暮らしの達人 > 簿記 > 資本振替:当期純利益(損失)を資本金に反映する方法と仕訳ルールを解説

資本振替:当期純利益(損失)を資本金に反映する方法と仕訳ルールを解説

公開年月日 : 2018/07/06 更新年月日 : 2018/08/30

決算整理の後、財務諸表を作成するまでに大きく分けて5つのステップがあります。

このページでは、2つ目のステップの資本振替について解説します。

決算手続きの流れ:資本振替

資本振替とは

STEP1の損益勘定振替で算出された当期純利益は、会社がビジネスの幅を広げるために使われます。

つまり、商売の元手になります。したがって、当期純利益は資本金に振り替えられます。

当期純利益の場合は、資本金が増え、当期純損失の場合は資本金が減ります。

利益もしくは損失を資本金に反映する処理を資本振替といいます。

計上された当期純利益を資本金勘定に振り替える

資本振替の仕訳ルール

当期純利益が400円だった場合、損益勘定の借方の残高が400円であることは損益振替で解説しました。

損益勘定振替:収益と費用の差額を計算して当期純利益(損失)を求める方法を解説

資本金勘定振替では、損益勘定の残高が0になるように振替仕訳をします。

損益勘定の残高が0になるよう資本金勘定に振り替える

当期純利益が計上された場合は損益勘定を借方(左側)に、資本金勘定を貸方(右側)に記入します。

仕訳-資本振替-当期純利益
借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 400 資本金 400

仕訳-資本振替-当期純損失
借方科目 金額 貸方科目 金額
資本金 400 損益 400

以上の仕訳から、損益はすべてて資本金に反映されることがわかります。

第3章 決算手続き コンテンツ一覧

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

簿記3級 基本 簿記3級 期中取引 簿記3級 決算手続き 簿記3級 伝票会計