暮らしの達人 > クレジットカード > 法人カード > ランキング > 法人カードの利用限度額が高いカードと利用枠を上げる方法

法人カードの利用限度額が高いカードと利用枠を上げる方法

更新年月日 : 2020/10/19

法人カードの利用限度額が高いカードと利用枠を上げる方法

法人カードを含めクレジットカードには利用限度額(利用可能枠)が決められています。限度額が低いと、すぐに上限に達してしまって、次の引き落としが完了するまでカードが使えなくなってしまいます。

特に法人カードの場合はサーバー代やドメイン代などなど、様々なサービスの引き落とし先に設定するケースも多いはず。もしも限度額に達してカードが停止し、それらの引き落としに失敗すると、事業に損失を与えてしまうリスクもあります。

多くのクレジットカード情報サイトでは、「限度額が高い法人カード」などをまとめて紹介しています。しかし実は、限度額が高いカードに入会しておけば良いとも言い切れません。その理由を紹介します。

「限度額が高いカードに入会すればOK」は間違い

限度額の高い法人カードに入会しておけばよいのでは無いかと考える人も多いでしょう。

こうした考えはよくあるものですが、実は間違っているのです。

その理由について以下ではご説明します。

目次へ戻る

最高限度額はあくまでも範囲

法人カードに限らずクレジットカードに設定されている最高限度額は、あくまでも「設定される可能性のある最大値」です。

クレジットカードには最低の限度額も定められていますので、最低と最高の範囲内で限度額が決定されます。

重要なのはあくまでもこの範囲内で、「クレジットカード会社が限度額を決定する」ことです。

そのため例えば最高限度額が1,000万円の法人カードがあったとしても、クレジットカード会社の審査の結果30万円の限度額しか付与されない可能性があります。

つまり、「最高限度額の高い法人カードを契約すれば高額な支払いができる」というのは、やや誤った認識なのです。

確かに高額な限度額が設定される可能性はありますが、設定されない限りは高額な支払いはできません。

最高限度額がどうであれ、私たちはクレジットカード会社から設定された限度額の範囲内でしか支払いができません。

目次へ戻る

限度額を上げるには利用実績を積むしかない

法人カードの限度額を上げるためには、「限度額を上げてもらうための審査」を受けるのが基本です。

申し込み方法はクレジットカード会社によって異なりますが、公式サイトから申し込みをするか専用の用紙を利用して申し込みをします。

売上などの証明を提出することで、限度額の審査を受けられます。

それに加えて必要とされるのは、法人カードの利用実績です。

今までにどの程度法人カードを利用していて、いかに正しく支払いができているかが重要となります。

つまり、限度額ギリギリまで支払いをしていて、その金額の入金遅延がなければ、限度額が引き上げられる可能性が高まります。

ただ、どんなに法人カードを利用していたとしても、最終的な判断はクレジットカード会社が下します。

そのため、限度額ギリギリまで利用して支払いを正しくしていたとしても、限度額が引き上げられない可能性はあります。

上記の例で見てみると、最初は30万円の限度額でも利用実績を積むことで1,000万円まで高められる可能性はあります。

ただ、利用実績を積むためには時間がかかりますので、限度額を高めるのにも時間がかかってしまいます。

なお、利用者から申し込みをしなくとも、クレジットカード会社の判断で限度額が引き上げられる場合はあります。

しっかりと法人カードで支払いをしていれば、利用実績が積み上げられ限度額が上がる可能性はあるのです。

しかし、あくまでも可能性であり、限度額が上げられる保証はありません。

その点も考慮すると、限度額の高い法人カードに申し込みをして、限度額の引き上げを待つのは回りくどくおすすめできません。

目次へ戻る

アメックスは事前承認・事前入金で限度額を上げることが可能

法人カードの中でもアメックスが発行しているものを利用すれば、「事前承認・事前入金」の制度が利用できます。

こちらは法人カードに設定されている限度額を、自分の必要なタイミングで引き上げできる制度です。

まず事前入金制度について紹介します。これは、アメックスの指定口座にあらかじめ振り込んでおくことで、入金額分だけ利用限度額を増やす、という制度です。つまりデビットカードのようなイメージです。先払いになってしまうので、支払いを遅らせるというクレジットカード特有のメリットは失われますが、まとまった金額を入金しておけば、しばらくは限度額を気にせずカードを利用できます。

続いて事前承認制度です。こちらは高額な商品をカード払いするときに役立つもので、支払い前にアメックスの相談窓口に連絡することで一時的に限度額を超えて利用できる制度です。ただし、利用目的や金額によっては承認が降りない場合もあります。

限度額を気にしながらカードを利用するのを避けたいなら、これらの制度を利用できるアメックスのビジネスカードを持っておけば安心です。また、どちらの制度を利用した場合でもカードで決済することに変わりはないので、ポイント付与の対象になります。

ところで、アメックスのカードでよくある勘違いとして、「アメックスには限度額がないから無制限に使える」という誤解があります。これは公式サイトに”ご利用限度額に一律の制限を設けておりません。”と記述してあることから招きやすい誤解です。

実際には、「他社のように一律で決まった限度額がなく利用者ごとに限度額が決まる」ということを意味しています。したがって、同じカードでも利用者によっては数十万円しか使えない場合もあるし、何千万円使っても限度額に達しないこともあります。余談ですが、あのビルゲイツもアメックスのグリーンカードを使っているとの情報があります。

目次へ戻る

アメックスビジネスカードはゴールドよりもグリーンがおすすめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

カードのお申込みはこちら

アメックスの法人カードを発行するのであれば、ゴールドカードよりもグリーンカードがおすすめです。

これらの主な違いは年会費と特典、またどのランクの法人カードを持っているかというステータスです。

純粋にクレジットカードの見た目で考えれば、ゴールドカードの方がグリーンよりも見栄えが良く、ステータス性も高いと示せます。

ただ、ゴールドカードは特典が豊富ではあるものの、旅行や出張先などで役立つ特典が中心です。

それにもかかわらず年会費は2倍以上と大きく異なりますので、旅行や出張先などで特典を利用するかどうかがコストパフォーマンスを大きく左右します。

これらの特典をあまり利用しないのであれば、コストパフォーマンスはグリーンカードの方が優れています

ゴールドカードというステータスにこだわりがある場合は例外ですが、そうでなければ基本的にはグリーンカードを選択しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
  • 事前承認・事前入金により一時的に限度額を超えて使用可能
  • 開業直後でも審査に通る可能性あり
  • 貯めたポイントはANAなど10以上の航空会社のマイルと交換可能
年会費(税込) 還元率 国際ブランド
13,200円 0.3~1.0% AMEX

クレジットカードの限度額に困っているのなら、事前承認と事前入金によって限度額を超えて利用できるアメックスがおすすめ。ゴールドカードもあるが、グリーンカードで十分。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会で、通常13,200円(税込)の初年度年会費が無料に!

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

限度額を自由に上げることができるアメックスに入会しよう

法人カードには限度額の上限が定められています。

私たちが利用する法人カードの限度額は、この上限の範囲内で決定されます。

つまり、最高限度額の高い法人カードを契約しても、クレジットカード会社の判断によっては30万円や50万円の限度額となる可能性はあります。

そのため、とにかく最高限度額の高い法人カードに申し込みをしておけば良いわけではありません。

もし限度額にこだわるのであれば、限度額を自分で調節できるアメックスがおすすめです。

事前入金制度を活用すれば、クレジットカード会社の設定した限度額よりも高額な支払いができます。

クレジットカードとして多くのサービスが提供されていますので、アメックスで法人カードを発行するようにしてみましょう。

目次へ戻る

カード年会費(税込)ポイント還元特徴詳細
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードアメリカン・エキスプレス・ビジネスカード13,200円0.3~1.0%キャンペーン実施中おすすめ法人カード、AMEX、Apple Pay対応メンバーシップ・リワード事前入金サービス利用限度額が高いポイント高還元従業員へカード発行できるETCカードを発行できる電子マネー搭載ステータスが高いANAマイルが貯まる空港ラウンジが使える海外旅行保険付帯国内旅行保険付帯ショッピング保険付帯
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード34,100円0.3~1.0%キャンペーン実施中ゴールドカード法人カード、AMEX、Apple Pay対応メンバーシップ・リワード事前入金サービスポイント高還元従業員へカード発行できるETCカードを発行できる電子マネー搭載ステータスが高いANAマイルが貯まる空港ラウンジが使える海外旅行保険付帯国内旅行保険付帯ショッピング保険付帯

目次へ戻る

発行会社で法人カードを選ぶ

法人カードに関する新着記事

おすすめ法人カード アップルペイ ゴールドカード プラチナカード