暮らしの達人 > クレジットカード > エムアイカードスタンダードとエムアイカードプラスの違い・メリットを徹底比較

エムアイカードスタンダードとエムアイカードプラスの違い・メリットを徹底比較

公開年月日 : 2018/08/30 更新年月日 : 2018/08/30

エムアイカード3券種

株式会社エムアイカードが発行するエムアイカードシリーズは、これまで一般カード3種類、ゴールドカード3種類の計6種類が発行されていました。しかし、近年エムアイカード スタンダード( MICARD<スタンダード> )が新たに登場し、従来のエムアイカードもエムアイカードプラス( MICARD+ )に統合されるなどラインナップが一新されました。

主なエムアイカードシリーズ一覧

グレード 従来 現在
一般カード ・エムアイカード
・三越 M CARD
・伊勢丹アイカード
エムアイカード スタンダード
エムアイカードプラス
ゴールドカード ・エムアイカード GOLD
・三越 M CARD GOLD
・伊勢丹アイカードゴールド
エムアイカードプラスゴールド

一見、クレジットカードの種類が減って以前よりもシンプルなラインナップになったように見えます。しかし、新しくなったために従来のカードとの違いや、エムアイカードプラスとエムアイカードプラスゴールド、そしてエムアイカード スタンダードの違いがわからなくなった人も多いと思います。

この記事では新しくなったエムアイカードシリーズについて、それぞれの特徴を比較して、どのカードがどんな人におすすめなのかを解説していきます。

エムアイカード スタンダードとエムアイカードプラスの違い

まずはエムアイカード スタンダードとエムアイカードプラスの違いについて、年会費・国際ブランド・三越伊勢丹グループでの還元率の3点から比較します。

年会費が違う

まず、エムアイカード スタンダードとエムアイカードプラスは年会費が違います。

  • エムアイカード スタンダード:500円(税別)
  • エムアイカードプラス:2,000円(税別)

また、どちらも年度の年会費は無料です。それに加えて、エムアイカード スタンダードは「Web明細サービスの登録」と「年間1回以上のクレジットカード利用」があれば、翌年度の年会費も無料となります。そのためエムアイカード スタンダードは年会費実質無料のクレジットカードと言えます。

一方でエムアイカードプラスは、条件を満たすと年会費が無料になるような特典がありません

目次へ戻る

国際ブランドが違う

それぞれのカードで、選択できる国際ブランドにも違いがあります。

  • エムアイカード スタンダード:VISA
  • エムアイカードプラス:VISA/アメリカン・エキスプレス

エムアイカードプラスの場合は、アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)も選択できます。アメックスを選ぶと、提携ホテルやレストランでの優待や、提携店での利用でボーナスポイントが貯まるなどの独自の特典を受けることができます。

そのため、「アメックスを選べる」ということにおいてはエムアイカードプラスの方が有利です。

目次へ戻る

三越伊勢丹グループ百貨店での還元率が違う

最後に最も重要でかつ大きな違いが、三越伊勢丹グループ百貨店での還元率の違いです。

どちらのカードも一般加盟店での利用は、200円で1ポイント付与ですが、三越伊勢丹グループ百貨店で利用した場合は、エムアイカードプラスの方がお得です。その理由を解説するので、まず以下の表をご覧ください。

カード名 三越伊勢丹での買い物 一般加盟店での買い物
1品3,000円(税別)未満の買い物 1品3,000円(税別)以上の買い物
エムアイカード スタンダード 100円で1ポイント 100円で1ポイント 200円で1ポイント
エムアイカードプラス 100円で1ポイント 100円で5〜10ポイント 200円で1ポイント

:食品やセール品など、3,000円以上でも対象外の商品もあります(後述)。

以上のように、エムアイカード スタンダードもエムアイカードプラスもポイント還元率はほぼ同じですが、三越伊勢丹グループ百貨店で1品3,000円(税別)以上の商品を購入した時のみ、エムアイカードプラスは100円で5〜10ポイント付与となり、エムアイカード スタンダードよりも圧倒的にお得です。例えば5,000円(税別)の服飾品を購入した場合に貯まるポイントは以下の通りになります。

  • エムアイカード スタンダード:100円で1ポイント貯まるので、50ポイント付与
  • エムアイカードプラス:100円で5ポイント貯まるので、250ポイント付与

さらに、1品3,000円(税別)以上の商品を購入した時のポイントレートは、前年の三越伊勢丹グループでのエムアイカードプラスのカード利用額に応じて最大10%にアップします。

  • 前年度の利用金額が30万円未満:5%
  • 前年度の利用金額が30万円以上100万円未満:8%
  • 前年度の利用金額が100万円以上:10%
集計対象となるお店(三越伊勢丹グループ)一覧
三越伊勢丹グループ百貨店、三越・伊勢丹・丸井今井・岩田屋三越オンラインストア、ラシック、イセタンハウス、ルクア大阪内 イセタン各ショップ、イセタンサローネ、イセタン羽田ストア、ISETAN MiRROR、伊勢丹アウトレットストア、MI PLAZA、三越伊勢丹通信販売、三越伊勢丹旅行、伊勢丹会館、クイーンズ伊勢丹、伊勢丹スイング、ニッコウトラベル、ソシエ・ワールド(一部除く)、海外店(一部除く)

注意してほしいのが、1品3,000円(税別)以上の商品が条件なので、1,000円の商品を3つ購入した場合は3,000円未満の商品と同じく100円で1ポイント付与になることです。あくまでも1品で3,000円(税別)以上の商品を購入した場合に限られます。また、食料品や百貨店内のレストラン・喫茶店、セール品などは、3,000円以上であっても対象外です。

なお、どちらも貯まるポイントは従来のカードと同じくエムアイポイントです。貯まったエムアイポイントは、次の買い物から1ポイント=1円として、買い物代金に充てることができます。

目次へ戻る

三越伊勢丹グループでお得に買い物するならエムアイカードプラスが圧倒的におすすめ

三越伊勢丹グループ百貨店でお得に買い物したいなら、エムアイカードプラスが圧倒的におすすめです。その理由は、先に紹介した通り、ポイント還元率が圧倒的に異なるからです。

ただし、エムアイカード スタンダードの年会費が実質無料なのに対して、エムアイカードプラスは2,000円(税別)の年会費が必ずかかります。そのため、三越伊勢丹グループ百貨店での利用金額が少ないと、エムアイカード スタンダードと比較して損する恐れもあります。エムアイカード スタンダードとエムアイカードプラスの年会費と還元率を考慮した損益分岐点は以下の通りです。

エムアイカード スタンダードとエムアイカードプラスの損益分岐点

年間利用金額 エムアイカード スタンダード
(年会費実質無料)
エムアイカードプラス
(年会費2,160円)
比較結果
1万円 +100円 -1,660円 エムアイカード スタンダードがお得
3万円 +300円 -660円 エムアイカード スタンダードがお得
5.4万円 +540円 +540円 同じ
5.5万円 +550円 +590円 エムアイカードプラスがお得
10万円 +1,000円 +2,840円 エムアイカードプラスがお得
20万円 +2,000円 +7,840円 エムアイカードプラスがお得

以上の通り、年会費三越伊勢丹グループで年間5万円以上利用する場合には、年会費を考慮してもエムアイカードプラスを利用した方がお得であることが分かります。

逆にそれ未満の利用見込みしかない、または利用見込みがわからない、ということであれば、まずは年会費実質無料のエムアイカード スタンダードに入会した方が無難でしょう。

目次へ戻る

各エムアイカードの特徴まとめ

ここからはエムアイカード スタンダード、エムアイカードプラス、エムアイカードプラスゴールドの3枚について、それぞれの特徴をまとめて紹介していきます。

目次へ戻る

エムアイカード スタンダードの特徴・メリット

エムアイカードスタンダード

エムアイカード スタンダードは、従来のMICARDや伊勢丹アイカードとは異なり、全く新しいエムアイカードとして登場しました。

新しいカードではあるものの、先に紹介した通り、年会費実質無料ですが還元率が最大1%止まりであり、エムアイカードプラスと比較すると物足りません。

また、世の中のクレジットカードを見れば、エムアイカード スタンダード以外にも、楽天カードYahoo!JAPANカードなど年会費が無料で、しかも還元率が常に1%以上のクレジットカードがたくさんあります。

エムアイポイントを貯めるのが目的ならばエムアイカード スタンダードを選ぶメリットはありますが、カードスペックで選ぶならエムアイカード スタンダードはおすすめしません。「三越伊勢丹でお得に買い物したいけど、エムアイカードプラスはあんまり…」という人は、エムアイカード スタンダードを選ぶよりも、以下の関連記事で紹介しているおすすめカードを検討することをおすすめします。

関連記事:
2018年のおすすめクレジットカード11選

エムアイカード スタンダードに申し込む

目次へ戻る

エムアイカードプラスの特徴・メリット

エムアイカードプラス

従来のMICARDや伊勢丹アイカードがリニューアルされたのがエムアイカードプラスです。カードスペック自体はリニューアル前と変わりません。

まず、エムアイカードプラスの最大の特徴である、三越伊勢丹グループで1品3,000円(税別)以上の購入では還元率最大10%、という特徴は先に説明した通りです。それに加えて、エムアイカードプラスでは前年の三越伊勢丹グループ年間利用金額によってボーナスポイントが以下の通りに付与されます

  • 年間200万円以上(税込):10,000ポイント
  • 年間300万円以上(税込):15,000ポイント
  • 年間500万円以上(税込):25,000ポイント

つまり年間200万円使えば、翌年度の三越伊勢丹の還元率が10%になる上、10,000ポイントももらえるわけです。三越伊勢丹での利用金額が大きくなればなるほどお得なクレジットカードだと言えるでしょう。

また、エムアイポイントは三越伊勢丹で使えるだけでなくANA/JAL両方のマイルにも交換できます。特にJALマイルは3,000ポイント→1,500マイルと交換効率が優れています。三越伊勢丹グループ百貨店で1品3,000円(税別)以上の商品を買うと100円で5ポイントが貯まるので、JALマイルに換算すると100円で2.5マイル、最大で100円で5マイル貯まる計算になります。JALカードよりもJALマイルが貯まりやすいのです。

そのため、三越伊勢丹で買い物する機会があるJALユーザーにもおすすめできるクレジットカードだと言えます。

エムアイカードプラスに申し込む

目次へ戻る

エムアイカードプラスゴールドの特徴・メリット

エムアイカードプラスゴールド

エムアイカードプラスゴールドはエムアイカードプラスの上位に位置するゴールドカードで、従来のMICARD GOLDや伊勢丹アイカードゴールドなどが統合されてできたものです。年会費は10,000円(税別)です。

エムアイカードプラスゴールドは、ポイントを貯めることにおいてはエムアイカードプラスと同じく、三越伊勢丹グループでの最大還元率は10%です。そのため「三越伊勢丹グループでお得かどうか」を比較すると、一般カードであるエムアイカードプラスと違いがありません

ただ、エムアイカードプラスゴールドは初年度から、1品3,000円(税別)以上の商品を購入した場合の還元率が8%になります。そのため、入会後1年以内に三越伊勢丹グループでたくさん買い物をする予定がある人は、エムアイカードプラスゴールドに入会した方がお得な可能性もあります。

また、エムアイカードプラスゴールドには一般カードにはない特典がたくさん付帯しています。そのため、入会を判断するのはポイント還元率ではなく、「ゴールドカードの特典内容と年会費を比較して、お得だと思うかどうか」を基準にすると良いでしょう。主な特典は以下の5つがあるので、順番に説明していきます。

  • 毎年4,320円相当のサービス利用券がもらえる
  • 空港ラウンジが無料で利用可能
  • 旅行保険とショッピング保険が充実
  • 一般加盟店で還元率1%
  • LUXA RESERVE MICARD PLATINUM / MICARD GOLDで高級レストランが予約できる

目次へ戻る

毎年4,200円相当のサービス利用券がもらえる

エムアイカードプラスゴールド入会時、または翌年以降の毎年3月末に三越伊勢丹グループで利用できるクーポン券4,200円相当がもらえます。必ずもらえるものなので、年会費1万円のうち半分程度はサービス利用券で戻ってくる計算です。

このサービス利用券は4種類の特典のいずれかで利用することが可能です。

  • 三越伊勢丹グループ百貨店での駐車場料金の延長
  • 三越伊勢丹グループ百貨店で購入した商品の配送料金の支払い(300円分)
  • 三越伊勢丹グループ百貨店内の修理カウンターで修理や加工をする際の支払い(300円分)
  • 三越伊勢丹グループの空港ショップ各店での支払い(300円分)

1枚あたりは300円分ですが、複数枚セットになっているため、合計4,200円分の優待を受けられる計算です。

目次へ戻る

空港ラウンジが無料で利用可能

エムアイカードプラスゴールドは空港ラウンジを無料で利用できます。対象となる空港は以下の通り。

国内の対象ラウンジ
新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台国際空港、新潟空港、富山空港、小松空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、伊丹空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、熊本空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港
海外の対象ラウンジ
ダニエル・K・イノウエ空港(ハワイホノルル)、仁川国際空港(韓国ソウル)

特に注目したいのは羽田空港で国際線の「TIAT LOUNGE」と呼ばれる、シャワーがあったり食事やデザートが充実していたりするなど格式の高いラウンジが利用できることです。空港ラウンジの無料利用は、多くのゴールドカードに見られる特典です。しかし、「TIAT LOUNGE」が利用できるゴールドカードはほとんどありません。そのため、「TIAT LOUNGE」が使えることはエムアイカードプラスゴールドならではのメリットと言えるでしょう。

目次へ戻る

旅行保険とショッピング保険が充実

エムアイカードプラスやエムアイカード スタンダードとは異なり、エムアイカードプラスゴールドには海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険が付帯しています。まず旅行保険の内容は以下の通りです。

エムアイカードプラスゴールドの海外旅行保険・国内旅行保険のスペックまとめ

海外旅行保険
(金額は最高額)
付帯条件 自動付帯+利用条件付き
死亡・後遺障害 1億円※1
傷害・疾病治療費用 300万円※2
賠償責任 5,000万円※2
携行品損害 100万円※2
救援者費用 400万円※2
国内旅行保険
(金額は最高額)
付帯条件 自動付帯+利用条件付き
死亡・後遺障害 5,000万円※3
傷害入院費用日額 5,000円/日
手術費用 3,000円/日
傷害通院費用日額 20万円

※1:利用条件を満たさなかった場合は5,000万円
※2:利用条件を満たさなかった場合は補償なし
※3:利用条件を満たさなかった場合は1,000万円

海外旅行保険は利用条件付きの自動付帯です。エムアイカードプラスゴールドで出国前に旅費の支払い、あるいは出国後に交通費の支払いをして、利用条件を満たさなければ、補償額が低くなったり、死亡・後遺障害以外の補償が受けられなったりします。

国内旅行保険も利用条件付きの自動付帯ですが、補償が受けられなくなることはありません。

さらにエムアイカードプラスゴールドには年間300万円までのショッピング保険が付帯しています。ショッピング保険はクレジットカードで購入したものが破損、盗難などのトラブルにあった際に修理費用や購入費用を補償してもらえるものです。商品をどこで購入したかによって、補償期間が以下の通りに異なります。

  • 三越伊勢丹グループで購入した商品:購入後180日間
  • 上記以外:購入後90日間

一般的に、クレジットカードに付帯しているショッピング保険は90日間です。しかし、スと同じく、三越伊勢丹グループでの最大還元率は10%です。そのため三越伊勢丹グループでの利用に限ってはなんと180日間も補償の対象となります。エムアイカードプラスゴールドなら、ポイントがたくさん貯まってお得に商品を購入できるだけでなく、安心も付いてくるのが一般カードと異なるメリットです。

目次へ戻る

一般加盟店での還元率は1%

どの種類のエムアイカードも、一般加盟店でのポイント還元率は0.5%であり、三越伊勢丹以外ではお得なクレジットカードだとは言えません。しかし、エムアイカードプラスゴールドは一般加盟店でもポイント還元率が1%です。他店でもお得に決済できるため、メインカードとして使うのに向いています。

一般加盟店で利用した場合でも、貯まるポイントはエムアイポイントです。

目次へ戻る

LUXA RESERVE MICARD PLATINUM / MICARD GOLDで高級レストランが予約できる

LUXA RESERVEとはガイドブック掲載店や星で格付けされているような高級店やレストランを24時間いつでも予約したり変更したりできるサービスです。本来は年会費6,000円を払って利用するものですが、エムアイカードプラスゴールド会員は無料で利用可能です。

会員向けに優待価格のコースが用意されていたり、限定のプランや企画なども用意されていることでワンランクもツーランクも上の食事を楽しめる特典です。

エムアイカードプラスゴールドを利用することで利用できる主な特典は上記の通りです。ポイントに関わるものもありますが、それ以外の特典も多いです。エムアイカードプラスゴールドの利用を検討する場合には、ここで紹介した特典が自分に必要かどうかを踏まえて申し込みするかを考えてください。

エムアイカードプラスゴールドに申し込む

目次へ戻る

おすすめカード2018 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント