暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM比較 > 口座振替可能な格安SIMを徹底調査!クレカなしで契約できる会社と注意点を解説

口座振替可能な格安SIMを徹底調査!クレカなしで契約できる会社と注意点を解説

作成年月日 : 2020/05/20

口座振替可能な格安SIMを徹底調査!クレカなしで契約できる会社と注意点を解説

格安SIMは一般的に、クレジットカードを登録して支払います。そのため、クレジットカードを持っていない人は契約できない、ということがあります。

しかし、中にはクレジットカードがない人に向けて、口座振替に対応している格安SIM会社もあります。このような会社なら、公共料金と同じように、毎月銀行口座から引き落としてくれるのでクレジットカードがない人でも利用できます。

この記事では、口座振替に対応している格安SIM業者の紹介から、口座振替のデメリット、そして口座振替で契約するのも最もおすすめな業者まで詳しく解説していきます。

【この記事の内容まとめ】

口座振替で支払い可能なおすすめ携帯会社

楽天モバイル
  • クレジットカード不要!口座振替での支払いが可能
  • 月間データ使用料が1GB以下なら料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは口座振替での支払いが可能。1件の引き落としにつき110円の手数料がかかるが、他社のような面倒な条件もなく誰でも手続き可能。また、楽天モバイルは月間1GB以下なら料金無料という素晴らしい料金プランを提供しており、おすすめ。新規事務手数料、解約手数料も無料なので、コストパフォーマンスは最強の携帯会社だ。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. さらに対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. もしくは他社から乗り換えで15,000ポイントプレゼント!
お申込み

口座振替対応の格安SIM一覧

格安SIMの中でも口座振替に対応している会社は限られています。

日本には数多くの格安SIMがあるものの、口座振替(デビットカード含む)で支払いができる代表例は以下のとおりです。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税込) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
110円 3,278円/無制限※1
3ヶ月無料
なし
UQモバイル
UQモバイル
※2 なし 2,178円/3GB なし
mineo
mineo
× - 1,518円/5GB なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1,540円/3GB※3 1年(違約金10,450円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× なし 2,178円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:Dプランの料金です。

様々な格安SIMが提供されている中で、実は口座振替に対応しているものは楽天モバイルUQモバイルワイモバイルしかありません(mineo、BIGLOBEモバイルでも条件を満たせば利用可能ですが、簡単なものではないので割愛します)。

しかも、これらの格安SIMでも口座振替を利用するとデメリットを受けてしまうことがあります。

以下では格安SIMの支払いに口座振替を利用するとどのようなデメリットがあるのかをご説明します。

目次へ戻る

格安SIMを口座振替で払うデメリット

格安SIMを口座振替で支払いすると、大きく分けて4種類のデメリットを受けます。

どのようなデメリットを受けることになるのか、以下では詳細にご説明していきます。

目次へ戻る

手続きに時間がかかる

口座振替を利用すると手続きに時間がかかってしまうことがデメリットです。

クレジットカードであれば、クレジットカードの有効性が確認できればすぐに契約が完了します。

それに対して口座振替は情報の確認に時間がかかってしまうなど、クレジットカードほどスムーズに進まなくなってしまいます。

店頭で契約する場合はその場で確認が完了することもありますが、ネットで申し込みしている場合は通常よりも時間を要する可能性があります。

店頭での契約もクレジットカードより時間がかかる可能性があり、手続きに時間がかかることがデメリットです。

目次へ戻る

審査が厳しくなる恐れがある

これはあくまで推測ですが、口座振替することで格安SIMの審査に通りにくくなる恐れがあります。

クレジットカードは、クレジットカード会社の審査に通った人しか持つことができません。そのため、クレジットカードを持っている=カード会社に認められるだけの社会的地位を気づいている証拠とも言えます。

一方で銀行口座を開設する場合はクレジットカードのような審査がありません。基本誰でも開くことができます。

格安SIM会社としては、クレジットカードで申し込んでくれる人は、いわばクレジットカードのお墨付きの人なので信用できますが、口座振替を希望する人はそのようなお墨付きがなく、信用できません。

つまりわざわざ口座振替を希望するということは「この人はもしはクレジットカードの審査に通れないような人なのでは?」と格安SIM会社に疑われる可能性があると考えられます。

このような審査が実施されていると断言はできませんが、恐らくクレジットカードで申し込む場合よりも、審査に通りにくくなると推測できるのでご注意ください。

目次へ戻る

手数料がかかる場合がある

口座振替 | お支払い方法 | お客様サポート | 楽天モバイル

画像引用元:口座振替 | お支払い方法 | お客様サポート | 楽天モバイル(2020年5月20日取得)

格安SIMの会社によっては口座振替の手数料がかかってしまうことがデメリットです。

例えば格安SIM会社の中でもBIGLOBEモバイルは口座振替の手数料として200円が発生します。

クレジットカードであればこのような手数料は発生しませんので、口座振替のみ発生することはデメリットです。

そもそも格安SIMは支払い料金を小さくするために利用している人が大半です。

そのような中で無駄に手数料が発生してしまうことは、ある意味大きなデメリットであると言えるでしょう。

目次へ戻る

条件を満たす必要がある

利用可能な支払い方法を教えてください。 | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

画像引用元:利用可能な支払い方法を教えてください。 | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ(2020年5月20日取得)

申込方法など条件を満たさなければならない点があることもデメリットです。

例えばインターネットからではなく店頭で申し込みをしなければならなかったり、MNPを利用した契約であることが求められていたりします。

口座振替を利用したいがために、何かしらの条件を満たさなければならないことは手間のかかることです。

無条件に口座振替が利用できるわけではないという点がデメリットです。

目次へ戻る

ほぼデメリットなしで口座振替できるのはUQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

お申込みはこちら

どこの格安SIMを利用しても多少のデメリットはありますが、ほぼデメリットが無いと言えるのはUQモバイルです。

新規契約の場合は店頭で申し込みをしなければならないなどの制約はありますが、これも新規契約の際はクレジットカードで契約をするなどの回避方法があります。

UQモバイルを選択することで、私たちは口座振替でも格安SIMが持てるようになります。

口座振替での支払いにこだわりたい場合は、迷わずUQモバイルを選択すると良いでしょう。

目次へ戻る

UQモバイルで口座振替する方法

UQモバイルで口座振替をするには、新規契約の場合には店頭で申し込みをしなければなりません。

他の携帯電話の契約と同様に申し込み手続きをして、クレジットカード支払いではなく口座振替の支払いとします。

口座振替で支払いをする場合、設定する銀行口座のキャッシュカードなどが必要です。

忘れていくと店頭で受付をしてもらえなくなってしまいますので、忘れず持っていくようにしましょう。

店頭で口座振替の申し込みをした場合、設定されるまで1ヶ月から2ヶ月間の期間が必要です。

この間は料金の支払いが保留されるのではなく、郵送されてくる振込用紙での支払いとなります。

コンビニなどで支払いをしなければなりませんので、口座振替が設定されるまでの間は忘れないようにしましょう。

UQモバイル
  • 口座振替での支払いが可能(MNP:オンライン申し込みOK/新規契約:店頭申し込みのみ)
  • 回線速度はキャリア並み!失敗の少ない格安SIM
  • 24時間無制限の電話かけ放題オプションあり

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
くりこしプランS 3GB 1,628円 300Kbps
くりこしプランM 15GB 2,728円 1Mbps
くりこしプランL 25GB 3,828円 1Mbps

回線種類 au
縛り なし

MNPでUQモバイルに乗り換えるなら、口座振替での支払いが可能。手数料も無料なので余計なコストなく支払うことができる。ただし、新規契約(乗り換えではない)で申し込む場合は、UQモバイル店頭でしか口座振替の手続きを受け付けてくれないので注意。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円相当のau PAY残高キャッシュバック

  • 新規でくりこしプラン+5G(S/M/L)と契約:3,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G(S)と契約:6,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G( M/L)と契約:10,000円相当キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く
お申込み

目次へ戻る

LINEモバイルも間接的に口座振替可能

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

UQモバイルではなくLINEモバイルも間接的には口座振替での支払いが可能です。

LINEモバイルはプリペイドカードであるLINE Payカードで契約できる格安SIMです。

LINE PayカードはLINEのアプリから簡単に発行できるプリペイドカードであり、銀行から入金できるタイプのものとなっています。

LINEモバイルがLINE Payカードで契約できるということは、つまり銀行振込でチャージしたLINE Payカードで支払いができるということです。

厳密には口座振替で支払いがでるわけではありませんが、実質的には口座振替で格安SIMの支払いができる状態です。

なお、チャージを忘れてしまうとLINEモバイルの支払いができなくなりますので、その点は口座振替とは異なり意識しなければなりません。

LINEモバイル
  • LINE Payカード(プリペイドカード)を発行することで、LINE Payカードでの支払いが可能に
  • LINE Payカードは提携する銀行口座からのチャージが可能なので、間接的に銀行振替できる
  • 月々の料金はUQモバイルよりも安い

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税込)
500MB 1,210円
3GB 1,628円
6GB 2,420円
12GB 3,520円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

LINEモバイルは口座振替こそできないものの、プリペイドカードであるLINE Payカードを発行することで、LINE Payカードによる支払いが可能になる。LINE Payカードはプリペイドカードなので審査がなく、15歳以上なら誰でも発行可能(要LINEアカウント)。

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

お申込み

目次へ戻る

裏技:手元にクレジットカードがない人でも今すぐカードを作る方法

カード店頭受取りサービス|イオンカード 暮らしのマネーサイト

画像引用元:カード店頭受取りサービス|イオンカード 暮らしのマネーサイト(2019年7月26日取得)

手元にクレジットカードがないことが原因となっているのであれば、口座振替ではなくすぐにカードを発行することも検討しましょう。

クレジットカードの中でもイオンカードを発行すれば、その日から利用できるバーチャルカードと呼ばれるものを発行できます。

バーチャルカードはイオンカードが手元に届く前でも利用できるサービスであり、クレジットカード番号に該当する番号が発行されるサービスです。

私たちは手元にイオンカードが届いていなくても、この番号を利用してイオンカードで支払いをする契約が可能なのです。

イオンカードであれば最短5分で契約が完了します。

そこからバーチャルカードの発行手続きが必要とはなりますが、短時間で発行できますし、クレジットカード扱いですので申し込みできるSIMの幅も広がります。

目次へ戻る

まとめ:口座振替で格安SIMを契約するならUQモバイルがおすすめ

口座振替可能な格安SIMを徹底調査!クレカなしで契約できる会社と注意点を解説

口座振替で格安SIMを契約したいと考えているのであれば、数ある格安SIMの中でもUQモバイルがおすすめです。

格安SIMで口座振替を利用する場合何かしらのデメリットがあるものですが、UQモバイルであればデメリットは無いに等しいものです。

多少のデメリットはあるものの、それを感じることなく口座振替で契約ができます。

しかも、UQモバイルは通信速度も安定している格安SIMです。

通信速度なども含めて総合的に考えても、口座振替の場合はUQモバイルがおすすめです。

目次へ戻る

新着記事一覧

povo2.0の特徴まとめ!契約前にメリットデメリットを確認しようpovo2.0の特徴まとめ!契約前にメリットデメリットを確認しよう リンクスメイトは格安SIMの中でも独特!そのメリットデメリットまとめリンクスメイトは格安SIMの中でも独特!そのメリットデメリットまとめ OCNモバイルONEの料金プランは他社より安い!メリットデメリットまとめOCNモバイルONEの料金プランは他社より安い!メリットデメリットまとめ ahamoの特徴やドコモからの乗り換え時の注意点など徹底まとめahamoの特徴やドコモからの乗り換え時の注意点など徹底まとめ イオンモバイル審査落ちの主な原因はこの2つ!対策方法とイオンモバイル審査落ちの主な原因はこの2つ!対策方法と LINEMOのメリットデメリットまとめ!他キャリアにはない強みを解説LINEMOのメリットデメリットまとめ!他キャリアにはない強みを解説 J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説 携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説 携帯審査に通るか確認する方法を解説携帯審査に通るか確認する方法を解説 auの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめauの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめ ソフトバンクの強制解約はどれだけ滞納すると起こる?リスクを紹介ソフトバンクの強制解約はどれだけ滞納すると起こる?リスクを紹介 携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 一番安い携帯会社でスマホを契約しよう!乗り換えでおすすめな会社を紹介一番安い携帯会社でスマホを契約しよう!乗り換えでおすすめな会社を紹介 携帯代が払えないから分割したい!そんな人に読んでほしい記事携帯代が払えないから分割したい!そんな人に読んでほしい記事 携帯料金が払えないとヤバい!滞納リスクと今すぐ返済する方法を紹介携帯料金が払えないとヤバい!滞納リスクと今すぐ返済する方法を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 すぐ使える格安SIMは?家にいながら即日開通できる携帯会社もある! すぐ使える格安SIMは?家にいながら即日開通できる携帯会社もある! 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる?

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO