暮らしの達人 > クレジットカード > ライフカード株式会社 > クレジットカードの審査に不安があるなら「ライフカードCh」がおすすめ!公式で「もてるカード」と宣言している独自のカードを紹介

ライフカードCh

キャッチコピーは「そんなあなたももてるカード」。独自の審査基準で、不安な人でも審査に通る可能性があるクレジットカード

ライフカードCh
発行会社 ライフカード株式会社
年会費(税別)5,000円
最短発行期間3営業日 ポイント還元0.5%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険

スピード発行(1週間以内お届け)ETCカード発行、Master、LIFEサンクスプレゼント

カードのお申込みはこちら

要約:ライフカードChとは

ライフカードChは、皆さんがよくご存知のライフカードとよく似たクレジットカードです。そのカードスペックは年会費無料のライフカードとほぼ同じで、もちろんライフカード最大のメリットである「誕生月にポイント3倍特典」も付帯しています。しかし、ライフカードの年会費が無料なのに対して、ライフカードChは年会費5,000円(税別)です。

これだけ年会費に差がある理由は、主にライフカードChが「審査に不安を抱える人向け」のカードだからです。ライフカードChの審査基準は独特なので、年会費無料のライフカードや、他社のクレジットカードの審査に落ちた人でも審査に通る可能性があります。そのため、年会費がかかるとはいえ、なかなかクレジットカードを持つことができない人に人気を得ています。

もしもあなたが「初めてクレジットカードに申し込む」「他社の審査結果が否決だった」など、「クレジットカードの審査に通るか不安を抱える人」であれば、このライフカードChが役立つ可能性が高いと思われます。詳しいメリットや注意点を紹介していきます。

公式サイトでも「審査が不安な方へ」とおすすめしている珍しいクレジットカード

まず何よりも注目してほしいのが、ライフカードChの公式サイトです。

クレジットカードはライフカード

画像引用元:クレジットカードはライフカード(2019年8月28日取得)

こちらを見てもらうとわかる通り、「カードの審査に不安がある…」「学生の頃携帯料金を遅延しちゃった」という悩みを抱える人たちと、「そんなあなたももてるカード」というキャッチコピーがあります。他社のクレジットカードの場合、審査に不安がある人(=例えば収入や雇用が不安定な人など)や延滞履歴がある人は、審査に落ちる可能性が高いでしょう。しかし、ライフカードChの場合は、そのような人でも持てると宣伝しているのです。

このような宣伝をするのは珍しいケースです。例えば「審査が甘いカード」「無職でも審査に通るカード」と言われているクレジットカードは、あくまでも一般的にそう言われているだけで、カード会社自体がそのように宣伝しているわけではありません。それどころか、下記の記事のように「このカードは審査が甘い!」と公表すると、カード会社に怒られてしまうこともあります。

一方でライフカードChは、カードの特典やポイント還元率を宣伝するよりも、クレジットカード業界ではわりとセンシティブな審査に関する内容に力を入れて宣伝しています。以上を考慮すると、実際に審査が不安な人は、まずライフカードChへの入会を検討してみると、無駄に時間を費やさずに済むかもしれません。

目次へ戻る

独自の審査基準ゆえに、年会費と限度額は厳しめ

ライフカードChで気をつけてほしいポイントは、年会費と限度額の2点です。

まず年会費についてです。こちらは初年度から5,000円(税別)となっており、一般クラスのクレジットカードとしては高額な部類に入ります。しかも、初年度の年会費はカード受け取り時に、配送業者に現金で手渡しする必要があります(2年目からは口座振替です)。そのため審査が不安な人の中でも、「5,000円(税別)をいますぐ手元に用意できない人」は、審査に通ってもカードの受け取りができないのでご注意ください。

また、限度額についても最高30万円と、非常に低く設定されています。年会費無料ライフカードが最大200万円なのと比較すると、非常に厳しい設定です。

このように厳しい制約があるものの、逆に言えばこれだけの制約があるため、独自の審査基準を設けたクレジットカードを発行することが可能になっている、とも考えられます。年会費無料で限度額も高いクレジットカードをホイホイ発行してしまうと、自己破産や踏み倒しする人にもカードが行き渡ってしまい、会社の経営に大きな悪影響を与えてしまうでしょう。

目次へ戻る

カードスペックは年会費無料のライフカードとほぼ同じ

気になるライフカードChのスペックは、年会費無料のライフカードとほぼ同じで、主な違いは以下の通りです。

ライフカードとライフカードChの主な違い

ライフカード ライフカードCh
国際ブランド JCB、マスターカード、VISA マスターカード
年会費 無料 5,000円(税別)
最高限度額 200万円 30万円
キャッシング機能 あり なし
弁護士無料相談サービス なし あり
海外旅行保険 なし 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行保険 なし 最高1,000万円(自動付帯)

ポイント還元率については一切変わらず、どちらも1,000円の決済につき1ポイントで、1ポイントを0.5円分として使うことができます。また、誕生月のポイント3倍特典はライフカードChユーザーも対象ですのでご安心ください。

目次へ戻る

補足:ノワールCH、ゴールドChは年会費1万円(税別)

クレジットカードはライフカード

画像引用元:クレジットカードはライフカード(2019年8月28日取得)

ライフカードChの申し込みページでは、最初に「ご希望のカード」の選択欄が現れます。デフォルトでは「ライフ・マスターカード(ノワールCH)」が選択されていますが、こちらは年会費10,000円(税別)で、ライフカードChよりも付帯保険が優れたバージョンになります。

特に保険に興味がなければ、「ライフ・マスターカード(Ch)」に選び直して申し込み手続きを進めましょう。

目次へ戻る

ライフカードChに申し込もう

クレジットカードはライフカード

画像引用元:クレジットカードはライフカード(2019年8月28日取得)

以上、ライフカードChを紹介してきました。冒頭でも紹介したように、これほどまでに「審査」を前面に出して宣伝するクレジットカードは他にないと言っても過言ではありません。

審査落ちで悩んでいる人などは、一度試してみる価値ありだと思いますので、ぜひお申し込みください。

ライフカードCh

カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

おすすめカード2020 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント