暮らしの達人 > 格安SIM > コラム > auの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめ

auの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめ

作成年月日 : 2021/07/21

auの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめ

「口座残高が0円で、auの料金の支払いが遅れてしまった!」そんな場合でも、数日であれば問題ないでしょう。しかしそれが1週間2週間と続くと、最終的には強制解約されてしまう可能性があります。

そうなるとauと再契約できなくなるだけでなく、最悪の場合住宅ローンや車のローンまで契約できなくなくなってしまう恐れもあります。詳しく解説していきます。

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適。だれでもモバイルのメリット・デメリットはこちらで解説

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

auの支払いが遅れた場合のリスクまとめ

滞納が続くと利息が増えていく

auの支払いが遅れていくと、支払いが遅延した日数に対して利息がかかります

これは遅延損害金と呼ばれているもので、期限までに支払わなかったことに対する損害を補償するものです。

ただ、難しい表現をしてもイメージしにくいと思いますので、支払いが遅れてしまうと利息がかかると考えておきましょう。

目次へ戻る

最終的に利用停止のうえ、強制解約される

auの支払いを滞納し続けると、催促状などで連絡が来ます。

もし支払いするのを忘れていただけであれば、このタイミングですぐに支払いをしましょう。

もし催促状が来ても滞納を続けると、そのまま利用停止になってしまいます

ただ、利用停止は携帯電話が利用できないだけですので、この場合は滞納分を返済すれば再利用可能です。

一方で利用停止になってからも滞納を続けると、最終的には強制解約されます。

強制解約されると二度とauでは契約できなくなってしまいます

事前に通知がありますので、強制解約されないように支払期日を確認して支払うことが重要です。

目次へ戻る

さらに他社の携帯審査にも通らなくなる

auで強制解約されると、auの携帯電話が契約できなくなるだけではありません。

実は「auの料金を支払わずに強制解約された」との情報は、他の携帯会社にも共有されます

そのため他の携帯会社で契約しようとしても、この情報が共有されているせいで契約を拒否されてしまうのです。

例えばauで強制解約された後にソフトバンクと契約をしようとしても、強制解約の事実が共有されていますので拒否されてしまいます

目次へ戻る

補足:分割しているスマホ本体代も含めて滞納するともっとヤバい

携帯電話に分割払いしているスマホの本体代も含めている場合は特に注意が必要です。

人によりますが携帯料金には「月々のプラン料金」「通話料金」「分割契約したスマホの本体代」の3種類が主に含まれています。

この中で「分割契約したスマホの本体代」が含まれているならば、より悪影響を与えてしまいます。

この点を認識できていない人がいますので、続いてご説明していきます。

目次へ戻る

長期滞納でクレジットカードやローンの契約ができなくなる

上記でご説明したスマホの分割契約は「割賦契約」と呼ばれるものに該当します。

この割賦契約中に61日以上をもしくは3ヵ月以上の滞納があると、個人信用情報に記録されてしまいます

個人信用情報はクレジットカードやローンの際に確認されるものです。

この情報を確認し、他の会社で支払い遅延があるかどうかを確認するのです。

もし支払い遅延の履歴があると、ほぼ間違いなくクレジットカードやローンの審査に落ちてしまいます。

そのため、長期滞納すると、今後家を買ったり車を買ったりする際に、ローン契約ができず一括払いするしかなくなってしまいます。

目次へ戻る

スマホ本体を含まないなら強制解約されてもまだなんとかなる

スマホの分割契約をしておらず、auの支払い料金に本体代を含まない場合は強制解約されても大きな問題ではありません。

なぜなら影響の範囲は携帯会社だけですし、強制解約の情報は完済するか5年経過すれば消えます。

強制解約されたとしても、時間が経過したりまとまったお金ができて支払いをすれば問題ないのです。

したがって確かにauとは再契約できなくなりますが、それ以外の会社であれば強制解約されても履歴を消せば契約可能です。

また、そもそも携帯会社の中には、上記でご説明している強制解約された情報を共有していないところがあります。

このような会社を選択すればauに強制解約された事実がバレませんので、強制解約されたすぐ後でも契約できる可能性があります。

目次へ戻る

スマホ本体代の分割契約をしているならお金を借りてでも返済するべき

一方でauの料金にスマホ本体代を含んでいる場合は、携帯以外にも悪影響の範囲が広がってしまいます。

そのためこの状況は絶対に避けるべきです。

もしどうしても支払いができないほど状況が悪いのならば、消費者金融からお金を借りてでも支払うべきです。

クレジットカードが持てないだけではなく、各種ローンの契約もできなくなると人生の選択肢がかなり制限されます

このような状況になるくらいであれば、一時的にお金を借りて乗り切った方がまだ良いでしょう。

目次へ戻る

auの支払い遅れ対策に消費者金融をおすすめする理由

実質的に未納分を分割払いできる

携帯料金の滞納分は原則として一括払いです。

auは以前は分割払いに対応していましたが、現在では一括払いが基本とされています。

しかし消費者金融でお金を借りて支払えば、その後の支払い先は消費者金融となります。

基本的に消費者金融は分割払いに対応していますので、実質的には携帯料金の未納分を分割払いに切り替えできます

消費者金融は余裕がある時に一括返済ができますので、強制解約を回避しながら自分のペースで支払いができるようになります。

目次へ戻る

消費者金融なら最短即日+30日間無利息期間あり

利用する消費者金融にもよりますが、大手消費者金融なら最短で申し込んだその日に融資を受けられます。

また、初めて利用する場合は、30日間の無利息期間が用意されているところが多い状況です。

つまり借り入れを開始してから30日間は、利息が発生しません

例えば30日以内に返済すれば、借りた金額をそのまま返すだけで良いのです。

一時的にお金がなくこの先に入金される目処があるならば、無利息期間をうまく使うことで無駄な利息を支払うことなく強制解約を回避できます。

目次へ戻る

auの支払い滞納は高リスク!絶対に避けよう

多くの人が携帯料金と一緒にスマホの本体代を支払っているはずです。

このような状態で支払いを滞納すると、非常に大きなリスクとなってしまいます。

そのため支払い遅延は絶対に避けるべきです。

もし支払い遅延が続き強制解約されてしまうと、携帯会社以外にも悪影響が出てしまいます。

クレジットカードやローンが契約できなくなってしまい、人生に大きな影響があるのです。

そのような状況になるくらいであれば、消費者金融で一時的に借り入れをした方がマシです。

auの支払い滞納が起きないように、必要に応じてお金を借りてでも対応するようにしましょう。

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

関連記事一覧

J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説 携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説 携帯審査に通るか確認する方法を解説携帯審査に通るか確認する方法を解説 携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO