暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > BitMEXの手数料まとめ。FX・先物取引の手数料を徹底解説

BitMEXの手数料まとめ。FX・先物取引の手数料を徹底解説

公開年月日 : 2018/06/28 更新年月日 : 2018/06/28

BitMEXは仮想通貨の取引所としては珍しく、現物取引ができず、FXか先物取引のどちらかしかできません。そのため、仮想通貨を手に入れたい、という人よりも仮想通貨を利用して利益を得たい、と考えている人におすすめの取引所です。しかもレバレッジは最大100倍かけることができ、少ない証拠金でも大きな利益を手に入れられる可能性があります。逆に損失も大きくなるのではと思われますが、BitMEXのシステムによって、証拠金以上の損失が請求されることはありません

このような珍しいシステムになっているのは、BitMEXが海外の取引所だからです。BitMEXは日本語で表記されているものの、機械翻訳によるものなのかわかりにくいところもあります。そのため、手数料のページも読んでみたけどよくわからなかった、という人も多いのではないでしょうか。

BitMEXの手数料

そこでこの記事では、公式サイトを読んでもよく理解できなかった人に向けて、BitMEXの手数料をわかりやすく解説していきます。BitMEXを利用しようとしている人はぜひ参考にしてください。

仮想通貨の送金手数料

BitMEXの取引方法と手数料

BitMEXの取引方法はFXと先物取引の2種類で、どちらも差金決済なので現物を取引するわけではありません。そのため仮想通貨を購入した場合、「買いポジションを持っている」と言い、必ず売りを行ってポジションを解消する必要があります。また、先に売却を行うことも可能で、「売りポジションを持っている」と言います。この場合は買い戻しを行って売りポジションを解消します。

FXと先物取引の違いは、ただ決済期限があるかどうかだけです。FXには決済期限がないため、ポジションの解消をいつ行っても構いません。しかし先物取引では、決済期限が訪れると強制的に持っているポジションが売買されてしまいます。詳しくは関連記事も参照してください。

関連記事:
仮想通貨の「FX」「先物取引」「信用取引」の違いを紹介

BitMEXでは、FXと先物取引のどちらを利用するかによって、手数料の仕組みや金額が異なりますので、順番に紹介していきます。

目次へ戻る

無期限契約(FX)の手数料

BitMEXではFXのことを無期限契約と呼ぶこともありますが、これはおそらく機械翻訳のせいなので、日本語表記は気にせずにFXと呼びます。

FXでは「メイカー/テイカー手数料」と「資金調達手数料」がかかります。

「メイカー/テイカー手数料」とは、注文が成立したときに発生する手数料のことです。例えば「1BTCを80万円で売却したい」という注文を出し、その注文が他の利用者の手によって成立した場合に、成立した金額に対して手数料が発生します。

この時、2つのパターンがあって、それに応じて手数料が異なります。1つめはメイカー手数料と呼ばれるパターンで、上記のようにあなたが注文を出して、他の人によってその注文が成立した場合、あなたはメイカーと呼ばれて「成立した金額の-0.0250%」の手数料がかかります。80万円x-0.0250%=-200円の手数料ということなので、つまりは200円を支払うのではなく受け取ることができるのです。

2つめはテイカー手数料と呼ばれるパターンです。同じように注文を出すときに、既に「1BTCを80万円で買いたい」という注文が存在していることがあります。この場合、あなたによって他の人の注文を成立させることになります。この時あなたはテイカーと呼ばれて「成立した金額の0.0750%」の手数料がかかります。80万円×0.0750%で600円の手数料を払わなければなりません。

このように、あなたが新しく注文を出すか、既にある注文を成立させるかで手数料が大きく異なります。注文が既に出ているかどうかは、オーダーブックを見ることで把握することができます。

もう1つの手数料「資金調達手数料」とは、注文が成立してポジションを保有している状態で、21時、13時、5時のいずれかを迎える度に、ポジション金額に対して発生する手数料のことです。

「資金調達手数料」は買いと売りのどちらのポジションを持っているかで、手数料を払うか受け取るかが変わります。例えば80万円の「買いポジション」を持っていれば、上記の時間を迎える度に0.0100%の手数料がかかり、80円を支払わなければなりません。逆に80万円の「売りポジション」を持っていれば、上記の時間を迎える度に-0.0100%の手数料がかかり、80円を受け取ることができます。

手数料は市場の状況に応じて変化するため、現在は売りポジションを持つことで手数料を受け取ることができますが、これが逆転する場合もあります。そのため、ポジションを保有している場合、「資金調達手数料」を確認しておかないといつの間にか受け取り側から支払う側に変わっていることがあるので注意しましょう。

目次へ戻る

従来の先物(先物取引)の手数料

先物取引では、「メイカー/テイカー手数料」と「決済料金」の手数料が発生します。「メイカー/テイカー手数料」の仕組みはFXと同じですが、取引するコインによって以下の通りに手数料率が異なります。

取引通貨 メイカー手数料 テイカー手数料
BTC(XBT) -0.0250% 0.0750%
BCH -0.0500% 0.2500%
EOS -0.0500% 0.2500%
ETH -0.0500% 0.2500%
ADA -0.0500% 0.2500%
LTC -0.0500% 0.2500%
XRP -0.0500% 0.2500%

「決済料金」に関しても、BTCは0.0500%かかりますが、アルトコインは無料です。これはポジションを決済するときに、決済金額に対して発生する手数料です。例えば買いでも売りでも80万円のポジションを持っていれば、ポジションを解消するときに80万円×0.005%がかかり、40円の手数料が徴収されます。

目次へ戻る

入出金手数料

BitMEXでは入出金を行ってもBitMEX側から手数料を徴収されることはありません。好きなときに好きなだけ入出金でてきます。ただし、円の入金はできません。そのため、仮想通貨を持っていなければ、まず国内の取引所でビットコインやイーサリアムを購入してから、BitMEXに入金する必要があります(このとき、送金先から手数料を徴収される可能性はあります)。

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ