暮らしの達人 > 格安SIM > 審査 > 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット

携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット

更新年月日 : 2021/07/28

携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット

プリペイド携帯は契約にあたって審査がありません。そのため通常の携帯と契約できない人が最後の手段として検討することが多いと思います。

しかし、結論を言うとプリペイド携帯はおすすめできません。また、そもそもプリペイド携帯じゃなくてもきちんと審査対策を行えばいわゆる携帯ブラックの人でも契約することが可能なので解説します。

おすすめ携帯会社3選

使わない月は無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天モバイルの料金は1ヶ月間のデータ使用量で変動する。1GB以下ならなんと無料で、20GBを超過しても3,278円(税込)で打ち切り。Rakuten Linkからの発信なら通話料金も無料。

申込み

通信速度最強

uqmobile UQモバイル

一般的に格安SIMはキャリアよりも通信速度が遅くなる。しかしUQモバイルはキャリア並みの通信速度であり、通信速度で選ぶなら最有力。プランM/Lなら制限時も最大1Mbps。

申込み

豊富なプランから選択可能

イオンモバイル イオンモバイル

500MBから50GBまで、データ容量に応じて17種類のプランあり。たくさん使う人も少量で使いたい人も検討してみよう。料金自体も他社と比較して安め。

お申込み

プリペイド携帯は審査なしで契約できるがおすすめしない3つの理由

プリペイド携帯は、携帯会社の審査に通れない人にとって最後の砦のようなイメージがあると思います。確かに通常の携帯プランと違って事前に支払う仕組みなので審査は甘く、携帯ブラックの人でも審査に通る可能性があると考えられます。

しかし、プリペイド携帯は通常の携帯と異なるデメリットもあります。プリペイド携帯の主な3つのデメリットを紹介していきます。

目次へ戻る

1.扱っている会社の種類が少ない

そもそもプリペイド携帯を扱っている会社が少なく、選択肢がありません。3大キャリアでも現在はソフトバンクでしか扱っていません。プランも機種も狭い選択肢の中で検討しなければいけないので、自分の使い方にあったものを選びにくいのがデメリットです。

普通だったら「とにかく安い会社」「通信速度が早い会社」「データ容量が少量で安いプラン」などなど、ニーズに沿った様々な選択肢がありますが、プリペイド携帯だとそれがありません!

補足の達人

目次へ戻る

2.料金が高い

プリペイド携帯は料金が割高です。まず通常プランの通話料金は22円/30秒です。一方でプリペイド形態の通話料金は9.43円/6秒なので、30秒だとだいたい47円です。2倍以上も高額です。

また、データ通信も付帯した場合、3GBプランで5,478円(税込)です。最近は20GBで3,000円を切るプランもあるので、時代に逆行しまくった劣悪なプランだと言えます。

目次へ戻る

3.プリペイド携帯のメリットはないに等しい

プリペイド携帯だと使いすぎの防止になります。しかし、そもそも通常のプランでもデータ通信は定額で、通話料金もかけ放題オプションをつけることで、パケ死などのように超高額料金が請求されることはありません。したがって、プリペイド携帯には特にメリットがないので、全くおすすめできません。

目次へ戻る

審査が不安でも通常の携帯会社に申し込むべき

そもそも携帯会社の審査に落ちるケースは、「書類不備」もしくは「強制解約された経験がある」このどちらかです。それ以外、例えば年収が低いとか、無職だとか、自己破産の経験があるとかは申し込み時に申告する必要がないので、審査に影響しません

したがって、多少審査に不安があっても申し込んでみれば普通に通る可能性もあります。

携帯ブラックとは:

携帯ブラックとは、過去5年以内に強制解約された経験があり、未だ完済していない人のことを言います。逆に言えば、これ以外の人は携帯ブラックではないので、心当たりがなければ普通に申し込んでみることをおすすめします。

MNP乗り換え時に、乗り換え前の会社で登録した情報が古いと、それだけで審査に落ちることがあります。必ず最新情報に更新して、住所や名前など一致するようにしてから手続きしましょう。

補足の達人

目次へ戻る

プリペイド携帯は不要!審査が不安な人におすすめする携帯会社

書類不備の人は再申し込みすれば良いですし、携帯ブラックに該当する人も、実は一部の携帯会社に申し込めば審査に通る可能性があります。また、クレジットカードが持てない人でも契約できる携帯会社もあります。これから紹介していくので、まずはこういった携帯会社を試してみて、それでも審査に通らないなら最後の手段としてプリペイド携帯を検討してみてください。

目次へ戻る

リンクスメイト:TCA・TELESAに加盟していない

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM(2020年5月26日取得)

お申込みはこちら

リンクスメイトを運営している株式会社LogicLinksはTCA・TELESAのどちらにも加盟していません。つまり、他社で強制解約された経験がある人でもリンクスメイトなら審査に通る可能性が高いと言えます。

また、料金プランについても2021年2月にリニューアルされ、かなり安くなりました。100MBから1TBまで38通りという豊富なデータ容量の中から選択が可能です。特に10GB以下だと他社格安SIMと比較してもなかなか安いので、これらの候補の中から検討することをおすすめします。

料金プランは豊富すぎてここには載せきれないので、公式サイトをご覧ください!

補足の達人

さらにリンクスメイトはクレジットカードを持っていなくても、LP支払いという独自の支払いシステムを利用可能です。要するにポイント払いで、コンビニや銀行支払いによって1ポイント=1円で使えるポイントを購入し、それを支払いに充てることができます。

ただし、手数料が330円(1万ポイント以上なら購入額の3%)かかります。払い戻し時は可能ですがその際にも300円の手数料が掛かるなど細かいルールがいくつかあるので、クレジットカードが使える人があえて利用するものではありません

元々リンクスメイトはサイバーエージェント系の会社であることもあり、ゲームアプリに強いという強みも持ちます。月額550円(税込)のカウントフリーオプションに加入すると、対象ゲームアプリのデータ通信量が90%以上節約されます。また、ゲーム内で使える特典がもらえるという特徴もあるため、ゲーム好きには嬉しい携帯会社です。

リンクスメイト
  • 月額550円(税込)の「カウントフリーオプション」追加でYouTubeや各種ゲームアプリの通信量が9割削減
  • ゲーム連携で、対象ゲームで使える特典が入手可能
  • データ容量に応じた38種類の料金プランあり
回線種類 ドコモ
縛り なし

リンクスメイトはTCAやTELESAに加盟していない。そのため他社で強制解約された経験がある携帯ブラックの人でも審査に通る可能性がある。料金プランも少量なら比較的安い。ゲーム好きに嬉しい特典もあるので、ゲームをよく楽しむ人ならそれだけでも検討する理由になるだろう。

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:クレジットカードなしでも契約可能!

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

クレジットカードがない人は、リンクスメイトよりも楽天モバイルの方が良いかもしれません。なぜなら楽天モバイルは口座振替と一部デビットカードでの支払いにも対応しているからです。口座振替の場合は110円(税込)の手数料がかかりますが、デビットカードの場合は手数料無料です。なお、使えるデビットカードはスルガ銀行デビットカードと楽天銀行デビットカードの2種類です。楽天銀行デビットカードはJCBブランドなら楽天カードと同じように100円の支払いで1ポイント貯まるので、このカードでの支払いが最もおすすめです。

楽天モバイルは新しい携帯会社で、ユーザーを集めるためにこれまでにはなかった新しいサービスを続々提供しています。まず料金は月々のデータ使用量に応じて0円〜3,278円(税込)の間で決定します

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

さらに楽天モバイル会員専用アプリのRakuten Linkを使って電話をかけると、通話料金が無料になります。つまり、月々1GB以下のデータ消費でRakuten Linkアプリを使い続ければ、月々の料金0円で携帯を使うことが可能です。

これほどのプランを提供しているのは他にありません。楽天モバイルとしても赤字覚悟のプランだと言えます。また、それくらいユーザーを集めたいとのことなので、審査の通りやすさという意味でも試してみる価値がある携帯会社です。

一方で楽天モバイルはエリアによってデータ容量の上限が異なるなど、少し複雑な仕組みもあります。下記関連記事で詳しく解説しているので、こちらの記事も参考にしてください。

楽天モバイル
  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要
回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは0円で運用が可能な携帯会社。とにかく料金を抑えたい人に最適な携帯会社と言えるだろう。クレジットカードなしでも契約可能。今なら契約すると楽天ポイントがもらえるキャンペーンも開催しているので、うまく活用すれば実質的に安くスマホを入手できる。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. iPhoneとのセット購入で最大15,000ポイントプレゼント!
  4. 他社から乗り換えでSIMのみ契約なら15,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

UQモバイル:通信速度爆速

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

お申込みはこちら

UQモバイルも口座振替で支払うことが可能ですが、オンライン契約の場合はMNPで契約した場合の身に限られます。新規の場合は店頭で手続きしないと口座振替できません。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税込) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
110円 3,278円/無制限※1
3ヶ月無料
なし
UQモバイル
UQモバイル
※2 なし 2,178円/3GB なし
mineo
mineo
× - 1,518円/5GB なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1,540円/3GB※3 1年(違約金10,450円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× なし 2,178円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:Dプランの料金です。

また、審査に関してもリンクスメイトのように特徴があるわけではありません。それでもUQモバイルをおすすめする理由は、満足度が高いであろうと考えられるからです。なぜならUQモバイルは通信速度がキャリア並みで、常にトップクラスに位置しています。格安SIMで最も多い不満が通信速度によるものですが、UQモバイルはそれとは無縁なので誰にでもおすすめできるのです。

主要格安SIMの通信速度比較(6/29-7/5の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
18.5Mbps 14.5Mbps 14Mbps 14.1Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
12.7Mbps 2.8Mbps 10.4Mbps 11.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
5.9Mbps 1.6Mbps 4.4Mbps 5.1Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
29.2Mbps 34.5Mbps 23.2Mbps 29.4Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
5.6Mbps 1.3Mbps 3.4Mbps 5.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
11.4Mbps 5.3Mbps 5.1Mbps 7.2Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

料金的には他社よりもちょっと高額ですが、同じく通信速度に特徴を持つワイモバイルはよりは安く利用できます。

格安SIM5社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB 1,023円 - - - -
1GB 1,078円 1,078円 1,298円 - -
2GB 1,188円 - - - -
3GB 1,298円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,408円 - - - -
5GB 1,518円 - 1,518円 - -
6GB 1,628円 1,870円 - - -
7GB 1,738円 - - - -
8GB 1,848円 - - - -
9GB 1,958円 - - - -
10GB 2,068円 - 1,958円 - -
12GB 2,178円 3,740円 - - -
14GB 2,288円 - - - -
15GB - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,398円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円
30GB 4,378円 8,195円 - - -
40GB 5,478円 - - - -
50GB 6,578円 - - - -
UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • くりこしプランM/Lならギガを使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  • 24時間かけ放題オプションあり

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
くりこしプランS 3GB 1,628円 300Kbps
くりこしプランM 15GB 2,728円 1Mbps
くりこしプランL 25GB 3,828円 1Mbps

回線種類 au
縛り なし

通信速度を重視するなら最もおすすめなのがUQモバイル。その速度はキャリア並みで、一般的に速度が低下するお昼時でも全く低下がない。料金的には他社格安SIMよりちょい高めだが、ライバルのワイモバイルよりは安い。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円キャッシュバック

  • 新規契約(くりこしプランS/M/L):3,000円キャッシュバック
  • MNP新規契約(くりこしプランS):6,000円キャッシュバック
  • MNP新規契約(くりこしプランM/L):10,000円キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元
  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. iPhoneとのセット購入で最大15,000ポイントプレゼント!
  4. 他社から乗り換えでSIMのみ契約なら15,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
UQモバイル
au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ契約で、くりこしプランM/Lなら10,000円、Sなら6,000円キャッシュバック!!新規契約の場合は3,000円キャッシュバック!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
mineo
事務手数料無料+5のつく日or日曜日に申し込みのうえ条件クリアで最大7,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
  • 【SIMのみ】シンプルSへの乗り換え契約:対象外
  • 【SIMのみ】シンプルMへの乗り換え・新規契約:5,000円相当付与
  • 【SIMのみ】シンプルLへの乗り換え・新規契約:7,000円相当付与
  • 【スマホセット】シンプルS/M/Lへの乗り換え・新規契約:5,555円相当付与
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!
2021/08/01まで
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
mineo
暮らしの達人経由での新規契約で、最大1.5Mbpsで通信できるオプション「パケット放題Plus」が3ヶ月間無料!
2021/08/31まで

目次へ戻る

関連記事一覧

携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 使わない月は0円 携帯ブラックOK 楽天モバイル解説