暮らしの達人 >> カードローン >> 記事一覧 > アコムの返済額が減らない場合に要チェック!最低返済額に気をつけよう

アコムの返済額が減らない場合に要チェック!最低返済額に気をつけよう

作成年月日 : 2022/09/14
  • 「いくら返済してもなかなかアコムの返済額が減らない…」
  • 「いつになったらアコムの返済が終わるんだろう…」

アコムを利用している方の多くが悩んでいるのが、返済額が減らないことです。事実、アコムの最低返済額で返済し続けると返済期間は長期化し借金残額がなかなか減りません。そのうえ限度額まで何度も使えるカードローンなので、定期的に借りているといつまで経っても借金が残り続けることになるのです。

そこで今回は、なぜアコムの返済額が減らないのか、返済額を早く減らすにはどうしたら良いのかを徹底解説します。アコムを長く利用している方は、ぜひこの記事を読んで対策を立ててみてください。

\審査通過率が高い!/

アコムに申し込む

おすすカードローン3選

勤務先への電話連絡なし

aiful-cashingloan アコム

原則、在籍確認の電話なし!もし実施の必要があったとしても同意を得てから行う。さらにカードレス契約にも対応しているため郵送物なし。会社や家族バレの可能性が最も低いカードローンだろう。

お申込み

最短25分の即日融資

aiful-cashingloan アイフル

今時どの消費者金融も即日融資に対応しているが、中でもアイフルはWEB完結利用で最短25分の即日融資に対応。またアイフルも原則として勤務先への電話連絡なしを明言。

お申込み

他社借り入れがある人向け

auじぶん銀行カードローン auじぶん銀行カードローン

複数の消費者金融と契約していると、それが原因で審査に落ちることがある。しかし銀行カードローンならそのような人でも申込可能。新規契約で1,000円相当のPontaがもらえる。

申込み

なぜアコムの返済額はなかなか減らないのか?

なぜアコムを利用して何度も返済しているにも関わらずなかなか返済額が減らないのでしょうか。

実は、ここで紹介する理由が絡んでいます。アコムに限らず多くのカードローンにも言えることなので、カードローン利用者で返済額が減らずに悩んでいる方もぜひチェックしてみてください。

目次へ戻る

月々の返済額が少ないから

アコムの月々の最低返済額は少額です。少額であるがゆえ、借金元金はなかなか減らず完済までには時間がかかるのです。

最低返済額での支払いを続けると返済額の多くが利息の支払いになります。つまり毎月支払っているのは利息分が大部分となってしまい、結果として借金額が減らず返済が長期化していきます。

アコムの返済方式は定率リボルビング方式と呼ばれるもので、「借入残高(借入金額)×一定の割合」が毎回の返済金額です。その一定割合は、契約借入限度額によります。

  • 30万円以下の場合:4.2%
  • 30万円超100万円以下の場合:3.0%
  • 100万超の場合:1.5%、2.0%、2.5%、3.0%

たとえば借入限度額が30万円であり10万円借入れた場合の最低返済額は、10万円×4.2%の5,000円(1,000円未満の端数がある場合は切り上げ)です。借入限度額が50万円で10万円借りた場合は、10万円×3.0%の3,000円が最低返済額です。

ここで月々の利息にも注目しましょう。アコムの上限利息は年18.0%であり、その上限利息が設定された状態で10万円の融資を受けると1ヶ月間(30日)で発生する利息額は1,479円です。前述した5,000円の返済額の場合、元金分の返済は3,521円です。3,000円の返済額の場合の元金分の返済は1,521円にとどまるのです。このようにアコムにおいて最低返済額で返済を続けると、元金はなかなか減っていきません。

目次へ戻る

利息のみの返済をしているから

アコムでは利息のみの返済にも対応しています。

生活が厳しく、最低返済額の全額対応が難しいといったこともあるでしょう。そんなときに有効活用できるのがアコムの利息のみの返済であり、かりに利息のみの返済であったとしても信用情報には影響がありません。したがって利息のみの返済をしている方も多く、返済額がなかなか減らない理由の一つに入ってきます。

そもそも利息だけ返済していても、元金が減らないため返済額は一向に減りません。返済期間も長期化するため返済総額も増えてしまい、将来的には多重債務に陥る可能性も出てきます。

ちなみに年利18%で5万円を1ヶ月(30日)借りた場合に発生する利息は739円です。20万円を借りた場合は2,958円であり、50万円を借りた場合は7,397円です。ATMでの返済対応の場合は1,000円単位であるため、5万円の場合に1,000円だけ返済すると739円は利息に充当され残りの261円だけ元金返済分とされます。20万円借りた場合に3,000円返済した場合は、2,958円が利息部の返済に充当されるため42円しか元金が減りません。これでは、いつまで経っても返済額が減らないわけです。

利息額のみの返済がクセになると、いつまでも借入れが減らずに危険です。もし現状でそのような状態に陥っているのであれば、返済計画を立て直してください。

目次へ戻る

定期的に借りているから

返済はしっかりとおこなっていても、定期的に融資を受けていると借金は減りません。

アコムはカードローンであり、限度額までであれば何度でも融資を受けられます。10万円を借りて、残り5万円まで返済をした時点で5万円の借入れをおこなうと。また借金残額は10万円です。このように返済は計画的におこなっていても借入れも定期的にしてしまえば、結果としてアコムの返済額は減りません。

アコムは気軽に利用できるので、なかなか借金グセが治らない方も多いです。借金をどうしても繰り返しおこなってしまうのであれば、アコムを解約しましょう。

ちなみに解約時には全額精算する必要があります。通常1,000円未満の残高は無利息であり、返済の義務はありません。しかし完済時には1,000円未満の残高の完済をしなければならないため、アコム側に問い合わせし、いくら支払えば良いか確認してください。確認が取れたら、指定された額を振込み等で支払い解約手続きに進みましょう。

目次へ戻る

アコムの返済額を効率的に減らす方法

アコムの返済額が減らない理由を明らかにしましたが、次に返済額を効率的に減らす方法を解説します。アコムを利用したとしても、返済額を確実に減らすことは可能です。アコムとうまく付き合っていきたいと考える方は、ぜひこちらを参考にしてください。

目次へ戻る

随時返済(繰り上げ返済)

アコムで発生する毎月の返済額は前述の通りに最低返済額であり、借金元金の減りは鈍くなります。そこで活用して欲しいのが、随時返済(繰り上げ返済)です。

アコムでは各回の返済金額(最低返済額)よりも多く返済することも可能で、最低返済額を超える分の返済に関しては全て元金に充当されます。したがって10万円を年利18%で借りており、返済の割合が4.2%であると月々の返済額は5,000円です。そこで5,000円ではなく1万円の返済をおこなうと、最低返済額を超えた5,000円分は全て借金元金からマイナスされるわけです。随時返済は余裕のある時しか利用できませんが、ボーナスや各種臨時収入があったら適宜利用してみてください。

ちなみに10万円を年利18%で月々5,000円の返済を行うと、返済回数は約24回(2年)です。一方で同じ条件で月々1万円の返済を行うと、返済回数は11回(11ヶ月)ですみます。月々5,000円の総返済額は11万9,772円であり1万円の総返済額は約10万9,158円なので、返済期間の違いは総返済金額にも影響が出てきます。

目次へ戻る

副業する

アコムの返済額を効率的に減らす方法の一つが随時返済ですが、資金に余裕があることが前提です。仕事をしており、毎月決められた給与の範囲内で支払っていくことを考えると、随時返済が難しいケースもあるでしょう。そこで活用して欲しいのが副業です。

入ってくるお金を増やすことができれば随時返済もしやすくなり、効率的に返済できます。また収入が増えることで新たな借入をしないで済むようになるのもメリットの一つです。

副業にもいくつかの種類があり、ネット系副業・投資系副業・労働系副業の3つに分けられます。

ネット系副業の多くは在宅でできるものであり、忙しい方でも参加しやすいのがメリットの一つです。アフィリエイトやせどり、ポイントサイトなどを活用して稼ぎます。特殊なスキルが有れば、月に数万円以上の報酬を得ることも可能です。サイトの作成やデザイン系の能力があると、とくに重宝されるでしょう。スキルがなくても月に数千円程度であれば稼げる可能性もあるので、自分に合っているものを探してみましょう。

投資系副業は、FXや仮想通貨、そして株式などの取引や不動産投資などを指しています。状況によっては大きな稼ぎになりますが、ギャンブル的な側面もあるためあまりおすすめできません。参加するのに、一定の資金が必要なところもあまりおすすめできない理由の一つです。また取引および投資には一定の知識も必要になるため、事前に勉強する必要もあります。

労働系副業は、仕事の休みの日に働きに出ることを指しています。アルバイトや治験、覆面調査員などもこちらに該当します。種類が多いのが最大のメリットであり、近場で働くことも可能です。ただ中には長時間労働になるケースもあるため、本業に影響を与える可能性もゼロではありません。どの程度の労働内容なのかを前もって調べた上で参加するか判断しましょう。

目次へ戻る

おまとめローンの活用

アコム以外にも借金をしている、いわゆる多重債務状態に陥っているのであればおまとめローンの活用も検討しましょう。おまとめローンとは、複数の金融機関からのローンを1つの借入先にまとめる商品のことです。

「複数の借金をまとめるだけでなぜアコムの返済額を効率的に減らせるの?」と思っている方も多いはずです。実はおまとめローンを利用することで、利息を減らせる可能性が高まります。実際に年18.0%で借りていたローンがおまとめローンを利用することで年13.0%になったというケースも少なくありません。設定されている利息が下がれば、かりに月々の返済額が一緒であっても元金の減りが早くなります。効率的に借金額が減っていくので、とくに年18.0%など効率の金利が設定されている方はおまとめローンの活用も検討してください。

おまとめローンは銀行だけではなく消費者金融でもおこなっています。とくに有名なのがプロミスのおまとめローンであり、融資額は300万円までで金利は6.3%から17.8%までです。ちなみにおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借金をしている方でも利用できます。

目次へ戻る

「ご返済シミュレーション」は参考にならない

アコムでも返済シミュレーションを用意していますが、あまり参考にはならないので利用には注意してください。そもそも前述したように、アコムでは最低返済額を設定しており、借金残額によって徐々に返済額が変動していきます。したがってシミュレーションのように、毎月決まった額を返済していくことにはならないのです。

とくに返済終盤になり残高が少なくなると、月々の返済額も少額になります。借金の減るペースが圧倒的に鈍くなるため、シミュレーションのように1年間や2年間でスムーズに完済できるわけではありません。3年や4年以上かかることもザラであり、「永久に返済が続くのでは…」なんて思いになる方も多いです。そうならないためにも、効率的に返済する方法を採用し、少しでも早く返済を終えましょう。

\審査通過率が高い!/

アコムに申し込む

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめカードローン簡単解説

会社名 おすすめポイント 申込
アコム
アコムは原則、勤務先への在籍確認の電話連絡なしを明言している。しかも、もし電話が必要になった場合でも必ず利用者の同意を得てから行うため、「急に職場に電話がかかってくる」ことがない。また、カードレス契約なら郵送物もないので、誰にもバレずに借りられる可能性が高い。
会社名 おすすめポイント 申込
auじぶん銀行カードローン
銀行が提供しているカードローンは消費者金融と異なり、貸金業法の影響を受けない。そのため消費者金融とは審査が若干異なる。例えば複数の消費者金融との契約が原因で審査に落ちた場合でも、銀行カードローンなら通過できる可能性もある。もちろん非auユーザー、じぶん銀行口座を持っていなくても利用可能。また、今なら新規契約で1,000円相当のPontaがもらえる。
会社名 おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルも原則として、勤務先への電話連絡なし申込時に勤務先への電話連絡を行わない。さらに融資スピードが速く、申し込みから借入までは最短25分。電話連絡がないため、土日でも審査が進む可能性が高い。急いでいる人におすすめ。

あわせて読みたいおすすめ記事

目次へ戻る

お役立ち記事をピックアップ!

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎