暮らしの達人 > ネット証券会社 > 外国株 > 外国株 基礎知識 > 外国株の取扱国数比較ランキング

外国株の取扱国数比較ランキング

公開年月日 : 2016/09/30 更新年月日 : 2016/10/02

外国株の取扱国数は、証券会社ごとに大きく違います。世界の情勢を踏まえて、これから投資したい国の株を取引できるかを確認しておくことは、とても重要なことです。また、取引の予定が直近でなくても先に口座を作ってしまえば、証券会社が提供するサービスを通じて各国の情報収集するなど、有用な使い方ができます。外国株を取引するためには、証券会社で証券総合口座を開設した後に、外国株取引口座を開設する必要があります。

外国株と取扱国数はSBI証券がNo.1の9カ国

暮らしの達人が紹介するネット証券で、外国株の取扱国数が最も多い証券会社はSBI証券で、9カ国です。米国株や中国株の取扱はもちろん、韓国株、ロシア株、ベトナム株、インドネシア株、シンガポール株、タイ株、マレーシア株の取扱があります。その次に多いのは、楽天証券で、6カ国です。米国株、中国株、シンガポール株、タイ株、マレーシア株、インドネシア株の取り扱いがあります。

証券会社 取扱国 詳細
米国 中国 シンガポール マレーシア タイ インドネシア その他
松井証券株式会社
松井証券株式会社
××××××
株式会社ライブスター証券
株式会社ライブスター証券
××××××
GMOクリック証券株式会社
GMOクリック証券株式会社
××××××
カブドットコム証券株式会社
カブドットコム証券株式会社
××××××
マネックス証券株式会社
マネックス証券株式会社
××××
SMBC日興証券株式会社
SMBC日興証券株式会社
××××
株式会社SBI証券
株式会社SBI証券
韓国株
ロシア株
ベトナム株
楽天証券株式会社
楽天証券株式会社
丸三証券株式会社
丸三証券株式会社
××××××

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

外国株 国内株の取引手数料が安い IPOの実績が多い NISAの手数料が安い