暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > bitFlyerの手数料まとめ。販売所・取引所・Lightning FX・Lightning Futuresを徹底解説

bitFlyerの手数料まとめ。販売所・取引所・Lightning FX・Lightning Futuresを徹底解説

公開年月日 : 2018/05/02 更新年月日 : 2018/05/14

bitFlyer_Lightningのスクリーンショット

引用元:手数料一覧・税(2018年5月2日取得)

国内最大手の仮想通貨取引所「bitFlyer」では、仮想通貨を様々な方法で取引することができます。販売所、取引所はもちろん、取引所の中でも現物取引に加えて、FX(Lightning FX)、先物取引(Lightning Futures)が可能です。

取引によって発生する手数料は、取引方法や売買するコインによってそれぞれ異なり、公式サイトにまとめられていますが、これを読んだだけでは疑問が残る人もいると思います。

bitFlyer手数料一覧・税

そこでこの記事では、公式サイトを見ただけではよくわからないよと嘆く人に向けて、bitFlyerで発生する手数料をできる限りわかりやすく解説していきます。

bitFlyerの取引方法と手数料

bitFlyerでは、「販売所」「取引所・現物取引」「取引所・Lightning FX」「取引所・Lightning Futures」と、4種類の取引方法があります。取引方法に応じて手数料が発生するタイミングや、手数料の金額が異なります。また、ビットコインの取引とアルトコインの取引でも、手数料の金額が変わることがあります。

bitFlyerの取引方法やコインの種類ごとに発生する手数料についてまとめていきます。

目次へ戻る

販売所の手数料

bitFlyerには「ビットコイン販売所」と「アルトコイン販売所」があり、これらをまとめて「販売所」と呼びます。「販売所」ではビットコインもアルトコインも手数料はかかりませんが、スプレッドと呼ばれる実質的な手数料があります

スプレッドは手数料一覧ページに明記されていないので、「販売所は手数料無料なんだ!安くていいじゃん!」と思うかもしれませんが、「スプレッド」があることによって、他の取引方法と比較して割高になってしまうのでご注意ください。

スプレッドの説明については、関連記事をご覧ください。

関連記事:
仮想通貨「販売所」と「取引所」の違い。販売所を使うと損をする?

目次へ戻る

取引所・現物取引の手数料

bitFlyerで現物取引ができるのは、「ビットコイン簡単取引所」「Lightning 現物」の2つです。「ビットコイン簡単取引所」は、「Lightning 現物」から難しい情報や複雑な注文方法を排除した初心者向けの取引所です。本質的には同じものなので、手数料形態や損得に関しては違いがありません。

「ビットコイン簡単取引所」または「Lightning 現物」でビットコインを取引する場合、直近30日の取引量に応じて0.01 ~ 0.15%の売買手数料が発生します。

直近30日の取引量とは、ビットコイン販売所、ビットコイン簡単取引所、Lightning 現物、Lightning FX、Lightning Futuresで注文が成立した金額の合計です。例えば今日が4/30で、3/31〜4/29の期間中にビットコインを10万円分購入し9万円で売却した場合、手元に残るのはビットコイン1万円分ですが、直近30日の取引量は19万円となります。この取引量に対して、以下の通りに手数料が確定します。つまり上記の例の場合、4/30の売買手数料は0.14%となります。

直近30日の取引量 売買手数料
10万円未満 0.15%
10万~20万円未満 0.14%
20万~50万円未満 0.13%
50万~100万円未満 0.12%
100万~200万円未満 0.11%
200万~500万円未満 0.10%
500万~1,000万円未満 0.09%
1,000万~2,000万円未満 0.07%
2,000万~5,000万円未満 0.05%
5,000万~1億円未満 0.03%
1億~5億円未満 0.02%
5億円以上 0.01%

この日に例えばBTCを5万円で購入するという注文を出しそれが成立すると「5万円×0.14%」で70円の売買手数料がかかります。もちろん購入だけでなく、売却した場合にも同様に手数料が発生します。

「Lightning 現物」に限っては、ビットコインだけでなくアルトコインの売買も可能で、手数料はビットコインと異なり0.2%で固定されています。5万円の売買を行えば、「5万円×0.2%」で100円の手数料がかかります。

注文を出しても成立しなかった場合は、手数料がかかりません。

目次へ戻る

取引所・Lightning FXの手数料

bitFlyerではビットコインのFXも可能で、「Lightning FX」と呼ばれています。「Lightning FX」の手数料は「スワップポイント」と「SFD」の2種類があります。

まず前提として、FXでは現物取引とは異なり、仮想通貨を購入しても自分のものになるわけではありません。そのためFXにおいてBTCを購入した場合「買いポジション(ロングポジション)を持っている」と言います。また、仮想通貨を持っていないのに売却し、後から売った分だけ買い戻す「空売り」という取引方法も行えます。売りから取引を開始した場合は「売りポジション(ショートポジション)を持っている」と言います。

FXの仕組みについて詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

関連記事:
仮想通貨のFXとは

続いて手数料体系を紹介します。1つ目の「スワップポイント」とは、買いであれ売りであれ、ポジションを持っている状態で日をまたいだ時に発生する手数料のことです。手数料率は0.04%で、保有しているポジションに対して発生します。

bitFlyerにおいては、スワップポイントは必ず徴収されるものであり、受け取れるものではありません。

例えば10万円分の買いポジションを保有している状態で0時0分を迎えた場合、10万円×0.04%で40円のスワップポイントが発生し、ポジションを売却して決済した時に、証拠金から40円が徴収されます。これは1日だけ日をまたいだ場合であり、2日またげば10万円×0.04%×2で80円となります。

2つ目の「SFD」はbitFlyer独自の手数料制度で、Lightning FX 取引価格とLightning 現物(BTC/JPY)の取引価格が5%以上乖離している際に注文が成立した場合に、以下の通りに発生することになります。

約定の種類 価格乖離を拡大する方向の約定 価格乖離を縮小する方向の約定
新規注文 手数料徴収 手数料付与
決済注文 手数料徴収 手数料なし

「価格乖離を縮小する方向の約定」とは、「FXの価格が現物よりも高い時に売り注文」または「FXの価格が現物よりも低い時に買い注文」を入れることです。この場合は手数料を払うのではなく、もらうことができます。ただし、ポジションを解消する注文(=決済注文)が成立した場合では付与されません。

SFDの手数料利率は価格乖離の割合に応じて変化します。

価格乖離 SFD 比率
5%以上10%未満 約定金額の0.25%
10%以上15%未満 約定金額の0.50%
15%以上20%未満 約定金額の1.00%
20%以上 約定金額の2.00%

bitFlyer_Lightningの取引画面

Lightning FXの注文画面には現在の価格乖離の割合が表示されるため、いちいち自分で計算しなくても把握できるようになっていますが、「価格乖離 (%)」と「SFD(手数料金額)」の計算式も紹介しておきます。

  • 価格乖離 = (Lightning FX 取引価格 ÷ Lightning 現物 (BTC/JPY)最終取引価格 − 1)× 100
  • SFD= 取引数量 × Lightning FX 取引価格 × SFD 比率

発生したSFDは、ポジションの決済時に精算されます。

目次へ戻る

取引所・Lightning Futuresの手数料

「Lightning Futures」とは、bitFlyerが提供するビットコインの先物取引のことです。FXは決済期限がないのでポジションを好きなだけ保有することができますが、先物取引では決済期限が決まっているため、期限を迎えると反対売買(買いポジションは売却、売りポジションは購入)が自動的に行われ、ポジションが解消されます。詳しい仕組みについては関連記事をご覧ください。

関連記事:
仮想通貨の先物取引とは

「Lightning Futures」の手数料は「スワップポイント」のみが発生します。仕組みは「Lightning FX」と全く同じです。

目次へ戻る

bitFlyerの入出金手数料

最後に取引ではありませんが、円または仮想通貨をbitFlyerに入出金する際にも手数料が設定されているので、ついでに紹介しておきます。

bitFlyerに円を入金する場合、振込元の金融機関に応じた振込手数料がかかりますが、bitFlyer側ではなんの手数料も発生しません。クイック入金の場合は、利用すると1件につき324円の手数料がかかります。

円を出金する場合には、必ず手数料がかかります。出金先の銀行口座が三井住友銀行の場合は、手数料が安くなります。

三井住友銀行の場合
3万円未満:216円
3万円以上:432円
三井住友銀行以外の場合
3万円未満:540円
3万円以上:756円

仮想通貨を入金する場合は、円と同様にbitFlyer側では手数料を徴収していません。出金に関しては、ビットコインを出金する場合は0.0004BTCの手数料がかかります。アルトコインに関しては以下の通りです。

コイン名 送金手数料
イーサリアム 0.005ETC
イーサリアムクラシック 0.005ETC
ライトコイン 0.001LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002BCH
モナコイン 無料
リスク 0.1LSK

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ