暮らしの達人 >> カードローン >> ランキング > 総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンのみ!ただし消費者金融でも総量規制を回避してキャッシングできる!

総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンのみ!ただし消費者金融でも総量規制を回避してキャッシングできる!

更新年月日 : 2021/04/13

総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンのみ!ただし消費者金融でも総量規制を回避してキャッシングできる!

この記事の内容まとめ

  • 銀行カードローンなら総量規制の対象外
  • おすすめは初回契約で30日間無利息のPayPay銀行カードローン
  • ただし、銀行カードローンでも自主規制によって総量規制を取り入れている場合もある
  • 消費者金融でもアイフルのおまとめローンなどは利用者が有利になるので総量規制の対象外

総量規制対象外のカードローンとしてよく紹介されるのが、「銀行が提供しているカードローン」です。銀行は貸金業法の対象外なので、総量規制が全く適用されません。そこでまず総量規制を気にせずカードローンを利用したい人に向けて、おすすめの銀行カードローンを紹介します。

また、総量規制には例外・除外となる商品もあり、実は消費者金融でも総量規制の対象外でお金を借りることができます。カードローンではありませんが、記事の後半ではそれについても紹介していきます。総量規制で困っている方はこの記事を読んで、ぜひ参考にしてください。

総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン

PayPay銀行カードローン:銀行としては珍しく30日間の無利息特典がある

PayPay銀行

画像引用元:いつでも便利! PayPay銀行のカードローン|PayPay銀行(2021年04月13日取得)

銀行カードローンの中でもおすすめしたいのが、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)カードローンです。

その理由は、銀行カードローンの中では珍しく無利息期間を設定しているから。PayPay銀行カードローンを新規契約すると、初回借入日から30日間は無利息が適用されます。つまり、30日以内に返済すれば、借りた金額をそのまま返済すれば良いのです。1円も利息がかからないので、短期的な借入には最適な銀行カードローンでしょう。

なお、無利息期間はあくまで「借入日」が起点であり「契約日」ではありません。まずPayPay銀行と契約し、その後実際に借入を行うまでは無利息期間をセーブすることができます。

31日目からは通常通り金利の対象となります。PayPay銀行の金利は1.59%~18.0%であり、銀行カードローンの中では高い水準です。長期間の借り入れとなると他行と比較すると不利なのでご注意ください。

提携しているATMは、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMの6つです。いずれも毎月初回の利用は手数料無料です。2回目以降も3万円以上の入金・出金なら無料で利用できます。3万円未満の場合は165円(ゆうちょのみ330円)です。

また、セブン銀行ATMのみPayPay銀行アプリを使うことで、カードなしでの手続きが可能です。

PayPay銀行
  • 銀行カードローンながら初回借入日の翌日から30日間の無利息期間あり
  • 申込も利用もインターネットで完結するWEB完結をご利用可能!
  • 1円単位での借入が可能!
実質年率 最短融資期間 総量規制
1.59%~18.0% 申込日の翌営業日 なし/対象外
新規契約での無利息期間
初回借入日から30日間

総量規制対象外と言えば銀行カードローン。銀行カードローンの中でもPayPayカードローンは、初回借入日から30日間は無利息期間が適用される。30日以内なら何回借りても無利息なので、利用の際はうまく使おう。

詳細を見る お申込み

注意:銀行カードローンでも自主的に総量規制を行なっている

以上のように、総量規制を避けるには銀行カードローンを使えば良いわけです。しかし、最近は銀行カードローンも自主的に総量規制と同じ規制を行うようになりました。そのため、銀行カードローンであっても年収の3分の1以上を借り入れられないこともあります。銀行カードローンでも必ず総量規制を回避できるわけではないのでご注意ください。

また、銀行カードローンは審査時に警察に対して、申込者が反社会的勢力ではないかの調査依頼を行う必要があります。これによって、銀行カードローンでは即日融資ができません。その他、消費者金融と銀行カードローンの違いについては別の記事でまとめているので、銀行カードローンについてより知識を深めたい人はぜひご覧ください。

関連記事:
おすすめ銀行カードローンはコレだ!消費者金融と比較すると低金利でお得だけど即日融資不可などのデメリットもあり

総量規制の対象外となる「除外貸付け」と「例外貸付け」

まず総量規制には「除外貸付け」と「例外貸付け」2種類のキャッシング方法が総量規制の影響を受けないものとして規定されています。どちらも同じような言葉ですが微妙に違いがあり、「除外貸付け」は借入額が借入残高にカウントされないので、もしも年収の3分の1以上借りたとしても、その後の借り入れに影響を与えません。「例外貸付け」は年収の3分の1を超えても借り入れることが可能なものの、借入額は借入残高としてカウントされるため、もしも年収の3分の1以上借りた場合は通常の借り入れができなくなります。

除外貸付け一覧
①不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
②自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
③高額療養費の貸付け
④有価証券を担保とする貸付け
⑤不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
⑥売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会(2019年3月13日取得)

例外貸付け一覧
①顧客に一方的に有利となる借換え
②借入残高を段階的に減少させるための借換え
③顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
④社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
⑤配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
⑥個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
⑦新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
⑧預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会(2019年3月13日取得)

消費者金融で提供している「借り換えローン」や「おまとめローン」は総量規制の対象外

以上を踏まえると、消費者金融が提供している「借り換えローン」や「おまとめローン」は、「例外貸付け」における「①顧客に一方的に有利となる借換え」「②借入残高を段階的に減少させるための借換え」に該当します。そのため、これらのローンサービスの利用なら、総量規制の影響を受けずに借り入れることが可能です。

他にも配偶者に収入があれば、配偶者の同意を得ることで年収を合算でき借り入れ可能額を増やすことができたり、事業費用としてビジネス用のカードローンを手に入れることも可能です(きちんとした事業計画を提出する必要があります)。

アイフル
  • アイフルを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • 申込・契約・借入すべてがWEBで完結!来店不要で郵送物一切なし!
  • 消費者金融の中では珍しく勤務先への電話連絡による在籍確認がない
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.0%~18.0% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

アイフルのおまとめMAXまたはかりかえMAXなら、総量規制の対象外で融資を受けることが可能。ただし、最低でも2社以上から借り入れていることが条件。

詳細を見る お申込み

クレジットカードも一つの手になる理由

以上のように、総量規制を回避してお金を借りる方法はいくつかあるものの、いずれも単純な話ではないので、「給料が少なくて家計がピンチだから、とりあえずたくさんお金を借りたい」という人にとっての解決策になるかどうかは微妙なところです。

もしも家計が火の車でどうしてもお金が欲しい!という人は、クレジットカードを見直してみることもおすすめします。特定のクレジットカードなら、キャッシュバックによって支出を減らすことができますし、貯まったポイントを現金化できるカードもあります。もちろんまだクレジットカードを持っていない人にとっては、クレジットカードで支払うだけで支払いを遅らせることができますし、分割払いができる(特に2回払いなら手数料無料!)、というのも嬉しいメリットになると思います。

クレジットカードの場合、キャッシング枠さえつけなければ審査では総量規制の影響を受けないので、例え既に年収の3分の1以上の借り入れ残高があるとしても、審査に通る可能性があります。

目次へ戻る

貸金業者比較表

項目 プロミス アイフル アコム
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
最大借入額 500万円 800万円 800万円
無利息期間 借入日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間
最短審査時間 30分 30分 30分

※1:申し込み時にメールアドレスの登録と書面の受け取り方法で「Web明細」を選択する必要あり。

目次へ戻る

新着記事一覧

引っ越し費用を借りるなら消費者金融!無利息期間を使えば銀行よりも低金利引っ越し費用を借りるなら消費者金融!無利息期間を使えば銀行よりも低金利 助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法 クレジットカードが払えない!滞納リスクとおすすめ返済方法を解説クレジットカードが払えない!滞納リスクとおすすめ返済方法を解説 ご祝儀を払えない時どうする?消費者金融がおすすめだと言える理由を解説ご祝儀を払えない時どうする?消費者金融がおすすめだと言える理由を解説 至急お金が必要ならば消費者金融!無利息期間を活用して賢く利用しよう至急お金が必要ならば消費者金融!無利息期間を活用して賢く利用しよう キャッシング審査に通らない人に向けて解説!その原因と対策方法まとめキャッシング審査に通らない人に向けて解説!その原因と対策方法まとめ バイクローン審査に通らない理由と対策方法を解説!バイクローン審査に通らない理由と対策方法を解説! イオン銀行カードローンの審査に落ちた理由と対策イオン銀行カードローンの審査に落ちた理由と対策 ろうきんおまとめローンの審査落ち原因を解説!ろうきんおまとめローンの審査落ち原因を解説! 消費者金融のデメリットまとめ!しかし消費者金融にはそれ以上の魅力がある消費者金融のデメリットまとめ!しかし消費者金融にはそれ以上の魅力がある じぶん銀行カードローン審査落ちの原因と対策方法まとめ!じぶん銀行カードローン審査落ちの原因と対策方法まとめ! 現金がないとき役立つ知識!消費者金融の無利息期間を活用しよう現金がないとき役立つ知識!消費者金融の無利息期間を活用しよう アコムの利用は会社にバレる?会社バレを回避する方法と在籍確認なしの業者を解説アコムの利用は会社にバレる?会社バレを回避する方法と在籍確認なしの業者を解説 プロミスは在籍確認なしで契約可能?会社バレを防ぐ方法を解説プロミスは在籍確認なしで契約可能?会社バレを防ぐ方法を解説 在籍確認電話の言い訳を紹介!不安なら在籍確認なしの業者に申し込もう在籍確認電話の言い訳を紹介!不安なら在籍確認なしの業者に申し込もう Appleローンの審査落ちた人におすすめする2つの対策方法Appleローンの審査落ちた人におすすめする2つの対策方法 在籍確認のごまかし方!そもそも在籍確認自体がない業者も検討しよう在籍確認のごまかし方!そもそも在籍確認自体がない業者も検討しよう 誰にもバレずにお金を借りる方法を解説!気をつけたいポイントをバレにくい会社選び誰にもバレずにお金を借りる方法を解説!気をつけたいポイントをバレにくい会社選び 無償でお金を貸してくれる人はここにいた!消費者金融の無利息期間を活用しよう無償でお金を貸してくれる人はここにいた!消費者金融の無利息期間を活用しよう アコムは無職でも審査に通る可能性がある?無職の人がアコムを利用する際に覚えておくべきことアコムは無職でも審査に通る可能性がある?無職の人がアコムを利用する際に覚えておくべきこと 絶対審査に通るカードローンを探している人がやるべき審査対策絶対審査に通るカードローンを探している人がやるべき審査対策 審査に通りやすいカードローンはある?審査に通りやすいカードローンはある? どうしても20万借りたい人におすすめする方法 どうしても20万借りたい人におすすめする方法 イオン銀行カードローンは在籍確認なしにできる? イオン銀行カードローンは在籍確認なしにできる? 北洋銀行フリーローンの審査に落ちた理由を徹底解説 北洋銀行フリーローンの審査に落ちた理由を徹底解説 カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ プロミスはバレないで申し込むこと可能? プロミスはバレないで申し込むこと可能? アコムの審査に落ちる主な理由と対策方法 アコムの審査に落ちる主な理由と対策方法 モビットの審査に落ちた人必読!その理由と対策方法を解説 モビットの審査に落ちた人必読!その理由と対策方法を解説 お金を借りる審査に通らない!その原因と対策方法を解説 お金を借りる審査に通らない!その原因と対策方法を解説

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎