暮らしの達人 > クレジットカード > 審査 > 在籍確認のないクレジットカードはあるか?

在籍確認のないクレジットカードはあるか?

公開年月日 : 2016/04/22 更新年月日 : 2017/06/10

在籍確認は、カード会社が申込者の勤務先に電話をかけて「この人はこの会社に勤務しているのだろうか」を確認する行為。

ひと昔前にはどこのクレジットカード会社も必ず在籍確認をしていましたが、今ではほとんどの会社がカードの種類やその人の属性に合わせて確認の要否を判断しているようです。

100%在籍確認を行わないカードはありませんが、他社に比べると高い確率で確認しない場合もあります。このページでは在籍確認をしない「確率の高い」カードを紹介していきます。

【PR】全国で最短即日発行可能な年会費無料のカード

自動審査・即日審査のクレジットカードは在籍確認なし

インターネットから申込をして数分後に審査結果が届くカードは、コンピューターが申込者の属性などを自動に読み込んで機械的に審査をしています。コンピューターが自動審査して結果を即日でメール連絡しているカードは、人の手を介していないため在籍確認はありません。

これらのカードは自動審査をしています。アメックスや楽天は夜間でも休日でも審査結果がメールで届くので、在籍確認をしていない証拠でしょう。しかし、これらのカードであっても自動審査の結果、在籍確認が必要と判断された場合は審査通過メールの前に電話がかかってくる可能性もあるのでご注意ください。

すでにそのカード会社が発行しているクレジットカードを問題なく使っている場合

在籍確認の目的は「この人ほんとにこの会社で働いてるの?」を確認するため。あなたが嘘をついているかもしれないから確かめたいのです。極端に言えば「嘘の勤務先書いてカードを受け取って返済しないかもしれない」と疑われているためです。

逆に、すでにその会社のカードを利用して毎月予定通り返済している人は「きちんとお金を回収できる人」なので在籍確認の必要はないと判断するでしょう。従って、すでにカードを持っている会社で信用されているなら在籍確認のない確率はあがるでしょう。(もちろんカード会社によります)

属性が良い人、他社での利用状況が良い人

カード会社は審査の時にCICなどの指定信用情報機関にアクセスしてその人が他社のクレジットカードやローンを毎月払っているかを確認します。これは法律で義務付けられています。

また、指定信用情報機関では、他社との契約情報に勤務先が書かれています。そこで、他社のクレジットカードやローンを毎月返済していて指定信用情報と申込用紙との勤務先が一致していれば「あえて在籍確認をしない」ケースも考えられます。確認するまでもなく「きちんとお金を回収できる信用できる人」と判断されたためです。

このように、カード会社はさまざまルールをもとに在籍確認の要否を判断しています。

「会社に電話されるのやだなぁ」とお考えの方は、今すぐ属性は変えられないので先ほど紹介した自動審査のカードやすでにカードをお持ちのカード会社をあたってみてはいかがでしょうか。

ニーズ別おすすめカード

クレジットカードの審査に関する新着記事

おすすめカード2018 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント