暮らしの達人 >> カードローン >> 記事一覧 > カードローンで勤務先に嘘をつく必要なし!在籍確認の電話なしを明言している業者に申し込もう

カードローンで勤務先に嘘をつく必要なし!在籍確認の電話なしを明言している業者に申し込もう

公開年月日 : 2022/10/14
  • 「カードローンに申し込みたいけど、在籍確認で職場に電話をされると同僚に借金を疑われてしまいそう…」
  • 「同僚になんて言い訳すればいいんだろう…」

カードローンの申込みとセットと言っても良いのが、在籍確認です。とくに厄介なのが、職場に対する電話による在籍確認であり、その電話があることで同僚に借金への申込みを疑われる恐れもあります。「いまの電話は何?」「借金でもあるの?」なんて聞かれてしまい、言いよどんでしまえば疑いは深まるばかりです。

そこで考えるのが、会社および同僚に対する言い訳です。もちろん、素直に借金と言えるわけがないので、嘘の言い訳を考えることになるでしょう。

そこでこの記事では、在籍確認時のおすすめの言い訳(嘘)を解説し、そのうえで嘘をつくことが不要な会社に電話連絡なしのおすすめカードローンを紹介します。勤務先に対する在籍確認に恐怖感を持っている方は、ぜひじっくり読んでみてください。

\原則電話連絡なし!在籍確認が不安なら/

アコムに申し込む

おすすカードローン3選

勤務先への電話連絡なし

aiful-cashingloan アコム

原則、在籍確認の電話なし!もし実施の必要があったとしても同意を得てから行う。さらにカードレス契約にも対応しているため郵送物なし。会社や家族バレの可能性が最も低いカードローンだろう。

お申込み

最短25分の即日融資

aiful-cashingloan アイフル

今時どの消費者金融も即日融資に対応しているが、中でもアイフルはWEB完結利用で最短25分の即日融資に対応。またアイフルも原則として勤務先への電話連絡なしを明言。

お申込み

他社借り入れがある人向け

auじぶん銀行カードローン auじぶん銀行カードローン

複数の消費者金融と契約していると、それが原因で審査に落ちることがある。しかし銀行カードローンならそのような人でも申込可能。新規契約で1,000円相当のPontaがもらえる。

申込み

在籍確認時の勤務先に対するおすすめの言い訳(嘘)とは?

在籍確認時の言い訳によっては、その後、苦しい立場に立たされることがあります。したがって、疑われにくい適切な言い訳を事前に考えておく必要があるのです。

ここでは、在籍確認時の勤務先に対するおすすめの言い訳(嘘)を紹介するので、使えそうなものがあったら活用してみてください。

目次へ戻る

クレジットカードに申し込んだ

在籍確認はカードローンのみで行われるものではなく、クレジットカードでもおこなわれています。とくにクレジットカードに関しては、1枚だけではなく2枚や3枚持っている人も少なくありません。なかには、実際に複数回の在籍確認を経験した方もいるのです。したがって、理解されやすく、受け入れてもらいやすい言い訳となります。

「クレジットカードとカードローンの在籍確認には違いがあるのでは?」と心配される方もいますが、基本的に同じ内容です。なので、受け取った人はその電話がクレジットカードの在籍確認なのか、それともカードローンの在籍確認なのかは分かりません。

ただ、クレジットカードに申し込んだと同僚に告げると「どこに申し込んだの?」などと詳しく突っ込まれる恐れもあります。そんな場合は、すでに保有しているカードの中で周囲には知られていないものを告げるのが良いでしょう。

目次へ戻る

営業先からの連絡だった

あなたが営業をしており、外回りをする機会が多いのであれば「営業先からの連絡」を言い訳にするのもおすすめです。営業であれば、さまざまな機会で名刺交換をするでしょう。電話がかかってくる頻度も高いと思います。

ただ在籍確認の電話は、基本的に個人名で行なわれるため、同僚のなかには違和感を持つ人も出てくるでしょう。そもそも営業の電話であれば、会社名を名乗るはずです。銀行カードローンの在籍確認の場合は、個人名ではなく銀行名を名乗ることもありますが、銀行に営業をかけないケースも考えられるわけです。

比較的リスクが高い嘘なので、使い方には十分に気をつけてください。

目次へ戻る

嘘はリスクが大きい

カードローンの在籍確認がバレるのは良いことではなく、職場で変な噂を立てられることにもなりかねません。だからといって、なるべくであれば嘘をつかないのがおすすめです。

ここでは、なぜ在籍確認にかかわる嘘がダメなのかを明らかにします。

目次へ戻る

デメリットが多すぎる

在籍確認の言い訳でも解説しましたが、バレやすいことも事実です。最もおすすめな嘘はクレジットカードですが、「どんなカードを作ったの?「新しいカードが来たら見せてほしい」などと言われることも考えられます。

そもそもカードローンの在籍確認は、基本的に非通知設定でおこなわれます。リダイヤルされないメリットがありますが、それはそれでデメリットが有ることも事実です。「非通知で来るなんて、何かしらやましい電話なのでは?」と思われてしまいかねません。

厳しい職場であれば私用の電話を疑われ、あなた自身の評価を下げざるをえないのです。

目次へ戻る

カードローン会社への嘘はもってのほか

在籍確認の嘘には、カードローン会社に対するものもあります。本当は無職なのに、働いていると偽って申し込むこともあるでしょう。申し込みフォームに、実際に勤めていない会社の電話番号を記入したり知り合いと結託して知り合いの自宅の電話番号を記入したりする人もいます。

しかし、それらの嘘は発覚します。カードローン会社は、申込者が怪しい場合は書類の追加提出を求めてきます。たとえば、社員証であったり社会保険証であったり給与明細書です。それらの書類には、社名が記載されているので、どこに勤めているのかが明らかにされます。そもそも無職であれば、それらの書類の提出はできないでしょう。

審査の途上で虚偽が明らかになれば、当然、審査落ちとなります。

さらに最悪なのが、審査をくぐり抜け利用を始めてから嘘が発覚するような場合です。虚偽の内容で審査に通過していたことが分かると、規約違反となり強制退会処分となります。当然そのカードローンは利用できなくなり、そのうえ一括返済を求められるのです。

強制退会処分を受けると、その旨が信用情報に記載され金融事故扱いとなります。金融事故扱いということは、ブラックリストを意味し、今後5年から10年程度は他社のカードローンのクレジットカードの審査にも落ち続けます。住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響が出て人生計画にも暗い影を落とすことになるので、嘘の情報で審査に申し込むのは絶対にやめましょう。

目次へ戻る

在籍確認とは?行われるタイミングもご紹介

厄介な在籍確認ですが、そもそもどのタイミングでおこなわれるのでしょうか。さらに、在籍確認とはなぜおこなわれるのでしょうか。

こちらでは、在籍確認に関する基礎的な内容を解説します。

目次へ戻る

在籍確認が行なわれる理由

申込者の返済能力を確認するためにおこなわれます。

カードローン会社はビジネスとして融資をしており、返済されなければ損失を負うことになります。損失が出てしまえば、ビジネスとして成り立たなくなるでしょう。

在籍確認は、返済できそうな人か返済が難しそうな人かを判断するために実施されます。申込者が申告した勤務先にきちんと勤めていれば、正確な情報が記入されていることになりますし、収入を得ていることになるため、カードローン会社側としては安心して融資できます。

とくに消費者金融の場合は、貸金業法の年収の3分の1を超える融資を禁止している「総量規制」との兼ね合いもあり、収入がなければ利用できません。つまり無収入の人には融資しないように、在籍確認で確認を取っているのです。

目次へ戻る

在籍確認のタイミング

在籍確認のタイミングはカードローン会社によっても若干異なっていますが、一般的には審査の終盤です。

以下に、カードローンの一般的な申し込みから契約までの流れを掲載します。

  1. 申込み
  2. 仮審査(各種属性情報のチェック)
  3. 本審査(必要書類の確認、個人信用情報のチェック、在籍確認)
  4. 契約
  5. 利用開始

カードローンの審査は、一般的に仮審査と本審査に分かれており、仮審査は申込情報のみで判断されます。仮審査を突破すると、本審査に突入し本人確認書類や収入証明書類がチェックされ、個人信用情報も確認されます。それらに問題がないと、最後に実施されるのが在籍確認です。つまり、審査の最終盤におこなわれるわけで、そこまでは審査に通過しているのです。

目次へ戻る

勤務先に嘘をつく必要なし!アコムなら電話連絡なし!

在籍確認のために勤務先に嘘をつくのはリスクが高いため、おすすめできません。だからといって、正直に告げるのは嫌でしょう。

そこでおすすめしたいのが、消費者金融業者のアコムです。アコムは勤務先に対して在籍確認の電話連絡をしないので、わざわざ嘘をつく必要もありません。同僚に借金が発覚するリスクを大きく引き下げられるカードローンなのです。

ここでは、在籍確認も含めたアコムの審査と、カードローンとしての特徴を明らかにします。

目次へ戻る

アコムの在籍確認

アコムは、勤務先への電話連絡による在籍確認を原則実施していません。公式ホームページにも明記されているので安心です。

ただ、アコム側が電話連絡が必要と判断した場合は、職場に電話がされる可能性もゼロではありません。一方で、電話連絡する場合は事前に申込者の同意を得ることになっているため、いきなり職場に電話がかかってくることはありません。

目次へ戻る

アコムの審査の流れとは?

アコムの審査の流れを簡単に解説します。

まずはインターネットや店舗、そして電話や郵送から申込みます。それらの申込み方法の中で最もおすすめなのがインターネットであり、24時間365日対応で最短30分融資もOKです。また希望すればカードの郵送も避けられるので、いわゆるweb完結にも対応しているのです。

インターネットで申込みする際は、公式ページにアクセスし申込みフォームの必要事項を埋めます。そのうえ、必要書類を提出します(スマホアプリまたはWEBからの提出も可能)。

必須の書類は本人確認書類であり、以下から1点の提出が必要です(店舗提出の場合で保険証を提出する際は、補足書類として住民票の写し公共料金の領収書の提出も必要)。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 保険証

必要書類には収入証明書類もありますが、以下の条件に当てはまる人のみ求められます。

  • アコムの契約額が50万円を超えるケース
  • 借入総額が100万円を超えるケース

対応している収入証明書類は以下の5つです(いずれか1つ提出)。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

書類の提出が住むと審査が進み、個人信用情報などのチェックが行われます。審査が終了すると、審査結果がメールで届きます。審査落ちとなった場合はここで手続きは終了です。

審査通過となったら、契約内容を確認し、内容に同意したら契約完了です。契約時にカードの受け取り方法および、カードの発行有無を決められるので、カードレス契約を望んでいる場合はカードなしを選びましょう(カードはあとから発行することも可能です)。

契約手続きが完了すると借り入れできます。アコムでは振込融資にも対応しているため、カードを受け取る前に融資してもらうことも可能です。

目次へ戻る

3秒診断と30日間無利息にも注目

アコムの審査を受ける前に、活用してほしいコンテンツが「3秒診断」です。アコムの公式ページに設置されているもので、以下の3つの情報を入力するだけで簡易的に判断してもらえます。

  • 年齢
  • 年収
  • カードローン他社借入状況

3秒診断は審査の目安を示してくれるもので、実際の審査結果とは異なるので注意してください。基本的には、収入と借入額のバランスを確認するもので、とくに問題がなければ「お借入できる可能性が高いです。」との結果が出ます。

アコムの魅力といえば、30日間無利息を忘れてはなりません。アコムと初めて契約した人が対象となるサービスであり、最大30日間金利ゼロで融資を受けられます。かりに50万円を年利18.0%で30日間借りると約7,387円の金利が発生しますが、それがゼロになるのです。ただ、契約日の翌日から自動的に無利息期間がスタートするので、即日借り入れしないと30日間を無利息フルに活かせないので注意してください。

\原則電話連絡なし!在籍確認が不安なら/

アコムに申し込む

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめカードローン簡単解説

会社名 おすすめポイント 申込
アコム
アコムは原則、勤務先への在籍確認の電話連絡なしを明言している。しかも、もし電話が必要になった場合でも必ず利用者の同意を得てから行うため、「急に職場に電話がかかってくる」ことがない。また、カードレス契約なら郵送物もないので、誰にもバレずに借りられる可能性が高い。
会社名 おすすめポイント 申込
auじぶん銀行カードローン
銀行が提供しているカードローンは消費者金融と異なり、貸金業法の影響を受けない。そのため消費者金融とは審査が若干異なる。例えば複数の消費者金融との契約が原因で審査に落ちた場合でも、銀行カードローンなら通過できる可能性もある。もちろん非auユーザー、じぶん銀行口座を持っていなくても利用可能。また、今なら新規契約で1,000円相当のPontaがもらえる。
会社名 おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルも原則として、勤務先への電話連絡なし申込時に勤務先への電話連絡を行わない。さらに融資スピードが速く、申し込みから借入までは最短25分。電話連絡がないため、土日でも審査が進む可能性が高い。急いでいる人におすすめ。

あわせて読みたいおすすめ記事

目次へ戻る

お役立ち記事をピックアップ!

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎