暮らしの達人 > クレジットカード > 審査 > クレジットカードが作れない理由はコレ!審査に通るために覚えておくべき基礎知識

クレジットカードが作れない理由はコレ!審査に通るために覚えておくべき基礎知識

公開年月日 : 2020/07/24

クレジットカードが作れない理由はコレ!審査に通るために覚えておくべき基礎知識

この記事の内容まとめ

  • クレジットカードが作れない理由の1つに「個人信用情報」がある
  • 個人信用情報には「カードの支払履歴」「カードの申し込み履歴」「債務整理歴」「リボ残高」などが記録されている
  • これらの情報に問題があると、クレジットカードを作ることがまずできない
  • しかし個人信用情報の問題は自分で改善することができない
  • よって個人信用情報に問題がある可能性が高い人は、クレジットカードではなくデビットカードかプリペイドカードを作った方が良い

クレジットカードの審査では「個人信用情報」が超大事です。個人信用情報には、あなたがいつどのクレジットカードに申し込んだか、滞納なく支払っているか、などの情報が記録されています。

そして審査を受ける際、カード会社はこの個人信用情報を必ず確認します。そして何か問題があれば審査に落としてしまうのです。

この記事では、個人信用情報にはどんな情報が記録されるのか、どういう記録が残っていると審査に落ちるのか、個人信用情報に問題がある人が審査に通るにはどうしたら良いのか、を解説していきます。

クレジットカードが作れない理由は個人信用情報にあり

個人信用情報とは

個人信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの利用状況など、お金に関連する情報の一部が記載された情報のことです。

本来、それぞれの利用状況はそれぞれの会社でしか把握できない情報です。

しかし、クレジットカードの審査など、他社でのクレジットカード利用状況を知りたいときもあります。

そのようなときに備え、「個人信用情報」として多くの会社の情報をひとまとめにする仕組みが採用されています。

クレジットカード会社などは、この個人信用情報を参照するだけで、その人のクレジットカードなどの利用状況を知れるのです。

個人信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるクレジットカードや銀行などとは独立した会社が管理しています。

日本には3つの会社があり、CIC・日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターがこれに該当します。

目次へ戻る

クレジットカードの審査では必ず個人信用情報が参照される

クレジットカードに申し込みをすると、必ず個人信用情報に基づいた審査が実施されます。

どこのクレジットカード会社にも実施されますので、この審査を回避することは不可能です。

つまりクレジットカードの審査では、個人信用情報の内容が特に重要です。

ただ、個人信用情報とも言われても、具体的にどのような情報かご存知ないことでしょう。

以下ではこの個人信用情報について、どのような情報が含まれているのかご説明します。

目次へ戻る

個人信用情報に記載される主な情報

個人信用情報には大きく分けると以下の情報が記録されています。

  • クレジットカードやローンの支払履歴:支払いに遅延がないかどうかを記録
  • 携帯電話など分割購入した料金の支払履歴:携帯電話などの分割契約に関しても上記と同様に記録
  • 債務整理履歴:自己破産など債務整理の有無について記録
  • リボ払いの残高:リボ払い利用時の残高について記録
  • クレジットカードやローンなどの申し込み履歴:過去半年間の申し込み履歴について記録

以下で詳しくご説明をします。

目次へ戻る

クレジットカードやローンの支払履歴

クレジットカードや各種ローンの支払い履歴が記録されています。

どの程度の金額を利用したのかはもちろんのこと、期日までに支払いができているのかも記録されています。

支払いができていなければ、その事実が個人信用情報に記録されてしまいます

支払いが滞りなければ問題にはなりませんが、3ヶ月もしくは61日以上支払いが遅延していると「異動」の状態になってしまいます。

この状態は簡単に説明をすると、クレジットカードやローンの支払いが長期間遅れていることを示すものです。

支払いが長期間遅れていると、どのクレジットカード会社も信用力に不信感を覚えてしまいます。

結果、基本的にクレジットカードの審査には落ちるようになってしまいます。

クレジットカード会社の審査の際に、他社の支払い状況も把握できるような情報が記録されています。

目次へ戻る

携帯電話など分割購入した料金の支払履歴

分割購入した商品の支払い履歴も記録されています。

身近なものであれば、携帯電話の分割購入などがこれに該当します

記録される情報もクレジットカードと似たものであり、期日までに支払いができているかが記録されます。

支払いが遅れてしまうとその事実が記録されてしまうのです。

そのため、こちらに関しても支払いの滞納や遅延を起こすと、クレジットカードの審査落ちに繋がります。

目次へ戻る

債務整理履歴

自己破産や任意整理など、債務整理の履歴も記録されます。

これらの記録は、手続きをしてから5年間記録されると定められています。

言うまでもなく、これらの情報はクレジットカード会社に悪印象を与えます。

そのため情報が記録されている5年間は、ほぼ審査に落ちてしまいます

目次へ戻る

リボ払いの残高

クレジットカードの限度額と、リボ払いを利用している場合はその残高も記載されます。

リボ払い残高があることが必ずしも審査に悪影響を与えるわけではありません。

しかし、申告した年収に対してリボ払い残高が高額である場合は注意が必要です。

このような場合は、残高の高額さから支払い能力に不信感を抱かれてしまう可能性があります。

これ以上のクレジットカード発行は危険であると判断されてしまうわけです。

詳細はクレジットカード会社の判断によりますが、年収とリボ払い残高のバランスによっては審査落ちの原因となります。

目次へ戻る

クレジットカードやローンなどの申し込み履歴

クレジットカードやローンなどの申し込み履歴も記載されます。

これらの情報は最大で過去半年分が記載されています。

短期間に多くのクレジットカードに申し込みをしていると、お金に困っている人と判断されてしまいます

結果、信用に対する不安から審査に落ちやすくなってしまいます。

目次へ戻る

クレジットカードが作れないなら個人信用情報を確認して原因を見つけよう

上記でご説明したとおり、クレジットカードの審査において個人信用情報は非常に重要なものです。

ここに記載されている内容が、審査に通過できるかどうかの鍵を握ります。

クレジットカードの審査に落ちた際、クレジットカード会社はその理由を開示してくれません。

しかし、個人信用情報であれば手続きをすることで開示ができます。

つまりクレジットカードの審査に落ちる人は、個人信用情報を開示してみることで原因がつかめるかもしれないのです。

情報を開示したのであれば、上記の通り支払い履歴やリボ払いの残高に問題点がないか確認してみましょう。

目次へ戻る

個人信用情報に問題がある人がクレジットカードを作る方法

個人信用情報の履歴を改善するには時間経過しかない

個人信用情報の履歴を改善するためには、時間経過を待つしかありません。

ここに問題がある人は、可能であれば自分の力で解決したいと考えるでしょう。

しかし、残念ながら個人信用情報の問題は、自分の力だけでは解決できません。

時間の経過を待たなければならないルールがあるのです。

例えば長期間の支払い遅延である「異動」の情報は、支払いが終了してから5年から10年経たなければ消えません

時間が経過することで情報が削除されるルールです。

自分の力でどうにかできるものではなく、長い目で見た長期戦を強いられます。

目次へ戻る

個人信用情報に問題があっても審査に通るクレジットカードに申し込む

基本的には上記で説明した通り、信用情報の問題が解決するまで待たなければなりません。

しかし、人によってはそこまで待てないこともあるでしょう。

そのような時は、信用情報に問題があったとしても、審査に通過できるクレジットカードを選びましょう。

基本的にクレジットカードの審査では、信用情報が確認されています。

これは間違いないのですが、全てのクレジットカード会社で信用情報を重要視しているわけではありません。

信用情報の確認はするものの、あまりその内容を重視していない会社もあります。

そのようなクレジットカードを選択すれば、長期間待たなくともレジットカードが発行できる可能性があります。

長期間待てない人は、こちらのクレジットカードに申し込みをするべきです。

目次へ戻る

クレジットカードではなくデビットカードやプリペイドカードに申し込む

クレジットカードではなく、デビットカードやプリペイドカードに申し込みをする選択肢もあります。

これらのカードには、クレジットカードとほとんど同じように利用できるものがあります。

例えば LINE Payプリペイドカードは審査無しで発行できるプリペイドカードです。

JCBの加盟店であればクレジットカードと同じように利用できます。

しかも、支払いでLINEのサービスなどで利用できるポイントも貯まり、クレジットカードに劣りません。

また、Kyash Cardであれば同様に審査無しで発行できてVISA加盟店で利用できます。

こちらもポイントが貯まったりカード式だけではなくタッチ決済に対応しているなど、利便性の高さが魅力的です。

目次へ戻る

クレジットカードが作れない人は原因を確認して対策しよう

説明してきたとおり、クレジットカードが作れない原因は、個人信用情報を確認すれば推測できます。

もし個人信用情報に上記のような問題がないのであれば、年収や雇用形態など申告した情報に問題があった可能性が高まります。

どこに問題があるのかによって対策の内容も変化します。

まずは個人信用情報を確認し、どこに審査落ちの原因があるのか切り分けするようにしてみましょう。

目次へ戻る

ニーズ別おすすめカード

クレジットカードの審査に関する新着記事

おすすめカード2020 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント