暮らしの達人 > FX > コラム > FX何ロットでやってる?ロット数に悩んだら見てほしい記事

FX何ロットでやってる?ロット数に悩んだら見てほしい記事

更新年月日 : 2020/09/15

FX何ロットでやってる?ロット数に悩んだら見てほしい記事

FXは何ロットで取引するべきか。初心者の方は特に意味もなく1lotくらいで取引していると思います。しかし本当にこれで良いのか、という不安から他のトレーダーが何ロットでやってるのかが気になるでしょう。

しかしながら、ロット数にはおいては他のトレーダーの情報は参考にしないほうが良いでしょう。それよりも、ご自身の資金量に応じてロット数を決めるべきです。

ロット数で悩んでいる人におすすめするFX会社

みんなのFX
  • 最低取引単位は1,000通貨!低リスクなトレードが可能
  • スワップが他社よりも好条件
  • 申し込みから取引開始までは最短即日!郵送物もナシ(運転免許証必須)
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 27 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.2銭 0.4銭 0.8銭

最小1,000通貨から取引可能なので、DMM FXやGMOクリック証券などよりもロット数を柔軟に設定できる。さらにスワップが優れていて、トレンドを見極められる通貨強弱ツールも秀逸。まずはこのみんなのFXで低リスクトレードを試してみてほしい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設の上、申込月の翌々月末までの取引量に応じて最大50,000円キャッシュバック !

  1. 30〜100Lot未満:1,000円獲得
  2. 100〜500Lot未満:3,000円獲得
  3. 500〜1,000Lot未満:10,000円獲得
  4. 1,000〜2,500Lot未満:15,000円獲得
  5. 2,500〜5,000Lot未満:30,000円獲得
  6. 5,000Lot以上:50,000円獲得
詳細を見る お申込み

何ロットでやってるか、他人を参考にしないほうがいい理由

「何ロットで取引すれば良いのか」は、あなたの資金量や腕前、目標利益額、リスク許容量によって答えが異なります。

特に資金量は大事な要素です。ロット数は増やせば増やすほど狙えるリターンも大きくなりますが、その分リスクも大きくなり、ロスカットされやすくなります。ロスカットを回避するためには資金量を増やす必要があります。

そのため、例えば1,000万円を元手に毎回1lotで取引している人を参考にするのなら、自分も1,000万円用意しなければ意味がないのです。

このように、ロット数を決めるには誰かと比較して決めるのではなく、自分の環境から何ロットで取引するのが最適なのかを計算する必要があります。

目次へ戻る

何ロットで取引するべきかを決める具体的方法

ではどのようにロット数を決めれば良いのかを紹介していきます。ただし、ここで紹介している方法はあくまでも私の案であり、この通りやれば万事OKというわけでもありません。1つの目安として、自分なりにアレンジしてもらえれば幸いです。

目次へ戻る

まず最初に資金量を決める

まずは投資額を決めます。これはあなたの資産状況に応じて決めてください。

資金量は多いに越したことはありません。資金量が多いとリスクも大きくなるイメージがあるかもしれません。しかし、リスクはロット数でコントロールします。

  • 20万円を元手に0.1lotで取引:超低リスク低リターン
  • 20万円を元手に1lotで取引:高リスク高リターン
  • 5万円を元手に0.1lotで取引:低リスク低リターン
  • 5万円を元手に1lotで取引:超高リスク高リターン

資金量はだいたい10〜20万円を用意しておけば問題ないでしょう。

目次へ戻る

ロット数は少ないほど低リスクのトレードが可能

続いてロット数を決めますが、先に紹介した通り、ロット数こそがリスクとリターンを決める要因となります。

1万通貨や10万通貨単位などの高ロットで取引を行うと、1通貨あたり1円の損でも1万円や10万円の損失につながります。一方で100通貨や1,000通貨などの低ロットであれば、1通貨あたり1円の損失が出ても100円から1,000円のマイナスで済みます。

特に初心者の頃は取引スタイルも確立されておらず、チャートの見方もよく分からないため負けがこむことも少なくありません。勉強期間とも言われる時期なので、ある程度は耐えられる損失でカバーしていく必要もあるのです。

そこで重要になるのが、最低取引単位が低い業者を選ぶことです。

FX会社によって、最小の取引単位が決まっています。DMM FXやGMOクリック証券といった人気の業者は最小1万通貨単位での取引となります。1万通貨だと1取引ごとの損益も大きくなってしまうので初心者にはあまりおすすめしません。1,000通貨単位で取引できる会社の方が良いでしょう。

FX会社の最小通貨単位比較(ドル円基準)

会社名 最小取引単位 必要証拠金額
(1ドル=100円の場合)
取引手数料
SBI FXトレード
SBI FXトレード
1 4円 無料
ネオモバFX
ネオモバFX
1 4円 無料
OANDAJAPAN
OANDAJAPAN
1 4円 無料
みんなのFX
みんなのFX
1000 4,000円 無料
FXTF
FXTF
1000 4,000円 無料
外為ファイネスト
外為ファイネスト
1000 4,000円 無料
ヒロセ通商
ヒロセ通商「LION FX」
1000 4,000円 無料
楽天FX
楽天FX
1000 4,000円 無料
FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO「選べる外貨」
1000 4,000円
  • 1万通貨以上:無料
  • 1万通貨未満:3銭
JFX 「MATRIX TRADER」
JFX「MATRIX TRADER」
1000 4,000円 無料
サクソバンク証券
サクソバンク証券
1,000 4,000円 無料
YJFX!
YJFX!
1000 4,000円 無料
DMM FX
DMM FX
10000 40,000円 無料
GMOクリック証券
GMOクリック証券
10000 40,000円 無料

目次へ戻る

ロスカットラインに応じてロット数を決める

ロット数は小さいほど良いわけですが、とは言ってもリスクを抑えることばかり意識したのでは利益も少なくなってしまうので面白味に欠けてしまうと思います。

そこで最後は、ロスカットラインに応じてロット数を調整することをおすすめします。

この時役立つのが、みんなのFX公式サイトにある証拠金シミュレーションです。みんなのFXの口座を持っていなくても誰でも利用することができます。

証拠金シミュレーション|みんなのFX

まず「純資産額」に投入予定の資金額を入力します。続いて現在レートを入力して、最後に数量を入力します。

例えば1ドル=106円の時に純資産額10万円で数量が1lot(=1万通貨)の場合、算出されたロスカットラインは99.706円です。つまりこのレートで1lot購入した場合、ドル円が99.706円にまで下落しないかぎりロスカットされないというわけです。

このラインが良いか悪いかはアイネット証券のレート変動幅確認表で判断しましょう。

ループイフダン®の目安資金表|アイネット証券

これによると、ドル円のここ5年間での安値が99.532円であることがわかります。このことから、99.706円までドル円が下落する可能性は低そうなので、1lotで取引してもリスクは低そうであることがわかります。

もしくは分散させて、0.1lotずつで最大1lot分取引する、というように分散するのも良いでしょう。ただし分散した場合はロスカットラインも変動するのでご注意ください。

とまぁこのように算出することで、例えば10万円を元手にドル円で取引するのなら、1lot(=1万通貨)で取引しても問題なさそうだ、ということがわかります。

目次へ戻る

何ロットで取引するべきか悩んでいる人におすすめのFX会社

何ロットで取引すればよいのか、なかなか判断できない方もいるでしょう。そんな方には、最小取引単位が小さいFX会社を選ぶべきです。

最小取引単位はあくまでも「最小」なので、この単位でしか取引できないわけではありません。

  • 最小1万通貨のFX会社:1,000通貨では取引できないが1万通貨では取引できる
  • 最小1,000通貨のFX会社:1,000通貨でも1万通貨でも取引できる

つまり最小通貨単位が小さいほど選択肢が多く、優れていると言えるわけです。

ではロット数で悩んでいる人に向いているFX会社を2社紹介します。

目次へ戻る

みんなのFX:最小1,000通貨からトレード可能で、通貨強弱ツールが秀逸

FXをもっとやさしく「みんなのFX」

画像引用元:FXをもっとやさしく「みんなのFX」(2019年9月27日取得)

口座開設のお申込みはこちら

まずおすすめなのがみんなのFXです。この会社は最小1,000通貨で取引することが可能です。

しかし先ほどの表の通り、最小1通貨でトレードできる会社もある中、なぜみんなのFXを最初に紹介したかと言うと、通貨単位以外にもおすすめしたいポイントがあるからです。

その1つ目がスワップ。みんなのFXは他社よりもスワップが高めで、また、マイナススワップは少額で済みます。

スワップポイント比較・一覧表(2020年8/31時点)

ドル円 ポンド円 トルコ円 メキシコ円 南アフリカ円
みんなのFX
みんなのFX
買い 6 17 13 5.5 8.1
売り -6 -17 -13 -5.5 -8.1
DMM FX
DMM FX
買い 6 15 - - 8
売り -9 -18 - - -11
GMOクリック証券
GMOクリック証券
買い 10 11 11 3 7
売り -13 -14 -14 -6 -10
FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO「選べる外貨」
買い 2 10 14 7 7
売り -17 -25 -24 -7 -7
サクソバンク証券
サクソバンク証券
買い -7 -23.99 -5 4.3 10
売り -32 -48 -26 -8.72 -13
外為オンライン
外為オンライン
買い 5 5 0 10 5
売り -40 -35 -115 -20 -15
FXTF
FXTF
買い 3 1 6.1 9 6.1
売り -81.1 -66.9 -13.1 -35 -16.2
OANDAJAPAN
OANDAJAPAN
買い 8 5 1 - 8
売り -29 -26 -32 - -14
ヒロセ通商
ヒロセ通商「LION FX」
買い 2 1 13 7 6
売り -83 -90 -43 -12 -16
JFX 「MATRIX TRADER」
JFX「MATRIX TRADER」
買い 2 1 - - 6
売り -83 -90 - - -16

※1:全て10,000通貨単位で換算
※2:1日分のスワップを表記
※3:4/8にスワップ配信がない場合はその前日の値を表記

FXは損切りが大切ですが、先に紹介した通りしっかり資金を用意してロット数を抑えた取引をする場合は、そこまで損切りに固執する必要もないでしょう。

一度ポジションを持ったら長期で保有することになるので、その場合スプレッドよりもスワップの方が大事になります。その点、みんなのFXは優れたスワップを誇るので、長期トレードに最適だと言えます。もちろんスプレッドも決して悪いわけではありません。

もう1つのポイントが、通貨強弱ツールが使えることです。簡単に言うと、これを使うことで今トレンドが発生しているかどうかを見極めることができます。

例えばドル円で通貨の強弱関係が大きく開いている時(つまり通貨強弱ランキングのトップにある時)は、しばらくトレンドが続く可能性が高いでしょう。したがって、トレンド方向に順張りでエントリーすれば利益を見込めるでしょう。詳しい活用方法は下記関連記事もご覧ください。

このように、1,000通貨で取引できることに加えて、スワップが高い、通貨強弱ツールが使える、という点でみんなのFXをおすすめします。

みんなのFX
  • 最低取引単位は1,000通貨!低リスクなトレードが可能
  • スワップが他社よりも好条件
  • 申し込みから取引開始までは最短即日!郵送物もナシ(運転免許証必須)
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 27 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.2銭 0.4銭 0.8銭

最小1,000通貨から取引可能なFX会社。さらにスワップが優れていて、トレンドを見極められる通貨強弱ツールも秀逸。まずはこのみんなのFXで低リスクトレードを試してみてほしい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設の上、申込月の翌々月末までの取引量に応じて最大50,000円キャッシュバック !

  1. 30〜100Lot未満:1,000円獲得
  2. 100〜500Lot未満:3,000円獲得
  3. 500〜1,000Lot未満:10,000円獲得
  4. 1,000〜2,500Lot未満:15,000円獲得
  5. 2,500〜5,000Lot未満:30,000円獲得
  6. 5,000Lot以上:50,000円獲得
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

SBI FXトレード:1通貨から取引可能!資金量に応じてロット数を細かく設定できる

SBI FXトレードは取引手数料0円、スプレッドも業界最狭水準にてご提供

画像引用元:SBI FXトレードは取引手数料0円、スプレッドも業界最狭水準にてご提供(2020年4月30日取得)

口座開設のお申込みはこちら

最大の魅力はなんと言っても、最低取引単位が1通貨であるところです。1通貨で取引できるのは米ドルやユーロ、そして英ポンドなどのメジャーどころだけではありません。南アフリカランドやNZドルなどの高金利通貨についても対応しているのです。

FX会社の最小通貨単位比較(ドル円基準)

会社名 最小取引単位 必要証拠金額
(1ドル=100円の場合)
取引手数料
SBI FXトレード
SBI FXトレード
1 4円 無料
ネオモバFX
ネオモバFX
1 4円 無料
OANDAJAPAN
OANDAJAPAN
1 4円 無料
みんなのFX
みんなのFX
1000 4,000円 無料
FXTF
FXTF
1000 4,000円 無料
外為ファイネスト
外為ファイネスト
1000 4,000円 無料
ヒロセ通商
ヒロセ通商「LION FX」
1000 4,000円 無料
楽天FX
楽天FX
1000 4,000円 無料
FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO「選べる外貨」
1000 4,000円
  • 1万通貨以上:無料
  • 1万通貨未満:3銭
JFX 「MATRIX TRADER」
JFX「MATRIX TRADER」
1000 4,000円 無料
サクソバンク証券
サクソバンク証券
1,000 4,000円 無料
YJFX!
YJFX!
1000 4,000円 無料
DMM FX
DMM FX
10000 40,000円 無料
GMOクリック証券
GMOクリック証券
10000 40,000円 無料

スプレットが狭く設定されており、利益が出やすい点も見逃せません。スワップポイントも他社と比較すると高く設定されているためスワップ生活を目指す方にもおすすめの業者です。

SBI FXトレードの1ロットは1通貨を指しており、1米ドルや1ユーロから取引が開始できます。1ドル100円換算であると、10,000通貨単位で取引すると約40,000円の証拠金が必要です。しかし1通貨単位であれば約5円の証拠金で取引できるため、大きなリスクを背負う必要はありません。つまり初心者の方、FXに大きな資金を投入できない方に適した業者なのです。

一方で、最高取引単位が1,000万通貨であるところも見逃せません。高額の取引にも対応しているため、資金力が豊富な方にもおすすめできる業者なのです。SBIであれば資金力がない状態で取引を始め、大きな儲けが出たあとも他の業者に乗り換える必要はなくずっと継続して利用し続けられます。

スプレッドの狭さについてもお伝えする必要があるでしょう。1通貨から1,000通貨までの限定ですが、以下のスプレッドで提供してくれます。

  • 米ドル/円:0.09銭
  • ユーロ/円:0.30銭
  • 南アフリカランド/円:0.80銭
  • 英ポンド/円:0.69銭

1,001通貨以上であったとしても、スプレッドがそれほど広くなるわけではありません。以下に、1,001通貨以上のスプレッドを掲載します。

  • 米ドル/円:0.17~7.80銭
  • ユーロ/円:0.49~15.80銭
  • 南アフリカランド/円:0.99~4.80銭
  • 英ポンド/円:0.99~18.80銭

スワップポイントは通貨ごとの金利差を指しており、金利が高い通貨を保有する場合には金利分の利益が加算されるのです。特に南アフリカランドやトルコリラなどの高金利通貨を保有すると大きな金利が発生するため、金利の利益で生活するスワップ生活を送っている方もSBIでは珍しくありません。

ちなみに各通貨のスワップポイントについては、会員ページのスワップ履歴から確認できます。1,000通貨程度の取引ではそれほど大きな金利は獲得できませんが10,000通貨や10万通貨の場合は大きな利益にもつながります。将来的には高ロットで取引したい、と考えている方はスワップポイントも把握しておきましょう。

1通貨単位から取引でき、しかもスプレッドも狭いSBI FXトレードで口座を開設したくなってきたのではありませんか?利用するためには18歳以上である必要があり、未成年の場合は親権者の同意が必要です。必要書類にはマイナンバー通知書類と本人確認書類があります。書類はアップロード・メール・郵送のいずれかの方法で送付できます。

書類が届くと審査が実施され、口座開設が完了するとメールが送られてきます。後日、自宅に簡易書留郵便(転送不要)にてログインIDおよびパスワードが届きます。あとはSBI側が指定した銀行口座に入金をすると手続きは完了です。早急に入金したい場合は、1,000円以上から利用できるクイック入金をおすすめします。

SBI FXトレード
  • 最小1通貨で取引可能
  • 1,000通貨以下ならスプレッドが極狭
  • 口座開設で500円がもらえる
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 34 1
スプレッド(1,001〜10万通貨)
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.17~7.80銭 0.49~15.80銭 0.99~18.80銭

最小1通貨で取引可能。自己資金額に合わせて柔軟にロット数を調節できるのが強み。1,000通貨以下での取引ならスプレッドも狭く、初心者トレーダーにおすすめだ。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

1,000通貨前後でトレードを開始して、取引手法を確立してからロット数を増やせば良い

さすがに1通貨の取引であると緊張感もないので「面白みがない」と感じる方もいるでしょう。したがってまずは1,000通貨程度で取引してみるのも良いでしょう。

1,000通貨であっても小刻みにうまく運用すれば、それなりのお小遣いになる可能性も十分にあります。経験を積めば、徐々にあなた自身の取引手法も確立していきます。ある程度安定してきたと感じたら、ロット数を増やせばよいのです。

他人のロット数を気にする必要は一切ありません。まずは自身の経験値と資金力で判断し、条件が揃ってくれば高ロットの取引を検討しましょう。他人が高ロットで取引しているからと言って、一緒になって大きな勝負をする必要はありませんよ。

目次へ戻る

FXに関する新着記事

目次へ戻る