暮らしの達人 > クレジットカード > 審査 > カード会社の人に聞いた「スーパーホワイト」と「ホワイト」の違い

カード会社の人に聞いた「スーパーホワイト」と「ホワイト」の違い

公開年月日 : 2016/04/22 更新年月日 : 2016/10/28

カード業界では個人信用情報の記録がない=真っ白な人のことを「スーパーホワイト」と呼んだり、「ホワイト」と呼んだりします。

これまでクレジットカードの比較サイトを運営してきて「スーパーホワイト」という言葉を使っていましたが「ホワイト」は使ったことがありません。そこで厳密な違いをカード会社の人に聞きました。

同じホワイトでも対極の両者

  • スーパーホワイト:今まで1度もクレジットカードを使ったことがないから信用情報に履歴がない人
  • ホワイト:金融事故を起こしたけど5年経って事故情報を消したから信用情報に履歴がない人

どちらも個人信用情報は真っ白ですが、属性はまったく異なります。

カード会社としては信用情報を見ても区別がつかないためどちらも審査に落ちるケースが多いです。このサイトを見ている20代の人には、30歳になるまでに最低1枚はクレジットカードを作るのをおすすめします。

関連記事:クレヒスのない30代以上がカード審査に厳しい理由と解決策 スーパーホワイト問題

30歳以上でクレジットカードを持ったことのない現金主義の人は生きづらい世の中です。

ニーズ別おすすめカード

クレジットカードの審査に関する新着記事

おすすめカード2018 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント