暮らしの達人 > FX > コラム > 信頼できるFX会社はコレ!取引方式や金融ライセンスを確認して安心できる会社を選ぼう

信頼できるFX会社はコレ!取引方式や金融ライセンスを確認して安心できる会社を選ぼう

作成年月日 : 2020/04/29

信頼できるFX会社をコレ!取引方式や金融ライセンスを確認して安心できる会社を選ぼう

世の中にはたくさんのFX会社があります。それらの中から1社を選ぶ際には、スプレッドや取引ツールなどを基準にして厳選した方がほとんどだと思います。

しかし、FX会社は信頼できるかどうかで選ぶことも重要です。

その理由や、信頼できるFX会社の選び方からおすすめ会社まで、詳しく紹介していきます。

国内FX会社のほとんどが信頼できない理由

実は国内FX会社の多くは「トレーダーが儲かると会社が損する」という利益相反の仕組みを採用しています。

この仕組みのことをDD方式と呼びます。DD方式では、トレーダーとインターバンク市場の間をFX会社が仲介します。

これによりトレーダーの注文をインターバンクに流さず、FX会社が吞むこともできます。その結果トレーダーの損失がFX会社の利益となります。

注文を呑むこと自体は、トレーダーにとって何の影響もありません。しかし、FX会社が仲介する以上、不正行為が存在するリスクがあります。

目次へ戻る

信頼できないFX会社のリスク:ストップ狩りが起こりえる

FX会社はトレーダーを故意に負けさせることができます。その代表例がストップ狩りです。

ストップ狩りとは、FX会社が故意に価格を動かすことです。

FX会社がトレーダーがどこにストップロス(損切り)を設定しているのかを把握しています。そこで、価格を故意にストップロスの位置に動かすことで、強制的に損切りを呼び込みます。

何度も言う通り、DD方式のFX会社ではトレーダーの損失が会社の利益になります。そのため、ストップ狩りを行うことでFX会社は儲けられる、という仕組みです。

もちろんこんな不正行為を何度も行えばトレーダーに見放されます。しかし過去にはこのストップ狩りとも思える値動きが起きた会社もあります。それが実際にストップ狩りなのか、何らかのトラブルで起きた事故なのかは闇の中ですが、DD方式のFX会社を利用する限り、このようなリスクが付き纏います。

目次へ戻る

海外FX会社はNDD方式が多いが、金融ライセンスが不安

以上の通り、国内FX会社の多くはDD方式を採用していて、その信頼性には賛否両論あります。

一方で海外のFX会社はNDD方式を採用していることが多いので、信頼できるFX会社を探しているのなら海外FX会社で口座開設しよう!

…というわけにもいきません。海外FX会社の場合、これまた別のリスクが存在します。それは、保証がないことです。

国内FX会社の場合、金融庁の認可を受けなければ営業することができません。つまり、少なくとも金融庁が定める基準を満たす必要があります。

その基準の1つに「信託保全」と言われるものがあります。これは、顧客から預かった資産を第三者の管理の元、会社の資産とは分けて管理することです。

この信託保全があるおかげで、FX会社が破産した場合でも返金されることが保証されています。

一方海外FX会社の場合、日本の金融庁以外で認可を得て運営しています。多くの場合、キプロスやセーシェルなどあまり耳馴染みない地域の金融庁のライセンスを得ています。

そしてこれらの金融庁では、信託保全を義務化していないケースがほとんどです。その代わり「分別管理」と呼ばれる仕組みを採用していますが、この分別管理の安全性は信託保全に劣ります。つまりFX会社が破産した場合にトレーダーに返金されない恐れがあります。

他にも海外FX会社だと出金できないなどのトラブルもあります。

海外FX会社は必ずこのようなトラブルが伴う、というわけではありませんが、トラブルが起こる可能性やそのダメージは国内FX会社よりも大きいため、いくらNDD方式とはいえ使わない方が無難です。

目次へ戻る

信頼できるFX会社の探し方

ではどういったFX会社が信頼できるのかと言うと、最強なのは「NDD方式を採用している国内FX会社」ということになります。

というわけで、条件に該当する2つのFX会社を最後に紹介していきます。

目次へ戻る

NDD方式のおすすめFX会社

外為ファネスト:公式サイトでもNDD方式採用を宣伝!NDDと言えばここ

選ばれるFX自動売買「MT4・ZERO」

画像引用元:選ばれるFX自動売買「MT4・ZERO」(2019年10月18日取得)

外為ファイネスト
外為ファイネスト

新規口座開設+キャンペーンエントリー+決済量に応じて最大で20,000円相当の海鮮グルメカタログ(WEB版)をプレゼント

口座開設のお申込みはこちら

外為ファイネストは、公式サイトでもNDD方式としっかり宣伝されている国内FX会社です。

おそらく多くの人が外為ファイネストを初めて耳にするのではないかと思います。知名度が低いので怪しい会社と思われるかもしれませんが、むしろNDD方式であるからこそ、DD方式のFX会社と比較してあまり儲からないので、広告宣伝に費用を充てることができない、とも考えられます。

また、外為ファイネストではMT4という世界共通の取引ツールに対応しています。MT4ではインジケーターと呼ばれるアプリを組み込むことで、どんどん機能を拡張していくことができます。

例えば「レンジとトレンドを見分けるインジケーター」を導入すれば、レンジとトレンドを自動的に見分けて教えてくれます。取引に自信のない人は、こういったインジケーターを導入することで勝率が上がる可能性があります。

外為ファイネスト
  • インターバンク直結のNDD方式!会社とトレーダーの利益が相反しない透明性の高い環境
  • スキャルピング公認!MT4を使ったスキャルピングEAの利用も可能
  • デモ口座の有効期限は90日間だが、再申請可能
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 30 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.4〜0.8銭 0.4〜1.0銭 0.8〜1.6銭

スプレッドは変動制(表示スプレッド2020年8月外為ファイネスト調べ)

外為ファイネストはストップ狩りなどが無縁のNDD方式を採用。スキャルピングもOKで、制約なくトレードできるのが魅力。ただしNDD方式ゆえにスプレッドは広く、拡がりやすい。初心者よりも、FXでの取引に慣れてきた中級者以上におすすめのFX会社だ。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

JFX:自己資本規制比率が高く、経営も健全

MATRIX TRADER(マトリックストレーダー)|JFX株式会社

画像引用元:MATRIX TRADER(マトリックストレーダー)|JFX株式会社(2020年4月22日取得)

MATRIX TRADER
MATRIX TRADER

暮らしの達人経由での新規口座開設で1,000円キャッシュバック!さらに取引条件クリアで最大100,000円キャッシュバック!

口座開設のお申込みはこちら

JFXはNDD採用を公式には明言していませんが、NDD方式、もしくはほぼNDD方式のFX会社です。

一般的に、DD方式の会社では、スキャルピングのように短時間でたくさん注文されると、その仲介が間に合わないことがあります。そのため、DD方式のFX会社ではスキャルピングを禁止しているケースが多くあります。

一方でJFXは禁止どころか推奨しており、そのことからも一般的なDD方式のFX会社とは異なることがわかります。

また、JFXで注目したいのが自己資本規制比率です。これは固定的でない資本の額をリスク相当額で割って算出した指標で、簡単に言うと高ければ高いほどその会社の財務が健全です。

2019年12月末時点で、JFXの自己資本規制比率は860.8%です。先程の外為ファイネストは2020年3月31日時点で502.7%です。

また、参考までにDMM FXだと341.8%です。

以上の通り、JFXは明言こそしていませんが、おそらくNDD方式を採用していて、また、財務状況も健全なので、信頼できるFX会社だと言えます。

JFX
  • ほぼNDD方式!
  • 約定率99.9%!約定速度は0.001秒!強靭な約定力
  • 自己資本規制比率は860.8%の健全財務状況
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 26 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.2銭 0.5銭 1.0銭

JFX株式会社の「MATRIX TRADER」は、公式サイトを見てもらえばわかる通り、これでもかとばかりにスキャルピングを推奨している=NDD方式の可能性が高い。自己資本規制比率が高く、財務状況が健全なのも魅力

お申込み

目次へ戻る