暮らしの達人 > ネット証券会社 > 証券会社 > SBI証券の審査に落ちた人へ!その理由と対策方法を紹介

SBI証券の審査に落ちた人へ!その理由と対策方法を紹介

更新年月日 : 2021/04/16

SBI証券の審査に落ちた人へ!その理由と対策方法を紹介

SBI証券に申し込むと、必ず審査が行われます。証券会社の審査で落ちることはそうあり得ません。それでも落ちてしまった人のために、SBI証券で審査落ちする理由や、証券会社の審査対策方法について解説してきます。

SBI証券の審査に落ちた人におすすめの証券会社はコレだ!

LINE証券
  • LINEポイントを使って国内株などへの投資が可能
  • タイムセールによって相場価格よりも安く株が買える
  • 1株単位での購入が可能

LINE証券は1株から国内株の取引ができる証券会社。SBI証券と比較するとできることは少ないが、魅力は豊富なので口座開設しておくことをおすすめする。今なら口座開設+クイズに2問答えることで、3株分の購入代金がもらえる。さらに不定期で株のタイムセールが行われ市場価格よりも安く株を購入できる独自のキャンペーンが魅力。

お申込み

SBI証券の審査基準

SBI証券の審査は、口座開設時に入力した情報に基づいて行われます。そのため、ローンの有無や破産履歴など、入力していない情報は審査に影響しません。以下に、それぞれの内容について詳しくお伝えします。

申し込みに答えた内容に基づいて審査が行われる

SBI証券の審査は、申込み時に答えた内容のみをもとに行われます。年収であるとか勤務先、そして保有資産や投資経験が申し込みフォームに記載するメインの情報となるので、それらを元に当落を決定します。総合判断となるので、年収が低いからダメ、年収が高いからOKと一つのテーマだけで決まるものではありません

SBI証券の口座開設条件は、行う取引によっても若干異なります。レバレッジが効く信用取引口座の基準、先物・オプション取引口座の基準などが個別に用意されているのです。あなた自身がどのタイプの口座の開設を望んでいるかによって、年齢等の基本的な条件が変わります。以下、信用取引口座の開設基準の中で特に重要と思われるところを抽出して掲載します。

  • 未成年の開設は不可で75歳未満であること(80 歳未満の場合は条件によっては口座開設できる可能性あり)
  • 常時連絡が取れること
  • 十分な金融資産および証券知識があること
  • 株式の投資経験があること
  • 登録金融機関業務に従事されていないこと
  • 金融商品仲介業を営んでいないこと
  • 金融商品仲介業務に従事されていないこと

目次へ戻る

借金の有無や破産履歴は審査に影響なし

SBI証券の審査申込み時に、借金や破産履歴(債務整理)等は聞かれなかったと思います。それらのクレジットカードやカードローンの申込み時に重要になるような情報を、SBI証券側は収集していません。当然、審査にも影響しないのです。

借金や債務整理情報が収集されなかったとしても、個人信用情報機関に照会をすればローンの利用等が発覚することも考えられます。しかしSBI証券では、個人信用情報機関に対する情報照会をしないので、そういったリスクは存在しません。したがって、借金があるから審査に落ちる、過去に債務整理をしたから審査に落ちる、ということはありません。

目次へ戻る

SBI証券の審査に落ちる理由

借金があっても特に問題なし…、過去に自己破産等の債務整理をしても審査に影響しない…、だったらなぜ審査に落ちる人がいるんだろう、と不思議に思う方も居ますよね。

ここでは、SBI証券の審査に落ちる理由を徹底解説します。ほとんどのケースで当てはまるものなので、口座開設ができなかった経験がある方は確認してみてください。

目次へ戻る

金融資産・収入が不足している

SBI証券の審査に落ちる主な理由には、金融資産の不足が関係していると思われます。

証券会社側の儲けは、利用者が取引するときにかかる手数料です。つまりたくさん取引をしてくれたり、高額の取引をしてくれたりする人のほうが利益は高くなるのです。しかし、たくさん取引してくれるのか、それとも少ししか取引してくれないのかは事前の審査ではわかりません。そこで判断材料の一つに金融資産が出てくるわけです。

普通に考えれば、金融資産が多い人はたくさん取引してくれる可能性が高いですよね。一方で資産があまりない人は、取引するために必要な資金自体が少ないことになり証券会社としたら旨味がない顧客となります。

では、どの程度の金融資産があれば良いのでしょうか。金額については明示されていないので詳しくは分かりませんが、他社の中には最低金融資産額を明示しているところもあります。例えば、楽天証券のFX専用口座開設における必要最低金融資産額は100万円です。SMBC日興証券の信用取引口座開設における必要最低金融資産額は300万円です。どちらも信用取引対象の口座であり高額な金融資産を求められているので、必ずしもSBI証券と同等というわけではありませんが参考にはなるでしょう。

金融資産とともに審査で重視されるものとして、投資経験があります。投資経験がない方は、取引のリスクを理解していないケースも多く、多額の損失を背負うことも少なくありません。生活資金を失う可能性もあるため、利用者を守るためにもSBI証券側が審査を通過させないケースもあると考えられます。

金融資産に深く関わる収入も審査にはある程度関わってくるでしょう。ただ、極端に低くなければ、即審査落ちになるわけではありません。あくまで金融資産との兼ね合いであり、一定の資産があれば収入が低かったとしても問題はないとされています。

また、SBI証券はグループ企業であり、他にもSBI FXトレードやSBIネオトレード証券、SBIネオモバイル証券、SBI VCトレード、住信SBIネット銀行など様々な事業を行っています。それらのSBIグループに何かしらの迷惑をかけた経験があると、社内ブラックと呼ばれる状態になっており、審査に落ちることも考えられます。社内ブラックには時効がないとされているので、もしも該当する場合はSBI証券以外の証券会社を狙う他ありません。

目次へ戻る

SBI証券の審査に落ちた場合の対策方法

SBI証券の審査に落ちた場合に検討すべき対策方法を2つご紹介します。SBI証券以外の証券会社に申し込む方法およびそのままSBI証券に申し込む方法があるので、自分が望む方をお選びください。

目次へ戻る

申し込む業者を変えるのが1番

証券会社の審査基準はバラバラです。そのため、SBI証券の審査に落ちても他社ならば通る可能性もあります。したがって、SBI証券での口座開設は一旦諦めて、他社に申し込むのが良いでしょう。

クレジットカードやカードローンの場合は、短期間にたくさん申込んだり同時申し込みをしたりすると、それだけで審査に落ちることがあります。いわゆる多重申込みと呼ばれるものであり、個人信用情報に申込み履歴までバッチリと記載され警戒されてしまうからです。

しかし証券会社では個人信用情報をチェックしませんので、多重申込みのリスクは全くありません。審査に落ちたのであれば、諦めてさっさと次の会社に申込むのがおすすめです。口座開設したい証券会社が複数ある場合は何も一つに絞る必要はなく、同時に申し込みを検討されてはいかがでしょうか。最近ではどこもネット申込みがメインですし、各書類もネットで提出できます。手続自体は数分で終わることもあるので、そんなに時間がなくても同時申込みはできるのです。

複数の証券会社に申込むと、複数の口座が開設できる可能性もあります。2社以上に口座を開設するメリットもあるので、ぜひ活かしたいところ。たとえば、のちに価格が爆発的に上昇するかも知れない新規公開株(IPO株)は証券会社ごとに申込みができるので当選確率がアップします。購入できる銘柄の幅が広がる点にも注目でしょう。そもそも証券会社では、それぞれ取り扱い商品に違いがあります。投資信託や債券、外国株式、ETF、金などなど…。どの商品に投資しようか悩んでいる方は、あえて複数の証券会社に申込んでみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

金融資産等が改善できれば再申し込みしてもOK

SBI証券に何度申込んでも問題はないので、金融資産が改善されれば再度申込みしてみるのも一つの方法です。例えば仕事を変えたことで収入が一気に増え、資産が激増することもあるでしょう。何かしらの臨時収入があり、金融資産に余裕が出てくることもあるでしょう。

また別の手段で未経験であった投資経験を積み重ねられた等、状況が改善できたのであれば申込み結果が変わってくる可能性もあります。

SBI証券
  • 国内株の手数料は業界最低水準
  • 単元未満株、米国株、IPO、CFD、金銀プラチナ、iDeCo、などなど様々な金融商品の取り扱いあり
  • 今後クレジットカードでの買い付けが可能になる予定
お申込み

目次へ戻る

SBI証券の審査に落ちた人におすすめする証券会社

SBI証券に固執する理由がないのであれば、他の証券会社への申込みに切り替えましょう。ここではSBI証券にも勝るとも劣らない、おすすめの証券会社をご紹介します。それぞれの特徴も明らかにするので、口座開設先選びの参考にしてもらえたら幸いです。

目次へ戻る

楽天証券:手数料や銘柄数はSBI証券と同等!楽天経済圏の強みあり

【楽天証券】口座開設キャンペーン

画像引用元:【楽天証券】口座開設キャンペーン(2021年3月4日取得)

楽天証券はSBI証券と非常に似通っている証券会社であり、手数料体系や取扱銘柄数がほとんど同じです。特にSBI証券にこだわる理由がなければ、楽天証券でも同等の取引ができるので十分に置き換えが可能になります。

以下、楽天証券の特徴について簡単に解説します。多彩なポイントサービスが用意されており、手数料も比較的お得。投信積立サービスにも注目でしょう。

まずポイントサービスですが、楽天カードや楽天ポイントでの購入もできるので、普段から楽天系のサービスを利用している方にとってかなり旨味が大きい証券会社です。楽天カードを日常的に使っていれば、楽天ポイントが貯まるでしょう。その楽天ポイントで株を買えるのでお得に買付けできます。もちろん1ポイントあたり1円相当として利用できるので、損することはありません。

楽天ポイントを自動的に貯められるプログラムである楽天銀行の「ハッピープログラム」も活用できます。投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイントが獲得できるのです。例えば投資信託の残高が100万円あれば、毎月40ポイント獲得でき、年間で480ポイント獲得できることに。何もせずに自動的にポイントが獲得でき、その獲得したポイントで買付けできるのは大きなメリットと言えます。

また楽天証券を使うことで、楽天市場のSPUのボーナスポイントの対象になります。楽天証券を利用すると+1倍であるため、いま4倍であれば5%の還元率で楽天市場にて買い物できることに!楽天市場のヘビーユーザーにも楽天証券はおすすめです。

手数料に関しては、「超割コース」と「超割コース 大口優遇」の2つに分かれています。基本的には超割コースを使うと思うので、そちらの手数料を確認してみましょう。現物取引手数料は5万円までであれば税込みで55円10万円までは99円、20万円までであれば115円、50万円までであれば275円です。信用取引手数料は10万円までで99円、20万円までであれば148円、50万円までは198円、50万円超は385円です。

楽天証券であれば投信積立にも対応しており、少額から始められます。購入のタイミングが分からない方でも毎月自動的に決まった額を自動で購入してくれるので、低リスクで手軽な資産運用を考えている方にも最適です。もちろん投資信託についてもポイントを利用でき、しかも楽天カード決済でもできるので100円につき1ポイントを毎月自動的に貯められるのも大きな魅力でしょう。

楽天証券
  • 「いちにち定額コース」なら1日100万円までの約定なら国内株手数料無料
  • 楽天ポイントを使って投資信託や国内株を購入可能
  • 楽天カードを使って投資信託を購入可能

楽天証券のスペックはSBI証券とよく似ている。さらにそれにプラスして、楽天ポイントを購入費用に使える、楽天カードで支払い可能、楽天市場でSPUが適用されるなど、楽天経済圏での強みがある。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

LINE証券:口座開設+2問のクイズに回答で3株分の購入代金がもらえる

1周年記念_初株キャンペーン

画像引用元:1周年記念_初株キャンペーン(2020年8月12日取得)

LINE証券で取り扱いのある金融商品は、国内株や投資信託の現物取引と信用取引のみです。それでよければ、LINE証券もSBI証券の代わりとして候補に上がってきます。

口座開設をすると条件付きではありますが、3株分の購入代金が貰えるキャンペーンも実施中です。条件と言っても簡単なもので、初歩的な2問のクイズに答え、1問正解すると2株分の購入代金がもらえ、2問正解すると3株分の購入代金がもらえるのです。もちろん対象銘柄があるので、どの株でも良いというわけではありませんが、無料で株を保有できるかも知れないチャンスが用意されています。

以下、LINE証券の魅力を簡単にご紹介します。まずSBI証券でいうS株と同じく1株から取引が可能であるところ、取引手数料がお得であるところ、取引インターフェースが直感的でシンプルなデザインであるところ、LINE PayやLINEポイントに対応しているところなどに注目です。

まず1株から取引が可能なので、数百円から株取引できます。証券取引に投入できる資金に限りがある、とにかく低リスクで経験を積みたい、と考えている方におすすめです。また平日であれば夜9時まで取引できるところも、LINE証券の魅力の一つです。

業界最低水準の手数料にも注目でしょう。現物取引売買手数料は、買いはすべて無料になります。売りは若干高めの設定ですが、それでも買い+売りの手数料を他社と比較すると有利であることは間違いありません。さらに信用取引売買手数料は無料になります。

LINE証券はLINEアプリから簡単に取引できるのはもちろん。直感的でシンプルなデザインです。インターフェースに優れており、初心者でも簡単に取引でき複雑な操作は一切不要。快適な使い心地を提供してくれます。

入出金も手軽であり、LINE PayおよびLINE POINTであれば手数料は無料であり、しかもLINEポイントまでもらえます。LINE POINTについては、1ポイントあたり1円として取引に利用できるので、楽天証券と同様に現金の使用量を抑えられますよ。

ただ、NISAには非対象なのでご注意ください。

LINE証券
  • LINEポイントを使って国内株などへの投資が可能
  • タイムセールによって相場価格よりも安く株が買える
  • 1株単位での購入が可能

LINE証券は1株から取引可能。また、信用取引も用意されている。LINEアプリ上から取引できる。不定期で株のタイムセールが行われ市場価格よりも安く株を購入できる独自のキャンペーンが魅力。

お申込み

目次へ戻る

PayPay証券:1,000円からGAFAをはじめ米国株を購入できる

PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券

画像引用元:PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券(2020年12月25日取得)

PayPay証券は1,000円からという少額単位で取引できるので、低リスクな少額投資を考えている方におすすめです。またキャンペーンも実施されており、口座開設完了で5,000円がもらえるチャンスもあります。

口座開設キャンペーンの中身ですが、PayPay証券のアプリをダウンロードし口座開設手続きを実施します。キャンペーンコードを入力し、適用ボタンを押してください。口座開設が完了すると、IDおよびパスワードが郵送またはメールで届けられます。あとは抽選結果を待つだけです。キャンペーン期間は3月31日までであり、1,000名までの限定なので当選は難しいかも知れませんがチャレンジする価値はあるでしょう。

以下、PayPay証券の魅力を簡単にご紹介します。米国有名株を手頃な価格で購入できるところ、24時間いつでも取引できるところ、買い付けが簡単であるところに注目です。

まず米国有名株ですが、GAFAM (Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftのこと)やスタバ、テスラなどになります。それらの株は通常1株あたりの価格が極めて高いので、本来であれば少額取引はできません。しかしPayPay証券であれば、1,000円単位で購入できるので、低リスクで世界的な大企業の株主になれてしまうのです。ちなみに2021年2月12日現在のグーグルの株価は、1株あたり2,088ドル程度です。つまり本来であれば日本円で20万円を超える金額でなければ買えないものが、少額投資(1,000円単位)で購入できるわけです。こちらの機能についてはSBI証券にはないので、より米国株を少額で購入したい方はぜひPayPay証券の口座開設を検討しましょう。

米国株取引に限定されますが、24時間いつでも取引できる点に注目です。日中は仕事をしていて、株価の確認ができないのではありませんか。しかしPayPay証券の米国株取引なら、深夜や朝方でも取引できるのです。

アプリで取引できるため、取引も極めて簡単です。まずは銘柄を選択し、後は希望額を指定して買うをタップすれば終了!初心者でも直感的に操作できるので、最初の証券会社にもおすすめです。

ただ、こちらもNISAには非対象なのでご注意ください。

One Tap BUY
  • 1,000円から国内・米国株を購入可能
  • 1株からIPOに参加可能
  • 24時間いつでも米国株の購入が可能

新しい証券会社。株式を1,000円から購入できるのが特徴で、米国株の少額取引にも対応。SBI証券の代わりではないが、別角度で投資できるためこちらの口座を持っておくと役立つはず。

お申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

目次へ戻る

外国株 国内株の取引手数料が安い IPOの実績が多い NISAの手数料が安い