暮らしの達人 > 格安SIM > 電話かけ放題オプションを最安で契約できる会社を徹底比較!

電話かけ放題オプションを最安で契約できる会社を徹底比較!

作成年月日 : 2020/07/03

電話かけ放題オプションを最安で契約できる会社を徹底比較!

この記事の内容まとめ

  • 「かけ放題」にも、「専用アプリ不要で通常の通話が無料になるもの」と「専用アプリを使って通話した場合に無料になる」ものがある
  • 前者の場合はキャリアと同じく時間の制限なく無料で通話できる
  • 後者の場合は1回10分までなど制約があるので注意
  • おすすめは今なら1年間完全無料でかけ放題を利用できる楽天モバイル(専用アプリ必要)
  • もしくはワイモバイルUQモバイルだと専用アプリ不要でかけ放題が使えるのでおすすめ
  • 1回10分以内の通話しかしないのなら、b-mobileが最安

「携帯電話にかけ放題オプションを付けたい!どこが最安なのか教えて!」というニーズを抱えている人に向けて、最安でかけ放題が使える携帯会社を紹介します。

ただし、かけ放題といっても大きく2つのタイプがあり、また、オプション料金が安くても基本プランの料金が高ければ意味がありません。細かくなりますが、各社の料金プランの詳細を比較していますので、参考にして検討してください。

前提:かけ放題には2つの種類がある

格安SIMで提供されているかけ放題には大きく分けて2つの種類があります。

まずはこの違いについて理解するようにしておきましょう。

1つ目は一般的な携帯電話と同様に、携帯電話に搭載された通話アプリから発信をするものです。

通話アプリに直接相手先の電話番号を入力するだけで通話を利用できます。

格安SIM以外ともなんら変わりがありませんので特に意識する必要がないものです。

2つ目は格安SIM会社が提供する、専用のアプリを利用して発信をするものです。

スマホに標準搭載されているアプリではなく、別の専用アプリに番号を入力して通話を利用します。

このアプリを利用する方式は「中継電話」と呼ばれています。

格安SIMでかけ放題を提供している会社の大半は、この中継電話を利用した通話を提供しています。

なお、中継電話の場合には専用アプリを利用するものだけではなく、標準搭載されているアプリでプレフィックス番号と呼ばれるものを利用した発信ができることもあります。

かけ放題には2つの種類があるものの、利便性や通話音質などにはほとんど差がありません。

むしろ、中継電話を利用した方が、もしもかけ放題対象時間を超えてしまった場合でも通話料金が安くなります(通常30秒ごとに20円のところ、30秒ごとに10円になる)。

その反面、中継電話を利用している会社では、発信先に電話番号が通知されないことがあります。

人によっては発信先不明の電話番号には応答しないなどの対応をとっていますので、そのような意味ではデメリットを生む可能性はあります。

目次へ戻る

かけ放題オプションがあるおすすめ携帯会社

通話時間の制限なく、かけ放題オプションが使える携帯会社は以下の3社あります。

  • 楽天モバイル:1年間無料キャンペーン中のため価格を抑えられる
  • ワイモバイル:比較的安く通話が可能
  • UQモバイル:ワイモバイルよりは高いがデータ通信の速度が安定

それぞれの特徴を比較しながらご説明します。

目次へ戻る

【最安】楽天モバイル:1年間は完全無料で通話できる

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

楽天モバイルはRakuten Linkと呼ばれる専用アプリを使って通話をすることで、通話料金が無料となります。

しかも現在楽天モバイルは先着300万名まで基本料金1年間無料ですので、完全無料で利用できます

1年以内に解約しても違約金は発生しませんので、もし通話に不満があってもリスクなく解約できます。

加えて、契約に発生する初期費用分はポイントバックされます。

一度支払いはしなければならないものの、実質的には完全無料で1年間通話ができます。

なお、楽天モバイルを利用する際には、対応している端末を利用しなければなりません

保有していない場合には、契約時に端末の購入が必要です。

ただ、端末にこだわりがないのであればGalaxy A7を選択することで実質2,000円で済みます。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
回線種類 楽天
縛り なし

先着300万名に限り1年間無料で契約可能(通常月額2,980円/税別)!さらに専用アプリ「Rakuten Link」から電話をかけることで、通話料金が無料になる。まさに今ならランニングコストなしで通話が可能な唯一の携帯会社。ただし、楽天モバイルを利用するには対応したスマホの購入が必要。Galaxy A7なら実質2,000円(税別)で購入可能。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大26,300円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと6,300ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

ワイモバイルとUQモバイルはキャリア同様の完全かけ放題

ワイモバイルとUQモバイルは、どちらも大手キャリア同様の制限のないかけ放題オプションが利用できます。

どちらも専用アプリを利用するのではなく、端末に標準搭載されている通話アプリが利用できます。

通信容量が3GBプランの場合、どちらもオプション込みでの料金は同額です。

ただ、ワイモバイルは特典で6ヶ月間700円引きが適用されます。

これを考慮するとワイモバイルを選択した方が、低価格でかけ放題を利用できます。

なお、3GBを超えて通信したい場合は、10GBで2,980円のUQモバイルを選択した方が低価格で利用できます。

また、通信速度に関しても、2社とも非常に優れています。

主要格安SIMの通信速度比較(7/29-8/4の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.0Mbps 11.9Mbps 13.3Mbps 12.9Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
8.0Mbps 1.8Mbps 5.1Mbps 7.7Mbps
mineo
mineo(mineo)
6.3Mbps 1.1Mbps 3.2Mbps 5.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
7.2Mbps 1.2Mbps 2.3Mbps 5.5Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
2.7Mbps 2.8Mbps 2.5Mbps 2.2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
7.8Mbps 1.2Mbps 3.3Mbps 6.0Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
7.7Mbps 2.5Mbps 5.9Mbps 6.5Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

安定性だけではなく通信速度も加味すると、UQモバイルの方が通信速度が速くおすすめです。

UQモバイル
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 回線速度はキャリア並み!
  • 24時間かけ放題オプションあり

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
スマホプランS 3GB 1,980円 300Kbps
スマホプランR 10GB 2,980円 1Mbps

回線種類 au
縛り なし

月間10GB以上利用する見込みなら、ワイモバイルよりもUQモバイルの方がおすすめ。また、UQモバイル最大の強みはその速度。回線速度はどの格安SIMよりも高速であり、通信速度を追い求めるならここ一択。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で、最大10,000円キャッシュバック

  • SIMのみ新規契約:3,000円キャッシュバック
  • SIMのみMNP新規契約:10,000円キャッシュバック
お申込み
ワイモバイル
  • 1回10分以内の国内通話が無料。専用アプリ不要
  • 通信速度は格安SIMの中でもトップクラス
  • 無料でヤフープレミアム会員、PayPayのキャンペーンでの優待など、連携特典が豊富

ワイモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
S 3GB 2,680円 128Kbps
M 9GB 3,680円 1Mbps
L 14GB 4,680円 1Mbps

回線種類 ソフトバンク
縛り なし

1回10分までの無料通話が料金に含まれているので、追加オプションがいらない。契約から6ヶ月間は700円割引を受けられるため、10分間のかけ放題オプションを使えるならUQモバイルよりもお得。

キャンペーン情報

新規契約で6ヶ月間700円引き+月々のデータ容量が1年間増量
さらに事務手数料無料+他社からの乗り換えでスマホベーシックプランM/Rの契約ならPayPayボーナス6,000円相当プレゼント!

お申込み

目次へ戻る

プレフィックス方式でかけ放題があるおすすめ格安SIM

プレフィックス方式でかけ放題があるおすすめの格安SIMをご紹介します。

こちらの方式の場合、1回10分までで専用のアプリを利用する必要があるなどの制約が設けられています。

ただ、基本料金にかけ放題オプションの料金を追加した合計金額は、上記の携帯会社よりも低価格に抑えられることが特徴です。

プレフィックス方式のかけ放題オプション料金+データ通信料金一覧(税別)

会社名 1回10分のかけ放題
オプション料金
3GB 4GB 合計料金
b-mobile
b-mobile
500円 1,390円 - 1,890円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
850円 1,480円 - 2,330円
LINEモバイル
LINEモバイル
880円 1,480円 - 2,360円
イオンモバイル
イオンモバイル
850円 - 1,580円 2,430円
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
830円 1,600円 - 2,430円
mineo
mineo
850円 1,600円 - 2,450円

目次へ戻る

b-mobile:プレフィックスの中では料金最安

音声対応月額990円~|990ジャストフィットSIM(音声対応・上限20GB)

画像引用元:音声対応月額990円~|990ジャストフィットSIM(音声対応・上限20GB)(2020年7月3日取得)

お申込みはこちら

プレフィックス方式の中で、かけ放題込みの料金が最安であるのがb-mobileです。

例えば3GBのプランであれば、かけ放題のオプション込みでも月額料金は1,890円(税別)です。

他社では同じ3GBのプランにかけ放題のオプションを加えると、2,000円以上になるものが大半です。

それらと比較をするとb-mobileの安さが際立ちます。

b-mobile
  • 最安990円(税別)/1GBから契約可能
  • 縛りなし!いつでも解約可能
  • 通信速度も格安SIMの中では早い部類

b-mobileの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
1GB 990円
2GB 1,190円
3GB 1,390円
4GB 1,590円
5GB 1,790円
6GB 1,990円
7GB 2,190円
8GB 2,390円
9GB 2,590円
10GB 3,190円
以降、1GBにつき200円ずつ加算
20GB 4,790円

回線種類 ドコモ、ソフトバンク
縛り なし

非常に安く、かけ放題オプションを追加したとしても他社よりも安く運用可能。料金は通信容量に応じて決まる従量課金生だが、自分で任意の上限を決めることができるので、使いすぎる問題なし

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

OCNモバイルONEとLINEモバイル:通信速度にもこだわるならこれ

通信速度と料金の両方にこだわるのであれば、OCNモバイルONEとLINEモバイルがおすすめです。

どちらも料金は3GBプランであると、かけ放題オプションの料金込みで2,400円(税別)以下です。

主要格安SIMの料金比較

会社名 音声通話SIM3GBプランの料金(税別)
LINEモバイル
LINEモバイル
1,480円
mineo
mineo(Dプラン)
1,600円
UQモバイル
UQモバイル
1,980円
ワイモバイル
ワイモバイル
2,680円

他社と比較して安い料金設定となっています。

比較的料金プランが安いだけではなく、格安SIMの中でも通信速度は早い方に分類されます。

通信速度が遅くなりやすいとされる日中でも、他社の1.5倍から2倍程度の速度が出ています。

主要格安SIMの通信速度比較(7/29-8/4の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.0Mbps 11.9Mbps 13.3Mbps 12.9Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
8.0Mbps 1.8Mbps 5.1Mbps 7.7Mbps
mineo
mineo(mineo)
6.3Mbps 1.1Mbps 3.2Mbps 5.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
7.2Mbps 1.2Mbps 2.3Mbps 5.5Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
2.7Mbps 2.8Mbps 2.5Mbps 2.2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
7.8Mbps 1.2Mbps 3.3Mbps 6.0Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
7.7Mbps 2.5Mbps 5.9Mbps 6.5Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

具体的にはLINEモバイルであれば4.0Mbps程度で通信できるのに対して、IIJmioは2.1Mbpsであったりmineoでは2.6Mbpsです。

利用する場所によって通信速度は変動することもありますが、それを加味しても比較的早い格安SIMといえます。

なお、UQモバイルやワイモバイルと比較すると遅くはなってしまいます。

これらは格安SIMの中でも特に高速なものですので、これらを除いた中では十分な通信速度です。

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

LINEモバイルは価格が安く、さらに通信速度が速いため、バランスに優れた格安SIM。オプションでかけ放題を追加できるだけでなく、オプション料金なしでLINEのデータ容量が使い放題なので、無限にLINE通話が可能

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が最大2ヶ月間無料

【LINE Pay残高で付与:PB071】
【LINEポイントで付与:LN071】

お申込み
OCNモバイルONE
  • 安定性の高いデータ通信が魅力
  • 1回10分のかけ放題以外に、よく話す番号3つの通話料金が無料になるオプションあり
  • 縛りなし!いつでも無料で解約可能

OCNモバイルONEの通話SIMの料金一覧(税別)

容量 月額料金(税別)
1GB 1,180円
3GB 1,480円
6GB 1,980円
10GB 2,880円
20GB 4,400円
30GB 5,980円

回線種類 ドコモ
縛り なし

OCNモバイルONEもLINEモバイルと並んでコストパフォーマンスが高い格安SIM会社。1回10分無料の通話オプションだけでなく、その月のトップ3つの電話番号との通話料金が無料になるかけ放題オプションも850円(税別)で提供中。

お申込み

目次へ戻る

まとめ:かけ放題オプションに加入してお得に通話しよう!

かけ放題オプションを利用することで、携帯電話の通話料金を安く抑えられます。

ただ、携帯電話を契約する際は、かけ放題オプションだけで比較しないようにもしましょう。

格安SIMのかけ放題には2種類の方式があり、携帯会社によって料金も異なります。

また、かけ放題オプションだけではなくデータ通信の料金も当たり前ですが発生します。

それらを総合的に比較をして、どこの携帯会社が自分に最適であるのか判断することが大切です。

とはいえ、なかなか自分なりに判断するのは難しいのも事実でしょう。

そのような人には、今なら無料の楽天モバイルがおすすめです。

Galaxy A7なら端末も低価格で購入できますので、電話をかけるために、こちらを契約することをおすすめします。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線