暮らしの達人 >> カードローン >> サービス別 > 三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム株式会社の「アコムカードローン」 申込条件、審査、融資までの所要時間などの基本的な特徴やメリット・注意点を解説

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム株式会社の「アコムカードローン」 申込条件、審査、融資までの所要時間などの基本的な特徴やメリット・注意点を解説

アコム
  • アコムを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • ネットで契約まで可能!
  • 最短30分で審査回答さらに即日振込も!

渡部篤郎さんと佐藤美希さんが出演するCMでおなじみの「アコム」は、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム株式会社が運営する大手消費者金融です。はじめてアコムをご利用する方なら最大30日間の利息0円になる他、簡単な質問に答えるだけでお借り入れ可能かすぐに分かる3秒診断、インターネットから申し込めば最短でその日のうちにお金が借りられる即日融資など、アコム独自のサービスが盛りだくさん。

このページでは、「アコム」のサービスの中でも最も一般的な「アコムカードローン」での融資をご検討されている方に向けて、申込条件や審査基準、利用限度額等の基本的な特徴からメリット、デメリットを紹介します。ご参考ください。

お申込み

アコム株式会社の「アコムカードローン」の基本的な特徴

申込条件と審査基準、在籍確認

アコム株式会社の「アコムカードローン」は、以下の2つの条件すべてに該当する方は誰でも申し込めます。

  • 20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入(パートやアルバイト)と返済能力のある方

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も上記の条件を満たす方なら申し込めます。

一方、専業主婦/主夫の方は安定した収入がなければ難しいです。公式サイトの質問コーナー「主婦(主夫)でも契約はできますか?」でも「アコムのカードローン・クレジットカードは、20歳以上の安定した収入(パートやアルバイト)と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。」と紹介されているので、現在収入がなければ審査落ちすることが予測できます。

外国籍の方が申し込めのか、審査に通るのかは公式サイトに記述はありませんが、年齢と安定した収入があれば申込はできそうです。

申込者が勤務先に勤務・在籍していることを確認する「在籍確認」は原則行われます。アコムの公式サイトによると、「お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者の個人名で連絡いたします。【自宅・勤務先へのご連絡例】○○(担当者の個人名)と申しますが、●●さん(お客さま)いますか?」とのこと。個別に事情がある方は、申込前にアコムのコールセンターで相談を受け付けてくれます。

目次へ戻る

必要書類

アコム株式会社の「アコムカードローン」の審査を受ける際に必要な書類は次の通り。審査の結果、これら以外の書類も要求されるケースもあります。

本人確認書類
運転免許証(運転免許証を持っていない場合、個人番号カードや健康保険証など)
収入証明書(アコムで50万円超の利用限度額を希望もしくはアコムと他社の借入額総計が100万円超の場合)
源泉徴収票、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書、確定申告書・青色申告書・収支内訳書、給与明細書

また、書類に記載された自宅の住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、次のうちの現在の住所が記載された以下のいずれかの書類が必要です(発行日または領収日から6ヵ月以内のもの)。

  • 住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
  • 公共料金の「領収書」電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等
  • 納税証明書

目次へ戻る

申込方法(インターネット申込・郵送など)

アコム株式会社の「アコムカードローン」を申し込む方法はおおきく4通りあります。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

インターネットと電話は、24時間365日の申込を受け付けています。店頭窓口は9時30分~18時(土日祝休業/一部店舗は営業時間が異なる)、自動契約機(むじんくん)は9時~21時(年末年始期間は休業)です。

この中でも、インターネットからの申込は審査から契約まですべてがウェブ上で完結できるので、来店が不要です。申し込んだその日にお金が借りられる即日振込も可能です。

目次へ戻る

融資実行までの流れ(インターネットからの申込の場合)

アコム株式会社の「アコムカードローン」をインターネットから申込んだ場合の審査の流れは次の通り。

  • 申込内容の入力(申込者/24時間365日どこからでも申込可能)
  • 本人確認書類提出(申込者/ネットでアップロード)
  • 審査結果の通知(アコム/最短30分で審査結果を連絡)
  • 電話連絡(アコム/契約に関する確認が必要な場合のみ)
  • カードの受け取り(申込者)

インターネットからの申込なら、審査から融資までの一連の手続きがすべてネット上で完結します。

借入の際に必要なカードの受け取りは「郵送」か「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)」の方法が選択できますが、「その前にお金を借りたい」という人は銀行口座へ振込も可能。審査通過後(契約後)にアコム会員専用ページにログインして会員自身の銀行口座への振込を指示すれば最短1分で入金できます(振込手数料無料)。その後は、銀行やコンビニのATMでいつでも出金できます。

目次へ戻る

融資実行までの所要時間(審査時間)

アコム株式会社の「アコムカードローン」では、融資実行までの流れ(インターネットからの申込の場合)で紹介したインターネット申込なら審査が最短30分で完了、その日のうちに借入ができます。

インターネットからの申込なら条件は特になく土日や深夜でも即日審査・融資に対応しています。審査は最短で30分で結果を通知できます。店舗で借入を行う際はアコムが発行するカード(キャッシュカード)が必要ですが、受取までに時間がかかります。アコム会員専用ページから銀行振込を選択すれば、審査後(契約後)すぐにご自分の銀行口座に入金(最短1分)される(金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます)ので「今すぐお金を借りたい、即日融資を受けたい」人はこちらを選択してください。

Web完結・インターネットからの申込はコチラ

目次へ戻る

利用限度額:800万円

アコム株式会社の「アコムカードローン」の利用限度額は800万円。申込時に1万円から、1万円単位で希望限度額を選択できます。

その後、審査の結果、融資限度額が決定し、Eメール等で結果が通知されます。

利用限度額の範囲内であれば、何回でも繰り返し借入ができます。

また、希望した利用限度額が50万円以下およびアコム株式会社と他社の借入合計が100万円以下の場合は収入証明書の提出は原則不要です。

目次へ戻る

年利・金利:はじめての方は30日間利息0円

アコム株式会社の「アコムカードローン」の借入利率(年利)は、3.00%~18.00%(実質年率)です。

その範囲で、利用限度額に応じて適用される利率が異なります。具体的に次の通り。

利用限度額 返済金額
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

利息の計算は、通知された借入利率を元に行われます。

借りていた日数ベースで(1年を365日とする)日割り計算します。

たとえば、15万円を20日間、利率10.0%で借りた場合、利息は150,000円 × 5.0% × 20日 ÷ 365日 = 821.917808….小数点以下は切り捨てなので利息は821円です。

そしてアコムをはじめてご利用の方は契約日の翌日から30日間は金利が0円、この期間は上記の利息を支払う必要がなく、元本のみを返済すればOKです。

目次へ戻る

借入方法

アコム株式会社の「アコムカードローン」でお金を借りる方法は、アコム会員専用ページや電話から銀行口座に振り込む方法と、店舗や自動契約機(むじんくん)、ATMで借りる方法の2通りがあります。

  • インターネットや電話から銀行口座に振り込む方法
  • 店舗や自動契約機(むじんくん)、提携ATMで借りる方法

ご自身の銀行口座に振り込まれた後は、銀行のキャッシュカードを使って自由に出金できます。

目次へ戻る

返済日・返済方法

アコム株式会社の「アコムカードローン」で借りたお金の返済日は、3種類の方法から選択できます。中には「アコムカードローン」ならではのユニーク?な方法もあります。

  • 35日間隔
  • 毎月希望日指定
  • 毎月6日(口座振替の場合)

一つ目は、35日間隔の場合。初回は借入日の翌日から35日目、2回目からは返済日の翌日から35日目です。

「毎月5日」「毎月月末」など、毎月同日の返済日が指定されているカードローン会社や消費者金融が多い中ユニーク?な方法です。

途中で追加借入をした場合も返済期日は延長されません。あくまで返済した日の翌日から35日目です。毎月返済日が変わるので返済期日を忘れてしまいそうですが、アコム会員専用ページで次回の返済日を確認できます。

二つ目は、毎月好きな返済日を指定する方法。

好きな日を指定できるので便利な一方で、口座振替には対応していないこと、指定した返済日より15日以上前に入金(返済)した場合、「追加入金」と見なされるため、次回も返済日は変わらないこと。以上2点にご注意ください。

最後は、毎月6日にご自身の銀行口座の口座振替で返済する方法。

毎月6日に自動で引き落としされるのでATMや振込で返済する時のような手間がかからず、一番便利な方法です。毎月6日前に銀行口座に十分な残高があることを確認しましょう。

目次へ戻る

返済方式

アコム株式会社の「アコムカードローン」の返済方式は、定率リボルビング方式です。

定率リボルビング方式とは、最後に借入した時の借入残高に対して「一定の係数」を掛けた金額を返済する方式です。

「一定の係数」は次の通り、利用限度額によって異なります。たとえば、利用限度額が30万円で借入残高が20万円の場合、4.2%以上、つまり(20万円x4.2%)8,400円以上を毎月返済します。

利用限度額 一定の係数
30万円以下 借入後残高 × 4.2%以上
30万円超~100万円以下 借入後残高 × 3.0%以上
100万円超 借入後残高 × 3.0%以上
借入後残高 × 2.5%以上
借入後残高 × 2.0%以上
借入後残高 × 1.5%以上
以上のいずれか。

目次へ戻る

追加返済の方法

アコム株式会社の「アコムカードローン」では、返済日前の返済や最低返済額以上の返済(追加返済)も可能です。

追加返済をする場合、アコムへの事前連絡なく、アコム会員ページからの振込(インターネット返済)、自動契約機(むじんくん)や三菱UFJ銀行やセブンイレブンのATMいつでも返済できます。ただし、一括返済を行う場合は利息計算が必要なので入金前にアコムのコールセンターに連絡してください。

目次へ戻る

提携銀行・コンビニATM

アコム株式会社の「アコムカードローン」は、自動契約機(むじんくん)やアコム店舗以外でも、三菱UFJ銀行のATMをはじめ、提携銀行やコンビニのATMで借入れや返済ができます。

代表的な提携銀行は次の通り(抜粋)。以下に挙げた銀行では借入と返済の両方が行えます。アコムのステッカーが貼ってあるATMコーナーが目印です。

  • 三菱UFJ銀行
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行

コンビニはセブンイレブンやローソン、イーネットのATMが設置されたファミリーマートなどと提携しているので借入と返済ができます。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

目次へ戻る

アコム株式会社の「アコムカードローン」の3つのメリット

【はじめての人限定】契約の翌日から30日間利息が0円

アコム株式会社の「アコムカードローン」の最大のメリットははじめてアコムを利用する方は契約の翌日から30日間利息が0円なことです(アコムが不適切と判断したケースはNG/無担保カードローンが対象)。

無利息期間を提供している大手カードローン会社はほとんどなく(アコム以外は、プロミス、レイクALSA、アイフルくらい)、また実質年率は大手はほぼ横並びなので無利息期間を提供している「アコムカードローン」は圧倒的にお得なサービスと言えます。

目次へ戻る

最短30分で審査完了→振込OK 即日融資サービス

アコム株式会社の「アコムカードローン」は、土日でも夜間でも24時間365日、インターネットからや電話での契約なら、最短30分で審査完了、申し込んだその日にお金が借りれる即日融資サービスを提供しています。

申込から即日融資までの流れは次の通り。

  • 申込内容の入力(申込者/24時間365日どこからでも申込可能)
  • 本人確認書類提出(申込者/ネットでアップロード)
  • 審査結果の通知(アコム/最短30分で審査結果を連絡)
  • 電話連絡(アコム/契約に関する確認が必要な場合のみ)
  • 会員専用ページから銀行口座へ振り込み(申込者)

「その日のうちにお金を借りたい」ならとりあえずカードは後日受け取ることにして、まずアコム会員専用ページへログイン→銀行口座へ振り込みます(振込手数料無料)。その後、銀行やコンビニのATMから出金します。原則夜間でも土日でも24時間365日いつでも融資を受けられるので、急いでいる人、今すぐお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

目次へ戻る

都合にあわせて返済日を決められる

アコム株式会社の「アコムカードローン」では、店舗やATMでの返済する場合毎月の返済日を決められます(銀行口座からの振替返済は返済日を指定できません)。

返済日を自由に決めたくても決められないカードローン会社は多い中、アコムカードローンなら自分の都合に合わせて自由に返済日を決められる、他社にはあまりない珍しいサービスです。

目次へ戻る

アコム株式会社の「アコムカードローン」の2つの注意点(デメリット)

総量規制により、年収の3分の1以上の借入ができない

カードローン業者は総量規制といって、すべての貸金業者からの借入が年収の3分の1以内であること法律で定められています。

アコム株式会社も(銀行ではなく)貸金業者に該当するため、「アコムカードローン」での借入は他の貸金業者との借入も併せて年収の3分の1を超えてはいけません。

このため、年収の3分の1以上の融資を受けたい人、すでに年収の3分の1程度の融資を(消費者金融等の)貸金業者から受けている場合は、「アコムカードローン」は不向きと言えるので、総量規制の対象外である銀行カードローンでの融資を検討せざるを得ません。

  • 総量規制の対象(例):プロミス、SMBCモビット、アイフル、新生フィナンシャルなどの消費者金融のカードローン、JCB等クレジットカードのカードローン
  • 総量規制対象外(例):三菱UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行が提供するカードローン

目次へ戻る

三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行などのATMが利用できない

「アコムカードローン」を使えるメガバンクは三菱UFJ銀行のみ。みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行など大手銀行のATMを利用して借入や返済ができません。これらの銀行が最寄りの方は、セブンイレブンやローソンのATMをご利用ください。

目次へ戻る

今すぐカンタンお申込み

申込条件/審査

申込資格
  • 20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入(パートやアルバイト)と返済能力のある方
必要書類
本人確認書類
運転免許証(運転免許証を持っていない場合、個人番号カードや健康保険証など)
収入証明書(アコムで50万円超の利用限度額を希望もしくはアコムと他社の借入額総計が100万円超の場合)
源泉徴収票、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書、確定申告書・青色申告書・収支内訳書、給与明細書
パート・アルバイト 安定した収入のある方なら申込可
学生 安定した収入のある方なら申込可
専業主婦 ×(申込不可)
外国人 安定した収入のある方なら申込可
申込方法
  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送
申込~審査結果通知までの時間(最短) 最短30分
申込~融資実行までの時間(最短) 最短で申込当日

借入条件/方法

借入限度額 800万円
総量規制 あり
実質年率 3.00%~18.00%
遅延損害金 20.00%
借入方法
  • 振込キャッシング(手数料無料)
  • アコムのATM:手数料無料
  • 提携ATM(1万円以下):110円
  • 提携ATM(1万円超え):220円
提携銀行ATM(抜粋) 三菱UFJ銀行:〇
みずほ銀行:×
三井住友銀行:×
りそな銀行:×
イオン銀行:×
セブン銀行:×
提携コンビニATM(抜粋) セブンイレブン:〇
ローソン:〇
ファミリーマート:〇
ミニストップ:×

返済方式/方法

返済方式 定率リボルビング方式
返済日
  • 35日間隔
  • 毎月希望日指定
  • 毎月6日(口座振替の場合)
返済方法
  • ATM/店舗での返済
  • 口座振替
提携銀行ATM(抜粋) 三菱UFJ銀行:〇
みずほ銀行:×
三井住友銀行:×
りそな銀行:×
イオン銀行:×
セブン銀行:×
提携コンビニATM(抜粋) セブンイレブン:〇
ローソン:〇
ファミリーマート:〇
ミニストップ:×

会社情報

会社名 アコム株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
登録番号 関東財務局長(13)第00022号
今すぐカンタンお申込み

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎