暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIMの大容量プラン(20GB以上)は安くて便利!ポケットwi-fi代わりにもなるおすすめ格安SIMを紹介

格安SIMの大容量プラン(20GB以上)は安くて便利!ポケットwi-fi代わりにもなるおすすめ格安SIMを紹介

公開年月日 : 2019/10/18

キャリアに大容量プランがあるように、格安SIM(MVNO)にも大容量プランを用意している業者があります。もちろん大容量プランでも「格安」に変わりはないので、4,000〜5,000円程度で使い切れないほどのギガを保有することが可能です。

この記事では大容量プラン=20GB以上のプランがある、と定義し、その中でも料金が安いなど優れたメリットを持つ格安SIM業者を厳選し、紹介していきます。「もう速度規制なんて受けたくない!」という人はぜひ参考にしてください。

コスパ最強!格安SIM+モバイルルーターなら最もお得に大容量が使える!

FUJI Wifiの特徴 - FUJI-Wifi Official

画像引用元:FUJI Wifiの特徴 – FUJI-Wifi Official(2019年10月08日取得)

まず最もおすすめなのは、いきなり変化球ですが、格安SIMとは別にモバイルルーターを契約することです。モバイルルーターとは「ポケットWi-Fi」とも呼ばれ、電源をオンにすることでWiFiが使えるようになる端末のことです。

モバイルルーターは2年契約などの縛りがあることが普通ですが、FUJI Wi-Fiなら全く縛りがなく、いつでも無料で解約できます。また、大容量プランの料金も安いのでおすすめです。実際に私は200GBプランを契約し、快適に利用中です。

FUJI Wi-Fi料金プラン一覧
25GBプラン:2,500円(税別)
50GBプラン:3,100円(税別)
100GBプラン:3,800円(税別)
200GBプラン:4,800円(税別)
いつも快適プラン:6,000円(税別)
WiMAX2+with au4G LTEプラン:3,200円(税別)

大手格安SIM業者の「mineo」のデータ通信のみAプラン20GBの場合、料金は3,980円(税別)です。いかにFUJI Wi-Fiの方が安いかがわかると思います。

さらに格安SIMと組み合わせた場合の料金プランは以下の通り。

契約モデル
mineoデュアルタイプAプラン(3GB):1,510円(税別)
FUJI Wi-Fi25GBプラン:2,500円(税別)
合計:4,010円(税別)
mineo単体との比較
mineoデータ通信のみAプラン20GB:3,980円(税別)
mineo通話音声付きAプラン20GB:4,590円(税別)

以上の通り、1つの回線を使うよりも格安SIM+FUJI Wi-Fiにした方がお得で、尚且つたくさんのデータを使うことができます。ぜひ検討してみてください。

FUJI Wi-Fiに申し込む

格安SIM1枚で済ませたい人におすすめする、大容量プランがあるMVNO

いくらコスパが高いとはいえ「ルーターを持ち歩くのは面倒!」という人も多いと思います。なので大容量プランが用意されている格安SIM業者の中から、料金が安いものを2社厳選して紹介します。

これらの業者ならいずれもテザリングが無料でできるので、先ほどとは逆にスマホをモバイルルーター代わりに使うことも可能です。

mineo:20GBプランが4,290円(税別)で使える!

料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

画像引用元:料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】(2019年10月16日取得)

先ほど比較対象として登場したmineoですが、格安SIM1枚で済ませたい!という人には最もおすすめします。

その理由は価格の安さ。いずれも他社よりも数百円安く提供しています。なお、mineoは回線の種類によって料金が変わります。特にソフトバンク回線を用いたSプランは結構高くついてしまいます。ソフトバンク回線で大容量プランが使えるのは珍しい特徴ですが、コスパは低めです。

音声通話付き20GBプラン
Aプラン:4,590円(税別)
Dプラン:4,680円(税別)
Sプラン:5,030円(税別)
音声通話付き30GBプラン
Aプラン:6,510円(税別)
Dプラン:6,600円(税別)
Sプラン:6,950円(税別)

さらにエココースなら、よりお得に利用できます。

エココースとは
月〜金の下記時間帯で最大速度200kbpsの速度制限が行われる代わりに割引が受けられるプラン。該当時間帯に使用する見込みがない方におすすめ。
  • 7:30〜8:30
  • 12:00〜13:00
  • 18:00〜19:00

土曜日・日曜日の速度制限はなし

音声通話付き20GBプラン(エココース)
Aプラン:4,290円(税別)
Dプラン:4,380円(税別)
Sプラン:4,730円(税別)
音声通話付き30GBプラン(エココース)
Aプラン:6,060円(税別)
Dプラン:6,150円(税別)
Sプラン:6,500円(税別)

音声通話付き20GBプラン(エココース)のAプランなら、20GBを4,290円(税別)で使えるため非常にお得です。料金プランは毎月無料で変更できるので、エココースに不満であれば通常コースに戻すこともできます。

mineoに申し込む

イオンモバイル:30GBの料金はmineoよりもお得!より大容量で使いたい人におすすめ

料金プラン|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:料金プラン|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2019年10月14日取得)

イオンモバイルは20GBの料金だと前述のmineoに劣るものの、30GBの場合はmineoよりもお得です。そのため、30GBプランでの契約を考えている人におすすめします。イオンモバイルはドコモ回線、au回線の2種類を扱っていて、どちらの回線を選んだ場合でも月々の料金は変わりません。

  • 音声通話付き20GBプラン:4,680円(税別)
  • 音声通話付き30GBプラン:5,680円(税別)
  • 音声通話付き40GBプラン:6,980円(税別)
  • 音声通話付き50GBプラン:8,980円(税別)

また、40GB、50GBというより大容量のプランを扱っているのも特徴です。しかし50GB使う場合はソフトバンクのミニモンスターの方が安いので、50GBだけはやめといた方が良いです。

イオンモバイルは大容量を家族と分け合って契約することも可能です。この場合、1人あたりの料金が安くなるのでこちらもおすすめします。

イオンモバイルに申し込む

番外編:1Mbpsで使い放題の楽天モバイル

楽天モバイル:スーパーホーダイ

画像引用元:楽天モバイル:スーパーホーダイ(2019年10月07日取得)

最後におまけとして楽天モバイルも紹介します。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」に申し込むと、ギガを使い果たした後でも最大1Mbpsで無制限に使うことができます。他社の場合、通信制限がかかると128kbpsや200kbpsに制限されますが、楽天モバイルはそのおよそ8倍あたりのスピードで利用できるわけです。

1Mbpsだと動画を高画質で見るにはちょっとストレスかもしれませんが、SNSやwebサイトを閲覧するには十分な速度です。

スーパーホーダイは最安プランでも2,980円(税別)がかかりますが、楽天会員なら1年間は1,480円(税別)で使えます。さらに楽天ダイヤモンド会員なら980円(税別)にまで下がります。

そして楽天モバイルは楽天のサービスだけあって、楽天スーパーポイントが貯まる、または、楽天スーパーポイントで支払うことも可能。ポイントがたくさん貯まる方なら、月々の料金をポイントで払うことで、通信費を実質無料にしちゃうこともできます。

少しトリッキーですが、大容量プランを検討している人は、楽天モバイルを選択肢に入れても良いと思います。ぜひ検討してみてください。

楽天モバイルに申し込む

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線