暮らしの達人 > ネット証券会社 > 証券会社 > 楽天証券の審査に落ちた理由は?その理由と対策方法まとめ

楽天証券の審査に落ちた理由は?その理由と対策方法まとめ

更新年月日 : 2021/01/07

楽天証券の審査に落ちた理由は?その理由と対策方法まとめ

この記事の内容まとめ

  • 現物取引の審査には、相当悪質なケースでない限り落ちることはない。思い当たるものがなければ再申し込みしよう
  • 信用取引の審査は保有資産が基準に満たないと落ちる。申し込む会社を替えよう
  • DMM株は信用取引が利用可能。しかも米国株の取引手数料が無料であり、おすすめ。

楽天証券の口座開設で審査に落ちた人に向けて、審査に落ちた理由として考えられるものを解説していきます。また、審査に落ちた人が次に審査に通るためにおすすめの対策方法を紹介します。

楽天証券の審査に落ちた人におすすめの証券会社はコレだ!

DMM 株
  • 米国株取引手数料が無料!
  • 最短即日での口座開設が可能
  • 1つの取引画面から国内株・米国株を両方取引できる

楽天証券の完全な代わりとはならないが、DMM株の口座を持っておくのはおすすめしたい。その理由の1つが、米国株の取引手数料が無料ということ。ただし円貨決済となるので、1ドル25銭の為替手数料はかかる。それでも楽天証券よりお得に取引できるだろう。国内株においても口座開設から1ヶ月間は無料なのでかつようしてほしい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設完了後、世帯主情報と内部者関連情報の登録が完了した日から1ヶ月間、国内株式取引手数料が無料!

お申込み

楽天証券の審査に落ちた理由

楽天証券では現物取引と信用取引に対応しており、どのどちらに申し込みを行ったかで審査落ちの理由が変わります

現物取引で審査に落ちたケース、および信用取引で審査に落ちたケースに分けてその理由を解説します。

目次へ戻る

現物取引の場合:思い当たる節があるはず

現物取引とは持っている資金の範囲内でしか取引できないため、例えば証券会社の口座に100万円ある場合は100万円分の取引しかできません。つまりFX取引(信用取引)のようなレバレッジが効かないため、実質的に証券会社自体にリスクはありません。

したがって審査に落ちるケースはほとんど考えられませんし、聞いたこともありません。仮に楽天証券の現物取引の口座開設で審査に落ちたのであれば、極めてレアケースに該当します。SNS等を確認してもらうと分かると思いますが、「現物取引口座を開設できなかった」という口コミは見当りません。

一つ考えられるのが、いわゆる社内ブラックと呼ばれるものです。社内ブラックとはその会社や関連会社に何らかの迷惑をかけたことでその会社のみでブラックリスト化されており、申込みをしても審査落ちになることを指しています。

例えば過去に楽天証券に口座を開いており、何らかのトラブルで強制退会処分を受けたことはありませんか?楽天銀行や楽天カードなど同じ楽天グループ内で強制退会されたような経験はありませんか?

以上のような思い当たるフシが全く無い場合は、何らかの誤りで審査落ちにされているかもしれません。もう一度申し込んでみることをおすすめします。

目次へ戻る

信用取引の場合:金融資産が審査基準に満たなかった可能性が高い

信用取引の口座申し込みに関しては、審査に落ちるケースもあります。信用取引とは一定の保証金(委託保証金)を証券会社に担保として預けることで、その保証金を超える取引ができるようになることを指しています。したがって実際にあるお金よりも大きな取引になるため、チャートが大変動した場合は保証金を超える損失が出る可能性も…。つまり信用取引では証券会社は顧客から保証金を超える損失額を徴収しなければならない等の一定のリスクを背負う可能性があるため、比較的厳しい審査を行うとされています。

信用取引の口座開設で主に審査されるのが金融資産です。金融資産が審査基準に達していないと、リスクのある申込者、とされてしまうため口座を開設できません。

取引をはじめるには | 株価指数先物取引 | 楽天証券

画像引用元:取引をはじめるには | 株価指数先物取引 | 楽天証券(2021年03月10日取得)

金融資産の基準額は証券会社によっても異なりますが、楽天証券では「弊社にお預け入れの現金・有価証券を含めて最低100万円以上の金融資産をお持ちでないと先物・オプション取引口座を開設できません。」と公式ホームページに明記してます

100万円以上の金融資産がない状態で信用取引用の口座に申し込んだのではありませんか?また100万円以上の金融資産を保有していたとしても、職業や雇用形態などによっては審査落ちになる可能性もあるので、資産に影響を与えるような属性情報についてもう一度確認してください。

目次へ戻る

補足:借金や破産歴があっても審査に落ちることはない

クレジットカードの審査やカードローンの審査では、現状の借金額や最有無整理に関する情報も調べ上げられ、問題があると判断されれば問答無用で審査落ちです。

一方、楽天証券では申込時に借金や破産歴に関して聞かれることはありません。あなたに借金や破産歴があっても、その事自体が審査落ちの原因にならないのです。なぜなら楽天証券でおこなわれる審査では、個人信用情報機関であるCICを確認することがないからです。

ただ前述したように社内ブラックが関係してくる可能性はあります。たとえば楽天銀行株式会社や楽天カード株式会社も同じグループ企業に属しています。楽天銀行のローンである楽天銀行スーパーローンやクレジットカードの楽天カードの返済ができずに債務整理などした場合は、楽天グループ内で情報共有され社内ブラックに指定されている可能性もありますよ。

目次へ戻る

楽天証券の審査対策

楽天証券の審査に落ちたのであれば、現実的に考えてこちらで紹介する一つの方法をおすすめします。

目次へ戻る

諦めて別の会社に申し込む

金融資産が増えれば楽天証券の審査に通る可能性は出てきます。しかし、そんなに簡単に資産が増えるでしょうか。1ヶ月や2ヶ月では難しいでしょう。半年や1年、それ以上の年月がかかるかもしれません。資産が増えるのを待っていたら仮想通貨の取引開始がそれだけ遅くなるので、諦めたほうが良いです。

ただ取引自体を諦める必要はありません。そもそも証券会社の審査基準は一律ではなく各社バラバラです。もちろん審査内容に関しては非公表ではありますが、同じ金融資産額でも評価に違いが出てくると考えられるのです。仮に楽天証券に落ちていたとしても、他社なら通る可能性も十分です。

不安な方は、1社ではなく2社や3社など複数に同時に申し込むのもおすすめです。複数の証券会社に口座開設しても、特にあなた自身に大きなデメリットは発生しません。申込み情報が個人信用情報に記載されることもないため、今後のクレジットカードやカードローンの審査に影響を与えることもないのです。

仮に複数の証券会社の審査に通過できた場合は、その中から最も魅力に感じたところを選んで取引するも良し。リスクを少しでも低減させるために資産を分散させる意味でも、複数の会社で取引するも良しです。

目次へ戻る

楽天証券の審査に落ちた人におすすめする証券会社

楽天証券以外でおすすめできる証券会社を2社紹介します。それぞれの特徴も明らかにするので、証券会社選びに役立ててください。

目次へ戻る

DMM株:米国株手数料無料!信用取引も利用可能

【DMM株】は手数料が業界最安値水準でとにかく安い!さらに、米国株式なら取引手数料がなんと0円!取引でポイントもたまる!最短即日取引も可能!

画像引用元:【DMM株】は手数料が業界最安値水準でとにかく安い!さらに、米国株式なら取引手数料がなんと0円!取引でポイントもたまる!最短即日取引も可能! (2021年3月10日取得)

まずおすすめするのがDMM株です。要するにDMMグループの証券会社ですね。この会社、楽天証券の完全な上位互換とはならないものの、楽天証券にはない「米国株手数料無料」という素晴らしい特徴を持ちます。したがって、特に米国株取引も見据えている方に強くおすすめしたい証券会社です。

実際に正真正銘、手数料は0円なのですが、残念ながら円貨決済しか対応していません。そのため、取引手数料とは別に為替手数料が1ドル25銭かかります。例えば300ドルの株を買う際には75円の手数料がかかります(300ドル×25銭=7,500銭=75円)。

楽天証券の場合、300ドルの株を買うには0.495%の取引手数料がかかるので、1.48ドルの手数料がかかります。だいたい148円くらいですね。さらに円貨決済の場合は別途為替手数料もかかります。

このように、DMM株は為替手数料こそかかるものの、楽天証券よりは低コストで米国株を取引できます(約定金額や為替レートによって多少変化しますが、だいたいのケースでDMM株の方がお得です)。

実際、自分も米国株取引はDMM株を使って取引してます!

補足の達人

配当狙いの場合は気をつけよう:

配当金も円で受け取ることになります。この時1円のスプレッドが発生します。これはちょっと不利なので、米国株の高額配当銘柄を取引する際には別の口座を利用した方が良いかも。

また、国内株の手数料は楽天証券とほぼ変わりません。しかし楽天証券で言う「いちにち定額コース」に該当する手数料形態がDMM株にはありません。一方でDMM株は新規口座開設することで、1ヶ月間の国内株手数料が無料になるというキャンペーンを行なっています。うまく活用しましょう。

このキャンペーンはあまり告知されていないけど、地味にメリットでかい!NISAと組み合わせれば1ヶ月間は完全無料で株取引ができます。

補足の達人

信用取引も楽天証券と同じように利用することができます。また、米国株を保有していればその保有額も証拠金に計算されるので、高い資金効率で信用取引を行うことができます。まさに米国株を取引しつつ信用取引も行いたい人に打ってつけでしょう。

DMM 株
  • 米国株取引手数料が無料!
  • 最短即日での口座開設が可能
  • 1つの取引画面から国内株・米国株を両方取引できる

楽天証券の完全な代わりとはならないが、DMM株の口座を持っておくのはおすすめしたい。その理由の1つが、米国株の取引手数料が無料ということ。ただし円貨決済となるので、1ドル25銭の為替手数料はかかる。それでも楽天証券よりお得に取引できるだろう。国内株においても口座開設から1ヶ月間は無料なのでかつようしてほしい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設完了後、世帯主情報と内部者関連情報の登録が完了した日から1ヶ月間、国内株式取引手数料が無料!

お申込み

目次へ戻る

LINE証券:LINEアプリから信用取引が可能

1周年記念_初株キャンペーン

画像引用元:1周年記念_初株キャンペーン(2020年8月12日取得)

制度信用のみですが、LINE証券でも信用取引が可能です。手数料も楽天証券と同じ水準なので、制度信用のみでOKでしたらこちらもありでしょう。LINEの証券会社だけなことはあり、取引についてはアプリからできます。

LINE証券の最大の魅力は、スマホのLINEアプリから簡単にアクセスできる手軽さでしょう。つまり他の証券会社のサービスのように専用のアプリをインストールする必要はありません。LINEアプリだからといって、取引ツールとして弱いわけではありません。銘柄の選択や購入数量の選択、入金などがたった数回のタップで完結できるため、すぐに使いこなせるようになるはずです。

少額投資にも適しており、1株での取引が可能です。多くの資産をリスクに晒したくない、と考えている方にも適しています。

取引手数料も低く抑えられており、現物取引の買いおよび信用取引売買手数料は完全無料です。現物取引の売りについては手数料が発生して、5万円までは税込み99円、10万円までは176円、20万円までは198円、50万円までは484円、100万円までは869円です。50万円以降になると若干高い印象があるので、その点は注意が必要かもしれませんね。

出入金のしやすさについても、指摘させてもらいます。スマホ決済サービスのLINE Payを通しての出入金ができます。さらに現物取引ではLINEポイントを使った投資もできるため、現金を使わずに取引することも可能!LINE系のサービスを普段から利用している方は、ぜひ口座開設しておきたいところです。

ただし、出金時には手数料220円(税込)がかかります。LINE証券残高をLINE Pay残高に移行してから銀行振り込みサービスを利用すると176円(税込)にできるので、ちと面倒ですがワンクッション置いて出金することおすすめします。

LINE証券のデメリットには、高額取引が不可能な点が挙げられます。投資できる最大の金額は、各銘柄1,000万円までなので、数千万円や数億円単位の金額を一つの銘柄につぎ込みたいと考える方にはおすすめできません。

いちかぶ(単元未満株)の取引も可能ですが、実質的な手数料であるスプレッドが発生する点もデメリットの一つです。時間帯なグループによって取引コストが若干異なるので、前もって確認した上で取引するか判断してください。LINE証券では17時から21時までの時間帯も取引は可能ですが、スプレッドが広く設定されるため要注意です(手数料:1.0%)。ちなみに9時から11時20分、12時30分から14時50分までの時間帯であればお得なスプレッドで取引可能ですよ(手数料:0.2%から0.4%ほど)

LINE証券
  • LINEポイントを使って国内株などへの投資が可能
  • タイムセールによって相場価格よりも安く株が買える
  • 1株単位での購入が可能

LINEアプリから株の取引が可能。単元未満株の取引が可能で、さらにLINEポイントを1ポイント=1円として使うこともできる。信用取引は制度信用のみだが対応しており、手数料も優れている。特筆点は一部銘柄のいちかぶ取引手数料が約定金額の0.2%と安いこと。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設+2問のクイズ正解で、3株分の購入代金がもらえる!

お申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

目次へ戻る

外国株 国内株の取引手数料が安い IPOの実績が多い NISAの手数料が安い