暮らしの達人 > 格安SIM > コラム > 格安SIMのメリット・デメリットを徹底解説!キャリアから格安SIMに乗り換えたい人に覚えておいてほしいMVNO基礎知識

格安SIMのメリット・デメリットを徹底解説!キャリアから格安SIMに乗り換えたい人に覚えておいてほしいMVNO基礎知識

更新年月日 : 2021/12/17

格安SIMのメリット・デメリットを徹底解説!キャリアから格安SIMに乗り換えたい人に覚えておいてほしいMVNO基礎知識

この記事では、格安SIMのメリットデメリットを知ってもらうために、格安SIMが安い料金でサービスを提供できる理由や、キャリアと比較したメリットデメリットを紹介していきます。「興味はあるけれどなんか怖い…」という人に役立つと思います。

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

格安SIMとは?キャリアよりも安い料金でネット回線を提供できる理由

格安SIMは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から通信設備を借りてネットワークを提供しています。つまり、自分たちで通信設備を用意していないため、通信設備に対する投資が発生していないのです。

0から利用者にインターネット・電話回線を提供するには、設備投資や維持費など莫大な費用がかかります。しかし、格安SIM業者はキャリアから回線を借りることで、これらのコストを圧縮できるため、安い料金プランで提供できているのです。

また、格安SIM業者の多くは独立した店舗を持ちません。これによって更なるコスト圧縮に成功しています。同じような手法は、ネット銀行やネット保険でも見られます。

目次へ戻る

格安SIMのメリット

格安SIMにはどのようなメリットがあるのか、具体的にメリットを解説していきます。

目次へ戻る

文字通り「格安」で携帯電話が使える

格安SIMはその名のとおり格安で携帯電話を契約できます。格安SIMの料金の平均と大手キャリアの平均を比較すると、以下のとおり半額以下になります。

  • 大手3キャリア:平均5,853円
  • 格安SIM:平均2,510円

もちろん利用するプランによって料金は大きく異なります。ただ、平均で見ても格安SIMは大手キャリアの半額以下であるため、とにかく格安で携帯電話が使えるようになるのです。

目次へ戻る

キャリアと比較すると、プラン内容がわりとシンプル

格安SIMはキャリアよりも料金プランがシンプルになる傾向があります。キャリアは様々な割引を適用させた状態での料金が表示していることが多くあります。

しかし格安SIMは元々の料金が安く、また案内もシンプルです。大手キャリアと比較すると自分がどの程度の料金になるのかが掴みやすく、契約するかの判断がしやすいのです。

目次へ戻る

格安スマホとのセット販売でお得にスマホが使える

格安SIM業者はスマホ本体とのセット販売も行っています。キャリアと比較すると、扱っているスマホは最新機種ではないことが多く、種類も多くないもの、いわゆる格安スマホと呼ばれる安いスマホもあるので、安くスマホを持つことができます。

目次へ戻る

格安SIMのデメリット

格安SIMにはデメリットもあるため、続いてはデメリットについてご説明します。

目次へ戻る

混み合う時間帯は速度が遅い

格安SIMの大きなデメリットは、混み合う時間帯の通信速度が遅くなってしまうことです。特に利用者が多い日中や夕方などは、通信量が増えて通信速度が遅くなりがちです。

主要格安SIMの通信速度比較(5:00~8:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.21ms 60.0Mbps 16.57Mbps
UQモバイル 48.36ms 56.45Mbps 10.83Mbps
BIGLOBEモバイル 56.36ms 56.36ms 24.9Mbps
IIJmio 73.8ms 55.02Mbps 10.25Mbps
OCNモバイルONE 52.77ms 78.97Mbps 13.29Mbps
mineo 60.38ms 64.22Mbps 9.51Mbps
イオンモバイル 66.0ms 73.87Mbps 12.52Mbps
リンクスメイト 59.5ms 65.39Mbps 11.5Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(12:00~12:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.31ms 39.31ms 45.46Mbps
UQモバイル 48.98ms 48.98ms 40.97Mbps
BIGLOBEモバイル 72.66ms 7.0Mbps 6.67Mbps
IIJmio 94.79ms 94.79ms 50.13Mbps
OCNモバイルONE 54.17ms 54.17ms 41.67Mbps
mineo 66.06ms 66.06ms 43.38Mbps
イオンモバイル 104.1ms 10.95Mbps 7.89Mbps
リンクスメイト 75.27ms 5.61Mbps 4.88Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(20:00~22:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 40.37ms 52.95Mbps 14.05Mbps
UQモバイル 50.54ms 43.48Mbps 9.62Mbps
BIGLOBEモバイル 53.37ms 53.37ms 16.31Mbps
IIJmio 74.55ms 49.88Mbps 10.47Mbps
OCNモバイルONE 52.5ms 85.24Mbps 10.15Mbps
mineo 68.51ms 30.32Mbps 9.02Mbps
イオンモバイル 71.15ms 71.15ms 56.47Mbps
リンクスメイト 53.4ms 107.4Mbps 15.46Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

このように通信速度が遅くなってしまうのは、格安SIMがキャリアから通信機器をレンタルしているからです。大手キャリアの持つ設備の一部だけを借りて格安SIMを提供しているため、通信が混み合う時間帯を中心に通信が遅くなってしまいます。

目次へ戻る

契約に際してクレジットカードが必須

格安SIMはネット申し込みがほとんとで、支払い手段はクレジットカードしか用意されていないケースが多々あります。どうしてもクレジットカードを持てない人は格安SIMに申し込むことができません。

ただし中にはデビットカードや銀行振替に対応している業者もありです。下記関連記事も参考にしてください。

目次へ戻る

店頭でのサポートは受けられないこともある

格安SIMはそもそもショップを持っていないケースがあります。このような場合は、言うまでもなくショップに出向いて相談したりサポートをしてもらったりできません。携帯電話を利用するにあたり店頭でのサポートを必要としてるならば、格安SIMは適さない可能性があります。

また、店舗がある格安SIMでも、大手キャリアと比較すると店舗数は多くありません。トラブルが発生した際などに対面でのサポートを必要とするならば、ショップがあるのかどうかや活動範囲であるのかを確認すべきです。

目次へ戻る

格安SIMに申し込んで、月々の携帯代を安くしよう!

格安SIMへ申し込みをすると携帯電話料金が安くなります。冒頭でもご説明したとおり、平均で携帯料金は半額以下に抑えられます。

特に現在ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアと契約している人は、格安SIMへの乗り換えを考えてみましょう。基本的には格安SIMへの乗り換えをすると、月々の携帯電話料金をかなり安く済ませられます。

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO