暮らしの達人 > FX > コラム > 国内FXと海外FXはどっちがおすすめ?違いを比較してわかった本当の答え

国内FXと海外FXはどっちがおすすめ?違いを比較してわかった本当の答え

作成年月日 : 2020/05/18

国内FXと海外FXはどっちがおすすめ?違いを比較してわかった本当の答え

FXをするためには、FX会社に申し込んで口座開設する必要があります。どの会社に申し込むか検討する際、国内のFX会社だけでなく、海外にあるFX会社も検討する人は多いと思います。

海外FX会社と聞くと難しいイメージがありますが、実はそのほとんどが日本語表記であり、日本にいながらにして簡単に口座開設することができます。

また、日本のFX会社にはないメリットもあるので、中には「国内FX会社は金融庁のルールでガチガチに縛られているからダメ。海外FX会社の方が圧倒的におすすめ」という意見もあります。

しかし結論から言うと、国内FXと海外FXのメリットデメリットは表裏一体であり、必ずしもどちらが優れているとは言い切れません。個人的には、用途に応じて併用することがベストだと考えます。

この記事では国内FXと海外FXの特徴を紹介していきます。それぞれの違いを身につけて使い分けられるようになりましょう。

【この記事の内容まとめ】

国内FX会社のメリット
倒産しても顧客資産が守られる
スプレッドが狭い
出金が無料で早い
国内FX会社のデメリット
レバレッジが最大25倍と(海外と比較すると)低い
海外FX会社のメリット
1,000倍前後の高いレバレッジ
海外FX会社のデメリット
倒産すると顧客資産が守られない恐れがある
国内FX会社よりもスプレッドや手数料がかかる
出金時には手数料がかかり着金も遅い
  • 国内FXがおすすめな人:FX始めたばかりの初心者
  • 海外FXおすすめな人:稼げるようになってきた中級以上のトレーダー

※海外FX会社は日本の金融庁の認可を受けていないため、当サイトでは海外FX会社の紹介は行っておりません。おすすめな海外FXを知りたい方は他サイトをご覧ください。

国内FX会社と海外FX会社を比較

レバレッジが違う

1ドル=100円の時に、10万円で運用した場合のレバレッジ別利益額

レバレッジ 建てられるポジション 1ドル=110円で決済した時に得られる為替差益
1倍 1,000ドル 10,000円
5倍 5,000ドル 50,000円
10倍 10,000ドル 100,000円
25倍 25,000ドル 250,000円
100倍 100,000ドル 1,000,000円
1,000倍 1,000,000ドル 10,000,000円

国内FX会社と海外FX会社の大きな違いはレバレッジになると考えられます。

国内FX会社は法律の規制があり、レバレッジは最大で25倍に制限されています。

それに対して海外FX会社は日本の法律が適用されるわけではありませんので、レバレッジは最大で100倍や888倍など日本では考えられないような値が設定されています。

設定されているレバレッジの差は、国内FX会社と海外FX会社の特に大きな違いです。

まずはここの違いを必ず理解しておくようにしましょう。

目次へ戻る

スプレッドが違う

FX会社別、主要通貨ペア公表スプレッド(2020年4月30日時点)

会社名 USDJPY EURUSD EURJPY GBPJPY AUDJPY
FXTF 0.1 0.2 0.4 0.7 0.4
SBI FXトレード 0.17〜17.80※2 0.38~20.80※2 0.49~27.80※2 0.99~34.80※2 0.69~25.80※2
みんなのFX 0.2 0.3 0.4 0.8 0.6
DMM FX 0.2 0.4 0.5 1.0 0.7
GMOクリック証券 0.2 0.4 0.5 1.0 0.7
ヒロセ通商 LionFX 0.2 0.4 0.5 1.0 0.7
YJFX! 0.2 0.4 0.5 1.0 0.7
楽天FX 0.2 0.4 0.5 1.0 0.7
JFX MATRIX TRADER 0.3 0.4 0.5 1.0 0.7
OANDA
JAPAN
0.3 0.5 0.4〜0.7 0.9〜1.0 0.9
FXプライムbyGMO
選べる外貨
0.3※3 0.6〜12.0 0.6 1.1 0.9
外為オンライン 1.0 1.0 2.0 4.0 3.0

※1:数字はpipsを表す
※2:1,001~1,000,000通貨で取引した場合
※3:50万通貨超で取引する場合は0.6

トレーダーにとってコストとなるスプレッドにも大きな違いがあります。

国内FX会社はレバレッジこそ法律で制限されているものの、スプレッドが狭く設定されていることが特長です。

ドル円など主要な通貨ペアではスプレッドが0.1銭に設定されているFX会社があるぐらいです。

それに対して海外FX会社はスプレッドが比較的広いことが特長です。

上記と同様にドル円で比較してみると、スプレッドが1銭以上に設定されている会社もあるぐらいです。

スプレッドはトレーダーにとってコストを増やす大きな要因です。

国内FX会社のスプレッドは狭く、海外FX会社のスプレッドは広いと考えましょう。

目次へ戻る

もしもの時の安全性が違う

信託保全|みんなのFX

画像引用元:信託保全|みんなのFX(2020年5月18日取得)

万が一の時の安全性が異なることも違いです。

国内FX会社の場合、万が一倒産するようなことがあったとしても入金した証拠金は保証される仕組みが採用されています。

FX会社がよく倒産するわけではありませんが、万が一の時に資金が守られるという安心感があります。

それに対して海外FX会社はこのような仕組みが義務付けられておらず、日本のFX会社よりも甘い仕組みで保証されている場合もあります。

万が一そのようなFX会社が倒産してしまった場合には、預け入れしていた証拠金は消滅してしまう可能性が高まります。

また、そもそも海外FX会社はトラブルが発生した時にスムーズに物事が進まないなどのリスクもあります。

倒産は極端な例ではありますが、万が一何かしらのトラブルが発生した時に国内と海外では安心性に大きな差があります。

目次へ戻る

出金時のコストが違う

FX会社の入出金手数料比較

会社名 入金手数料 出金手数料
SBI FXトレード 振込:お客様負担 クイック入金:無料(1,000円以上) 無料
OANDA Japan 即日入金:無料 通常振込:各金融機関の振込手数料 無料
みんなのFX 通常振込:お客様負担 クイック入金:無料(法人は最低入金額5,000円) 無料(最低出金額2,000円)
FXTF 振込:お客様負担 クイック入金:無料(最低入金額1,000円) 無料
外為ファイネスト 通常振込:お客様負担 クイック入金:無料 5,000円以上の出金:無料 5,000円未満の出金:440円
LION FX 振込:お客様負担 クイック入金:無料(ジャパンネット・みずほ・三井住友銀行は手数料有料) 無料(海外送金を除く)
楽天FX 振込:お客様負担 クイック入金:無料 無料
FXプライムbyGMO 通常振込:お客様負担 クイック入金:無料 無料
JFX 即日入金:無料 通常振込:各金融機関の振込手数料 無料
サクソバンク 即日入金:無料 通常振込:各金融機関の振込手数料 無料
ワイジェイFX 振込:お客様負担 クイック入金:無料 無料
DMM FX 通常振込:お客様負担 クイック入金:無料(最低入金額5,000円) 無料
GMOクリック証券 通常振込:お客様負担 クイック入金:無料 無料

出金時のコストに関しても大きな差があります。

国内FX会社を利用している場合、出金時のコストは無料に設定されていることも多々あります。

利用できる金融機関に制限があったり月間の利用回数に制限があったりはしますが、出金時のコストはないものであると考えてよいでしょう。

それに対して海外FX会社の場合、出金時に大きなコストがかかってしまいます。

これは単純な仕組みであり、海外FX会社の出金は海外から日本への送金として扱われるからです。

海外からの送金はいくつかの金融機関を経由することもあり、それぞれの金融機関で送金の手数料が徴収されてしまいます。

合計すると3,000円から5,000円程度の手数料がかかることが一般的であり、国内FX会社と大きな差があります。

目次へ戻る

税率が違う

税率に関する違いもある点には注意しておかなければなりません。

国内FX会社で取引をしている場合、獲得した収入に関しては金融商品専用の枠で扱われます。

他に株式投資なので得た収益と合算されて、必要に応じて税金を支払う仕組みとなっています。

また、逆に損失が出てしまった場合には、FX会社から発行される証明書を保管しておくことで、過年度の確定申告で損失として利用できます。

それに対して海外FX会社は、日本への送金となりますので雑所得として扱われます。

雑所得は金融商品とは税率が異なり、基本的に20.5%の税率がかかってしまいます。

また、仮に損失を出していたとしても、それを証明してもらうことができませんので過年度に持ち越すこともできません。

国内FX会社であれば税率が優遇されており、海外FX会社ではその優遇がないという差があります。

目次へ戻る

ゼロカットシステムの有無が違う

海外FX会社では基本的にゼロカットシステムが利用されているという違いもあります。

ゼロカットシステムとはロスカットが発生して万が一証拠金が不足時しまった場合でも、FX会社がそれを立て替えてくれる仕組みのことです。

しかも、立て替えてくれるだけではなく利用者はその損失を支払う必要がありません。

つまり、どのような場合でも利用者は証拠金以上の損失を被ることがないサービスです。

国内FX会社はこのようなサービスをあまり提供していません。

証拠金が不足しまった場合には、追加証拠金の支払いをしなければならないことが多々あります。

国内FX会社で導入されていないわけではありませんが、ゼロカットシステムの有無も差になっています。

目次へ戻る

キャンペーンが違う

FX | 外国為替証拠金取引 | ヒロセ通商株式会社

画像引用元:FX | 外国為替証拠金取引 | ヒロセ通商株式会社(2020年5月18日取得)

海外FX会社はキャンペーンに積極的であるという違いもあります。

特に入金時にボーナスポイントを付与するような会社が海外には多く存在しています。

例えば証拠金の50%のボーナスポイントを付与し、認識的には入金した金額の150%で取引ができるようなキャンペーンが実施されています。

ポイントは出金できるものではありませんが、このポイントがあることに少ない資産でも大きな取引ができるようなキャンペーンが実施されています。

それに対して国内FX会社ではこのようなキャンペーンは実施されていません。

取引実績に応じてキャンペーンが適用されることはありますが、ここまで取引に大きく関わるようなキャンペーンは実施されていない状況です。

国内でも海外でもキャンペーンは実施されているものの、その内容に大きな差があります。

目次へ戻る

補足:NDD方式なのは海外FXに限った話ではない

NDD方式は海外FX会社に多く、DDは国内FX会社に多いと考えられています。

ただ、たしかにそのような傾向があるだけでありNDD方式であるのは海外FX会社に限った話ではありません。

NDDだから儲かるといった話は無く、結局の所自分でどこでポジションを取るかということだけです。

そのため、NDDであるのかDDであるのかは、あまり意識しなくて良いでしょう。

目次へ戻る

FX初心者には国内FX会社をおすすめする理由

初心者は高レバレッジよりも低スプレッドにこだわるべき

初心者のうちは高いレバレッジを意識するよりも低いスプレッドを意識するべきです。

確かに高いレバレッジがあれば、少ない資産で一攫千金を狙える可能性はあります。

ただ、FX初心者がそのような取引をしても、早々に証拠金を溶かしてしまい取引が強制終了してしまうことにつながりかねません。

初心者のうちはとにかく狭いスプレッド選択し、少しでも利益を上げることを意識するべきです。

そのような過程で相場変動などを学習し、少しずつ取引の幅を広げていくべきなのです。

目次へ戻る

ゼロカットがなくてもFXで借金する可能性は低い

国内FX会社にはゼロカットシステムがほとんどありませんが、これがなくても借金をする可能性はほとんどありません。

国内FX会社はロスカット基準が高めに設定されていて、証拠金を完全に失う前に強制的にポジションが決済されます。

含み損が大きくなりすぎたからといって、借金をしてまで支払いをしなければならないケースはほとんどありません。

非常に急激な相場変動があった場合にはこれに限りませんが、基本的にはゼロカットシステムがなくとも安心して取引はできます。

目次へ戻る

出金が完了してこその利益

FXの取引は自分の手元に出金されてこそ利益として意味を成します。

国内FX会社は出金に関するトラブルをほとんど耳にしませんが、海外FX会社はこのトラブルを耳にすることがあります。

出金の手続きをしたにも関わらず、なかなか送金の対応をしてくれないようなケースがあるのです。

海外から送金されなければFXで利益を上げていても意味はありません。

そのような観点から、安定して間違いなく出金されると考えられる国内FXがおすすめです。

目次へ戻る

FX中級者以上には海外FX会社をおすすめする理由

高レバレッジで利益を伸ばせる

FX中級者以上であり、しっかりとした取引ができるのであれば高レバレッジで利益を伸ばせるためおすすめです。

初心者がこのような取り引きをしても、そもそも勝率が悪いので、大きく勝っても大きく負けてしまい、結局プラスマイナスゼロ以下になるのが目に見えます。

しかし、中級者以上であればそのような心配も少なく利益をしっかりと伸ばせるはずです。

もちろん、中級者以上でも失敗すれば高レバレッジですので大きな損失を被る可能性はあります。

中級者であればリスクについても踏まえながら利益を伸ばさなければなりません。

目次へ戻る

より高い資金効率で取引できる

ポイント制度が用意されているなど、より高い資金効率で取引できる点でもおすすめです。

初心者であればこのようなことに釣られて海外FX会社で口座を開設し、結局資産を溶かすだけとの結果が考えらます。

しかし、中級者以上であればポイントなどがあることで効率良い資金運用ができるはずです。

そのため、中級者以上はポイント制度などが充実した海外FX会社がおすすめです。

目次へ戻る

まずは国内FX会社で経験を積もう

FXTF:ドル円スプレッド0.1銭!MT4にも対応

FXTF

画像引用元:メタトレーダー4[MT4]で24時間取引可能!口座開設なら【ゴールデンウェイ・ジャパン】(2019年10月10日取得)

口座開設のお申込みはこちら

ドル円のスプレッドが0.1銭に設定されていなど、とにかく通貨ペアのスプレッドが狭いことが魅力的なFX会社です。

それに加えてFXTFでは海外FX会社が多用している「MT4」と呼ばれるツールを取引に採用しています。

つまり、低スプレッドで利益を出せる可能性があるだけではなく、海外FX会社へと移行する前のMT4練習場としても活用できるFX会社なのです。

FXTF
  • ドル円スプレッドは0.1銭と最狭レベル
  • 1,000通貨単位での取引が可能
  • 取引ツールはMT4。口座開設で40種類以上のインジケーターを利用可能
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 30 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.1銭 0.4銭 0.7銭

FXTFはそのスプレッドの狭さが国内トップクラス。低コストでの取引が可能。さらに世界規格の取引ツールMT4に対応しているので、海外FX会社と同じような形式でトレード可能。もちろんインジケーターも利用可能。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

みんなのFX:低スプレッドに加えて高スワップ!

FXをもっとやさしく「みんなのFX」

画像引用元:FXをもっとやさしく「みんなのFX」(2019年9月27日取得)

口座開設のお申込みはこちら

上記のFXTFには劣ってしまうものの、こちらも低スプレッドであることが魅力的なFX会社です。

ただ、スプレッドでは劣ってしまうものの、スワップポイントの高さでは優位であるとの特長があります。

そのため、長期的な運用を考えている場合にはみんなのFXが適している可能性もあります。

他にもスマホから申し込みをすることで即日口座開設できることも魅力です。

みんなのFX
  • 最低取引単位は1,000通貨!低リスクなトレードが可能
  • スプレッドは0.2銭と狭い
  • 申し込みから取引開始までは最短即日!郵送物もナシ(運転免許証必須)
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 27 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.2銭 0.4銭 0.8銭

スプレッドが狭く少額取引もできる。FXTFとは異なり独自の取引ツールを用いているが、MT4よりも使いやすいのでより初心者向け。何気に、スマホから申し込むことで、最短即日での口座開設ができるのが嬉しい。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

国内FXと海外FXを併用して良いとこ取りしよう

国内FX会社と海外FX会社はそれぞれにメリットデメリットがあります。

単純にどちらかの会社だけを利用すれば良いとは言い切れないのです。

理想的なのはそれぞれのメリットとデメリットを理解し、営業して良いとこ取りをすることです。

完全に良いとこだけを取るのは不可能ですが、デメリットを最小限に抑えながらそれぞれの良いところを活かした使い方が理想です。

国内FX会社と海外FX会社のどちらかだけにこだわるのでもなく、これらを併用した使い方を考えてみましょう。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る