暮らしの達人 >> カードローン >> アコムのカードローンとクレジットの違いを解説!どっちで契約するべきか解説

アコムのカードローンとクレジットの違いを解説!どっちで契約するべきか解説

公開年月日 : 2021/12/01

アコムのカードローンとクレジットの違いを解説!どっちで契約するべきか解説

アコムが提供する商品には、通常のカードローンそしてクレジットカードとしても使えるACマスターカードがあります。お金を借りる際ににはどちらを契約した方が良いのか、違いを解説していきます。

おすすカードローン3選

勤務先への電話連絡なし

aiful-cashingloan アイフル

原則として、申し込み時に勤務先に電話連絡を行わないことを公式サイトに明記。会社バレを避けるならイチオシ。

お申込み

成約率が高い

aiful-cashingloan アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融。大手消費者金融の中では成約率が高い※アコムマンスリーレポートより
※最初のカードローンに選ばれることが多いので通過率が高い。

お申込み

金利で選ぶなら

プロミス プロミス

最大金利は17.8%と他社より低い。無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間なので活用しやすい。自社ATMだけでなく、三井住友銀行ATMでも手数料無料なのも嬉しい。

申込み

アコムが発行するカードローンとクレジットカードの違い

【アコム公式】カードローン・キャッシングならアコム

画像引用元:【アコム公式】カードローン・キャッシングならアコム(2021年08月16日取得)

アコムのカードローンと、アコムが発行するクレジットカードのACマスターカードはどのような違いがあるのでしょうか。同じアコムが発行しているものですが、片方はカードローンであり片方はクレジットカードです。申し込みするに当たり、どちらにしようか悩んでいる方も多いでしょう。

目次へ戻る

キャッシングに違いはない

ACマスターカードにはローンカード機能もあるため、キャッシングという面ではカードローンとACマスターカードに大きな違いはありません

ただ、借り入れできる限度額には違いがあります。

  • カードローン:最高800万円まで
  • ACマスターカード:クレジットは最高300万円まで、カードローンとの合計で最高800万円まで

つまりACマスターカードでクレジットを設定すると、その分カードローンの枠が狭くなるのです。

ACマスターカードのカードローンも総量規制の対象です。年収の3分の1を超える借入れはできないのでご注意ください。たとえば400万円の融資を受けたい場合は、年収1,200万円以上が必要になるわけです。

目次へ戻る

ACマスターカードはショッピングに使える

アコムのカードローンとACマスターカードの最大の違いが、ACマスターカードはショッピングに使える部分です。世界的な国際ブランドであるMasterCardの加盟店で利用できるカードなので、国内だけではなく海外旅行中にも現地で使えるのです。

ちなみにMasterCardは、特にヨーロッパに強みを持っています。欧州へ旅行する機会の多い方、出張を予定している方などはMasterCardブランドのカードを1枚でも持っていると安心ですよ。

目次へ戻る

欲しい商品がある場合はACマスターカードで買った方がおすすめ

お金を借りる理由が「買いたいものがあるから」であり、なおかつそれがカード決済できるものであれば、キャッシングではなくACマスターカードを契約して購入した方がおすすめです。

目次へ戻る

クレジット決済のリボ払い金利はカードローンよりも低い

ACマスターカードで決済すると、自動的にリボ払いで引き落としされます。リボ払いなので金利が発生しますが、年14.6%です。アコムのカードローンおよびACマスターカードのカードローンは、共に年18%が上限に設定されています。したがって何かしら買い物がしたくてお金を借りようとしているのであれば、ACマスターカードのクレジット枠で買い物をしたほうが支払う利息が安く済みます

ちなみにACマスターカードのクレジット利用で利息の支払いを抑制したいのであれば、一括払いも検討しましょう。たしかにリボ払い専用カードですが、指定期日までに全額を入金すれば一括対応になるのです。その期日ですが、毎月6日です。つまり融資を受けた次の6日までに、カード利用した残高をATMやネットバンキングで支払えばよいだけです。

目次へ戻る

決済額の0.25%がキャッシュバックされる

ACマスターカードでカード決済を利用すると、支払い金額の0.25%が自動的にキャッシュバックされます。

たとえば10万円の買い物にACマスターカードを利用した場合、その10万円の0.25%である250円がキャッシュバック対応であるため、請求金額は9万9,750円です。自動キャッシュバックなので、あなた自身がなにかしなければならないことはありません。継続的に請求される金額から0.25%が自動的に差し引かれる状態になるわけです。

クレジットカードと言えばポイント制度が多いですが、そのほとんどに有効期限が設定されています。これまでにせっかくゲットしたポイントを失効させてしまった経験がある方も多いでしょう。そんな心配をしなくてよいのもACマスターカードの大きな特徴です。

目次へ戻る

ACマスターカードのショッピング枠は総量規制の対象外

カードローンは貸金業に該当するため総量規制の対象になりますが、クレジットカードのショッピング枠は貸金業に該当しないため対象外です。

ショッピング枠は、月間の利用額が引き落とし日にまとめて引き落とされるため、カード会社からお金を借りているように感じられるかもしれませんが、あくまでも立て替えられているだけなので、お金を貸す貸金業には含まれまれず、貸金業法の適用はありません。

引用元:クレジットカードの総量規制とは?ショッピング枠も対象になるの?Credictionary(2021年12月01日取得)

したがって、すでに他社に借金があり年収の3分の1まで余裕がない方でもACマスターカードを作れる可能性があります。ただショッピング枠に関しても審査によって決まるため、いくら設定されるかは確実ではありません

クレジットカードの審査では個人信用情報もチェックされるので、他社の借入額も把握されてしまいます。当然、高額の借入れや複数の業者からの借入れは審査にマイナスです。自身の状況を加味した上で、ショッピング枠の希望額を設定しましょう。

目次へ戻る

審査は特に違いなし

少しお話ししましたが、カードローンもACマスターカードも個人信用情報がチェックされるため、審査難易度に関しては特に大きな違いはありません。どちらも返済能力や他社借入状況、個人信用情報を確認して総合的に判断されます。

審査について不安がある方は、アコムの公式ページに用意されている「3秒診断」を活用されてはいかがでしょうか。「3秒診断」は個人情報の入力無しで、簡単な審査が受けられるものです。入力するのは年齢・年収・カードローン他社借入状況の3つのみです。特に問題がなければ「お借入できる可能性が高いです。」との結果が出ます。一方で、収入と借入額のバランスが悪いと判断される場合には「ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できませんでした。」と出ます。後者の結果が出た場合は、そのままカードローンおよびACマスターカードに申し込んでも審査落ちになる可能性が高いので注意しましょう。

アコム
  • アコムを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • ネットで契約まで可能!
  • 最短30分で審査回答さらに即日振込も!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.00%~18.00% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

大手消費者金融は、申込数と契約に至った数から成約率を算出して公表している。その成約率で比較するとアコムはトップクラスなので、審査に通過する可能性が高い消費者金融と言える。他社で断られた場合にはアコムを利用してみよう。

お申込み

目次へ戻る

迷ったらACマスターカードに申し込むのがおすすめ

ACマスターカード

ACマスターカードは年会費も無料です。カードローンとしてだけではなく、クレジットカードとしても利用できるので利便性は極めて高いです。

どうせならACマスターカードの方で契約しておいたほうが、後々役立つかもしれないので迷ったらACマスターカードで問題ありません。ちなみにクレジットカードといえば、即日発行ができないイメージが強いのではありませんか。実はACマスターカードは最短即日発行も可能です。一部の自動契約機(むじんくん)コーナーで発行でき、また通常のプラスチックカードの発行以外に、アプリ上でバーチャルカードと呼ばれるものも発行できます。バーチャルカードはインターネットでの買い物に利用できるものであり、ネット通販の利用を考えている方に適しています。

ACマスターカード
  • 他社とは一線を画す独自審査
  • パート・アルバイトでも申し込み可能!
  • カード利用額の0.25%を毎月自動的にキャッシュバック

ACマスターカードはカードローンとクレジットカードが一体になったもの。キャッシングをする際は、単独のカードローンと条件がほとんど変わらない。そのため、ACマスターカードの方がショッピングにも使えて便利。また、ショッピングの方が利息が低いのも魅力。

お申込み

目次へ戻る

おすすめカードローン業者

カードローン おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルは大手消費者金融の中では珍しく、申込時に勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない人や、土日に即日融資を受けたい人におすすめだ。WEB完結にも対応しているので、郵送物なしで融資を受けることも可能。
カードローン おすすめポイント 申込
アコム
大手消費者金融は申込数と契約数から、成約率を公表している。アコムはその成約率は大手消費者金融の中でも比較的高い。株式会社ショッパーズアイの調査による「はじめての方にオススメ」部門でも1位に輝いた。利用者数も多く、実績豊富。実は三菱UFJフィナンシャル・グループに所属。
「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。
アコムマンスリーレポートより
カードローン おすすめポイント 申込
プロミス
明確に他社よりも優れた強みがあるのが魅力。最大金利が17.8%と他社よりも低いこと。そして無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間となることだ。三井住友銀行ATMの利用なら融資・返済の手数料が無料なのも魅力。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎