暮らしの達人 >> カードローン >> 審査 > カードローンで仮審査に通って本審査に落ちるケースはある!審査内容の違いを知って対策しよう

カードローンで仮審査に通って本審査に落ちるケースはある!審査内容の違いを知って対策しよう

公開年月日 : 2021/11/22

カードローンで仮審査に通って本審査に落ちるケースはある!審査内容の違いを知って対策しよう

カードローンの審査には仮審査と本審査の2段階があります。そのため、仮審査には通ったけど本審査で落ちる、というケースもありえます。どういう人が該当するのか、詳しく解説します。

おすすカードローン3選

勤務先への電話連絡なし

aiful-cashingloan アイフル

原則として、申し込み時に勤務先に電話連絡を行わないことを公式サイトに明記。会社バレを避けるならイチオシ。

お申込み

成約率が高い

aiful-cashingloan アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融。大手消費者金融の中では成約率が高い※アコムマンスリーレポートより
※最初のカードローンに選ばれることが多いので通過率が高い。

お申込み

金利で選ぶなら

プロミス プロミス

最大金利は17.8%と他社より低い。無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間なので活用しやすい。自社ATMだけでなく、三井住友銀行ATMでも手数料無料なのも嬉しい。

申込み

カードローンの仮審査と本審査とは?その違い

カードローンには仮審査と本審査があり、それぞれ結果が異なることがあります。

一般的に、仮審査はスコアリング方式による自動審査や個人信用情報の照会のことを指しています。一方で本審査は人の手によって審査することを指しています。

スコアリング審査とはあなたの属性情報を点数化するものであり、その総合点の高さによって審査の通過が決まるものです。たとえば雇用形態であると、正社員は5点、派遣社員・契約社員は3点、アルバイト・パートは2点などとなるわけです。

個人信用情報は、過去のローンやクレジットカードの利用実績などになります。長期の滞納経験や債務整理経験があると、ブラックとされ審査に落ちます。短期間の返済の遅れ等であれば問題視されないこともありますが、複数回となると審査落ちの原因となるので気をつけてください。

人の手による本審査ですが、提供された書類などの確認が該当します。本人確認書類の内容と提供された情報が異なっていないか、収入証明書類に問題はないか、などが確認されるわけです。

仮審査と本審査の内容は異なるため、どちらの審査で落ちたのかが分かれば自分の問題点も見えてきます。対策もできるでしょう。しかし、ほとんどの業者ですべての審査が終わった段階で結果が伝えられることになるため、審査落ちの原因が仮審査なのか、それとも本審査なのかは分かりません。

ただSMBCモビットとレイクALSAに関しては、仮審査と本審査に明確に分かれています。仮審査が終わった段階で一度審査結果が伝えられるので、スコアリング審査と個人情報に問題があるか、それともないかが分かるのです。したがって、この2社のいずれかに申し込んだ場合、仮審査に通ったけど本審査に落ちた、ということがありえます。過去にカードローンの審査に落ちており、その審査落ちの理由を知りたい、という方は一度お試しで申し込みを行ってみるのもおすすめです。

目次へ戻る

仮審査に通って本審査に落ちる主な理由

お話ししたように、審査の大部分は仮審査によって行われるため、仮審査に通って本審査に落ちるというケースは珍しいです。書類を偽造して提出して発覚、なども該当するわけですが、そのようなことは基本的に少ないでしょう。

仮審査に通って本審査で落ちる最も多いケースは、嘘バレです。

本審査で行われるは、お話ししてきたように書類審査があり、そしてもう一つ在籍確認があります。その在籍確認で問題が発生することが少なくありません。在籍確認とは提供された職場情報が正しいかを確かめるため、主に電話で在籍を確認するものです。しかし実際に電話したところ、その職場で働いていたことが確認できなかった、などが多くあるわけです。特に消費者金融カードローンは総量規制(年収の3分の1を超える借入を禁止する規制)の関係もあり、収入が必須となります。働いていることが確認できなければ融資できないため、在籍確認がとれなければ審査落ちとなります。中には無職なのに、働いていると偽って申請するケースもあり、そういったケースであればもちろん審査落ちになります。

また提出書類の確認でも問題が発生することがあります。たとえば個人信用情報に問題がある、いわゆるブラックリストになっている方は、他人を装って申し込みする例もあるわけです。しかし他人を装ったとしても、本人確認書類で発覚します。結果、虚偽の報告を行ったということで、審査落ちとなるわけです。

目次へ戻る

結論:仮審査に通れば本審査に落ちることはほとんどない

嘘をつかない限りは、仮審査を通過できればそのまま本審査にも通れる可能性が高いです。

そこでお試し利用してほしいのが、先程も少しお話したSMBCモビットとレイクALSAになります。その2つは仮審査の結果がモノの数秒で終わるので、早く審査の結果が知りたければ是非利用してください。その仮審査で落ちれば、スコアリング審査および個人信用情報に引っかかった、と分かるわけです。通過できれば、スコアリング審査も個人信用情報も問題がない事が分かります。

各社カードローン WEB申込した時の融資スピード

会社 受付時間 審査回答 融資
アイフル 24時間365日 最短25分 最短25分
レイクALSA 24時間365日 最短15秒 最短60分
プロミス 24時間365日 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 24時間365日 最短30分※1 最短即日
アコム 24時間365日 最短30分 最短30分
三井住友銀行 24時間365日 最短翌営業日 最短翌営業日
ジャパンネット銀行 24時間365日 最短翌営業日 最短翌営業日
みずほ銀行 24時間365日 最短3営業日後 最短3営業日後

:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
※1:WEB完結で申し込んだ場合

以下、その仮審査結果がものの数秒で終わるSMBCモビットの申し込みの流れをご紹介します。通常の申込みとWEB完結申込があります。WEB完結申込であると、郵送での手続きがなので利用開始までがスピーディーです。少しでも早く融資を受けたいとお考えの方は、ぜひ利用をご検討ください。

申込時には申し込みフォームを入力するわけですが、その必須項目に情報を入力します。その申込画面の途中で簡易審査結果が確認できます。それが仮審査結果であり、その時点で問題がなければ仮審査結果通過となり、継続して本審査を受けられます。

必須項目をすべて埋めて申込むと、本審査が開始され、審査結果はメールもしくは電話で伝えられます。WEB完結の場合はメールのみとなるので、電話をされると困る方もご安心ください。

その後、通常申込みであるとモビットカードと書類の送付が行われます。入会申込書が届くので、そちらの必要事項を記入し返送してください。以上で通常申込の手続きは完了となり利用が開始できます。

WEB完結の場合は、パソコンなどインターネットで入会手続きができます。審査完了メール内のURLから審査結果ページへアクセスし、審査結果を確認後そのまま入会手続きができます。そして入会手続きが完了すると借入れができるようになるのです。

SMBCモビット
  • 申込も利用もインターネットで完結するWEB完結をご利用可能!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡なし!
  • 利息の支払いでTポイントが貯まる!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.0%~18.0% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
なし

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは仮審査と本審査に別れている。WEB完結の場合は一体の審査が行われるが、勤務先への電話連絡がなくなるのが魅力

お申込み

目次へ戻る

審査が不安な人におすすめするカードローン

ここでは、審査が不安な方におすすめの2つのカードローンをご紹介します。気になるものがあったら、ぜひ申し込んでみてください。

目次へ戻る

アコム:成約率が最も高いカードローン

【アコム公式】カードローン・キャッシングならアコム

画像引用元:【アコム公式】カードローン・キャッシングならアコム(2021年08月16日取得)

カードローンの中には成約率と呼ばれる、審査通過率を公式ページで公開しています。その審査通過率が大手消費者金融で最も高いのが、アコムになります。つまり最も審査に落ちにくいと考えられるのがアコムなのです。

基本的に多くのカードローン業者の審査通過率は、大体30%台になります。しかしアコムの場合は40%台であり、審査通過率に大きな違いがあることが分かります。もう少し具体的な数字を出すと、アコムの2021年6月の審査通過率は42.4%です。7月は41.5%であり8月は42.6%、そして9月は41.9%です。一方でプロミスについては、6月が40.3%で7月は38.6%、8月は39.5%で9月は38.4%になります。

差は僅かではありますが、毎月確実にアコムの審査通過率が高いので、他社と比較すると基準が甘いとも考えられます。

以下、アコムの特徴を簡単にご説明いたします。

まず注目なのが、30日間無利息になります。アコムとの契約が初めてであれば、契約日から30日間は金利がかかりません。仮に20万円を年利18%で利用した場合30日間に係る利息は約2,958円です。その利息の支払いが不要になるのであり、しかも無利息期間中に完済できれば借りたお金だけを返せばよいのです。給料日前やボーナス前などの利用に限定できるのであれば、是非利用を検討しましょう。

仮審査に近い取り組みも公式ページ上で行っています。「3秒診断」と呼ばれるものであり、年齢・年収(総支給額)・カードローン他社借入状況の3つを入力するだけで融資が受けられそうか判断してもらえるのです。収入と借入額のバランスが良いと「お借入できる可能性が高いです。」との結果が出て、バランスに問題があると「ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できませんでした。」と出ます。こちらを利用するだけで、属性情報による仮審査を受けているのと同じ状況になるので是非活用してください。ただ個人信用情報まで確認してくれるわけではないので、その点は理解した上で利用してくださいね。

アコムといえばアコム公式スマホアプリもお伝えしなければなりません。申込みや借入、そして返済手続きなどができるのですが、注目なのがカードレスでの提携ATMの利用です。通常、提携ATMの利用にはローンカードが求められますが、アコム公式スマホアプリを利用しQRコードを読み取るなどすれば、簡単に借入及び返済手続きができます。利用できるのはセブン銀行ATMなので、セブンイレブンに買い物に行ったついでにATMで返済や借入が簡単にカードレスで出来てしまうわけです。振り込みなどによる利用を検討していない方はぜひご活用ください。

アコム
  • アコムを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • ネットで契約まで可能!
  • 最短30分で審査回答さらに即日振込も!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.00%~18.00% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

アコムは大手消費者金融の中では成約率が最も高い。そのため審査に通る可能性も最も高いと言える。もしも他社の審査に落ちたことがあるのなら、アコムに挑戦してみるのも良いだろう。

お申込み

目次へ戻る

アイフル:勤務先への電話連絡がない

アイフル

画像引用元:キャッシングのアイフル|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアイフル(2021年03月16日取得)

  • 原則として勤務先への電話連絡なし
  • WEB完結・カードレス契約対応で郵送物なし
  • 審査時間は最短25分

アイフル原則として勤務席への電話連絡を行っていません。勤務先に電話をかけられたくない、もしくは勤務先では個人的な電話に対応していないなどの場合でもアイフルなら安心でしょう。

ちなみにアイフルでも成約率を公表していますが、若干低めになります。2021年6月は35.8%であり、7月は34.8%です。8月は33.9%であり、9月は33.0%でした。

以下、アイフルの特徴を簡単にまとめます。

まずアコムと同様に30日間の無利息サービスが用意されています。利用条件はアイフルを初めて利用される方であり、無担保キャッシングローンが対象です。無利息期間は、契約の翌日から30日間となります。

簡易診断コンテンツ(1秒診断)も用意されており、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4つを入力するだけで、審査に通過できそうかが分かります。アイフル公式スマホアプリも是非活用してもらいたいもので、アコムの場合はセブン銀行ATMとローソン銀行ATMでも使えるのです。出先や買い物ついでにカードレスで借りたり返済したりも簡単にできますよ。

カードレスに対応したATMと手数料一覧

会社スマホ対応ATM手数料
アイフル
アイフル
セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM
  • 1万円以下:110円
  • 1万円超:220円
プロミス
プロミス
セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM
  • 1万円以下:110円
  • 1万円超:220円
アコム
アコム
セブン銀行ATM
  • 1万円以下:110円
  • 1万円超:220円
SMBCモビット
SMBCモビット
セブン銀行ATM
  • 1万円以下:110円
  • 1万円超:220円
レイクALSA
レイクALSA
サービス停止中-
アイフル
  • 申込時に勤務先への電話連絡なし!さらにWEB完結対応で来店不要&郵送物なし!
  • アイフルを初めて利用する人は契約日の翌日から30日間の無利息期間あり
  • 最短25分で審査完了さらに即日融資OK!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.0%~18.0% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

アイフルは原則として勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない、在籍確認に協力してくれない、そんな状況にいる人におすすめだ。

お申込み

目次へ戻る

おすすめカードローン業者

カードローン おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルは大手消費者金融の中では珍しく、申込時に勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない人や、土日に即日融資を受けたい人におすすめだ。WEB完結にも対応しているので、郵送物なしで融資を受けることも可能。
カードローン おすすめポイント 申込
アコム
大手消費者金融は申込数と契約数から、成約率を公表している。アコムはその成約率は大手消費者金融の中でも比較的高い。株式会社ショッパーズアイの調査による「はじめての方にオススメ」部門でも1位に輝いた。利用者数も多く、実績豊富。実は三菱UFJフィナンシャル・グループに所属。
「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。
アコムマンスリーレポートより
カードローン おすすめポイント 申込
プロミス
明確に他社よりも優れた強みがあるのが魅力。最大金利が17.8%と他社よりも低いこと。そして無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間となることだ。三井住友銀行ATMの利用なら融資・返済の手数料が無料なのも魅力。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎