暮らしの達人 >> カードローン >> ランキング >> 最短即日融資カードローンはコレ! 申込方法や審査に関する情報まとめ

最短即日融資カードローンはコレ! 申込方法や審査に関する情報まとめ

今すぐお金が借りれる。即日融資のカードローン

急な飲み会に誘われたり、口座引き落としが残高が不足でできないと連絡があったり。欲しかった大きな買い物が、今だけお買い得になっていて買ったほうが絶対にお得だということも。今すぐお金が必要になる場面は、意外とたくさんありますよね。「今お金があれば助かる!」を叶えてくれる、即日融資が可能なカードローン。今すぐお金が必要な時の強い味方です。中でも当日にサクッと融資をしてくれる、スピードの早さが自慢の会社をピックアップしました。

最短当日!即日融資に対応したカードローンまとめ

すぐにでも現金が欲しい場合、即日融資に対応したカードローンに申し込みましょう。この記事で紹介しているカードローンなら、最短で、申し込んだその日のうちに審査が完了し、現金を受け取ることができます

ただし、いずれも”最短で”なので、場合によっては審査完了までに数日かかる可能性もあります。ご注意のうえ検討してみてください。

アイフル:振込融資・カードレス融資にも対応

公式サイトに「アイフルはお急ぎの方にもすぐ対応!」と記載してある通り、アイフルは即日融資に対応しています。

アイフルで即日融資を受けるには、まず公式サイトから申し込みを行います。申し込み完了後、「【アイフル】カード申込・受付完了メール」というメールが届くので、さらに0120-337-137に電話をかけます。こちらに電話をすると、優先して審査を受けることが可能になります

審査に通ることができれば融資を受けることが可能になります。融資を受ける方法は3つあります。

  • 振込融資
  • カードレス融資
  • カード融資

振込融資では、ネット上または電話で申し込むことで、指定口座に振り込まれる形で融資を受けることが可能です。ただし、土日や連絡した時間によっては振込が翌営業日になる恐れがあります。ご注意ください。

即日融資を受けられる可能性が最も高いのはカードレス融資です。これはアイフルアプリをダウンロードし、アプリ内で手続きすることで、全国のセブンATMを使って現金を引き出せる借り入れ方法です。つまり、アプリがローンカードの代わりになるわけです。

しかし、この方法で借り入れを行う場合、ATM手数料がかかってしまいます。

お取引金額が1万円以下では108円、1万円超では216円のご利用手数料がかかる場合があります(消費税等含む)。

引用元:営業時間とATM手数料 : アイフル(2018年11月19日取得)

最後に紹介するのは、ローンカードを使ってATMで現金を借り入れる、カード融資です。この方法を使うためにはローンカードを受け取る必要があります。ローンカードは通常、審査通過後に郵送で受け取ることができますが、即日融資を受けたい場合は、送られてくるのを待つのではなく、無人契約機の「てまいらず」に行き、ローンカードを発行しましょう

「てまいらず」は日本全国各所に設置されており、審査通過後に免許証などの本人確認書類を持っていくことでローンカードを発行してもらうことができます。

都道府県からアイフル店舗を探す(公式サイト)

ローンカードを受け取ったら、対応ATMで現金を引き出すことが可能です。ローンカードならセブン銀行ATM以外にも様々なATMを利用可能で、さらにアイフルATMなら手数料無料です。

アイフルに申し込む

プロミス:土日でも振込による即日融資が可能

プロミスでも最短即日融資が可能です。こちらも公式サイトから申し込むと、最短30分で審査が完了し、3つの方法で即日融資を受けられます。

  • 振込融資
  • カードレス融資
  • カード融資

プロミスが優れているのは、土日でも振込融資に対応していることです。振込キャッシングのことを自ら「瞬フリ」と呼んでいるように、連絡してから振り込まれるまでは最短10秒です。振込で即日融資を行いたい場合は、プロミスを選ぶと良いかもしれません。

カードレス融資についてはアイフルと全く同じで、アプリ上で手続きすることで、ローンカードがなくてもセブン銀行ATMで借り入れを行うことができます。ただし、ATM利用手数料がかかります。

お取引金額が1万円以下では108円、1万円超では216円のご利用手数料がかかります(消費税等含む)。

引用元:営業時間とATM手数料 : プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)(2018年11月19日取得)

カード融資の場合は、プロミスにおいてもこちらから無人契約機に行くことで、その場でローンカードを発行することが可能です。

店舗・ATM一覧(公式サイト)

プロミスのカードローンでは、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM(ファミマ、サークルKなど)、ゆうちょ銀行ATMなどを利用することができますが、これらのATMは利用手数料がかかります。

三井住友銀行ATMのみ無料で利用可能なので、カードで引き出す場合は三井住友銀行ATMを利用することをおすすめします。

プロミスに申し込む

モビット:14:50までの手続き完了で即日融資

モビットも即日融資に対応したカードローンを提供しています。

公式サイトから申し込むと、完了画面に「0120-03-5000」が表示され、ここに電話するよう促されます。電話をすると優先して審査が開始されます。

その後モビットから審査結果の電話がかかってきます。審査に通ることができたら、おなじみの以下の3つの手段で即日融資を受けることができます。

  • 振込融資
  • カードレス融資
  • カード融資

振込融資は、平日14:50までに手続きを完了すれば、当日中に融資を受けることが可能です。時間を超えた場合や土日では翌営業日の着金になってしまう恐れがあります。

カードレス融資もこれまでと同じく、アプリをダウンロードしてアプリ内から操作することでセブン銀行ATMにて現金を引き出すことができます。しかしATM利用手数料がかかるのでご注意ください。

お取引金額が1万円以下では108円、1万円超では216円のご利用手数料がかかります(消費税等含む)。

引用元:営業時間とATM手数料 : SMBCモビット(2018年11月19日取得)

ローンカードを受け取る場合は、全国にある無人契約機に行くことで、申し込んだその日にローンカードを受け取ることが可能です。

ローン申込機・ローン契約機ローン申込機検索:キャッシング、カードローン、ローンは三井住友銀行グループのSMBCモビット(公式サイト)

ローンカードがあれば提携ATMで現金を引き出すことができます。中でも三井住友銀行はATM手数料が無料です。

モビットに申し込む

アコム:楽天銀行なら土日も即日融資に対応

アコムも最短即日融資に対応しています。即日融資までの流れはこれまでと同様で、公式サイトから申し込み、審査に通過すれば借り入れが可能になります。

しかし、アコムはカードレス契約に対応していません。そのため、即日融資を受ける方法は振込融資か、ローンカードを使ったカード融資の2通りになります。

振込融資の場合、ゆうちょは14時まで、提携銀行は14時半までに申し込むことで、当日のうちに融資を受けることが可能です。楽天銀行の場合のみ、土日を含めて23:50までに連絡をすれば1分程度で振り込まれます。したがって、楽天銀行ユーザーに向いているでしょう。

カード融資を受ける場合は、審査通過後にアコム店頭または無人契約機「むじんくん」でローンカードを発行してもらうことができます。

店舗・ATM検索(公式サイト)

ローンカードが手に入れば、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イオン銀行ATMなどで借り入れを行うことができます。ただし、手数料がかかります。アコムのATMなら手数料無料で利用可能です。

アコムに申し込む

J.Score:14:45までの手続き完了で即日融資が可能 超低金利が魅力

J.Scoreはソフトバンクとみずほ銀行の共同出資によって設立された新規の消費者金融会社です。この会社でも平日の14:45までに契約が完了すれば、即日融資を受けられます。

しかし、借り入れ方法は振込融資のみとなります。平日の14:45以降や土日祝日年末年始に借り入れ手続きを行なった場合、翌営業日の振込となるので注意しましょう。

また、J.ScoreにはローンカードがないのでATMでの借り入れができません。必ず振込での融資となるので注意しましょう。

借り入れ方法が1つしかないというデメリットはありますが、一方でJ.Scoreは金利が0.8〜12.0%と低く、消費者金融どころか銀行カードローンと比較しても低金利です。おすすめなカードローンと言えるでしょう。

J.Scoreに申し込む

豆知識:銀行カードローンが即日融資に対応していない理由

カードローン業者は消費者金融と銀行の2つのパターンがあります。しかし、ここまで紹介したカードローン業者はどれも消費者金融会社です。そう、実は銀行のカードローンは即日融資に対応していないのです。

その理由は、銀行と消費者金融では審査の流れが違うからです。以前、某銀行が暴力団に融資を行ったことが問題となり、銀行のカードローン審査では「申し込んだ人が反社会勢力ではないか」を確認するため、警視庁の情報を照会するようになりました。その結果、審査が完了するまでに数日かかってしまうのです。

即日融資カードローンに関する審査情報まとめ

カードローンで即日融資を受けるには、当然ですが審査に通らなければいけません。どの業者も審査の内容は公表していないため、審査に通るかどうかは申し込んでみないとわかりません。

また、審査に通りたいからと言って、年収を水増ししたり職業を偽ったりすると、逆に審査に落ちるうえ、二度とその業者に申し込めなくなる恐れもあります。

正直な情報で申し込まなければいけないので、審査に通る確率を上げる方法なんてものもありません。そこでここからは、即日融資に対応しているカードローンの審査がどのように行われているのか、審査のない業者はあるのかなど、審査に関する基礎的な情報を紹介していきます。

即日融資カードローンは審査が甘いのか?

即日融資を可能にするには、審査を早く終わらせなければいけません。そのため、「即日融資に対応している業者は審査が早い=審査が適当なのでは?」と考える人も多いはずです。

しかしながら、即日融資に対応しているからと言って、審査が甘いわけではありません。審査スピードが速いのは、スコアリングと呼ばれる方法を採用しているからです。

スコアリングとは、申し込み内容を数値化し、合計点数に応じて機械的に処理する審査方法のことです。

例えば会社員なら10点、パート・アルバイトなら5点などと、回答を採点します。その合計点数が300点以上なら審査通過、200点以下なら審査落ち、200〜300点以内なら人の手による追加審査、というイメージです。

したがって、点数を下回ってしまえば容赦無く落とされます。たとえ犯罪に巻き込まれて生活が苦しくなり、子供のミルク代すら捻出できない…。というような悲しい都合があっても、点数次第で落ちてしまいます。

また、特に最近は業界全体で以前のような過剰融資を行わないよう、法律と自主規制で厳しく制限されています。わざわざ業界の流れに逆らって甘い審査で利用者を増やすことは考えにくいでしょう。

即日融資は「今日の飯代すらままならない人のためのサービス」というよりは「きちんと返済できる見込みがある人をお待たせさせないためのサービス」と認識しておきましょう。

無審査での即日融資はありえない!ヤミ金の可能性大

先に紹介したように、即日融資とは決してその日暮らしを送る人のためのサービスではありません。しかし世の中には「無審査で即日融資を行います!」などと宣伝して、明らかに返済が不可能な人にまで融資を行う業者もあります。

このような業者は間違いなくヤミ金です。ヤミ金は違法な消費者金融であり、利用すると犯罪に巻き込まれる可能性が高い恐ろしいものです。「必ず借りれる!」「審査不要!」などを謳っている業者は絶対に利用しないようお気をつけください。

貸金業を行うには金融庁への登録が必要で、認可されると貸金業登録番号が付与されます。金融庁では貸金業登録番号の検索フォームを提供しています。このサイトに貸金業登録番号や電話番号を入力して検索することで、ヤミ金かそうでないかを見分けることもできます

登録貸金業者情報検索サービス(公式サイト)

無審査で即日融資を受けたいなら、クレジットカードのキャッシング枠を確認しよう

もしもクレジットカードをお持ちであれば、無審査で即日融資を受けられる可能性があります。

クレジットカードはショッピングで使うだけでなく、ローンカードとして使うこともできます。クレジットカードを提携しているATMに挿入すると、現金を引き出すことができるのです。

ただし、どのクレジットカードでも可能なわけではなく、キャッシング枠が付いているクレジットカードに限ります。

キャッシング枠はクレジットカード入会時につけるかどうかを問われます。この時キャッシング枠をつけていれば、クレジットカードを使って融資を受けることが可能です。

そのため、もしかすると既にお持ちのクレジットカードに、キャッシング枠が付いているかもしれません。一度ご自身がお持ちのクレジットカードのキャッシング枠を確認してみることをおすすめします。

プロミスフリーキャッシング

プロミスフリーキャッシング

業界唯一の自動審査対応なので、とにかく審査スピードが早くて手軽です。電話不要でスマホやWEBで完結するのでとても便利です。さらにポイントサービスの申し込みで、初めての方に限り30日間無利息が可能に!

審査時間 最短融資 収入証明書
最短30分 最短即日 50万円まで原則不要
金利(年率) 借入限度額 パート・アルバイト
4.5%〜17.8% 上限500万円 申込可能
詳細はこちら

モビットカードローン

モビットカードローン

事前審査は10秒、最短審査30分とスピードの早さが魅力。三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行銀行に口座がある場合は、スマートフォンやWEBだけの申し込みで融資が可能です。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査時間 最短融資 収入証明書
最短30分※1 最短即日※2 50万円まで原則不要
金利(年率) 借入限度額 パート・アルバイト
4.8%~18.0% 上限500万円 申込可能※3

※1申込の曜日、時間帯によっては 翌日以降の取扱となる場合があります
※2当日振込には14時50分までの振込手続完了が必要です。
審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます
※3安定した収入がある方に限ります

詳細はこちら

アコムカードローン

アコムカードローン

30日間無利息で、初めてキャッシングを利用する人にオススメ。安心してキャッシング出来ます。最短30分審査で来店不要と、スマートに申し込みができます。

審査時間 最短融資 収入証明書
最短30分 最短即日 50万円まで原則不要
金利(年率) 借入限度額 パート・アルバイト
3.0%~18.0% 上限800万円 申込可能
詳細はこちら

なぜそんなに急にお金が必要になるの?

生活をしているとどうしても突発的なお金が発生してしまいます。持ち合わせがなくてもまとまったお金を支払わなければならない時、キャッシングは非常に便利な存在です。中でもケチらずお金を払いたい冠婚葬祭などではどのくらいかかるのか調べてみました

冠婚葬祭

結婚式では身内、親戚と友人関係では相場が違います。たとえば30代で身内が結婚した場合は10万円、親類の場合は5万ほど包むのが相場だそうです。あとの友人や会社の同僚や後輩などには3万円が相場になります。そう思うと身内の結婚の金額はなかなか大きいですね。とはいえ一生に一度のことなのでそこはケチらず気持よくお祝いしたいですね。急に結婚が決まった場合、持ち合わせがない、ボーナスまでまとまったお金がないときは即日融資のキャッシングが便利です。一定期間無利息のものもあるので便利です。

またお葬式の相場では30代で祖父母など身内の不幸は3万〜5万円、会社などの付き合いであれば5000円から1万円が相場。不幸はあってほしくはないですが、急な場合にも即時対応が必要となるので、困ったときにもキャッシングは便利です。しかし最近では香典返しなどの手間を省きたいということで、受け取らない場合も多いようですので確認しておきたいところです。

出産祝い

友人や身内の出産祝い。親戚、友人、知人ともに5,000〜10,000円が大体の目安のようです。しかし親戚筋のお祝いは別。祖父母からのお祝いなどは、両家の祖父母からの場合5,000円〜50,000円が相場なのだとか。特に多いものは5,000円〜20,000円の間で、ベビーベッド、寝具、宮参り用の祝着やドレスなどが多いようです。出産祝いのタイミングは友人知人筋は、お七夜 が済んだ後に出産祝を贈るのが一般的です。内容は現金や 商品券、ベビー服、ベビー靴、おもちゃや、最近ではおむつケーキなどが多いです。たくさんもらいすぎてもあとからお返しが大変なので、貰う側も「お返し代」を用意して置かなければなりません。するとだいたい行って来いくらいの感覚になるのではないでしょうか。気持ちは送る側も、返す側もお金がかかるものですね。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

即日融資 おまとめローン 来店不要 無利息期間がある 収入証明不要 総量規制対象外