暮らしの達人 >> カードローン >> カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選!

カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選!

公開年月日 : 2021/08/30

カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選!

カードローンでお金を借りると、金利分を上乗せして返済する必要があります。当然、金利が低ければ低いほど返済額は小さくなるので、有利だと言えます。では多数あるカードローン業者の中でもどこが低金利でおすすめなのかを解説していきます。

注目:大手カードローンを成約率で比較

成約率とは、申し込んだ人のうちどれだけ審査に通過できたかを表す割合のこと。つまり数字が大きいほど審査落ちしにくいと言える。

最も成約率が高いアコムに申し込む

徹底比較!金利で選ぶなら銀行カードローンを狙うべき!?

カードローンには、銀行が提供するものと消費者金融が提供するものの2種類あります。両者を比較すると、銀行カードローンの金利のほうが低いため、金利の低さを求めているのであれば銀行カードローンを選ぶべきです。ただ、実は消費者金融で借りたほうが返済総額が低くなるケースもないわけではありません。

銀行カードローンの金利が消費者金融に比べて低い理由には、資金調達にかかるコストの違いがあります。銀行の場合は、主に口座開設者の預金から資金を調達しているわけです。たとえば、イオン銀行の預金の金利は普通預金で0.001%になります。仮に1億円の預金があったとしても、1年間で1,000円しか利息がつかない計算です。イオン銀行Myステージがブロンズであっても0.01%、シルバーでも0.03%、ゴールドでも0.05%、プラチナでも0.1%です。いかに銀行が少ないコストで資金を集めているかが分かりますよね。

一方の消費者金融ですが、実はその銀行から資金を調達していることが多いのです。つまり銀行からお金を借りて、我々に融資していることになるため、その分だけコストが掛かっているので金利を高く設定せざるを得ません。

また経営基盤の安定も銀行カードローンの金利が低い理由になります。資金力があるため、一つ一つの融資に高い利益を求める必要はありません。そもそも個人に対する細かな融資での銀行としての利益は微々たるものであり、大企業に対する融資等で儲けているわけです。

以上の理由から銀行カードローンのほうが金利的に有利なわけですが、実は消費者金融も負けていません。実際に、顧客サービスという面では消費者金融のほうが手厚いと言えるのです。特に注目なのが無利息期間の存在です。一定期間の利息がゼロになるサービスを消費者金融は行っているので、短期間の借入れであれば銀行カードローンよりも返済総額は少なくなります。無利息期間については後ほど詳しく解説するので、そちらを確認していただければ幸いです。

目次へ戻る

金利で比較したおすすめカードローン4社

金利を比較したカードローンの中でも、特におすすめのカードローンを4社ご紹介します。金利はもちろんですが、その他の特徴にも迫るので業者選びに役立ててください。

目次へ戻る

イオン銀行カードローン:銀行カードローンの中でも低金利

一般的に銀行のカードローンは金利が低いものが多いのですが、イオン銀行カードローンの最大金利は年13.8%です。トップクラスの低金利であり、利息の支払いを少しでも抑えたい、と考える方におすすめのカードローンになります。

さらにイオン銀行ATM以外にも、コンビニATMも無料で利用可能です。利用できるコンビニATMはイーネットとローソンATMになります。全国各地に設置されているので、利便性に関しても申し分ありません。その他の提携金融機関のATMも利用でき、みずほ銀行ATMの場合は、平日の8時45分から18時までは無料対応してもらえます。ゆうちょ銀行ATMの場合は、平日8時45分から18時まで、さらに土曜日の9時から14時までは手数料無料です。三菱UFJ銀行ATMの場合は、平日の8時45分から18時まで手数料無料になります。

イオン銀行カードローンは申し込みにあたり、口座の解説は不要になります。ただ口座があると、カードを受け取る前に振込みによる融資が可能です。ちなみにカードに関しては、5日程度で受け取りが可能とされています。

WEB完結に対応しているところにも注目でしょう。オンライン上ですべての手続きが可能であるため、訪問や郵送などの対応をする必要はありません(カードの受取りは必要になります)。

WEB完結の流れを簡単にご説明いたします。まずはイオン銀行の公式ページなどからインターネットを利用して申込みを実施します。申込み後には、本人確認書類の提出および収入証明書類を提出します。収入証明書類に関しては、条件付きではなく必須とされているのでご注意ください。対応している収入証明書類には、源泉徴収票や給与明細書(直近3カ月以内に発行された給与明細2カ月分)、さらには直近年度の住民税決定通知書や課税証明書(発行後3カ月以内のもの)、そして納税証明書 その2(所得が記載されており、発行後3カ月以内のもの)の中から1点になります。運転免許証等の本人確認書類とともに、収入証明書類も申込み前に準備しておきましょう。

書類の準備ができたら専用マイページよりアップロードします。申込みが終了したら、審査が開始され審査結果の連絡があります(数日かかることもあります)。審査通過となったら、イオン銀行普通預金口座を保有している方は振込融資の設定を行います。振込融資を希望している方は、専用ページから振り込み先の登録を行ってください。契約手続き等が全て終わったら、最短5日程度で佐川急便株式会社の「受取人確認サポート」にてローンカードが届けられます。以上でWEB完結は完了です。

目次へ戻る

楽天銀行カードローン:キャンペーン適用で金利1%!

最大金利は年14.5%であるため、特別低いわけではありません。なのになぜ紹介したかと言うと、魅力的なキャンペーンを行っていることが多いからです。特に大きな注目を集めているのが、金利1%キャンペーンです。

「スーパーローン新規成約金利年1%キャンペーン」とよばれるものでり、2021年8月31日16時59分までにWEB申込みをした方で、10月31日までに入会した方が対象になります。ずっと金利が1.0%に設定されるのではなく、2021年8月4日から10月31日までの期間限定になります。ただ、最大で約3ヶ月間も金利が1.0%で利用できるのは他社にはない魅力と言えます。今後同様のキャンペーンが行われる可能性もあるため、定期的にチェックしておきたいカードローンの一つです。

もう一つ注目のキャンペーンを楽天銀行カードローンは実施しています。「ご入会でもれなく楽天ポイント1,000ポイントプレゼント」および「さらにご利用で楽天ポイント最大30,000ポイントプレゼント」の2つの特典です。双方合わせると、最大で31,000ポイントを獲得できる極めてお得なものです。獲得できるのは楽天スーパーポイントであり、1ポイント当たり1円相当になるので、31,000円分ものポイントが貰えることに!

「ご入会でもれなく楽天ポイント1,000ポイントプレゼント」は、申込みを行った方全員にチャンスがあります。スーパーローン申込み時に登録した楽天ポイント口座または入会完了までに申し出のあった楽天ポイント口座に付与されます。

「さらにご利用で楽天ポイント最大30,000ポイントプレゼント」は、入会月の翌月末時点の利用残高に応じて以下の楽天ポイントを付与するものです。

  • 20万円以上30万円未満:500ポイント
  • 30万円以上50万円未満:1,000ポイント
  • 50万円以上80万円未満:2,000ポイント
  • 80万円以上100万円未満:3,000ポイント
  • 100万円以上200万円未満:10,000ポイント
  • 200万円以上300万円未満:12,000ポイント
  • 300万円以上400万円未満:15,000ポイント
  • 400万円以上800万円以下:30,000ポイント

高いポイントを得るためには、高額の利用が必要になるため無理することはありません。そもそも利用限度額を高く設定しようとすると審査難易度も高くなるので、必要最低限の金額での申込みをおすすめします。

すでに楽天会員である方にもおすすめなのが、楽天カードローンになります。楽天会員ランクに応じて審査を優遇してもらえるケースが有るのです。どのような優遇があるのかについては明言されていませんが、他社にはない強みといって良いでしょう。ちなみに、楽天の会員ランクにはシルバーランク・ゴールドランク・プラチナランク・ダイヤモンドランクがあります。

月々の返済額が低く設定されているのも、楽天カードローンの魅力の一つです。残高スライドリボルビング返済方式を採用しており、利用残高によって返済金額が毎月変動しますが、10万円以内であると月々の返済額はたったの2,000円です。返済の負担を少しでも下げたい方にもおすすめなカードローンと言えるでしょう。

目次へ戻る

J.Score:みずほ銀行とソフトバンクによる低金利消費者金融

まだあまり有名ではありませんが、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって登場した新生の消費者金融になります。従来と異なる切り口の審査を行っているのが最大の特徴であり、AIによる分析で信用力をスコア化します。その上で数値に応じて契約内容を決めるので、他社の審査に落ちた方でも利用できる可能性は十分です。

金利的にも低く設定されており、消費者金融でありながら最大金利は年15.0%と銀行カードローン並みです。さらに注目なのが、みずほ銀行口座を作って情報連携をすると最大金利が1.5%引き下げられ年13.5%になるところです。条件は、AIスコアを取得し、保有しているみずほ銀行口座と情報の連携をするだけになります。みずほ銀行との情報提携手順に関してですが、まずは J.ScoreのページからAIスコアの診断を実施してAIスコアを取得します。AIスコアの取得後にスコアアップを選択してください。「情報連携」と書かれているところが出てくるので、そちらを選択し、「みずほ銀行提携」を選択した上で必要事項を入力します。以上で情報提携は完了であり、金利が1.5%引き下げられます。

J.Scoreでは、カードの発行がありません。メリットでありデメリットにも入ってくると思われるので、事前に把握しておく必要があるでしょう。カードレスであることで、周囲にカードを見られて借金が発覚する恐れがなくなります。しかし、ATMを使った借入れおよび返済ができないので、利便性は若干悪く感じるかもしれません。

一方でカードレスであることで、完全なるWEB完結にも対応しています。オンライン上で申し込みから契約、そして借入れまで出来てしまうのです。必要書類についてもWEBアップロードに対応しているため、郵送対応する必要はないのでご安心ください。

キャンペーンも実施中です、AIスコア・レンティング初めての契約を行うとPayPayボーナスが500円相当プレゼントしてもらえるのです。J.Scoreに登録したメールアドレスにPayPayギフトカードを送ってもらえるので、登録後に確認してくださいね。

目次へ戻る

プロミス:大手消費者金融の中で光る金利17.8%

プロミス

画像引用元:プロミス公式サイト│キャッシング新規お申込み(2021年03月02日取得)

  • 最大金利は17.8%と消費者金融の中では低い
  • 無利息期間は「契約日」ではなく「借入日」の翌日から30日間
  • 三井住友銀行ATMの手数料無料

大手消費者金融としてあげられるのは、アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAの5社です。プロミス以外の大手消費者金融の最大金利は、年18.0%で統一されています。一方でプロミスの最大金利は17.8%と若干低く設定されています。僅かな差ではありますが、長期間の利用や高額の利用時などには、大きな差につながってくる可能性もあります。

またプロミスと言えば、30日間の無利息サービスも忘れてはなりません。プロミスとの初めての契約、およびメールアドレス登録とWEB明細利用で適用される無利息系のサービスなのです。しかも無利息期間のスタート日は初回利用日の翌日になります。契約日の翌日スタートではないため、契約だけしておき、いざとなった時に使うといった場合でも無利息期間をフル活用できるわけです。

SMBCグループに所属しているため、プロミスATM以外にも三井住友銀行ATMの手数料が無料な点にも注目でしょう。通常のコンビニATMや金融機関ATMなどの提携ATMを利用すると、1万円以下の取引き1回あたり110円、1万円超の取引きになると1回あたり220円になります。毎月の返済などでもATM手数料はかかってくるため、手数料無料で利用できるATMの多さは大きな魅力と言えます。

またカードレス契約もできるのですが、スマホATMを活用できるためカードなしのデメリットもそれほどありません。スマホATMとは、スマホを介して全国に2万5,000台以上あるセブン銀行ATMおよび全国に1万3,000台以上あるローソン銀行ATMにて借入れおよび返済ができるものです。原則24時間利用可能である点にも注目でしょう。使い方も簡単であり、アプリでQRコードを読み取るなどするだけです。カードなしでもATMで現金を手に入れられるので、カードレス契約を考えている方はプロミスの利用を検討されてはいかがでしょうか。

プロミス
  • プロミスを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • Webからの契約なら来店不要!郵送物なし!カードレス!
  • 最短1時間で融資可能なスピード対応!
実質年率 最短融資期間 総量規制
4.5%~18.0% 最短1時間 あり
新規契約での無利息期間
初回借入日の翌日から30日間
※メールアドレスの登録と申し込み時に「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」の選択が必要

プロミスは消費者金融の中でも金利が低く、無利息期間の条件も良い。三井住友銀行ATMなら手数料無料と、サービス面では消費者金融の中で頭1つ抜けている。大手消費者金融の中から選ぶならプロミスを選ぶのがおすすめだ。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

金利でカードローンを比較する際の3つの注意点

金利でカードローンを比較する場合ですが、単純に数字だけを見ていると失敗することも考えられます。ここでは、金利でカードローンを比較する際に特に重要なことを3つご紹介します。

目次へ戻る

比較する金利は最大金利のみ

いずれのカードローンも金利はXX%〜XX%と、下限と上限を表示しています。下限の金利に注目している方もいるかも知れませんが、基本的に契約時に適用されるのは上限の金利になります。そもそも下限の金利は、利用限度額が最大に設定された場合にしか適用されないことがほとんどです。多くの方は数十万円の利用限度額で提携することになるため、設定されるのは上限の金利です。したがって、比較するのであれば最大金利となります。

ちなみに、契約後に増額や交渉をすることで金利を下げること自体は可能です。それでも下限金利までたどり着くのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。下限金利は「飾りのようなもの」との認識が正しいでしょう。

目次へ戻る

金利が低いと審査難易度が高い

金利が低ければ低いほど、返済総額が低くなるので有利になります。毎月の負担も軽減する可能性が高いでしょう。しかし金利が下がると、その分だけ審査難易度が高くなります。カードローン側としても、金利が低い場合は利益率が低くなるわけです。したがって貸し倒れが起きないように、より厳しい基準を設けてくることがほとんどになります。

またカードローンには多重申込というタブーがあるため、1度申し込んだら6ヶ月程度の間を開けてから次に申し込んだ方が良いです。過去の申込み情報は、個人信用情報に記録されてしまうので、別のカードローンに申し込んだとしても、前の申込情報が記録されているのです。仮に、審査に不安な状態で金利が低いカードローンに申し込むと、審査に落ちて次に申し込むまで6ヶ月待たなくてはいけない可能性が高くなります。

したがって収入が不安定だったり既に借入があったり、審査が不安であったりするならば金利が低い銀行カードローンよりも消費者金融に絞って検討した方がスムーズに事が運ぶ確率が高くなります

目次へ戻る

消費者金融には無利息期間がある

消費者金融は銀行よりも金利が高いので不利ですが、初めて契約する場合に無利息期間が適用されることがあります。無利息期間内に返済できるのであれば、利息ゼロで完済できるので、結果的に銀行カードローンよりも有利になります。また、3ヶ月や半年などの短期間で完済できる場合でも、1ヶ月の無利息期間がある消費者金融のほうが支払う利息が安くなる可能性が高いのです。

目次へ戻る

カードローン選びで金利は大切だけど金利以外にも注目しよう

金利でカードローンを比較することは重要ですが、数字だけを見ていてはかえって損することも考えられます。そもそも金利が低かったとしても、審査難易度が高いことで審査に落ち融資してもらえなければ意味がありません。無利息期間がない金利の低い業者よりも、無利息期間のある金利の高い業者の方が有利に利用できることだってあるわけです。

金利を重視しつつ、その他にどういった特徴があるのかも頭に入れた上でカードローン選びを行ってくださいね。

目次へ戻る

おすすめカードローン業者

カードローン おすすめポイント 申込
アコム
審査スピードとATMの多さが魅力。株式会社ショッパーズアイの調査による「はじめての方にオススメ」部門でも1位に輝いた。利用者数も多く、実績豊富。実は三菱UFJフィナンシャル・グループに所属。
カードローン おすすめポイント 申込
プロミス
明確に他社よりも優れた強みがあるのが魅力。最大金利が17.8%と他社よりも低いこと。そして無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間となることだ。三井住友銀行ATMの利用なら融資・返済の手数料が無料なのも魅力。
カードローン おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルは大手消費者金融の中では珍しく、申込時に勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない人や、土日に即日融資を受けたい人におすすめだ。WEB完結にも対応しているので、郵送物なしで融資を受けることも可能。

目次へ戻る

新着記事一覧

携帯でキャッシング可能な業者2つ紹介!スマホだけでお金を借りるには?携帯でキャッシング可能な業者2つ紹介!スマホだけでお金を借りるには? お金を借りる方法が知りたいならカードローンを覚えておこう!おすすめの理由と他の方法との違いを解説お金を借りる方法が知りたいならカードローンを覚えておこう!おすすめの理由と他の方法との違いを解説 お金がない人の歯の治療方法にカードローンがおすすめな4つの理由!実は低金利で借入可能お金がない人の歯の治療方法にカードローンがおすすめな4つの理由!実は低金利で借入可能 アルバイトでもお金を借りる方法と注意点を徹底解説アルバイトでもお金を借りる方法と注意点を徹底解説 カードローンで年収は気にするな!低収入でも審査に通れる3つの理由カードローンで年収は気にするな!低収入でも審査に通れる3つの理由 消費者金融と銀行カードローンの違いをメリット・デメリットで整理して解説!消費者金融と銀行カードローンの違いをメリット・デメリットで整理して解説! カードローンの無利息期間は金利よりも重要かも!活用方法を伝授カードローンの無利息期間は金利よりも重要かも!活用方法を伝授 アイフルの無人契約機の使い方やメリットを徹底解説!アイフルの無人契約機の使い方やメリットを徹底解説! PayPayでお金を借りる審査は厳しい?PayPayでお金を借りる審査は厳しい? 低金利カードローンランキングTOP10!金利が低いカードローンで利息を節約しよう低金利カードローンランキングTOP10!金利が低いカードローンで利息を節約しよう カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選!カードローンを金利で比較!低コストで借りられる業者を4社厳選! アイフルは在籍確認ありだが勤務先への電話連絡はなし!最も会社バレしにくい消費者金融アイフルは在籍確認ありだが勤務先への電話連絡はなし!最も会社バレしにくい消費者金融 アコムで即日融資を受ける方法と注意点を解説!アコムで即日融資を受ける方法と注意点を解説! カードローンは電話確認なしで契約可能!適切な業者に申し込めば可能性あり!カードローンは電話確認なしで契約可能!適切な業者に申し込めば可能性あり! レイクALSAの在籍確認をなしにできる?会社バレを防ぎたい人におすすめする方法レイクALSAの在籍確認をなしにできる?会社バレを防ぎたい人におすすめする方法 SMBCモビットはやばい会社なのか?その理由を解説SMBCモビットはやばい会社なのか?その理由を解説 消費者金融が会社に電話してくるケースと対策方法を解説消費者金融が会社に電話してくるケースと対策方法を解説 アイフルで収入証明書出さないとどうなる?出さなくても利用できる方法もあるアイフルで収入証明書出さないとどうなる?出さなくても利用できる方法もある アコムの利息は高い?他社との比較や金利を下げる方法を解説アコムの利息は高い?他社との比較や金利を下げる方法を解説 お金がほしいとき役立つのはカードローン!無利息期間を使えば好条件で借りられるお金がほしいとき役立つのはカードローン!無利息期間を使えば好条件で借りられる アコムはWEB完結で契約できるが注意点あり!他社の方がおすすめできるアコムはWEB完結で契約できるが注意点あり!他社の方がおすすめできる 消費者金融は一度でも借りるとやばいのか?消費者金融は一度でも借りるとやばいのか? アコムは会社に電話をかけてくる?その理由と対処方法を紹介アコムは会社に電話をかけてくる?その理由と対処方法を紹介 キャネットは怖い?そう言われる理由とこの街金業者について解説キャネットは怖い?そう言われる理由とこの街金業者について解説 プロミスで会社に電話がかかってくることはある?対処・回避方法を紹介プロミスで会社に電話がかかってくることはある?対処・回避方法を紹介 アコムの在籍確認を免除してもらう方法はある?アコムの在籍確認を免除してもらう方法はある? 中小なら在籍確認なしでキャッシング可能?中小なら在籍確認なしでキャッシング可能? カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき?カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき? 免許証だけで借りられる消費者金融免許証だけで借りられる消費者金融 職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし 会社にバレずにお金を借りる方法を紹介会社にバレずにお金を借りる方法を紹介 在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!?在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!? セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる?セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる? アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎