかけていないかを確認するものです。

例えば短期間で契約と解約を繰り返していたり、過去に滞納を繰り返していたりしていないかを確認されます。

それ以外にも申し込みに際して基本的な確認も実施されています。

例えば申込み内容と本人確認書類の内容に相違がないかが確認されます。

MNPを利用した乗り換えの場合は、乗り換え元の情報と今回の申し込み内容に相違がないか確認されます。

審査は必ず実施されますが、その内容は基本的な事項の確認であり、そこまで厳しいものではないと思われます。

目次へ戻る

2.TCAやTELESAによる携帯料金未払い履歴の審査

一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

画像引用元:一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)(2020年5月27日取得)

携帯電話料金の支払い状況を管理する、TCAやTELESAを利用した審査も実施されます。

これらの機関には加盟している携帯会社の利用者が、料金の支払い遅延を引き起こしていないかどうかが記録されています。

携帯会社の大半は上記どちらかの機関に加盟し、申込者が他社で支払い遅延などを起こしていないか相互に確認可能です。

例えばB社で支払い遅延を引き起こしながらA社に申し込みをした際、A社がTCAに照会をするとB社での支払い遅延が判明してしまうということです。

携帯会社からすれば毎月携帯料金の支払いをしてもらえるかどうかは重要なポイントです。

それを確認するために情報機関を活用した審査が実施されています。

目次へ戻る

3.CICなどによる個人信用情報の審査

指定信用情報機関のCIC

画像引用元:指定信用情報機関のCIC(2020年5月27日取得)

CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターの信用情報を利用した審査も実施されます。

信用情報にはクレジットカードの支払い履歴や各種ローンの支払い履歴などが記載されています。

審査で利用される可能性のある情報は、これらの支払いが遅延なくできているかどうかです。

クレジットカードやローンの支払いが遅延していると、携帯電話の支払いも遅延すると判断されてしまいます。

結果、携帯会社はリスクを回避するために、審査落ちにすることが考えられます。

なお、この信用情報はすべての携帯電話会社で確認されるわけではありません。信用情報機関に加盟していない会社も多数存在しています。

また、端末を一括で購入する場合は、加盟していても確認されないケースがあるようです。

信用情報に不安がある場合は、端末を一括購入することで審査を避けられる可能性もあります。

目次へ戻る

SIMのみ契約なら3の審査は行われない

SIMのみの契約であれば、3番の審査は実施されません。

その理由は基本的に3番の審査は、端末を分割購入する時に利用されるからです。

端末の購入をしないSIMのみの契約であれば、信用情報を参照する必要がありませんので、そのぶん審査に影響する可能性も低くなります。

目次へ戻る

TCAやTELESA非加盟の会社なら2の審査は行われない

携帯電話会社の中でもTCAやTELESAに加盟していない会社であれば2番の審査は実施されません。

これは単純な理由であり、支払い状況はそれぞれの機関に加盟している会社のみが参照できるからです。

加盟していない会社では参照ができず、審査に利用することは不可能です。

加盟している会社は多くありますが、加盟していない会社であれば審査への影響は低くなります。

目次へ戻る

2や3に心当たりがないのに審査に落ちる理由

上記の2番や3番に該当しないにも関わらず、携帯電話の審査に落ちてしまうことがあります。

その理由として特に考えられるのは、上記の1番に該当することです。

特にMNPを利用して乗り換えでの契約をする場合、うっかりミスで名義の不一致が発生してしまうことがあります。

厳密な確認が行われていますので、ちょっとしたミスで審査に落ちることは十分あり得ます。

MNPを利用する時もそうではない時も、申し込み内容は今一度確認するよう意識しましょう。

もし内容間違いが原因で審査に落ちてしまったと思われる時は、改めて申し込みが可能です。

最初の申し込み時に名義間違いなどが疑われる場合は、内容を改めてよく確認してから申し込みをしましょう。

目次へ戻る

SIMのみ契約の注意点

SIMロックに要注意

SIMのみを契約するときはSIMロックに注意をしましょう。

携帯電話会社でSIMのみを契約する場合、端末は自分で用意をしなければなりません。

この時に用意した端末にSIMロックがかかっていると、SIMを契約しても通信ができないおそれがあります。

SIMロックとは簡単に説明すると、端末ごとに利用する回線が固定されていることです。

例えばドコモの端末にはドコモのSIMロックがかかっていて、ドコモの回線しか利用できなくなっています。

auやソフトバンクについても同様のSIMロックが存在しています。

このようなSIMロックがかかっている端末を利用する場合、利用できる端末と回線の組み合わせを考慮したSIMを契約しなければなりません。

なお、このようなSIMロックのかかっていない、SIMフリー端末も存在します。

そのような端末を利用すれば、回線の種類について気にする必要はなくなります。

目次へ戻る

動作確認端末を確認しておく必要あり

各携帯電話会社がどの端末に対応しているか事前に確認が必要です。

自分の持っている端末はSIMフリーであり、どの回線でも安心だと考えている人もいるでしょう。

しかし、実際にはSIMフリーの端末でも利用できない携帯会社と端末の組み合わせがあります。

このような事態を避けるためには、各社がネットで公開している動作確認端末を事前に閲覧することが重要です。

自分が利用する予定の端末が動作確認端末に含まれているかどうか、確認してから契約をしましょう。

目次へ戻る

APN設定が必要になる場合あり

自分で用意した端末を利用する場合、APN設定が必要になることがあります。

こちらの設定は自分で契約したSIMで、データ通信をするために必要なものです。

詳細な手順は割愛しますが、簡単にご説明をすると契約した携帯会社が提供するプロファイルを端末に設定する作業です。

設定はファイルをダウンロードするだけですので、短時間かつ簡単に終了します。

ただ、ファイルをダウンロードするためには、Wi-Fi環境が必要です。

SIM以外のネットワーク環境が必要になることは意識しておきましょう。

目次へ戻る

SIMのみ契約可能な格安SIMの料金を比較

主要格安SIMの料金比較

会社名 音声通話SIM3GBプランの料金(税別)
LINEモバイル
LINEモバイル
1,480円
mineo
mineo(Dプラン)
1,600円
UQモバイル
UQモバイル
1,980円
ワイモバイル
ワイモバイル
2,680円

主要格安SIM会社における、音声通話3GBSIMの料金を比較しました。料金で選ぶ場合、後述するLINEモバイルがおすすめです。

目次へ戻る

SIMのみ契約でおすすめな格安SIM

リンクスメイト:TCA、TELESA非加盟で審査に不安な人におすすめ

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM(2020年5月26日取得)

お申込みはこちら

リンクスメイトはTCA、TELESA、CICなど各種情報機関に加盟していない携帯会社です。

これらの情報が審査に影響することを心配する人でも、安心して申し込みが可能です。

また、格安SIMの中でも料金プランが豊富であることが特徴です。

例えば通話SIMであれば最安970円(税別)から契約が可能です。

他にも契約期間の縛りがないメリットもあります。

ただ、解約時には3,000円の手数料が発生しMNP転出時にはさらに2,000円の手数料が発生する点は注意しましょう。

リンクスメイト
  • 月額500円(税別)の「カウントフリーオプション」追加でYouTubeや各種ゲームアプリの通信量が9割削減
  • ゲーム連携で、対象ゲームで使える特典が入手可能
  • TCAやCICなどの情報共有機関に未加盟
回線種類 ドコモ
縛り なし

過去に滞納を起こしたなど、ネガティブな原因で携帯の審査に落ちそう(落ちた)人は、リンクスメイトに申し込んでみるべき。この会社は各情報共有機関に未加盟なので、他社でのネガティブな情報が共有されない。

お申込み

目次へ戻る

LINEモバイル:低価格で通信速度は良好の高コスパ

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

LINEモバイルは料金に対して通信の品質が良く、コストパフォーマンスの良い携帯会社です。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(7/6時点)

MVNO キャンペーン内容 契約プラン条件 1年間の料金(税別) 初期費用(税別) 期限
楽天モバイル
楽天モバイル
1年間2,980円引き(無料) UN-LIMIT(先着300万名) 0円 3,000円 先着300万名
LINEモバイル
LINEモバイル
1ヶ月間1,480円引き(無料)
+7,000ポイント還元
音声3GB以上 7,800円(音声3GB) 3,000円 未定
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
6ヶ月間1,200円引き(無料) 音声3GB以上 12,000円(音声3GB) 3,000円 未定
nuromobile
nuromobile
3ヶ月間100円(1,300円引き) なし 11,500円(Sプラン) 3,000円 未定
mineo
mineo
6ヶ月間800円引き 音声3GB以上(MNPのみ) 14,400円(音声3GB) 3,000円 8/2
イオンモバイル
イオンモバイル
3,000WAONポイントプレゼント MNP契約 15,960円(音声4GB) 3,000円 8/31

低価格な格安SIMを探している人におすすめの携帯会社です。

主要格安SIMの通信速度比較(5/29-6/4の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.3Mbps 12.9Mbps 13.1Mbps 12.6Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
13.5Mbps 4.0Mbps 13.1Mbps 8.8Mbps
mineo
mineo(mineo)
7.4Mbps 2.6Mbps 5.7Mbps 7.1Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
9.9Mbps 2.6Mbps 3.6Mbps 7.0Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
8.2Mbps 8.0Mbps 7.0Mbps 6.7Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
8.6Mbps 2.1Mbps 2.7Mbps 6.3Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
8.8Mbps 2.7Mbps 5.9Mbps 5.6Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

また、低価格な格安SIMであるだけではなく、比較的通信速度が安定していることも特徴です。

安い格安SIMは通信速度が遅くなることもありますが、LINEモバイルではその心配も小さくて済みます。

他にもLINEが提供する格安SIMですので、LINEの利用は無制限であることも特徴です。

LINEであれば長電話をしても支障がありませんので、LINEの利用を中心にコストパフォーマンスの高いSIMを求める人におすすめです。

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

ここまで紹介した通り、過去に何か問題を起こしたとかでなければ普通に審査に通るだろう。何も心当たりがなければ、コスパが高いLINEモバイルに申し込むことをおすすめする。LINEモバイルは他社よりも料金が安いわりに、通信速度も速い。後悔しにくいおすすめ格安SIMだ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が最大2ヶ月間無料

さらにキャンペーンコード入力で最大7,000円相当プレゼント!抽選で10人に1人に3,000円相当も当たる!
【LINE Pay残高で付与:PB071】
【LINEポイントで付与:LN071】

お申込み

目次へ戻る

まとめ:審査が不安ならSIMのみ契約で申し込もう!

格安SIMの審査が不安な場合は、SIMのみの契約をするようにしてみましょう。

そのような契約をすることで、端末も含めて契約する時よりも審査に通過しやすくなります。

特に格安SIMは端末と一緒に契約をしてもSIMのみ契約をしても月額料金は変わりません。

SIMのみを契約したからといって損をするなどのデメリットはありませんので、安心して申し込むことをおすすめします。

目次へ戻る

関連記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線