暮らしの達人 > 格安SIM > 審査 > 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介

携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介

作成年月日 : 2021/05/17

携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介

実は携帯会社の審査は、クレジットカードやローンと比較するとめちゃくちゃ甘いです。自己破産歴や滞納歴があっても審査に通る可能性があります。審査が甘い会社を探している人は、まず携帯会社の審査について知っておかないと、無駄な努力をしてしまう可能性があります。

まずは審査の仕組みを解説し、その後審査が甘い携帯会社を2社紹介します。

おすすめ携帯会社3選

使わない月は無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天モバイルの料金は1ヶ月間のデータ使用量で変動する。1GB以下ならなんと無料で、20GBを超過しても3,278円(税込)で打ち切り。Rakuten Linkからの発信なら通話料金も無料。

申込み

通信速度最強

uqmobile UQモバイル

一般的に格安SIMはキャリアよりも通信速度が遅くなる。しかしUQモバイルはキャリア並みの通信速度であり、通信速度で選ぶなら最有力。プランM/Lなら制限時も最大1Mbps。

申込み

豊富なプランから選択可能

イオンモバイル イオンモバイル

500MBから50GBまで、データ容量に応じて17種類のプランあり。たくさん使う人も少量で使いたい人も検討してみよう。料金自体も他社と比較して安め。

お申込み

まず携帯審査に落ちる主な理由を知ろう

実は携帯審査に落ちる主な理由は限られています。

これらの理由に該当する人のみが形態の審査に落ちると言っても過言ではありません。

最初にどのような条件に当てはまる人が、携帯審査に落ちてしまうのか理解しておきましょう。

目次へ戻る

過去に携帯料金を踏み倒したことがあると審査に落ちる

過去に携帯電話料金を滞納し強制解約されていると一次審査に落ちてしまいます。

その理由はこのような状況で強制解約された場合、完済するまであるいは5年間その履歴が残る仕組みがあるからです。

支払い状況は専用の団体が管理していて、TCAまたはTELESAと呼ばれています。

携帯電話会社はどちらかの団体に加入していて、過去に携帯料金を踏み倒し強制解約されていないか確認できるようになっています。

なお、この情報は加盟している携帯電話会社間で参照されます。

そのため携帯電話会社を変えたとしても、TCAやTELESAに加盟している携帯電話会社では、強制解約された事実をごまかせず会社を変えるだけ無駄です。

目次へ戻る

MNP契約の場合は本人情報が異なると審査に落ちる

MNP契約の場合は本人情報に問題があることで審査に落ちている可能性があります。

もしMNP契約で審査落ちし、過去に支払いを滞納した経験がない場合は、乗り換え前と後の会社で住所や名義が不一致だった可能性を考えましょう。

MNP契約をする場合の基本的なルールとして、乗り換え前の会社と後の会社で住所や名義が一致していなければなりません

家族など名義が違う場合はMNPができなくなっています。

本人でも契約している住所が異なると、本人確認ができずに審査落ちしてしまうルールとなっています。

もし前の会社の契約時から引っ越しているような場合は、まず前の会社で住所の変更手続きからしなければなりません。

目次へ戻る

個人信用情報や借金は審査に影響しない

審査といえばクレジットカードやローンを思い浮かべる人も多いでしょう。

これも確かに審査ではありますが、携帯電話の審査ではこれらのように個人信用情報は参照されません。

信用情報は用途が決められていますので、携帯会社の審査には影響ないのです。

そのため、個人信用情報に掲載されている金融商品の滞納履歴や自己破産歴は携帯電話の審査には影響しません。

ただ、携帯電話本体を分割払いで購入する場合は、携帯電話会社でも個人信用情報を確認する可能性があります。

もし個人信用情報を確認されたならば、分割払いの審査に影響する可能性があります。

なお、分割払いは必ず個人信用情報を確認するとは限らず、携帯会社だけの判断で審査されるケースもあります。

とはいえ個人信用情報に問題があったとしても分割契約ができないだけです。

携帯電話会社との契約そのものには影響がありません。

目次へ戻る

携帯審査は甘いのが普通でよほどでないと審査落ちしない

基本的に携帯電話のの審査は甘いと考えて良いでしょう。

例えばクレジットカードのように「年収が低い」「無職」などの理由で携帯審査に落ちる可能性は無いのです。

これが普通であり、よほどの状況でなければ審査落ちするようなことにはならず、審査は甘いと言えます。

ただ、全く審査に落ちないわけではなく状況によっては審査に落ちてしまう場合も見受けられます。

審査落ちする人が居るのは事実ですが、このような人の理由の大半は書類不備により本人確認ができなかったなどです。

再申し込みで、申込内容に間違いが無いか確認し、本人確認書類も適切に最新のものを提出すれば問題なく審査には通過できるはずです。

目次へ戻る

それでも審査に落ちた人におすすめする携帯審査甘い会社

ご説明したとおり携帯審査は甘いもので、クレジットカードやローンとは大きく異なります。

ただ、そのような状況でも審査に落ちてしまう人がいるのは事実です。

そのような人でも審査に通過できる可能性のある、おすすめの携帯会社をご紹介します。

目次へ戻る

イオンモバイル:不払者情報の交換に非参加

イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2021年4月19日取得)

お申込みはこちら

イオンモバイルはTELESAに加盟しているものの、「不払者情報の交換」に参加していません。実はこの「不払者情報の交換」こそがブラック情報を共有するシステムであり、これに参加していない会社であれば、他社での不払履歴が不問になる可能性が高いと推測できます。つまりイオンモバイルは他社よりも審査が甘いと言えるためおすすめです。

また、イオンモバイルはそもそも他社よりも料金が安いという魅力があります。

格安SIM5社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB 1,023円 - - - -
1GB 1,078円 1,078円 1,298円 - -
2GB 1,188円 - - - -
3GB 1,298円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,408円 - - - -
5GB 1,518円 - 1,518円 - -
6GB 1,628円 1,870円 - - -
7GB 1,738円 - - - -
8GB 1,848円 - - - -
9GB 1,958円 - - - -
10GB 2,068円 - 1,958円 - -
12GB 2,178円 3,740円 - - -
14GB 2,288円 - - - -
15GB - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,398円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円
30GB 4,378円 8,195円 - - -
40GB 5,478円 - - - -
50GB 6,578円 - - - -

したがって、審査が甘い会社を探しているのならイオンモバイルを検討してください。

イオンモバイル
  • 不払者情報の共有に不参加!携帯ブラックでも審査に通る可能性あり
  • 500MBから50GBまで17通りのプランあり
  • 余ったデータは翌月繰越可能

イオンモバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ容量 月額料金(税込)
500MB 1,023円
1GB 1,078円
2GB 1,188円
3GB 1,298円
4GB 1,408円
5GB 1,518円
6GB 1,628円
7GB 1,738円
8GB 1,848円
9GB 1,958円
9GB 2,068円
12GB 2,178円
14GB 2,288円
20GB 2,398円
30GB 4,378円
40GB 5,478円
50GB 6,578円

回線種類 ドコモ、au
縛り なし

イオンモバイルは過去に強制解約を執行された「携帯ブラックの人」でも審査に通る可能性あり。審査が甘い会社と言える。さらに月々の料金プランも格安SIMの中では安い部類に入る。

キャンペーン情報

対象スマホとのセット契約で最大5,000WAONポイントプレゼント!

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:クレジットカードなしでも契約可能

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

楽天モバイルは口座振替で申し込みが可能な携帯電話です。

また、口座振替でなくとも審査なしで発行できる楽天デビットカードやスルガ銀行デビットカードでの支払いも可能です。

これらの支払い方法が利用できますので、クレジットカードを持てない人にも楽天モバイルは契約ができます。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税込) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
110円 3,278円/無制限※1
3ヶ月無料
なし
UQモバイル
UQモバイル
※2 なし 2,178円/3GB なし
mineo
mineo
× - 1,518円/5GB なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1,540円/3GB※3 1年(違約金10,450円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× ※4 なし 2,178円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:Dプランの料金です。
※4:ショップ店頭でのみ手続き可能です。

また、現在楽天モバイルは月間データ使用量1GB以下であればその月は料金が無料になるすごい料金プランを提供中です。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

これほどの料金プランを打ち出しているのは、楽天モバイルが後発のキャリアだからと考えられます。

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに並ぶために赤字覚悟のプランを提供している状況です。

そのような状況ですので、利用者数をどんどんと獲得するために、審査が甘くなっている可能性が高いのです。

楽天モバイル
  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは特別審査が甘いわけではない。しかしユーザーを増やすために赤字覚悟のキャンペーンを開催するなど、ユーザー確保に躍起になっているのは確かだ。このタイミングなら審査に通りやすいかもしれない。データ使用量1GB以下なら料金無料というのも大きな魅力。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

携帯審査はどこも甘い!本人情報の一致だけ気をつければOK

携帯電話会社の審査基準はどの会社を選択してもほとんど同じです。

そもそも審査は甘いも厳しいもほとんどなく、審査の難易度を意識する必要はないでしょう。

どちらかと言うと審査は甘いものに分類されますので、審査について心配する必要はほとんどありません。

審査に落ちてしまった場合は書類不備の可能性が高くなっています。

そのため審査の甘い携帯会社を選ぶよりも、まずは書類などに間違いや不一致などの不備がないかしっかりチェックするようにしましょう。

ここを意識して再度申し込みをすれば、それだけで審査に通過できる可能性が十分にあります。

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元
  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
UQモバイル
au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ契約で、くりこしプランM/Lなら10,000円、Sなら6,000円キャッシュバック!!新規契約の場合は3,000円キャッシュバック!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!
2021/06/16まで
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
mineo
暮らしの達人経由での新規契約で、最大1.5Mbpsで通信できるオプション「パケット放題Plus」が3ヶ月間無料!
2021/08/31まで

目次へ戻る

関連記事一覧

携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 使わない月は0円 携帯ブラックOK 楽天モバイル解説