暮らしの達人 > 格安SIM > 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介

楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介

作成年月日 : 2020/10/14

楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介

現在楽天モバイルでは、先着300万名に向けて1年間料金無料という凄まじいキャンペーンを開催しています。通常月額2,980円(税別)の料金が1年間無料になるため、まさに赤字覚悟の太っ腹キャンペーンです。

しかもデータ通信は楽天回線エリア内なら無制限(その他の地域でも月5GBまで)、Rakuten Linkアプリからの通話なら通話料無料と凄まじく、少しでも携帯料金を節約したい人には強くおすすめしています。

そんな楽天モバイルですが、基本的に楽天モバイルで販売されているスマホを購入しないと使うことができません。ではどの機種を購入するべきなのか?価格や機能からおすすめのスマホを厳選して紹介していきます。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

先着300万名まで、月額2,980円(税別)の料金が1年間に無料になる。圧倒的に携帯料金を節約できるおすすめ携帯会社。データ容量は楽天回線エリア内なら無制限で、Rakuten Linkアプリからの通話なら通話料も無料。さらに今後は追加料金なしで5G回線も利用可能。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大28,000円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと8,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

前提:楽天モバイル契約+対象スマホ購入で最大28,000円分の楽天ポイントがもらえる

楽天モバイルでは通常月額2,980円のプラン料金が無料になるだけではなく、契約+対象のスマホ契約で最大28,000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンも同時開催中です。

期間限定であり、12月1日の午前8時59分までとなっているので契約を考えている方はお急ぎください。またRakuten Linkアプリの利用もキャンペーンの条件となるので確認しておきましょう。

楽天モバイルのキャンペーンポイント内訳と条件

付与ポイント数 条件
最大20,000ポイント 対象端末をセット契約
8,000ポイント 申込月の翌月後末日までに「Rakuten Link」からの10秒以上の通話&メッセージ送信

以上の通り、8,000ポイント分は簡単な条件を満たすだけなので問題ないでしょう。一方で20,000ポイントについては、どの端末を購入するかで左右されます。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(11/4時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の料金(税別) 初期費用(税別) 期限
楽天モバイル
楽天モバイル
1年間無料&8,000ポイント UN-LIMIT(先着300万名) 0円 0円 先着300万名
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
6ヶ月間1,200円引き 音声3GB以上 10,400円(音声3GB) 3,394円 未定
nuromobile
nuromobile
初月無料&3ヶ月間100円 音声付きSIM 11,500円(Sプラン/ドコモ回線) 3,000円 未定
LINEモバイル
LINEモバイル
3月間980円引き 音声3GB以上 13,340円(音声3GB) 3,000円 未定
IIjmio
IIjmio
6ヶ月間700円引き 通話定額オプション加入(通常税別830円のところ7ヶ月間無料) 15,000円(音声3GB) 1円 11/30

Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン 最大28,000円相当分をポイント還元 | 楽天モバイル

目次へ戻る

楽天モバイルのおすすめスマホ4機種を厳選

コスパの優れる機種や使い勝手、さらにはポイント還元で黒字になるなどのおすすめ機種を4つご紹介します。

製品 | 楽天モバイル

目次へ戻る

OPPO A5 2020:コスパ最強!大画面・大容量バッテリー・4眼カメラ

通常価格は一括払い22,020円(税込)であり、Rakuten Linkアプリの条件を満たすと15,000円相当のポイント還元が受けられるので、7,020円(税込)で購入できる計算です。

さらにRakuten Linkの利用条件を満たすことで8,000ポイントももらえるので、実質黒字になります

機種としての魅力にも溢れており、大画面で大容量バッテリー、さらに4眼カメラを搭載しています。

6.5インチHD+対応液晶ディスプレイであり、幅は75.6ミリで重量は約195グラムです。ディスプレイは本体前面の89.3%を占めており、大迫力な映像が楽しめる点にも注目です。

当機種の最大のポイントとなるのが、大容量のバッテリーでしょう。なんと5,000mAhであり、一般的な3,000mAhと比較すると約1.6倍も長持ちする計算です。その大容量バッテリーの特徴を活かして、リバース充電機能(他の機器への充電機能)も備えられています。OTGケーブルが必要になりますが、保有しているタブレットや他のスマホへの充電もできるなど、使い道の幅が広がることになるでしょう。

4つの種類のカメラが標準装備されているところにも注目です。メインカメラは1,200万画素であり、800万画素の超広角カメラもあります。美しいボケさせるポートレート専用カメラもあれば、陰影を際立たせるモノクロカメラもあるのです。カメラを起動させると、「夜」「パノラマ」「タイムラプス」「スローモーション」などの撮影機能が選べますが、カメラの種類の多さがそれらの機能の基盤となっているわけです。

目次へ戻る

AQUOS sense3 lite:シャープ製スマホ!大きすぎないサイズ感

コスト的にはOPPO A5 2020が飛び抜けているイメージもありますが、中国のスマホメーカーということもあり警戒している方もいるでしょう。そんな方にはこちらのシャープ製のAQUOS sense3 liteがおすすめです(シャープも今や台湾傘下ではありますが)。

AQUOS sense3 liteの価格は一括払いで25,980円(税込)です。Rakuten Linkアプリの条件などを満たすと総額で23,000円分の楽天ポイントがもらえるため、実質2,980円(税込)で購入できる計算です。

こちらの端末はサイズ感やバッテリー容量、さらには高精細で明るいIGZOディスプレイに注目が集まっています。

スマホの大きさは「約147x約70x約8.9ミリ」であり、手に馴染みやすく操作にも問題はありません。重さも約166グラムと軽いので、持ち運びもしやすいと評判です。

バッテリー容量は4,000mAhとOPPO A5 2020と比較すると若干少ないですが、電池寿命が長持ちする「インテリジェントチャージ」を採用しています。

インテリジェントチャージは温度や電圧などの状況によって充電速度を細かく制御できるシステムであり、電池の減りを抑制でき最大で1週間の電池持ちも可能と言われています(通話・メッセージを中心に、1日あたり約1時間の利用を想定)。

ディスプレイにはシャープ独自である高精細のIGZOディスプレイを採用しており、屋外での操作をしやすくする「アウトドアビュー」にも対応しています。またIGZOディスプレイは省エネであり、高い透過率でLEDバックライトの消費電力を抑えられる機能も搭載されています。

他にもサクサクと動く軽快なCPUや初心者でも操作しやすい「かんたんモード」が搭載されているなど、特徴を上げるときりがありません。

目次へ戻る

Rakuten BIG:5G対応機種!今後も見据えるならコレ

楽天モバイルで購入可能な最も安い5G対応のスマホです。ただ現状で5Gを利用できる場所は、東京でもごく僅かであり、今後の導入に期待したいところです(2021年3月末までには各県1箇所は5G対応エリアが用意される予定です)。

Rakuten BIGの価格は69,800円(税込)であり、ポイント還元額は最大23,000円です。実質46,800円で購入可能です。

5G対応以外にも特徴はあり、大きな画面サイズで防水に対応、大容量バッテリー、おサイフケータイ、4眼カメラ、ディスプレイ内指紋認証、全画面ディスプレイなどなど枚挙に暇がありません。

画面サイズは6.9インチの超大型であり、美しさに優れる有機ELディスプレイを採用。全画面ディスプレイなので映像やゲームの迫力も段違いです。さらに世界初のフロントカメラ内蔵ディスプレイが採用されていて、フロント画面にはノッチなど余計なものがないのが特徴です。防水防塵機能も標準装備されており、屋外での利用も問題ありません。

バッテリー容量は4,000mAhと大容量であるため長時間の利用も問題ありません。使い方にもよりますが、電池容量に悩まされにくい機種といえます。

おサイフケータイにも対応しているため、キャッシュレス決済を行う方にもおすすめです。電車に乗るときや会員証やポイントカードとしても利用できる機能なので、うまく活用したいところです。

最先端のカメラ機能にも注目する必要があります。標準カメラはなんと6,400万画素であり、超高画質な画像が撮影できます。800万画素の超広角カメラや200万画の素深度測位カメラ、200万画素のマクロカメラも搭載されています。ちなみにディスプレイ正面に配されているインカメラは3,200万画素です。

ロック解除の際には顔認証ではなく指紋認証が採用されています。指紋読み取り機構はディスプレイに埋め込まれているのも他社を一歩リードしています。

目次へ戻る

番外編:楽天モバイル以外で販売しているおすすめ端末

楽天モバイルであれば端末の購入+オンライン申し込みなどをおこなうと総額で28,000円相当のポイントがもらえるので、セットで契約するのがおすすめです。しかし、楽天モバイル以外で販売されているスマホと楽天モバイルの組み合わせも検討する価値はあります。

以下に紹介するGoogleとAppleが販売しているミドルレンジクラスの2スマホは、どちらも低価格帯であり、しかも高性能なのでおすすめです。

目次へ戻る

iPhone SE:定番スマホは楽天モバイルでも一応利用可

Apple Storeで購入したiPhone SEは楽天モバイルでも利用可能ですが、動作保証対象外であり公式にはサポートされていないので要注意です。

過去には、OSアップロードの際に、着信ができなくなる不具合も発生しました。しかも、楽天モバイル独自アプリ「Rakuten Link」の着信通話のみではなく、通常ダイヤルの着信通話もできなくなりユーザーの多くが動揺しました。2020年10月2日に楽天モバイル側から発表があり、復旧が宣言されています。

iPhone SEの見た目はiPhone 8とほぼ一緒ですが、中身については当然グレードアップされています。処理能力も高くなっており、操作性も若干異なります。カメラの機能性にも違いがあるため、一つずつ解説していきます。

まずプロセッサはiPhone 11シリーズと同様であるA13 Bionicチップを搭載しているため、高い処理能力を有しています。さらに機械学習処理を担う第3世代のNeural Engineも内蔵されているため、操作性についても向上しています。

ちなみにiPhone 8ではディスプレイの圧力を検知して操作を行える3D Touchが採用されていましたが、iPhone SEにはありません。その代わりと言えるかもしれませんが、長押しによる各種操作に対応したHaptic Touch(触覚タッチ)が採用されています。

カメラ機能を気にする方も多いと思いますが、どちらかというとシンプルな構成です。iPhone 8と同じ700万画素である点も指摘しておいたほうが良いでしょう。ただNeural Engineを活用することでポートレートモード(背景をぼかす)、ポートレートライティング(自然光やスタジオ照明的な効果あり)が使えるようになりました。

目次へ戻る

Pixel 4a:安心のGoogle製スマホ!最新AndroidOSが使える

iPhone SEと同じ位置づけのGoole製スマホですが、こちらは動作保証の対象なので安心して使えます。使い勝手として気になるのは防水・防塵機能がないところでしょうが、その分iPhone SEよりも安く設定されています。

Pixel 4aの最大のメリットは、3年間のアップデート保証があるところでしょう。そもそもアンドロイド端末の中にはアップデートが制限されることもあり、古い問題のあるOSを使い続けなければならないことも…。実際に多くのアンドロイドスマホのOSは9や10でストップしていますが、Pixel 4aでは11にアップデートできます。

その他の特徴として注目してほしいのが、コンパクトサイズである点、さらにバッテリーを長持ちさせる機能です。

まずサイズですが、5.8インチであり若干の小ささを感じる方もいるでしょう。最近ではスマホの多くが6.0インチ以上の大型化がされていますが、そもそもそんなに大きな画面は必要ない方も多いはずです。

バッテリーは3,140mAhなので、大容量というわけではありません。しかしPixel 4aにはアダプティブバッテリーと呼ばれる機能が搭載されているので、AIの学習により頻繁に使用するアプリに優先的に電源を供給し、使用率の低いアプリは節電してくれます。相当ハードに利用しない限りは、外出中にバッテリー切れ、みたいなことにはならないはずです。

目次へ戻る

「スマホ交換保証プラス」は必要なし!

楽天モバイルに契約する時に頭を悩ませるのが「スマホ交換保証プラス」です。公式ページには「スマートフォンやモバイルルーターの故障・紛失時に、最短で当日に新品同等の同一機種を交換品としてお届けします。」と掲載されており、魅力にも感じますが実はコスパが悪くおすすめできません。

スマホ交換保証プラスに加入すると、月額料金715円(税込)かかります。さらに無料交換ではなく、交換時には税込み6,600円が発生するのです。仮に購入して2年で故障や紛失にあったとすると税込み「715円×24ヶ月+6,600円」のコスト(税込23,760円)が発生します。

そもそも楽天モバイルで取り扱っているスマホの多くは、20,000円前後から30,000円台なので、こちらのオプションサービスのコスパは圧倒的に悪いです。

スマホ交換保証プラスに加入するケースとして考えられるのは、10万円前後の高額なスマホを購入した場合でしょう。

楽天モバイルで販売されているスマホで高いものをあげると、AQUOS R5Gが一括払いで税別117,091円、Galaxy Note10+が一括払いで89,982円(税別)、Galaxy S10が一括払いで65,437円(税別)、先ほど紹介したRakuten BIGが一括払いで63,455円(税別)くらいです。

目次へ戻る

楽天モバイルならばスマホがお得!このキャンペーンを見逃すな!

楽天モバイルのおすすめ機種をキャンペーンポイントや特徴とともにご紹介しました。どれもお得に購入できるものばかりなので、気になる端末が見つかったのではありませんか?

圧倒的コスパのOPPO A5 2020、シャープ製スマホでサイズ感にも優れるAQUOS sense3 lite、自己負担額が700円で購入できるGalaxy A7、少し高いですが5Gにも対応しているRakuten BIGの中で自分にマッチしたものをぜひ探してみてください。

製品+プランセットで最大28,000円相当のポイント還元キャンペーンは期間限定であり、12月1日の朝までです。このチャンスを逃すとポイント還元が受けられなくなる可能性もあるため、お早めの決断をおすすめします。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

先着300万名まで、月額2,980円(税別)の料金が1年間に無料になる。圧倒的に携帯料金を節約できるおすすめ携帯会社。データ容量は楽天回線エリア内なら無制限で、Rakuten Linkアプリからの通話なら通話料も無料。さらに今後は追加料金なしで5G回線も利用可能。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大28,000円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと8,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線