暮らしの達人 >> カードローン >> ランキング >> フリーターでも借りられるカードローン業者は?アルバイト・パートでも定期的な収入があれば無職よりも借りれる可能性は高い!

フリーターでも借りられるカードローン業者は?アルバイト・パートでも定期的な収入があれば無職よりも借りれる可能性は高い!

パートやアルバイトでも申し込めるカードローン

社員のように働いていても雇用形態がパートやアルバイトだとカードローンは通りにくいものです。しかし、毎月定期的に収入があればパートやアルバイトでもお金を借りることができます。その証明書類は直近2ヶ月の給与明細など、手軽な書類で十分です。利用金額が少ない場合はそれも原則不要であることも多いので、安心して借りられますよ。

フリーターでもアルバイト・パートなど仕事をしていればカードローン審査に通る可能性がある

「お金を借りたいけど、フリーターだから審査に通る自信がない…」という方でも、諦めてはいけません。実はカードローン提供会社の審査基準を確認すると、「フリーターでも融資可能」と規定しているカードローン業者がいくつかあります。

このような業者に申し込めば、例えフリーターであってもカードローンを利用できる可能性があります。

ただし気をつけたいのは、「フリーター」の定義です。一般的にフリーターとは、「アルバイトやパート等の非正規雇用形態で働く人」のことを指します。さらにこれに加えて「働く意思があるものの、特定の職に付いていない人」についてもフリーターと呼ぶことがあります。

要するに、働いている人も、無職の人も「フリーター」と呼ばれることがあります。しかし、カードローンの審査ではほぼ間違いなく、無職の人は落ちます。なぜなら収入を得ていないと、返済できる可能性が低いからです。

  • パート・アルバイトなどの非正規雇用の人:審査に通る可能性あり
  • 無職で無収入の人:審査に通る可能性は絶望的

無職の人はアルバイトすることで審査通過確率が上がる

では、「働く意思があるものの、特定の職に付いていない」無職の人がカードローンを利用するためにどうすれば良いかと言うと、アルバイトやパート形式で構わないので、とにかく就業することです。

申し込み時点で職業についているかついていないかでは大きな違いがあります。例え「アルバイトについたとしても、いつも長続きしない」と言う人でも、一旦は就業してから申し込むことをおすすめします。

カードローンの審査において重要になる要素は「収入の高さ」ではなく「安定した収入があるかどうか」であり、これをクリアできなければ、審査に通る可能性が絶望的だと言えるでしょう。

フリーターでも審査に通る可能性があるカードローン一覧

それではここからは、「フリーター(アルバイト・パートなどの非正規雇用者)でも入会OK」と規定しているカードローン業者を紹介していきます。

どの業者も、あくまでも「申し込みを受け付けている」であって、審査に通るかどうかは申し込んでみなければわかりません。その点だけご理解のうえお読みください。

りそな銀行:銀行カードローンの中でも飛び抜けた低金利

銀行カードローンは審査が厳しいイメージがあるため、フリーターの申し込みなど受け付けてはいないと思われるかもしれません。

しかし、実はりそな銀行カードローンにおいては、フリーターの申し込みも受け付けています。

利用できる人
会社員
契約社員
派遣社員
フリーター(アルバイト)
パート
自営業
利用できない人
無職
学生(アルバイトも含む)
専業主婦・主夫

しかもりそな銀行は、上限金利12.475%と、銀行カードローンの中でも突出した金利の低さを誇ります。利息を抑えてお得にお金を借りれるため、フリーターの人にまずおすすめしたいカードローンです。

このようなメリットがある一方で、りそな銀行には主に利便性に関するデメリットが2つあります。

まず、りそな銀行に申し込むにはりそな銀行口座が必須となります。他の銀行カードローンでは、必ずしも対象銀行の口座を開設する必要がありません。そのため、申し込みから借り入れ開始までには多少時間がかかってしまう恐れがあります。

また、ATMを利用する場合、基本的には平日の8:45〜18:00以外だとATM利用手数料がかかります。さらにセブン銀行ATMなど、他社ATMを利用する場合は、必ず手数料がかかってしまいます。

この2点に関しては他の銀行カードローンと比較して劣る部分ですので、注意して利用してください。

イオン銀行:低い金利と利便性の高さが優秀

イオン銀行カードローンも、パート・アルバイトを行なっているフリーターに関しては申し込みを受け付けています。

以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方*1。
*1 パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。
イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

引用元:イオン銀行カードローン |イオン銀行(2018年12月28日取得)

イオン銀行カードローンは、前述のりそな銀行カードローンと比較すると金利が高いものの、銀行カードローン全体の中では比較的低金利で、上限金利は13.8%です。

また、りそな銀行と比較するとATM手数料が無料で使えることが多く、イオン銀行ATM、イーネットATM(ファミマやミニストップに設置)、ローソンATMでは平日土日、終日無料です。

プロミス:無利息期間がある&最短即日融資に対応

消費者金融のプロミスも、フリーターの申し込みを受け付けています。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

引用元:お申込条件と必要なもの(2018年12月28日取得)

プロミスの上限金利は17.8%と、銀行よりは高いのですが消費者金融の中では低いのが魅力です。

さらに新規契約者に限り、借り入れからの30日間は無利息になるキャンペーンが適用されます。借り入れから30日以内に返済すれば、手数料を1円も払わずにお金を借りることが可能です。

またモビットには、最短で、申し込んでから借り入れを行うまでがその日のうちに完結する、というメリットもあります。

銀行カードローンの場合は即日融資に対応していないため、申し込んですぐお金を借りられるというのは、消費者金融だけのメリットです。

以上のメリットを考慮すると、直近でまとまったお金が必要で、30日以内に返済する見込みもあるような人にはプロミスをおすすめします。

レイクALSA:2種類の無利息キャンペーンがある

レイクは少し前まで、新生銀行が提供するカードローンサービスであり、「銀行カードローン」でした。しかし2018年4月に、新生フィナンシャル株式会社のカードローンに生まれ変わり、現在では「消費者金融カードローン」に分類されます。

満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。

引用元:貸付条件とお利息について(2018年12月28日取得)

上限金利は18%と、法定金利で定められた上限ギリギリの金利ですが、消費者金融になったことで即日融資が可能になった、という利点があります。

また、レイクALSAでも無利息キャンペーンが行われており、特に2つのタイプから選択できるのが魅力です。

  1. 契約日の翌日から30日間は金利が発生しない
  2. 1万円から200万円以下の借り入れで、5万円までは契約日の翌日から180日間の金利が発生しない

1.はプロミスで紹介した無利息特典と全く同じですが、2はレイクALSAだけの特徴です。自身のニーズに合わせて得点を選ぶことができます。

注意:フリーターがお金を借りる場合は限度額が低い

ここまで紹介してきたように、フリーターでも審査に通る可能性は十分にあります。しかし、フリーターがカードローンに申し込んだ場合、十分な限度額が得られない恐れがあります。その理由は2つあります。

1つ目は、総量規制の影響です。消費者金融は、過剰な貸付を抑制するために、貸金業法により個人に対して年収の3分の1までしか貸し付けてはいけない、という貸付限度額が定められており、これを総量規制と呼びます。

例えばアルバイトで年収100万円稼いでいる人は、カードローンの契約をしても限度額は33万円となります。

総量規制は消費者金融のみに設けられているため、銀行カードローンならばより高額な限度額を設けてもらえる可能性があります。しかし、昨今では銀行も過剰融資の批判を避けるために、自主的に総量規制に従うこともあります。

2つ目は、信用の問題です。どんなカードローン業者でも、初めて契約する人にはあまり高額な限度額は設けません。なぜなら、どんな人かもわからないのに高額な限度額を設けてしまうと、踏み倒された時の負担も大きくなってしまうからです。

特にアルバイト・パートだと雇用関係が不安定であり、正社員と比較すると返済が滞るリスクがあります。そのため、新規に申し込んできたフリーターの人には、わずかばかりの限度額しか設けないケースもあります。

豆知識:パートにも有給休暇はあるの?

パートなのに有給休暇がもらえるのはご存知でしたか?有給休暇とは、厚生労働省のホームページによると「年次有給休暇とは、一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇のことで、「有給」で休むことができる、すなわち取得しても賃金が減額されない休暇のこと」なんだそうです。パートであっても社員のように働いている方も多いはず。きちんと休んでリフレッシュしたいですね。

有給をもらう条件とは?

有給をもらうには以下2点の要件を満たすことが条件になります。

  1. 勤務開始から6か月経過していること
  2. その期間の全労働日の8割以上出勤したこと

この要件を満たすと10日間の有給が付与されます。さらに、2年目には11日と1日づつ増えていきます。

週4〜5日、8時間、定期的にパートタイムに出ている方なら十分に有給対象になります。パートなのに有給を取るなんてちょっと気まずいと思うかもしれません。しかし、これは当然の権利なので堂々と行使しして、頑張っているご自身をゆっくりいたわってあげたり、家族との旅行などでリフレッシュしてくださいね。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

即日融資 おまとめローン 来店不要 無利息期間がある 収入証明不要 総量規制対象外