暮らしの達人 >> カードローン >> 審査 > 助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法

助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法

公開年月日 : 2021/05/06

助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法

なかなかお金が借りられない人でも、きちんと対策することで借りられる可能性があります。助けてほしいくらいやばい人も参考になると思うのでご覧ください。

お金が借りれない主な理由

いざという時にお金が借りれないと焦ることになるでしょう。特に消費者金融のように審査難易度が低いとされるところから融資を断られてしまえば、茫然自失、とも言える状況に陥ることも…。そこで「助けて」と頼れる人がいればまだ良いですが、なかなか知り合いにお金を借りるのも簡単ではありません。

まずは冷静になって、なぜお金が借りれないのか考えることから始めてみましょう。原因を知れば、何かしらの対策法が見つかるかもしれません。

ここではお金が借りれない理由を3つご紹介します。ご自身に当てはめつつ、読んでいただけたら幸いです。

目次へ戻る

収入や職業から返済能力が低いと判断された

消費者金融や銀行カードローンなどは、まず申込み時に入力した情報をもとにして審査を実施します。収入や職業などの情報から、十分な返済能力があるかを判断するわけです。

無職であったり無収入であったりすれば、返済能力なしと判断されることに。審査通過は難しくなり、借りれない状況に陥るのです。そもそも消費者金融も銀行カードローンも慈善団体ではなく、ビジネスとして融資しています。返済のあてがないと判断される方にお金を貸すことはありません。

収入が多かったとしても、多額の借金があると審査に通過しにくくなります。すでにある借金の返済で、返済能力自体が低下していると考えられるからです。ちなみに借金額については、総量規制と呼ばれる基準もあります。特に消費者金融は総量規制の対象であり、年収の3分の1を超える融資をしてくれません。つまり年収の3分の1程度の借金がすでにある場合、審査を通過するのはほぼ不可能です。

職業については、安定している職場に勤めていると高く評価されます。例えば公務員であるとか、上場しているような大企業になります。倒産する可能性が極めて低く、リストラされるリスクも低いと判断される場合は、返済能力があると判定されやすいのです。

雇用形態にも注目しましょう。正社員は高く評価される傾向にあり、アルバイト・パートといった非正規雇用の場合は低く評価されます。非正規雇用の場合は職を変えやすい、と判断されるからです。

他にも家族構成であるとか年齢、住居種類や勤続年数も返済能力の判定に利用されます。それらはすべて申込み時に業者側へ提供される情報なので、大半の評価が悪くなると、審査の通過は当然難しくなりますよ。

目次へ戻る

過去に滞納等を起こしたため信用がないと判断された

キャッシングに限らず、クレジットカードや各種ローン、スマホ本体などの分割商品の支払いなどを滞納すると、個人信用情報にその旨が掲載されてしまいます。その情報は5年間残るもので、掲載され続ける限り審査は絶望的と言っても過言ではありません。

また債務整理を行った経験はあるでしょうか?自己破産や任意整理、特定調停や個人再生のことを指していますが、借金を計画通りに返済できずに整理を行った場合も、個人信用情報にその旨が記載されてしまいます。いわゆる金融事故を起こしたことになるため、その情報が掲載されている限りは審査を受けても融資してくれるところはありません。こちらの時効期間も5年間とされているので要注意です。

意外に思われる方が多いのが、分割商品の購入の履歴です。特に最近では携帯電話の機種代金については、毎月の料金に分割して含まれているケースが増えています。つまり、知らず知らずのうちに分割購入していることもあるわけです。仮に携帯電話の機種代金を含んだ携帯料金を滞納すると、滞納情報として記載されてしまうので、しばらくはカードローンやクレジットカードの審査に通過しにくくなります。

他にも珍しいものとしては奨学金があります。奨学金もローンに分類されるため、仮に返済が滞るようなことがあると、個人信用情報に記載されることがあります。「奨学金だから大丈夫でしょ」などと軽く見ていると、痛い目にあうので十分に注意してください。

目次へ戻る

多重申込に該当した

クレジットカードやカードローンなどへの申込み情報ですが、個人信用情報に6ヶ月間残るシステムになります。つまり6ヶ月以内に複数のカードローンやクレジットカードに申込むと、過去の申込み情報を把握されてしまうのです。

複数の申込みを行っている方について、どのような印象を持つでしょうか。当然「お金に困っているのではないか?」と業者側も判断し、貸し倒れなどのリスクを避けるためにも慎重に審査します。

中には同日中に複数の申込みを行う方もいるでしょう。同日中の申込みでも、把握される恐れがあるので審査に落ちる確率は高まります。

以前は、1ヶ月以内に2社までの申込みであれば大丈夫、といった話もありました。しかし6ヶ月間履歴が残るわけですから、6ヶ月以内に1件でも申込情報があれば審査に影響を与えることは間違いありません。

確実に審査を通したいとお考えであれば、前回の申込みから少なくても半年は空けましょう。

目次へ戻る

お金が借りられない原因を探る方法

お金が借りれない人は、ご紹介した返済能力・滞納(個人信用情報)・多重申込みの3つのいずれかに当てはまると考えられます。

中でも厄介なのが返済能力と個人信用情報です。

ここでは、返済能力と個人信用情報のどちらが原因か見分ける方法をご紹介します。審査に落ちた経験がある方で、何が原因か分かっていない方はぜひお試しください。

目次へ戻る

消費者金融の事前診断を利用する

消費者金融の公式サイトに用意されていることが多い、事前診断を使ってみましょう。あくまで仮の審査なので、そちらで良い結果が得られたとしても本番の審査に通過できるわけではありませんが、審査の目安がわかる優良なコンテンツなのです。

年収・年齢・借入総額の3項目を入力し診断してもらうだけです。個人情報は一切入力しないため、利用後に業者側から営業の電話やメールが来ることもありません。

入力する3つの項目で判定されるのは、返済能力になります。つまりこちらの結果で悪いものが出た場合は、返済能力に問題がある可能性が高いため、収入を増やすか、借金がある方は減らす努力をされると結果は変わってくるでしょう。

一方で事前診断で良い結果が出たにもかかわらず、本番の審査で落ちた場合は個人信用情報に何かしらの問題がある可能性が高いです。個人信用情報に問題がある場合は、時効まで時間がかかりますし対策等は残念ながらありません。ちなみに個人信用情報に書かれている内容を自分で確認することも可能です。気になる方は、各個人信用除法機関で情報の開示請求を行ってみてください。

以下、アコムの事前診断コンテンツに関して軽く解説します。

アコムでは、年齢・年収(総支給額)・カードローン他社お借入状況の3つを入力します。返済能力に問題がないと判断されると、「お借入できる可能性が高いです。このままインターネットから24時間お申し込みいただけます。」との結果が出ます。

一方で返済能力に問題があると判断されると「ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できませんでした。」と出ます。基本的には総量規制に抵触していると考えられるので、借入総額が年収の3分の1に到達していないかを確認してください。到達している場合は、前述したように、返済を進めてから再度申込むのがおすすめですよ。

目次へ戻る

消費者金融はお金が借りられない人の助けになる理由

そもそも消費者金融は他の借り入れ手段と比較して、審査が厳しくありません。実際に銀行カードローンの審査に落ちた人でも、消費者金融の審査に通過できた人は枚挙に暇がありません。

銀行カードローンの場合は、金利が低く限度額が高く設定されているものも多いため、たしかに好条件で借入れできます。しかし条件が良いということは、それだけ銀行カードローン側にもリスクがあるということ。したがって貸し倒れリスクを低減させる意味でも、審査難易度を引き上げざるを得ないのです。

一方、消費者金融は金利が若干高めであり、しかも数万円から数十万円の小口融資に特化しています。仮に貸し倒れたとしても、リスクが低いことになるため、銀行カードローンよりも審査難易度を引き下げられるわけです。

消費者金融はパート・アルバイトでも審査に通過できますし、学生でも主婦でも収入があれば融資してもらえる可能性が出てきます。事前診断を利用してもらえば分かると思いますが、年収数万円と入力しても良好な結果が返ってくるのです(借金なしが条件)。

それでも銀行カードローンに対して魅力を感じることはあるでしょう。金利や高利用限度額は銀行カードローンならではと言えます。ただ、消費者金融と条件面でもほとんど一緒と考えることも可能です。確かに年収の3分の1の融資に制限している総量規制は貸金業法の中にあるものであり、銀行に対応する銀行法には規定されていません。したがって法律上、銀行カードローンは年収の3分の1を超える融資を可能としています。しかし銀行カードローンも自主的に規制をかけており、年収の3分の1を超える借り入れができる保証はどこにもありません。消費者金融と同様の限度額しか設定してもらえないケースも続発しているのです。またオリックス銀行カードローンのように、最高金利が年17.8%とほぼ消費者金融と同基準なところもあります。

融資までのスピードに至っては、消費者金融のほうが圧倒的に有利です。消費者金融であれば、基本的にそのほとんどで最短即日融資に対応しています。土日や祝日にも対応しているため、即資金が必要な場合には、大いに役立ってくれるわけです。

一方の銀行カードローンも以前は最短即日融資に対応していました。でも2021年現在、最短即日融資には対応していません。反社会勢力への融資を防ぐために、銀行では審査に警察庁データベースへの照会フローを挟みます。なので、最短でも翌日融資になるのです。

目次へ戻る

おすすめの消費者金融

お金が借りれないと悩む方におすすめなのが消費者金融ですが、中小を含めると数え切れないほどあります。どこが良いのか頭を悩ませているのではありませんか?

そこで、こちらでは無利息サービスを用意しているおすすめの消費者金融を2つご紹介します。それぞれの特徴も明らかにするので、申込み先選びの参考になれば幸いです。

目次へ戻る

プロミス:消費者金融の中で低金利

プロミス

画像引用元:プロミス公式サイト│キャッシング新規お申込み(2021年03月02日取得)

消費者金融の金利は、利息制限法の上限ギリギリに設定されることがほとんどです。利息制限法では、元本額は100万円以上であると年15%が上限になります。元本額が10万円以上100万円未満であれば年18%までであり、10万円未満であれば年20%までになります。

多くの消費者金融では最大金利を年18%に設定しています。しかしプロミスでは最大金利を年17.8%に設定しているため他社よりもわずかに安いです。

また無利息期間も30日間用意されているため、お得に利用できるのも事実。無利息期間の適用条件は、プロミスの利用が初めてであり、メールアドレスの登録とWEB明細の利用登録のみです。WEB明細については、インターネット会員サービスにログインすることで利用明細書および受取証書などを確認できるサービスになります。

30日間無利息サービスのスタート日にも注目です。多くの消費者金融では、契約日の翌日から30日間がスタートします。したがって、契約日に融資を受けなくても、勝手に無利息期間が消費されてしまいます。一方プロミスでは、初回借入日の翌日から30日間がスタートするわけです。無利息サービスがなくならない限りは、1年後でも2年後に利用しても無利息が適用されることに。将来に備えて、審査だけでも通過させておきたい、とお考えの方にもおすすめです。

消費者金融を利用するに当たり、返済に不安を抱えている方も少なくありません。滞納すれば、個人信用情報が傷つくことになり、各種ローンやクレジットカードの申込みにも悪影響を及ぼします。しかしプロミスでは、「ご返済日お知らせメール」と呼ばれる返済期日を事前に知らせるサービスを実施中です。配信日時を自由に設定できるので、自分の都合に合わせてカスタマイズできるのも魅力の一つでしょう。

またインターネットを利用した返済にも対応しているので、返済日に慌ててATMに走るなんて必要もありません。24時間365日、土日でも夜間でも対応しています。しかも振り込み手数料は無料であり、最短10秒で返済できるおまけ付きです。インターネット返済に利用可能な金融機関は約1,100にも及ぶので、あなたが利用している銀行が利用できる可能性は高いでしょう。

プロミス
  • プロミスを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • Webからの契約なら来店不要!郵送物なし!カードレス!
  • 最短1時間で融資可能なスピード対応!
実質年率 最短融資期間 総量規制
4.5%~18.0% 最短1時間 あり
新規契約での無利息期間
初回借入日の翌日から30日間
※メールアドレスの登録と申し込み時に「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」の選択が必要

SMBCグループのプロミスは最大金利が17.8%であり、他社よりも低い。わずかながら消費者金融のデメリットを抑えられるだろう。また、30日間の無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日からスタートする。30日をフル活用できるのも魅力だ。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

アイフル:最も他人にバレにくい

アイフル

画像引用元:キャッシングのアイフル|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアイフル(2021年03月16日取得)

消費者金融の利用が知り合いにバレるのは避けたいところでしょう。会社バレもきついですし、家族バレも嫌なものです。

そこでおすすめしたいのが、勤務先に対する電話による在籍確認なしのアイフルです。一般的に在籍気確認は電話によって勤務先に対して行われるものであり、サービス名や会社名は名乗らないものの、会社バレのリスクを高めることは事実です。そもそも在籍確認自体は、働いているかを確かめるものであり、融資の審査では必須とされてきました。したがって、土日などに休業日に申込むと、即日融資ができなかったのです。その点、アイフルは電話による在籍確認なしなので、会社が休みであっても関係ありません。

アイフルでもプロミスと同様に30日間の無利息サービスを実施中です。アイフルの利用が初めてであり、キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローンのいずれかの利用であれば対象となります。ただ無利息期間は契約日の翌日からスタートします。すぐに借りなければ、勝手に消費されてしまうのでご注意ください。

WEB完結およびスマホアプリが用意されている点にも注目です。WEB完結とは、申し込みから契約、そして借入れまでをWEB上で行えるものです。郵送対応や来店の必要も無いため、家にいながらにして融資を受けられます。契約手続き時にカードレスを選択し、口座振替を登録すれば、カードを家に郵送されることもありません。ただ、後にカードが必要と感じることもあるかもしれませんよね。カードの発行に対しては、仮にカードレスで契約したとしても随時受け付けているので安心してください。

スマホアプリでは、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMからの借入れを可能にしてくれるものです。生体認証の簡単ログインで会員サービスを利用できるため、カード番号であるとかIDの都度入力も不要のおまけ付きです。

利用していく上で利用限度額を増やしたいと思うこともあるでしょう。アイフルでは随時増枠申込みに対応しています。WEBからの申込みもできるため、来店する必要もありません。WEBを利用する場合は、会員ページにログインして増額の申し込みフォームに入力するだけです。収入証明書の提出を求められることもあるので、源泉徴収票などを用意しておくと良いかもしれません。

アイフル
  • アイフルを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • 申込・契約・借入すべてがWEBで完結!来店不要で郵送物一切なし!
  • 最短30分で審査完了さらに即日融資OK!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.0%~18.0% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

アイフルは消費者金融の中では珍しく、申し込み時に勤務先に電話連絡されることがない。会社バレの可能性を極力減らしたい人はアイフル以外ないだろう。もちろんWEB完結なら郵送物も届かない。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

【PR】おすすめカードローン業者

カードローン おすすめポイント 申込
アコム
審査スピードとATMの多さが魅力。株式会社ショッパーズアイの調査による「はじめての方にオススメ」部門でも1位に輝いた。利用者数も多く、実績豊富。実はMUFGグループに所属。
カードローン おすすめポイント 申込
プロミス
明確に他社よりも優れた強みがあるのが魅力。最大金利が17.8%と他社よりも低いこと。そして無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間となることだ。三井住友銀行ATMの利用なら融資・返済の手数料が無料なのも魅力。
カードローン おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルは大手消費者金融の中では珍しく、申込時に勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない人や、土日に即日融資を受けたい人におすすめだ。WEB完結にも対応しているので、郵送物なしで融資を受けることも可能。

目次へ戻る

新着記事一覧

お金を借りる方法が知りたいならカードローンを覚えておこう!おすすめの理由と他の方法との違いを解説お金を借りる方法が知りたいならカードローンを覚えておこう!おすすめの理由と他の方法との違いを解説 お金がない人の歯の治療方法にカードローンがおすすめな4つの理由!実は低金利で借入可能お金がない人の歯の治療方法にカードローンがおすすめな4つの理由!実は低金利で借入可能 アルバイトでもお金を借りる方法と注意点を徹底解説アルバイトでもお金を借りる方法と注意点を徹底解説 カードローンで年収は気にするな!低収入でも審査に通れる3つの理由カードローンで年収は気にするな!低収入でも審査に通れる3つの理由 消費者金融と銀行カードローンの違いをメリット・デメリットで整理して解説!消費者金融と銀行カードローンの違いをメリット・デメリットで整理して解説! カードローンの無利息期間は金利よりも重要かも!活用方法を伝授カードローンの無利息期間は金利よりも重要かも!活用方法を伝授 アイフルの無人契約機の使い方やメリットを徹底解説!アイフルの無人契約機の使い方やメリットを徹底解説! PayPayでお金を借りる審査は厳しい?PayPayでお金を借りる審査は厳しい? 低金利カードローンランキングTOP10!金利が低いカードローンで利息を節約しよう低金利カードローンランキングTOP10!金利が低いカードローンで利息を節約しよう カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選!カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選! アイフルは在籍確認ありだが勤務先への電話連絡はなし!最も会社バレしにくい消費者金融アイフルは在籍確認ありだが勤務先への電話連絡はなし!最も会社バレしにくい消費者金融 アコムで即日融資を受ける方法と注意点を解説!アコムで即日融資を受ける方法と注意点を解説! カードローンは電話確認なしで契約可能!適切な業者に申し込めば可能性あり!カードローンは電話確認なしで契約可能!適切な業者に申し込めば可能性あり! レイクALSAの在籍確認をなしにできる?会社バレを防ぎたい人におすすめする方法レイクALSAの在籍確認をなしにできる?会社バレを防ぎたい人におすすめする方法 SMBCモビットはやばい会社なのか?その理由を解説SMBCモビットはやばい会社なのか?その理由を解説 消費者金融が会社に電話してくるケースと対策方法を解説消費者金融が会社に電話してくるケースと対策方法を解説 アイフルで収入証明書出さないとどうなる?出さなくても利用できる方法もあるアイフルで収入証明書出さないとどうなる?出さなくても利用できる方法もある アコムの利息は高い?他社との比較や金利を下げる方法を解説アコムの利息は高い?他社との比較や金利を下げる方法を解説 お金がほしいとき役立つのはカードローン!無利息期間を使えば好条件で借りられるお金がほしいとき役立つのはカードローン!無利息期間を使えば好条件で借りられる アコムはWEB完結で契約できるが注意点あり!他社の方がおすすめできるアコムはWEB完結で契約できるが注意点あり!他社の方がおすすめできる 消費者金融は一度でも借りるとやばいのか?消費者金融は一度でも借りるとやばいのか? アコムは会社に電話をかけてくる?その理由と対処方法を紹介アコムは会社に電話をかけてくる?その理由と対処方法を紹介 キャネットは怖い?そう言われる理由とこの街金業者について解説キャネットは怖い?そう言われる理由とこの街金業者について解説 プロミスで会社に電話がかかってくることはある?対処・回避方法を紹介プロミスで会社に電話がかかってくることはある?対処・回避方法を紹介 アコムの在籍確認を免除してもらう方法はある?アコムの在籍確認を免除してもらう方法はある? 中小なら在籍確認なしでキャッシング可能?中小なら在籍確認なしでキャッシング可能? カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき?カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき? 免許証だけで借りられる消費者金融免許証だけで借りられる消費者金融 職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし 会社にバレずにお金を借りる方法を紹介会社にバレずにお金を借りる方法を紹介 在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!?在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!? セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる?セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる? アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎