暮らしの達人 > クレジットカード > 即日発行 > 今すぐ使える即日発行可能なETCカードを紹介

今すぐ使える即日発行可能なETCカードを紹介

公開年月日 : 2017/02/27 更新年月日 : 2019/03/26

「ETCカードを今すぐ手に入れたい!」そんな方に、申し込んだその日のうちにETCカードを発行してくれる即日発行ETCカードを紹介します。

と言っても、ETCカードを最短即日で受け取るためには、クレディセゾンが発行している一部のクレジットカードに入会することが条件となります。中でもセゾンカードインターナショナルセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。この2枚のカードをおすすめする理由や申し込みの流れを解説していきます。

なお、申し込み方法を間違えると即日発行できなくなることもあります。どんなに急いでいる方でも、ETCカードを即日発行する前に覚えておく2つのポイントは最低限、目を通しておいてください。

ETCカードを即日発行する前に覚えておく2つのポイント

ETCカードの即日発行を行うためには、2つのポイントがあります。

1つ目は、審査通過後にセゾンカウンターにカードを受け取りに行かなければいけない点です。セゾンカウンターは大型商業施設内や一部の西友などにあります。したがって、地方に住んでいる方は受け取りに行くのが大変です。また、入会するカードによっては発行の取扱がないセゾンカウンターもあります。その点セゾンカードインターナショナルセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードなら北海道から沖縄まで、日本全国51ヶ所に即日発行対応のセゾンカウンターがあるので、クレディセゾンが発行するカードの中でも比較的受け取りに行きやすいでしょう。

まずはこちらから、最寄りの地域にセゾンカウンターがあるか確認しておきましょう。なお、セゾンカウンターでカードを受け取る場合は、ICチップ機能がついていないカードで受け取ることになるため注意してください。もしも最寄りになければ郵送での受け取りとなるので、最短でも申し込みから1週間程度での受け取りとなるでしょう。

セゾンカードインターナショナルの年会費は無料で、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは1,000円(税別)ですが、年1回以上のカード利用で無料になります。

2つ目は、ETCカードは必ずセゾンカウンターで申し込むことです。クレジットカードの申し込み自体はオンライン上から行う方が多いと思います。その際にETCカードもオンライン上で同時申し込みできます。しかし、オンライン上で発行すると郵送での受け取りに限られるため、即日受取できません。したがって、オンライン上で申し込む場合は必ずクレジットカードの申し込みだけを行って、カード受取時にETCカードの発行を改めてお願いしましょう。こうすることで、クレジットカードもETCカードも即日発行・即日受取となり、申し込んだその日から使用できます。

目次へ戻る

申し込みの流れ

ではここからは、詳細な申し込みの流れについて紹介していきます。申込は公式サイトからでもセゾンカウンターからでも可能ですが、公式サイトからの入会であれば入会キャンペーンの対象となることと、審査に落ちた場合に無駄足にならないため、こちらをおすすめします。

セゾンカードインターナショナル(公式サイト)

公式サイトから申し込む際、「かんたん申込み」なるものがありますが、これは既にクレディセゾンが発行している方向けの申し込みフォームですので、新規入会であれば通常の申し込み方法を選択しましょう。

申し込みフォームでは名前や住所などの必要情報を入力していきます。なお、セゾンカードインターナショナルにおいては国際ブランドをVISA・マスターカード・JCBから選択できますが、どのブランドを選んでも即日発行可能です。入力作業を進めていくと、ETCカードにも申し込むかどうか聞かれますが、前述の通りここで申し込んでしまうとETCカードの即日受取ができなくなります。必ずクレジットカードの受け取り時に申込みましょう。そしてクレジットカードを受け取るセゾンカウンターもここで指定します。

ここまでの申し込み手続き19時半までに済ませましょう。これ以降の申し込みは翌日の手続きとなってしまいます。

申し込みが完了すると本人確認の電話がきます。確認が済むと、審査結果を記載したメールが届きます。この時、本人だけでなく職場への在籍確認が行われることもあります。セゾンカードは土日でも即日発行可能ですが、在籍確認ができないと次の手続きに進めません。土日が休日となる会社に勤めているのであれば、平日に申し込んだ方が無難でしょう。ただし、在籍確認は行われない場合もあります。

無事審査に通れば、指定したセゾンカウンターに受け取りに行きます。受け取りの際には、審査通過時に届いたメールに載っている申し込み番号と本人確認書類が必要になります。さらにキャッシュカードや通帳など口座番号がわかるものと、金融機関の届け印鑑もあればその場で引き落とし口座の設定もできます。

さて、クレジットカードの受け取りが完了すれば、続けてETCカードを申し込みます。ここでは特に複雑な手続きもありません。その場で発行したい旨を伝えて、本人確認書類と受け取ったばかりのカードを再提出するだけです。

セゾンカードの公式サイトには、ETCカードの発行には審査があると明記されています。しかしこれは、既にカードを利用している人がETCカードに申し込んだ場合に行われるものだと思われます。なぜなら、新規入会したばかりの人に対して審査を行っても、特に審査する内容がないためです。したがって、クレジットカードの受け取りさえできれば、ここでETCカードの発行を断られることはないだろうと思います。

目次へ戻る

セゾンのETCカードの魅力

セゾンカードインターナショナル ここからは、セゾンのETCカードの魅力を紹介していきます。

まず、何と言ってもETCカードの年会費・発行手数料が無料なのが魅力です。セゾンカードインターナショナルならカードの年会費も無料なので、1円のコストもかけずにクレジットカードとETCカードを発行・使用できます。

ETCカードを設定して高速道路を通過すると、一緒に発行したクレジットカードから引き落とされます。つまり、セゾンカードインターナショナルと発行したETCカードを使えば、1,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。

他のカードでは年会費が有料だったり、ポイントが貯まらないものもあるので、セゾンのETCカードは即日発行できるだけでなく、お得に使える魅力もあるのです。ETCカードを発行するためだけにセゾンカードを持つのも良いでしょう。

セゾンカードインターナショナル(公式サイト)

目次へ戻る

エポスカードやイオンカードではETCカードの即日発行は不可

最後に噂の検証をしておきます。ネット上の情報では、エポスカードイオンカード もETCカードの即日発行に対応している、という噂が見られます。

まずエポスカードは記事公開時点で、公式サイトに「申込当日の受け取りはできない」と明記されています。もともとエポスカードもセゾンカードのように、申し込んでからお店にカードを取りに行くことで、カード自体の即日発行・即日受取が可能なため、このように誤解されることがあるのでしょう。

続いてイオンカードですが、こちらは公式サイト内に即日発行できるともできないとも記載されていません。問い合わせてみたところ、実際にETCカードの即日発行はできないという回答でした。

自分なりにその理由を推測してみたのでまとめてみます。まず、イオンカードにおいても、カードそのものの即日発行・即日受取には対応しています。しかし、イオンカードの場合は仮カードでの発行となります。これは、国際ブランドがない仮のカードであり、イオン系列店など一部のお店でしか利用できないカードとなります。

仮カード発行後、しばらくすると本カードが郵送されます。この時、仮カードと本カードのカード番号が異なります。つまり、カード会社は仮カード用のETCカードと、本カード用のETCカードを用意しなければいけません。これでは二度手間になってしまいますし、そこまでの手間をかけるほどの需要もない、という判断でしょう。

他にもETCカードを即日発行できるカードを調査してみましたが、やはり現時点ではクレディセゾンが発行するカードのみに限られるようです。

目次へ戻る

クレジットカードの即日発行に関する新着記事

おすすめカード2019 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント