暮らしの達人 >> カードローン >> 審査 > カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ

カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ

公開年月日 : 2021/03/04

カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ

カードローンの審査に通れずお金が借りれない人に向けて、審査に落ちる主な理由と、審査の対策方法をまとめて解説します。

カードローンの審査に通らない主な理由

カードローンの審査に通らない人は、まずその理由を探っていきましょう。そうすることで有効的な対策が打てるようになります。したがって審査に落ちる主な理由を4つ紹介していきます。

目次へ戻る

申込内容が審査基準を下回った

カードローンの審査では、まず申し込み時の内容に基づいて行われます。例えば職業や年収などです。これらの回答内容が基準を下回ると審査に落ちます。

また、この基準は借入希望額に応じても変わります。例えば同じ年収400万円の会社員でも、10万円借りたいのか、100万円借りたいのかに応じて審査基準が変わります。

目次へ戻る

個人信用情報に滞納等の情報が載っていた

猛威一つ審査対象となるのが個人信用情報です。これはキャッシングなどのローン契約や、クレジットカード、分割契約した商品(スマホとか)の契約内容や支払い状況を記載しているデータです。

特に支払い状況が重要で、過去に61日もしくは3ヶ月以上滞納した経験がある人や、自己破産等によって支払いが免除された人は、支払い状況に「異動」という文字が記載されます。この「異動」は発生から5年間残り続け、その間は個人信用情報を確認する審査に通ることができなくなります。

いわゆる「ブラックリスト入り」です。こうなるとカードローンの審査は厳しくなってしまうでしょう。

目次へ戻る

多重申込に該当した

個人信用情報にはもう1つ審査落ちのポイントがあります。いつ、どの商品に申し込み、その結果どうなったか、といった情報も6ヶ月間記載されます。

特にキャッシングの場合、短期間で複数の会社に申し込むと、その申し込み履歴から「お金に困っている人だ」とみなされやすいです。そのせいで審査に落ちてしまう可能性があります。これを「多重申込」と呼びます。

したがって、キャッシングの審査に落ちたらすぐに別の会社に申し込むのではなく、6ヶ月程度期間を開けて申し込むのが理想です。

目次へ戻る

総量規制に引っかかった

個人が借入できる総量には「年収の1/3まで」という上限が決まっていて、これを「総量規制」と呼びます。総量規制に違反すると業者側が罰されるため、どの業者もこれを厳格に守っています。

したがって、借入希望額が年収の1/3を超えていると、審査に落ちてしまいます。これはあくまでも借入総量なので、例えば年収300万円の人がA社で70万円借りている場合、B社からは30万円までしか借り入れることができません。

目次へ戻る

カードローンの審査に通らない人の対策方法

カードローンの審査に通らない人のために3つの対策方法を紹介します。

目次へ戻る

心当たりがなければアコムかモビットに申し込もう

先に紹介した主な理由を見ても心当たりがなければ、アコムかモビットに申し込むことをおすすめします。なぜならこれらの会社は公式サイト上で審査目安を確認できるからです。

例えばアコムなら「3秒診断」というものがあり、「年齢」「年収」「他社借入状況」の3項目を入力するだけで、審査に通るかどうかをの目安を出してくれます。

もしも試した結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示されたものの審査に落ちたら、それは個人信用情報に問題がある可能性が高い、ということです。

このように審査に落ちた原因を切り分けることができるため、アコムかモビットに申し込むことをおすすめします。

アコム
  • アコムを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • ネットで契約まで可能!来店不要、郵送物なし、カードレス!
  • 最短30分で審査回答さらに即日振込も!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.00%~18.00% 最短で申込当日 あり
初回契約での無利息期間
30日間

3秒診断によって審査結果の目安を知ることが可能。借りられる目安が出たにもかかわらず審査に落ちた場合は、借入希望額が高すぎたか、個人信用情報に問題があった可能性が高い。審査に通らない原因を知る上でも役立つので、審査落ちの際には利用してほしい。

お申込み

目次へ戻る

借入希望額を下げて申し込む

個人信用情報に問題となる心当たりがない場合、審査基準が満たなかった可能性が高いでしょう。もしもあなたが無職や無収入ではないなら、借入希望額が高すぎて審査に落ちた可能性があります。

最初に述べた通り、審査基準は借入希望額に応じて変化します。当然、借入希望額が高額なら審査も厳しくなります。そのため、次回は借入希望額を引き下げて申し込むことで審査に通る確率を高めることができるでしょう。

目次へ戻る

個人信用情報に問題がありそうなら開示してみよう

個人信用情報は取り寄せて確認することもできます。そのため、個人信用情報に審査落ちの原因がありそうなら、確認してみても良いでしょう。

その結果「異動」の文字があれば、残念ながら5年間はキャッシングを利用することができません。「異動」がなければ多重申込に該当した可能性が高いので、6ヶ月以上経ってからも再申し込みすると良いでしょう。

なお、個人信用情報の開示には1,000円の手数料がかかります。

目次へ戻る

個人信用情報に問題がある場合の対策方法

個人信用情報に「異動」の文字があることがわかった場合、どうすれば良いのか解説します。

目次へ戻る

対策できることはない

残念ながら、自分の努力で異動を解消することはできません。5年以上経過するのを待つしかありません。

目次へ戻る

闇金に注意!最後は公的機関の支援に委ねよう

個人信用情報に「異動」がある人のことを「ブラックリスト入り」とか「ブラック」などと呼びます。そしてそういう「ブラックの人でも借りれる」ことをアピールしている貸金業者もあります。

しかし、これらの業者は闇金です。確かに借りることはできるかもしれませんが、法外な金利設定を課されたり、違法な手段で取り立てを行います。そのため一時的には助かるかもしれませんが、命を奪われるよりひどい結果になる可能性もあります。

生活困窮者に対しては生活保護がありますし、菅総理大臣も最終的には生活保護を受けることを推奨しています。どうにもいかなくなってもそれを助ける公的機関が用意されているので、闇金を頼らないようご注意ください。

目次へ戻る

カードローンの審査に通らないなら少額契約からの増額が定番

先に紹介した通り、借入希望額を下げることで審査ハードルも下がります。そして一度契約できれば、その後借入と返済を正しいサイクルで滞納なく行うことで、信用が積み上がります。

そうすることで借入上限額の増額ができるようになります。このように地道に信用を積み重ねていくことで審査に通りやすくなるでしょう。

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎