暮らしの達人 >> カードローン >> 記事一覧 > 奨学金の審査に落ちる理由と審査対策方法を紹介

奨学金の審査に落ちる理由と審査対策方法を紹介

公開年月日 : 2021/06/14

奨学金の審査に落ちる理由と審査対策方法を紹介

「奨学金を利用したが審査に落ちてしまった人」もしくは「奨学金を利用したいが審査が不安な人」に向けて、奨学金の審査に落ちる理由を解説します。また、奨学金を利用できない場合の対策方法も紹介するので参考にしてください。

おすすカードローン3選

審査スピードに定評

aiful-cashingloan アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融。最短30分の審査スピードで人気。手数料無料で利用できるアコムATMが全国にあるので、どこにいても現金を受け取りやすい。

お申込み

金利で選ぶなら

プロミス プロミス

最大金利は17.8%と他社より低い。無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間なので活用しやすい。自社ATMだけでなく、三井住友銀行ATMでも手数料無料なのも嬉しい。

申込み

勤務先への電話連絡なし

aiful-cashingloan アイフル

原則として、申し込み時に勤務先に電話連絡を行わないことを公式サイトに明記。会社バレを避けるならイチオシ。

お申込み

奨学金の審査基準

奨学金の審査基準についてお伝えしますが奨学金には様々な種類があるあるため、ここでは最も利用する方が多い日本学生支援機構の大学生への奨学金に関する審査について解説します。

ちなみに平成29年度の調査によると、日本学生支援機構の奨学金の利用率は短大を含む大学生全体で37.5%にもなることが明らかにされています。つまり短大生および大学生のうち2.7人に1人が日本学生支援機構の奨学金を利用していることになるのです。

目次へ戻る

学力基準など申込資格・選考基準を満たしていない

日本学生支援機構の奨学金を受けるためには、申し込み資格・選考基準を満たさなければなりません。注目してほしいのが、学力基準と家計基準になります。

まず学力基準は 高等学校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以上であることが求められます。したがって、平均以上の学力がなければ奨学金を利用できないことに。

一方で上記基準を満たさない場合でも条件によっては、奨学金を利用できる可能性があります。原則父母である生計維持者の住民税が非課税であるケース、または生活保護受給世帯であるケース、社会的養護を必要とするケースのいずれかに該当する場合で以下のいずれかに該当する場合は、高等学校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以下であっても学力基準を満たしていることになります。

  • 特定の分野において特に優れた資質能力を持っており、優れた学習成績を修める見込みがある
  • 学修に意欲的であり、優れた学習成績を修める見込みがある

以上の学力基準に満たない場合であっても、 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者であれば学力基準をクリアしたことになります。

ちなみに第一種と第二種、給付型奨学金で若干内容は異なります。ただいずれも平均以上の成績が求められる点では同じなので、高校時代の成績が重要である、と覚えておきましょう。

次に家計基準ですが、簡単に言ってしまえば裕福な家庭は利用できません。そもそも資金を持っている家であれば奨学金を利用しようとは思わないものなので、こちらについては特に問題ないでしょう。

具体的な家計基準ですが、大学種別、希望する奨学金種別、収入形態、通学形態等、世帯人員によって異なりるため事前に確認することをおすすめします。基本的には世帯数ごとに合計収入額の上限を定めており、例えば「世帯人数が3人ならばXXX万円以上の給与所得があると利用できない」などとしています。

目次へ戻る

保証人に返済能力や信用がない

奨学金を利用するためには、連帯保証人と保証人を用意しなければなりません。連帯保証人および保証人が意味を持つのは、奨学生が返済できなくなった時です。奨学生本人が返済できなくなった場合は、まずは連帯保証人に返還が求められ、次に保証人に返済が求められます

奨学金の審査では連帯保証人と保証人に対する審査が実施され、仮に返済能力が低いと判定されると審査落ちとなります。特に注意したいのが個人信用情報であり、そこに問題があると審査に落ちる可能性が高くなるのでご注意ください。

まず連帯保証人は、原則として父母となります。連帯保証人は奨学生本人が未成年の場合は、その親権者であることが求められます。そして債務整理中でないことが求められます。債務整理とは、自己破産・任意整理・個人再生・特定調停などのことを指しており、借金が返済できずに減額したり免責したりを父母がしている最中は、奨学金を利用できないのです。

保証人は奨学生本人および連帯保証人が返済できなくなった時に、代わって返還する人を指しています。こちらは原則として叔父や叔母、兄弟姉妹が対象者になります。

保証人は奨学生および連帯保証人と別生計であることが求められます。さらに返還誓約書の誓約日(奨学金の申込日)時点で65歳未満であることも求められるため、年齢条件もついていることになります。また連帯保証人と同様に債務整理中は不可とされています。

連帯保証人と保証人の両方とも個人信用情報に債務整理中などの金融事故が掲載されていると、奨学金の利用はかなり厳しくなる点は覚えておきましょう。もちろん債務整理中は連帯保証人や保証人になれないだけなので、債務整理後であれば奨学金審査に通過できる可能性はあります。しかし債務整理後であっても5年間は個人信用情報機関に金融事故として情報が残るため、審査にも一定の悪影響を及ぼすことになるでしょう。

目次へ戻る

奨学金の審査に落ちた・落ちる可能性が高い場合の対策方法

奨学金を利用できなかった時に有効な対策法を2つご紹介します。それほど難しいものではないので、気になるものがあったら是非チャレンジしてみてください。

目次へ戻る

教育ローンを利用する

奨学金が使えなかったとしても、教育ローンを使えば学費の工面は可能です。ただ奨学金のように金利が1%以下など条件がそれほど良いわけではありません。一般的には金利が1%を超えるものが多いですが、それでもクレジットカードのキャッシングであるとか、カードローンを利用するよりは有利です。また奨学金の場合は入学後に振り込まれるので入学金には使えませんが、教育ローンの場合は使えることもあるため、使い勝手という部分では奨学金を上回っている、との見方もできますよ。

以下、メガバンクの三井住友銀行の教育ローンについて簡単にご説明します。

まず金額については、10万円から300万円になります。金利は変動型ではありますが、年3.475%に設定されています(2021年6月現在)。ちなみに住宅ローンとセットで申込みを行うと、金利はマイナス0.5% となるため2.975%で利用できることに。

三井住友銀行の教育ローンは幅広い教育資金に対応しており、学校や塾予備校等に納付する資金に利用できるのは当たり前で、他の金融機関で借り入れ中の教育ローンの借り換えにも利用できるのです。借入期間は1年間から10年間であり、より長い返済期間を設けることで毎月の返済額の負担を減らすことも可能です。

注目したいのが利用条件であり、まず年齢条件として20歳以上65歳未満に設定されています(本人または両親のいずれかがクリアしていればOK)。また前年度の税込み年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)であり、安定した収入があることが求められます。

教育ローンの審査でも奨学金と同様に、個人信用情報をチェックされることになります。つまり個人信用情報に何らかのマイナスの情報が記載されていると、やはり審査落ちになる可能性が出てきてしまいます。教育ローンは民間のローンの中でも低金利であり、業者側としてはリスクが高いものになります。したがって審査は厳しくなる可能性が高いので、過去にクレジットカードやローンの返済で遅れたことがある方は要注意です。

目次へ戻る

消費者金融を利用する

そもそも奨学金の審査に落ちるのであれば、教育ローンの審査に落ちる可能性も高いと言えます。どちらも審査難易度が高いと考えられており、様々な条件がついているところ、さらには保証人を求められることもあるなど、心理的なハードルも低いとはいえません。

そこで最後の砦として活用していただきたいのが消費者金融になります。

消費者金融に対し良いイメージを持っていない方もいるかも知れませんが、そんな話は過去のものです。以前発生していたグレーゾーン金利も撤廃され、利息制限法の範囲内の融資を行っています。取り立てに関しても貸金業法にて、厳しく規制されており業者は守らざるを得ません。たとえば、複数人で取り立てに行くことも禁じられていますし、正当な理由なく夜の9時から翌午前8時まで取り立てを行うのもNGです。もし違反するようなことがあれば、法律違反となり営業停止などの処分を受けることに…。

そもそも今や大手消費者金融の多くは金融グループに所属しています。大手の銀行が所属しているほどの巨大グループであることも珍しくありません。たとえばプロミスはSMBCグループに所属していますが、三井住友銀行やSMBC信託銀行、他にも三井住友カードや欧州三井住友銀行などなど、そうそうたる企業が所属しています。そんな大手グループに所属している消費者金融が問題を起こすようなことは基本的に考えられません。仮に暴力的な取り立てをすれば、大きく報道されることになりグループ全体の評判を悪くしてしまうわけです。

ただ消費者金融には奨学金や教育ローンと比較すると大きなデメリットがあり、それは金利です。消費者金融の一般的な金利は最大で18%にもなるため、奨学金の年1%弱や教育ローンの5%弱と比較すると大きな違いになります。

一方で消費者金融では素晴らしいサービスを行っており、初めての利用で30日間の無利息期間が用意されていることがあるのです。その名のとおりに一定期間無利息になるため、その期間中に完済すれば利息は一切発生しません。したがって仮に短期間で返済できる場合であれば、大きな負担になる可能性は低いでしょう。たとえば入学金や授業料の支払いがあるけど、2ヶ月後や3ヶ月後のボーナスで完済できる、といった状況であれば実質的な金利もかなり抑えられるのです。

もちろん、48回払いなど長期間の返済になれば大きな負担になることも考えられます。まずは自身の返済能力と想定返済期間を計算してみて、どの程度の期間で完済できそうかを調査してみましょう。仮に短期間であれば、消費者金融を検討する価値は十分です。

目次へ戻る

おすすめの消費者金融

奨学金と教育ローンの利用が難しいケースや短期間の返済で対応できそうな方におすすめなのが消費者金融です。申し込み方法も多彩であり、しかも最短即日融資に対応しているなどメリットも少なくありません。近年ではWEB完結と呼ばれる、ネット上ですべての手続きが完了できるサービスまで行われているのです。

こちらではおすすめの消費者金融を2つご紹介するので、お子さんの教育に関わる費用の確保先として検討していただけたら幸いです。

目次へ戻る

プロミス:他社よりも低い金利と無利息期間が魅力

プロミス

画像引用元:プロミス公式サイト│キャッシング新規お申込み(2021年03月02日取得)

プロミスは極めて評価の高い消費者金融であり、直近の「2021年オリコン顧客満足度調査 ノンバンクカードローン」にて第1位を獲得しています。調査対象企業は全部で19社であり、ローン利用者3,609人に調査を行っているものなので、かなり信頼度の高い調査と言えます。ちなみにプロミスで高く評価されているのが審査対応になります。実際に短時間で審査結果を知らせてくれるのはもちろん、WEB完結と呼ばれるカードレス系のサービスも実施しています。即日融資の実施率も高いとされており、安心して利用できる点にも注目でしょう。

金利についてもメリットが複数あり、30日間の無利息サービスと最大年利が他の大手消費者金融と比較して低いところに注目です。まずは30日間の無利息サービスですが、適用条件はプロミスとの契約が初めてであり、メールアドレスを登録し、書面の受け取り方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にするだけです。たったそれだけで1ヶ月分の利息がかからないので、短期間の利用を想定している方にはかなりお得な利用ができます。またプロミスの無利息期間の開始日は、初めての借入日の翌日からになります。契約後すぐに無利息期間が開始されるわけではないため、事前に契約だけ済ませておき、いざ入学金や授業料が必要になった時に借り入れを行う、との使い方でも問題ないわけです。

大手消費者金融の最大金利は年18%に設定されていることが多いですが、プロミスの場合は年17.8%と若干低く抑えられています。ちょっとした違いになりますが、返済期間が長引くような場合や継続して利用することが想定される場合には大きな違いになることも考えられます。消費者金融は利用するにしても、少しでも金利を抑えたいのであればプロミスをおすすめします。

以下、プロミスの申込み条件と必要書類についてご紹介します。

申込み条件は、以下の2点になります。

  • 年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 本人に安定した収入があること

収入については、額が指定されているわけではありません。主婦でもパートやアルバイトなど安定した収入がある場合であれば、融資してもらえるとのことなので、それほど高額な年収を求められることはありません。

必要書類として必須なのが、本人確認書類になります。運転免許証を持っている方であれば、運転免許証の提出を行ってください。持っていない方は、パスポートまたは健康保険証+住民票の提出でもOKとされています。

借入希望額が50万円を超えるケース、および借入希望額と他社の利用残高の合計が100万円を超えるケースに該当する場合は、以上の本人確認書類とともに収入証明書の提出が必要になります。収入証明書は、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)のいずれかとなります。

プロミス
  • プロミスを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • Webからの契約なら来店不要!郵送物なし!カードレス!
  • 最短1時間で融資可能なスピード対応!
実質年率 最短融資期間 総量規制
4.5%~18.0% 最短1時間 あり
新規契約での無利息期間
初回借入日の翌日から30日間
※メールアドレスの登録と申し込み時に「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」の選択が必要

プロミスは他社と比較して金利が低く、さらに無利息期間の開始日が契約日ではなく借入日なのがメリット。これから消費者金融と契約するなら、まずプロミスを第一候補として問題ないだろう。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

アコム:知名度抜群!初心者にもおすすめできる

アコム

アコムは2021年1月8日から12日に株式会社ショッパーズアイの行った調査により、多くの方から高く評価されていることが分かりました。「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門で1位に輝いているのです。つまり、初めての消費者金融の利用であるとか、即日融資を狙っている方、そして「手続きが不安な方におすすめということです。

アコムも30日間の無利息サービスを行っており、その適用条件はアコムの契約が初めてであることのみです。ただ無利息期間の開始日は契約日の翌日となるため。仮に契約してすぐに融資を受けないと無利息期間が無駄になる恐れもあるのでご注意ください。お子さんの学費目的で借りるのであれば、入学金や授業料の請求日の直前に審査に申し込むのが良いでしょう。

初めての消費者金融の申し込みということで審査に不安を抱えている方は、アコムの公式ページに用意されている「3秒診断」と呼ばれるコンテンツを活用しましょう。年齢・年収(総支給額)・カードローン他社お借入状況の3つの項目を埋めるだけで、借入れできそうかを判断してもらえます。仮に「お借入できる可能性が高いです。」と出た場合はアコム側から高く評価されているので、そのまま申し込みされてはいかがでしょうか。一方で「ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できませんでした。」と出た場合は、年収と借入れ金額のバランスが悪いと判断されている恐れがあります。診断結果の内容をチェックし、再度「3秒診断」で確認してみましょう。

アコムの金利は3%から18%に設定されています。契約する利用限度額によって金利は変わるものであり、たとえば1万円から99万円であれば7.7%から18.0%になります。100万円から300万円は7.7%から15.0%、301万円から500万円は4.7%から7.7%、501万円から800万円は3.0%から4.7%です。契約額が高くなるほど有利な借り入れができるわけですが、その分審査難易度がアップするので、なるべく必要最低限の額での申し込みがおすすめです。

アコム
  • アコムを初めて利用する方は30日間利息0円!
  • ネットで契約まで可能!
  • 最短30分で審査回答さらに即日振込も!
実質年率 最短融資期間 総量規制
3.00%~18.00% 最短で申込当日 あり
新規契約での無利息期間
契約日の翌日から30日間

アコムはユーザー満足度の高い消費者金融。知名度も高く、様々なランキングの常連なのが強みだ。金利や手数料自体は他社と比較して特別優れている印象はない。とはいえプロミスに次いで利用を検討してみても良いだろう。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

おすすめカードローン業者

カードローン おすすめポイント 申込
アコム
審査スピードとATMの多さが魅力。株式会社ショッパーズアイの調査による「はじめての方にオススメ」部門でも1位に輝いた。利用者数も多く、実績豊富。実はMUFGグループに所属。
カードローン おすすめポイント 申込
プロミス
明確に他社よりも優れた強みがあるのが魅力。最大金利が17.8%と他社よりも低いこと。そして無利息期間が契約日ではなく借入日の翌日から30日間となることだ。三井住友銀行ATMの利用なら融資・返済の手数料が無料なのも魅力。
カードローン おすすめポイント 申込
アイフル
アイフルは大手消費者金融の中では珍しく、申込時に勤務先への電話連絡を行わない。会社にバレたくない人や、土日に即日融資を受けたい人におすすめだ。WEB完結にも対応しているので、郵送物なしで融資を受けることも可能。

貸金業者比較表

項目 プロミス アイフル アコム
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
最大借入額 500万円 800万円 800万円
無利息期間 借入日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間
最短審査時間 30分 25分 30分

※1:申し込み時にメールアドレスの登録と書面の受け取り方法で「Web明細」を選択する必要あり。

目次へ戻る

新着記事一覧

中小なら在籍確認なしでキャッシング可能?中小なら在籍確認なしでキャッシング可能? カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき?カードローンの在籍確認は事前に会社に伝えるべき? 免許証だけで借りられる消費者金融免許証だけで借りられる消費者金融 職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし職場確認なしのカードローンはある!アイフルは会社連絡なし 会社にバレずにお金を借りる方法を紹介会社にバレずにお金を借りる方法を紹介 在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!?在籍確認なしで最短即日融資が可能なカードローンはアイフル!? セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる?セントラルは在籍確認なしでお金を借りることができる? アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法アコムを周囲にバレないで契約・利用する方法 アコムは在籍確認なしにできる?その方法と注意点まとめアコムは在籍確認なしにできる?その方法と注意点まとめ LINEポケットマネーは在籍確認あり?なし?LINEポケットマネーは在籍確認あり?なし? プロミスの収入証明書提出要請は無視できる?困った時の対処方法を解説プロミスの収入証明書提出要請は無視できる?困った時の対処方法を解説 給料日が土日の場合に前倒し・後ろ倒しどっちになる?給料日が土日の場合に前倒し・後ろ倒しどっちになる? 初めてのアコムと呼ばれる理由を解説!初めてのアコムと呼ばれる理由を解説! アコムの金利を下げる方法を解説!条件を満たせば負担を抑えることが可能アコムの金利を下げる方法を解説!条件を満たせば負担を抑えることが可能 アコムはカードなしで返済・借入可能!その方法を解説アコムはカードなしで返済・借入可能!その方法を解説 アコムの返済額をシミュレーションしてみよう!計算方法や役立つツールを紹介アコムの返済額をシミュレーションしてみよう!計算方法や役立つツールを紹介 アコムの審査時間はどれくらいかかる?目安や短縮方法を解説アコムの審査時間はどれくらいかかる?目安や短縮方法を解説 LINEポケットマネーで審査落ちする理由と対策方法まとめLINEポケットマネーで審査落ちする理由と対策方法まとめ 全国対応の中堅消費者金融一覧とおすすめの街金業者を紹介全国対応の中堅消費者金融一覧とおすすめの街金業者を紹介 教習所に通いたいがお金がない!そんな時役立つ方法を紹介教習所に通いたいがお金がない!そんな時役立つ方法を紹介 街金おすすめ業者を紹介!おすすめポイントを厳選街金おすすめ業者を紹介!おすすめポイントを厳選 マクドナルドの前給は使うな!おすすめしない理由とより良い方法を解説マクドナルドの前給は使うな!おすすめしない理由とより良い方法を解説 奨学金の審査に落ちる理由と審査対策方法を紹介奨学金の審査に落ちる理由と審査対策方法を紹介 フクホーの口コミを紹介!メリットデメリットや審査基準を解説フクホーの口コミを紹介!メリットデメリットや審査基準を解説 個人信用情報機関に開示依頼してもデメリットなし!開示方法を紹介個人信用情報機関に開示依頼してもデメリットなし!開示方法を紹介 デンタルローンで審査甘い業者はある?落ちる原因と対策方法を解説デンタルローンで審査甘い業者はある?落ちる原因と対策方法を解説 給料前借りアプリとは?給料を前払いして欲しい時に役立つ知識を紹介給料前借りアプリとは?給料を前払いして欲しい時に役立つ知識を紹介 モンテローザの前給制度とは?給料の前借りよりもキャッシングをおすすめする理由モンテローザの前給制度とは?給料の前借りよりもキャッシングをおすすめする理由 アプラスの審査は甘い?ローン審査に通る方法を解説アプラスの審査は甘い?ローン審査に通る方法を解説 申し込みブラックとは?カードローンやキャッシングの申し込みで覚えておくべき知識を解説申し込みブラックとは?カードローンやキャッシングの申し込みで覚えておくべき知識を解説 キャッシングアローは危ない?その理由と特徴を解説キャッシングアローは危ない?その理由と特徴を解説 家賃を滞納すると信用情報に傷がつく!滞納を避ける制度やサービスを紹介家賃を滞納すると信用情報に傷がつく!滞納を避ける制度やサービスを紹介 パソコン分割払いは審査なしで契約可能?審査落ち時の対策方法を解説パソコン分割払いは審査なしで契約可能?審査落ち時の対策方法を解説 教育ローンの審査に落ちた原因と対処方法を解説教育ローンの審査に落ちた原因と対処方法を解説 追証が払えないときどうする?最悪の場合に役立つ方法を紹介追証が払えないときどうする?最悪の場合に役立つ方法を紹介 5000円欲しい!そんな人におすすめする2つの5,000円入手方法5000円欲しい!そんな人におすすめする2つの5,000円入手方法 アコムの恐ろしさを徹底解説!本当はヤバい消費者金融!?アコムの恐ろしさを徹底解説!本当はヤバい消費者金融!? 自動契約機(むじんくん)は怖い?消費者金融を利用したいが不安な人におすすめする方法自動契約機(むじんくん)は怖い?消費者金融を利用したいが不安な人におすすめする方法 引っ越し費用を借りるなら消費者金融!無利息期間を使えば銀行よりも低金利引っ越し費用を借りるなら消費者金融!無利息期間を使えば銀行よりも低金利 助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法助けてお金が借りれない!そんな人に試して欲しい借入方法 クレジットカードが払えない!滞納リスクとおすすめ返済方法を解説クレジットカードが払えない!滞納リスクとおすすめ返済方法を解説 ご祝儀を払えない時どうする?消費者金融がおすすめだと言える理由を解説ご祝儀を払えない時どうする?消費者金融がおすすめだと言える理由を解説 至急お金が必要ならば消費者金融!無利息期間を活用して賢く利用しよう至急お金が必要ならば消費者金融!無利息期間を活用して賢く利用しよう キャッシング審査に通らない人に向けて解説!その原因と対策方法まとめキャッシング審査に通らない人に向けて解説!その原因と対策方法まとめ バイクローン審査に通らない理由と対策方法を解説!バイクローン審査に通らない理由と対策方法を解説! イオン銀行カードローンの審査に落ちた理由と対策イオン銀行カードローンの審査に落ちた理由と対策 ろうきんおまとめローンの審査落ち原因を解説!ろうきんおまとめローンの審査落ち原因を解説! 消費者金融のデメリットまとめ!しかし消費者金融にはそれ以上の魅力がある消費者金融のデメリットまとめ!しかし消費者金融にはそれ以上の魅力がある じぶん銀行カードローン審査落ちの原因と対策方法まとめ!じぶん銀行カードローン審査落ちの原因と対策方法まとめ! 現金がないとき役立つ知識!消費者金融の無利息期間を活用しよう現金がないとき役立つ知識!消費者金融の無利息期間を活用しよう アコムの利用は会社にバレる?会社バレを回避する方法と在籍確認なしの業者を解説アコムの利用は会社にバレる?会社バレを回避する方法と在籍確認なしの業者を解説 プロミスは在籍確認なしで契約可能?会社バレを防ぐ方法を解説プロミスは在籍確認なしで契約可能?会社バレを防ぐ方法を解説 在籍確認電話の言い訳を紹介!不安なら在籍確認なしの業者に申し込もう在籍確認電話の言い訳を紹介!不安なら在籍確認なしの業者に申し込もう Appleローンの審査落ちた人におすすめする2つの対策方法Appleローンの審査落ちた人におすすめする2つの対策方法 在籍確認のごまかし方!そもそも在籍確認自体がない業者も検討しよう在籍確認のごまかし方!そもそも在籍確認自体がない業者も検討しよう 誰にもバレずにお金を借りる方法を解説!気をつけたいポイントをバレにくい会社選び誰にもバレずにお金を借りる方法を解説!気をつけたいポイントをバレにくい会社選び 無償でお金を貸してくれる人はここにいた!消費者金融の無利息期間を活用しよう無償でお金を貸してくれる人はここにいた!消費者金融の無利息期間を活用しよう アコムは無職でも審査に通る可能性がある?無職の人がアコムを利用する際に覚えておくべきことアコムは無職でも審査に通る可能性がある?無職の人がアコムを利用する際に覚えておくべきこと 絶対審査に通るカードローンを探している人がやるべき審査対策絶対審査に通るカードローンを探している人がやるべき審査対策 審査に通りやすいカードローンはある?審査に通りやすいカードローンはある? どうしても20万借りたい人におすすめする方法 どうしても20万借りたい人におすすめする方法 イオン銀行カードローンは在籍確認なしにできる? イオン銀行カードローンは在籍確認なしにできる? 北洋銀行フリーローンの審査に落ちた理由を徹底解説 北洋銀行フリーローンの審査に落ちた理由を徹底解説 カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ カードローンの審査に通らない主な理由と対策方法まとめ プロミスはバレないで申し込むこと可能? プロミスはバレないで申し込むこと可能? アコムの審査に落ちる主な理由と対策方法 アコムの審査に落ちる主な理由と対策方法 SMBCモビットの審査に落ちた人必読!その理由と対策方法を解説 SMBCモビットの審査に落ちた人必読!その理由と対策方法を解説 お金を借りる審査に通らない!その原因と対策方法を解説 お金を借りる審査に通らない!その原因と対策方法を解説

目次へ戻る

おまとめローン 在籍確認なし 無利息期間あり 総量規制対象外 フリーターOK 主婦歓迎