暮らしの達人 > ネット証券会社 > 株式投資 > 株 初心者 > 株 基礎知識 > 証券会社選びと口座開設 | 株式投資入門

株式投資入門3 証券会社選びと口座開設

公開年月日 : 2016/09/30 更新年月日 : 2016/10/02

株式投資の魅力とリスクを知ったところで、さっそく株式投資をはじめてみましょう。株取引をはじめるためにまず必要なことは、証券会社を通して証券口座を開設することです。開設した口座にお金を預けると、株を購入できるようになります。どの証券会社でも、開設料・管理料などの手数料は無料の場合がほとんどです。安心して申し込みましょう。

証券会社の選び方

オンライン証券の大手企業を比較すると、その特徴は様々です。ここでは、代表的なネット証券会社の特徴を紹介します。

SBI証券はネット証券の中で国内ナンバーワンの口座開設数を誇ります。国内株から外国株まで取扱商品数が多く、特に外国株は、米国株・中国株はもちろん、韓国株・ロシア株・シンガポール株・インドネシア株・マレーシア株・ベトナム株・タイ株まで、全9カ国をカバーしており他社を圧倒しています。また、IPO株の取扱実績が多いので、IPO株投資を検討しているならSBI証券で口座を開設するとよいでしょう。詳しくは、IPO株取扱実績・主幹事実績の比較ランキングで紹介しています。

以上のように幅広い商品ラインナップがあり、そのうえ、各商品の取引手数料もトップクラスに安いのがSBI証券の魅力です。

ライブスター証券は、国内株の取引手数料を抑えたい人におすすめです。国内株を取引する場合、多くの証券会社では、自分で準備した資金や株を使って売買する現物取引と、証券会社からお金や株を借りて売買する信用取引の2つを選べます。暮らしの達人が紹介しているネット証券において、ライブスター証券は国内株・現物取引の取引手数料の安さがナンバーワン、国内株・信用取引の取引手数料の安さがトップクラスです。詳しくは、国内株・現物取引の手数料比較ランキングと、国内株・現物取引の取扱銘柄数比較ランキングで紹介しています。

もしもあなたが楽天ポイントに目がない楽天ユーザーなら、楽天証券を選ぶとよいでしょう。取引手数料100円ごとに楽天ポイント1ポイント貯まるからです。

同じオンライン証券会社でも、その特徴は様々です。自分の環境や取引スタイルに、最も相性の良い証券会社を選びましょう。

証券口座の開設

証券会社を選んだら口座開設に申し込みましょう。口座開設申込→必要情報の登録→本人確認書類の提出、の3ステップで開設できます。各工程について、以下で説明します。

口座開設の申込

まずは証券会社の公式ホームページにアクセスし、「口座開設」ボタンをクリックして手続きを開始します。申込には、マイナンバーや免許証、保険証などの本人確認書類が必要です。予め準備しておきましょう。

必要情報の登録

その次に、連絡先や住所、職業、勤め先の情報を記入します。勤め先情報では、会社名や所属部署・役職まで登録する必要があります。本人が上場会社またはその子会社に務めている場合や、家族に上場会社の役員や幹部職員がいる場合は、内部登録者にチェックを入れます。これは、インサイダー取引を防ぐためです。

続けて、年収や金融資産、資産の状況、取引の動機、投資経験・期間・方針について、選択肢から情報を選んで登録していきます。その後に、特定口座やNISA口座など、開設する口座の種類を選択します。こちらについては、株式投資の税金 | 株式投資入門で説明します。

本人確認書類の提出

最後に、マイナンバーと免許証や保険証などの本人確認書類をスキャンして提出すれば、申し込みは完了です。申込にかかる時間はわずか10分〜15分程度です。その後、口座が開設されるまでは1週間程かかります。

ところで、購入した株の配当や株主優待をもらえる権利はいつ確定するか知っていますか。これは企業によって異なりますが、3月や9月が多いと言われています。もし購入したい株の権利確定が3月なら、遅くとも1月後半には申し込みを済ませましょう。株取引の恩恵を最大限活かすためにも、口座開設に必要な期間は意識しておきましょう。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

外国株 国内株の取引手数料が安い IPOの実績が多い NISAの手数料が安い