暮らしの達人 > ネット証券会社 > 審査 > LINE証券で審査落ちする理由や審査基準を徹底解説

LINE証券で審査落ちする理由や審査基準を徹底解説

更新年月日 : 2021/04/26

LINE証券で審査落ちする理由や審査基準を徹底解説

LINE証券で口座開設する際には審査があります。この審査では何を見られ、どういう人が審査に落ちるのかを解説していきます。審査が不安な人、そして実際に審査に落ちてしまった人は是非ご覧ください。

LINE証券の審査に落ちた人におすすめする証券会社はコレだ!

ネオモバイル証券
  • Tポイントで国内株や国内ETFが購入可能
  • 月間の合計約定金額が50万円以下なら手数料は月々220円(税込)のみ
  • 毎月200円分のTポイント(期間固定Tポイント)がもらえる

LINE証券と同じく、1株単位での売買が可能。取引手数料は月額制だが、毎月もらえるTポイントでほぼ相殺できるため、LINE証券よりも安く取引できる可能性が高い。LINE証券の代替候補としては一番手だろう。

お申込み

おすすめ証券会社3選

単元未満株のコスト最強

ネオモバイル証券 ネオモバイル証券

約500円からの1株取引に対応。手数料は月額制で、220円(税込)だ。毎月200円相当の期間固定Tポイントがもらえるので実質20円で済む。

申込み

米国株取引が無料

DMM株 DMM株

国内唯一!米国株の取引手数料が無料。円貨決済専用なので為替手数料がかかるものの、1ドル=100円を切るような円高にならない限りDMM株の方が安く取引できる。

お申込み

米国株の少額取引に対応

PayPay証券 PayPay証券

米国株を1,000円から買い付けることが可能。銘柄数は少ないが、GAFAM等有名どころが並んでいる。米国株の少額取引をするならPayPay証券が最適だ。

申込み

LINE証券で審査落ちする主な理由

保有資産が審査基準に満たなかった

LINE証券を含めて、証券会社の口座開設審査では申し込み時に入力した情報のみに基づいて行われます。クレジットカードやローンのように個人信用情報を確認することがありません。

そのため、審査でチェックされるのは「投資できるだけの余剰資金があるかどうか」だと考えられます。証券会社は利用者にたくさん取引してもらい、手数料を払ってもらって利益を得ます。つまりたくさん取引してくれる人が優良顧客です。投資できるだけの余剰資金がない人は証券会社にとって利益になりません。

また、投資できるだけの余裕がないにも関わらず証券会社に申し込む人は、「株で人生逆転」などギャンブル的な投資をする可能性があります。つまり生活資金を投資資金に注ぎ込んでしまい、身を滅ぼしてしまう恐れがあります。このような人を守るためにもあえて審査に落としてやることが考えられます。

以上のことから考えると、例えば無職で金融資産も乏しい人などは、客観的に見ると投資をしている場合ではないので審査に落ちる可能性が高いと思われます。

逆に無職でも金融資産を豊富に保有していれば審査に通るかもしれません。明確なラインは不明ですが、FX会社の場合は金融資産が明記されていることもあります。例えばFXTFは「年収・金融資産又は換金可能資産が30万円以上であること」と公表しています。1つの目安になると思います。

目次へ戻る

それ以外の理由で審査に落ちるケースはほとんどなし

「たくさん取引してもらえるだけの資金余裕がないと判断された」以外の理由で審査に落ちることはほとんどないと思います。

あるとしても、例えば反社会的勢力に関与している、申し込み時に嘘をついた、提出した書類と記述した情報(住所や氏名など)に誤りがあった、みたいな部分だと思います。

あとは年齢基準くらいでしょうか。LINE証券の信用取引口座では「20歳以上70歳以下まで」との年齢が設定されています。つまり未成年と71歳以上になると口座開設はできません。ちなみに70歳までに口座を開設していたら、71歳以降も取引できるので安心してくださいね。

審査と聞くと不安になるかもしれませんが、LINE証券の審査で落ちるのは極めて稀なケースです。「クレジットカードやローンの審査落ちが続いていて、不安…」という人でも審査に通る可能性が十分あります。

目次へ戻る

結論:安心してLINE証券に申し込もう

これからLINE証券に申し込みを予定している方は、何の心配もしなくて良いです。お伝えしてきたように、現状の借金や過去の債務整理情報が審査に関わることはないからです。

また、会社員であり生活資金とは別に余剰金も十分確保できているのであれば、書類不備などの可能性もあるので、ゆっくり再申し込みしてみても良いかもしれません。

LINE証券
  • LINEポイントを使って国内株などへの投資が可能
  • タイムセールによって相場価格よりも安く株が買える
  • 1株単位での購入が可能

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設+2問のクイズ正解で、3株分の購入代金(4,000円)がもらえる!
さらに口座開設から最大30日間は何度でも「いちかぶ」の「グループA」銘柄の取引手数料が無料(場中取引のみ)!

お申込み

一方で既にLINE証券で審査落ちの結果が出てしまった人は、金融資産を改善したり就業したりすることで審査に通る確率も上がるでしょう。しかしそれには時間がかかるので、他の証券会社も検討することをおすすめします。

目次へ戻る

LINE証券で口座開設できない人におすすめする証券会社

LINE証券の最大の特徴は1株から購入できることです。少額での投資が可能なので、投資を始めたばかりの人には最適な証券会社でしょう。似た特徴を持つ会社を2つ紹介します。

目次へ戻る

ネオモバイル証券:格安手数料で取引し放題

日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ

画像引用元:日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ(2020年8月10日取得)

ネオモバイル証券は最もLINE証券に似た特徴を持つ証券会社です。アプリ上からの取引に特化していて、取引単位は1株からです。

LINE証券ではLINEポイントを1ポイント=1円として約定代金として使えるように、ネオモバイル証券はTポイントを1ポイント=1円として使うことが可能です。

少額でコツコツ取引したい人はネオモバイル証券でも十分代わりが効くでしょう。

大きく異なるのが手数料体系です。LINE証券は証券会社でよくあるように、一回の約定ごとに手数料が発生します。一方でネオモバイル証券の手数料は月額制です。約定金額に応じて、最低でも毎月220円(税込)かかります。

しかし手数料を支払うと200円相当の期間固定Tポイントがもらえます。このTポイントを使って株を購入することもできるので、実質的な手数料負担は20円と言えます。状況にもよりますが、LINE証券よりも有利なコストで株を買うことが可能です。

SBIネオモバイル証券の手数料

月間の国内株式約定代金合計額 月額サービス利用料(税込)
0円~50万円 220円
〜300万円 1,100円
〜500万円 3,300円
〜1,000万円 5,500円
以下、100万円ごとに1,100円が加算

ネオモバイル証券にしかない特徴としては、ひとかぶIPOとWealthNavi for ネオモバという金融商品があることが挙げられます。

ひとかぶIPOはその名の通り、1株からIPOに参加できる商品です。ご存知のように、IPOは当選さえできれば儲かる確率が高い投資手法と言えます。通常のIPOよりも少額資金で申し込むことができるので、より身近にIPOの威力を感じられるでしょう。

ひとかぶIPOの場合はTポイントでの買い付けができないのでそれだけ注意!

補足の達人

「WealthNavi (ウェルスナビ) for ネオモバ」は全自動の資産運用ロボアドバイザーです。1万円入から利用でき、リスク許容度に合わせてAIが最適なポートフォリオを組んでくれます。リバランスも自動でしてくれるので、資産運用をやったことがない人でも、入金してほったらかしておくだけで、後の管理は自動的に行ってくれます。

年率1%の手数料こそかかるものの、全く資産運用をやったことがない人にとっては参考になると思います。しばらく運用してみて、なんとなくAIがどういうことをしているのかわかってきたら、自分で同じようにポートフォリオを組んでみると良いでしょう。

ネオモバイル証券
  • Tポイントで国内株や国内ETFが購入可能
  • 月間の合計約定金額が50万円以下なら手数料は月々220円(税込)のみ
  • 毎月200円分のTポイント(期間固定Tポイント)がもらえる

LINE証券と同じく、1株単位での売買が可能。取引手数料は月額制だが、毎月もらえるTポイントでほぼ相殺できるため、LINE証券よりも安く取引できる可能性が高い。LINE証券の代替候補としては一番手だろう。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

PayPay証券:1,000円から株式投資が可能

PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券

画像引用元:PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券(2020年12月25日取得)

PayPay証券はその名の通り、PayPayアプリから利用できる証券会社です。LINEとヤフーの合併もあり、ある意味LINE証券とは兄弟とも言えます。

PayPay証券はポイントで支払うことができません。また、1株から購入することも子できません。しかし、1,000円から買い付けることができます。そのため、LINE証券と同じように少額投資をすることは可能です。

また、PayPay証券がすごいのは米国株にも対応していることです。GAFAやマイクロソフト、テスラ、スタバなど米国の大型人気株を1,000円から購入することができます

取引は24時間365日いつでも可能なので、22時や23時に始まるニューヨーク市場のオープンを待たなくても良いメリットもあります。

One Tap BUY
  • 1,000円から国内・米国株を購入可能
  • 1株からIPOに参加可能
  • 24時間いつでも米国株の購入が可能

1株ではないが、1,000円から株の売買が可能。しかも米国株も購入対象なので、GAFAなど定番の大型株を少額から買い付けできる。手数料は0.5%なので、LINE証券でいうグループDに相応する。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での口座開設で、クーポンコード「2109cpn」を入力すると抽選で1,000名に5,000円プレゼント!

お申込み

目次へ戻る

おすすめ証券会社

証券会社 おすすめポイント 口座開設
ネオモバイル証券
1株単位(単元未満株)で国内株を取引するならネオモバイル証券が最もおすすめ。単元未満株は手数料が高額になりがちだが、ネオモバイル証券は月額220円(税込)で月間約定金額50万円まで取引し放題。
しかも手数料を払うと200円相当の期間固定Tポイントが貯まるので、実質負担は20円。コツコツ株取引するならここがイチオシだ。
証券会社 おすすめポイント 口座開設
DMM株
DMM株はなんと米国株の取引手数料が無料。米国株を取引するならDMM株を使うのが最も賢いだろう。
決済方法は円貨決済のみなので、為替手数料が1ドルあたり25銭かかる。ただ余程円高が進まない限り、他社よりも好条件なのは変わらない。
証券会社 おすすめポイント 口座開設
PayPay証券
米国株を1,000円から取引できる。通常米国株は1株単位での取引が可能だが、1株の価格が高額なケースが多い。しかしPayPay証券なら米国株での少額取引が可能。コツコツ増やしたい人におすすめ。

目次へ戻る

新着記事一覧

目次へ戻る

外国株 審査落ちたら 1株から始める ネオモバイル証券