暮らしの達人 > 格安SIM > 携帯・スマホ料金の平均は?高額な人におすすめする携帯代節約方法

携帯・スマホ料金の平均は?高額な人におすすめする携帯代節約方法

作成年月日 : 2020/06/10

携帯・スマホ料金の平均は?高額な人におすすめする携帯代節約方法

世の中の人々が毎月いくらの携帯料金を払っているのか。

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、2019年2月26日にスマートフォンを所有する13歳~59歳の男女563人を対象に行った「2019年スマートフォンの料金に関する調査」によると、その平均額は以下の通りとのこと。

  • 3キャリアユーザー:8,451円
  • 格安SIMユーザー:2,753円

なんと、3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約している人と、それ以外の携帯会社、いわゆる格安SIM会社で契約している人を比較すると、支払額に2倍以上もの差があるようです。

このことからも、携帯料金を節約するためには格安SIMへの乗り換えが不可欠であることは間違いありません。そこでこの記事では、格安SIMとはなんなのか、そして乗り換え方について解説していきます。

【この記事の内容まとめ】

  • 携帯料金の平均額は3キャリアだと8,451円
  • 格安SIMに乗り換えることで半額以下になる
  • 格安SIMとは、キャリアの設備を借りてサービスを提供している
  • 自分たちで設備を持たない=コストが安いので、キャリアよりも低価格
  • 携帯業界の寡占が続く中、総務省による格安SIMへの後押しもある
  • キャリアから格安SIMに乗り換えてもたいしたデメリットはない
  • 格安SIMの中でもLINEモバイルに乗り換えれば、月々2,200円(税別)で6GB使えるのでおすすめ
LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

LINEモバイルはコストパフォーマンスが高く、初めて格安SIMを契約する人におすすめ。料金、通信速度、共にトップクラスでありデメリットがない。「格安SIMと契約したら確かに料金は安くなったけど、速度が遅くて不満!」という後悔が起きにくい格安SIMだ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

携帯料金の平均額はキャリア8,000円台、格安SIMなら3,000円弱

2019年スマートフォンの料金に関する調査

画像引用元:2019年スマートフォンの料金に関する調査(2020年6月10日取得)

携帯電話の平均料金は大手キャリアであれば8,000円台で格安SIMであれば3,000円弱です。

例えば大手キャリアドコモと格安SIMのmineoで3GBのプランを比較してみると、4,150円(税別)と1,600円(税別)であり格安SIMを利用する方が半額以下です。

ここに通話料金のプランなどが加算され、大手キャリアと格安SIMでは上記のような料金差になります。

もちろん通話プランについてもいくつかの選択肢があります。

選択の仕方によっては料金差が縮まることもありますが、概ねこの程度の差があると考えてよいでしょう。

目次へ戻る

格安SIMとは?

格安SIMとはどのようなサービスなのでしょうか。

心配する人もいるかもしれませんので、まずは簡単に格安SIMについてご説明をしておきます。

目次へ戻る

格安SIMはキャリアの回線を使った携帯会社

格安SIMとは大手キャリアの通信回線を利用した携帯会社のことです。

一般的に携帯会社は独自にアンテナなどを保有しています。

自社の機器を使って携帯電話の通信を実現しているのです。

それに対して格安SIMは自社で機器を保有していません。

自社で機器を保有せずに大手キャリアの機器を借用する仕組みを採用してます。

自社で専用の回線を保有していないことで、機器に発生する維持費などを抑えることが可能です。

また、新しく設備に投資する必要もなくなります。

格安SIMはこのような仕組みで提供されていますので、設備投資に必要な金額を抑えたぶん安く利用できます。

格安SIMの大きな特徴は大手キャリアの回線を利用した携帯会社であるということです。

そのことが理由となり低価格で携帯電話が提供されています。

目次へ戻る

格安SIMは総務省によって守られている

大手キャリアの回線を借用していると聞くと何かしら不利益を被るのではないかと考えてしまう人もいることでしょう。

大手キャリアにとって格安SIMは商売敵ですので、何かしらの嫌がらせをされると考えることもおかしくありません。

ただ、格安SIMは総務省によって可能な限り不利益を被らないように守られています。

具体的には設備の賃貸料で不利益を被ったり通信品質の操作などで不利益を被ったりしないように制限されています。

つまり格安SIMだからといって、大手キャリアに何かしら損になる操作をされているわけではありません。

大手キャリアと比較して何かしらの不利益があるのではないかと考えてしまう人も多いことでしょう。

しかし格安SIMは法務省に守られていますので、そのような心配は全く必要ありません。

目次へ戻る

格安SIMの主なメリットとデメリット

大手キャリアと格安SIMを比較してみるとメリットもデメリットもあります。

必ずしも格安SIMを利用することが良いとは言い切れません。

両方を比較した時のメリットとデメリットについてご説明します。

目次へ戻る

メリット1:低コストでサービスを提供できるので、利用料金が安い

料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年6月10日取得)

格安SIMは利用料金が安いことが大きなメリットです。

これは上記でもご説明したとおり、格安SIMは設備投資などの費用が発生しないことが背景にあります。

回線を維持するためのコストが低いものですので、サービスの提供料金も安くなっていることが特徴です。

大手キャリアの場合にはどうしても設備投資の費用が発生してしまうためコストが高くなります。

格安SIMは借用料が発生するためコストゼロではないものの、大幅にコストを抑えられることで料金も安くなっています。

目次へ戻る

メリット2:縛りがなくシンプルなプラン構成

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年6月10日取得)

基本的に契約プランに縛りがないこともメリットです。

大手キャリアは料金の都合上、契約期間の縛りが設けられていることが大半です。

途中で携帯電話を解約してしまうと違約金が発生するシステムとなっているのです。

そのため違約金が発生しないように、更新月を意識して解約しなければならないデメリットがあります。

しかし、格安SIMは縛りがないことが大半です。

万が一解約したくなった場合でも違約金を意識することなく解約ができます。

ただ、一部の格安SIMに限っては、1年以上利用しなければならないなどの条件があります。

大手キャリアのような縛りではないものの、そのようなプランがあることについては注意をしておきましょう。

目次へ戻る

デメリット1:通信速度はキャリアよりも遅い

通信速度が大手キャリアよりも遅いことがデメリットです。

格安SIMは大手キャリアの回線を借用して提供されています。

そのため回線を自由に利用できるものではなく、借用している範囲内でのみ利用できる仕組みです。

結果、格安SIMは一人あたりに割り振る回線を少なくしなければならず、通信速度が遅くなってしまう傾向にあります。

ただ、格安SIMを利用すると必ず速度が遅くなるとは言い切れません。

大手キャリアと遜色ないような通信速度で利用できるものも存在しています。

とはいえ、このような格安SIMも利用者が集中すると回線速度が遅くなるなどのデメリットはあります。

総じて回線速度が遅かったり遅くなったりする可能性があることがデメリットです。

目次へ戻る

デメリット2:たくさん通信する人は不向き

たくさん通信する人には向いていないというデメリットもあります。

基本的に格安SIMは低速回線でも事足りるようなゆったりと携帯電話を利用する人に向いています。

もちろん高速回線の利用もできますが、これは必要な時だけ高速に切り替えて事足りるような人向けのサービスです。

そのためYouTubeを長時間閲覧するなど、高速回線を何十GBも利用したいと考えている人には不向きのサービスです。

目次へ戻る

デメリット3:たくさん電話する人は不向き

格安SIMはたくさん電話する人には不向きです。

大手キャリアであれば無制限に通話できる定額プランなどが用意されています。

そのため日頃から多く電話する人であっても通話料金をあまり気にする必要はありません。

しかし、格安SIMでは通話できる時間に制限が設けられていることが大半です。

無制限に通話できるプランは基本的になく、あまりに多くの電話をすると高額な通話料金になってしまいます。

そのためとにかく電話したいと考えてる人は格安SIMの仕組みがデメリットになってしまいます。

目次へ戻る

格安SIMへの乗り換える方法

MNP乗り換えを行う

お申し込みからご利用開始までの流れ|ご利用ガイド|オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

画像引用元:お申し込みからご利用開始までの流れ|ご利用ガイド|オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで(2020年6月10日取得)

格安SIMへ乗り換える場合はMNPを利用するのが大半でしょう。

こちらの仕組みを利用することで、現在の携帯番号をそのまま格安SIMに移動できます。

手数料は発生するものの簡単な手続きとなっていますので、格安SIMへ乗り換える前には手続きをしておきましょう。

手続きをするためには現在契約している携帯電話会社への連絡が必要です。

電話連絡での手続きも可能であり、MNP窓口に電話連絡をすることで手続きに必要な予約番号を発行してもらえます。

なおこの予約番号には有効期限が設けられています。

そのため予約番号を発行するのは、格安SIMに乗り換える前日などにしておいた方が良いでしょう。

格安SIM会社によっては有効期限に余裕がないと手続きができない事もあります。

格安SIMを申し込みする際にドタバタすることのないように適切なタイミングで手続きをしておきましょう。

目次へ戻る

注意:クレジットカードが必要な会社がほとんど

格安SIMを契約するためにはクレジットカードが必要となる場合がほとんどです。

一部はクレジットカード無しで口座振替などに対応しているものがありますが、基本的にはクレジットカードがなければ契約できません。

そのため何かしらの理由でクレジットカードを保有していない人は、格安SIMの契約がしにくいということが現状です。

ただ、クレジットカード無しで契約できる格安SIMが全くないわけではありません。

例えばUQモバイルは口座振替での契約が可能です。

また、クレジットカードではなくデビットカードで契約できることもあります。

とはいえクレジットカードがなければ不便ですので注意が必要です。

目次へ戻る

おすすめの格安SIM会社

LINEモバイル:低価格で携帯が使える!今最もおすすめの格安SIM

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

格安SIMの中でも比較的料金が安いことが特徴です。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

主要格安SIMの料金比較

会社名 音声通話SIM3GBプランの料金(税別)
LINEモバイル
LINEモバイル
1,480円
mineo
mineo(Dプラン)
1,600円
UQモバイル
UQモバイル
1,980円
ワイモバイル
ワイモバイル
2,680円

既に利用している人も多いLINEが提供しているサービスということもあり、知名度が高いサービスという点でも安心感があります。

LINEモバイルの大きな特徴として3キャリアの回線に対応しているということが挙げられます。

全ての回線に対応していることで、どこのキャリアの端末でもそのままLINEモバイルで利用可能です。

SIMロック解除の必要がありませんので手間を最小限に抑えられるメリットがあります。

また、通信速度においても他社と比較して申し分ないスピードであり、コストパフォーマンスに優れた格安SIMであると言えるでしょう。

主要格安SIMの通信速度比較(10/3-10/9の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.3Mbps 12.9Mbps 14.9Mbps 15.0Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
7.1Mbps 1.4Mbps 6.1Mbps 8.9Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
5.2Mbps 1.1Mbps 2.7Mbps 5.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
6.1Mbps 1.2Mbps 2.2Mbps 4.7Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.0Mbps 8.4Mbps 5.2Mbps 4.7Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
5.0Mbps 1.2Mbps 2.4Mbps 4.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
6.8Mbps 3.0Mbps 9.0Mbps 6.7Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

LINEモバイルはコストパフォーマンスが高く、初めて格安SIMを契約する人におすすめ。料金、通信速度、共にトップクラスでありデメリットがない。「格安SIMと契約したら確かに料金は安くなったけど、速度が遅くて不満!」という後悔が起きにくい格安SIMだ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

目次へ戻る

今なら楽天モバイルもおすすめ

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

現在であれば楽天モバイルもおすすめです。

楽天モバイルでは大々的なキャンペーンが実施されていて、先着300万名向けに1年間基本料金無料で提供されています。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(10/2時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の料金(税別) 初期費用(税別) 期限
楽天モバイル
楽天モバイル
1年間2,980円引き(無料) UN-LIMIT(先着300万名) 0円 3,000円 先着300万名
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
6ヶ月間900円引き(無料) 音声3GB以上 12,200円(音声3GB) 無料 11/3
nuromobile
nuromobile
初月無料&3ヶ月間100円 音声付きSIM 11,500円(Sプラン/ドコモ回線) 3,000円 未定
LINEモバイル
LINEモバイル
3月間980円引き(無料) 音声3GB以上 13,340円(音声3GB) 3,000円 未定
IIjmio
IIjmio
6ヶ月間700円引き 通話定額オプション加入(通常税別830円のところ7ヶ月間無料) 15,000円(音声3GB) 1円 11/4

端末の購入費用などが発生してしまうものの、ほぼ維持費なく格安SIMが手に入るのです。

しかも、今なら基本料金無料であるものの、毎月5GBまでの利用が可能です。

格安SIMでは2-3GBまでしか利用できないものが多々ありますが、楽天モバイルであれば比較的多くの容量が利用できます。

基本料金が発生する前に解約することも可能ですので、現在であれば特におすすめの格安SIMです。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
回線種類 楽天
縛り なし

とにかく1年間料金無料のメリットが大きすぎる。データ容量こそ地域によっては上限5GBまでという制約があるが、通話料も無料だし契約して損なし。楽天モバイルは楽天回線に対応したスマホでなければ利用できないこともあるが、今ならGalaxy S7が17,000円(税別)で販売中で、契約すると15,000ポイントもらえるため実質2,000円(税別)で購入可能。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大26,300円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと6,300ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

まとめ:平均携帯料金が安い格安SIMに乗り換えよう!

格安SIMに乗り換えをすることで携帯電話料金を格段に下げることが可能です。

冒頭でも説明したとおり大手の通信キャリアと比較をすると半額以下です。

その反面で通話量が多い人などは格安SIMが適していないなどのデメリットもあります。

一部格安SIMが適していない人はいるものの、基本的には格安SIMに乗り換えることで携帯料金を大きくダウンさせられます。

低価格で携帯が保有したいと考えている人は、この機会に格安SIMへの乗り換えを考えてみましょう。

目次へ戻る

新着記事一覧

楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線