暮らしの達人 > 簿記 > 決算手続きの流れ:貸借対照表と損益計算書を作成する一連の流れを解説

決算手続きの流れ:貸借対照表と損益計算書を作成する一連の流れを解説

公開年月日 : 2018/07/06 更新年月日 : 2018/08/30

このページでは、会計期間中に記録された仕訳をもとに貸借対照表と損益計算書を作成する決算手続きの流れを解説します。

決算手続きとは

決算とは会計期間中に記録された内容を整理して、貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を作成する一連の作業のことをいいます。また、会計期間の末日のことを決算日といいます。

決算手続きのステップ

決算手続きは大きく4つのステップに分類されます。

決算手続きのステップ

決算手続きの流れ STEP① 試算表作成

試算表とは、各勘定の合計もしくは残高を集計した一覧表のことで、決算の時にはこれまでに転記した勘定の内容が間違っていないか最終チェックを行うために作成します。決算手続きには欠かせない一覧表です。

詳しくは試算表:総勘定元帳へスムーズに転記するための一覧表の内容で解説します。

決算手続きの流れ STEP② 決算整理

試算表を作成して最終チェックすることで期中の取引が正確に仕訳されたことが確認できますが、それでも決算日現在の財務状態や経営成績を正確に反映できない項目がいくつかあります。

たとえば、有価証券や固定資産の価値は決算日の価値を財務諸表に反映するためには、決算日の評価額を算出して反映する作業が必要です。この手続きを決算整理といいます。また、決算整理を必要とする事項を決算整理事項と言います。

日商簿記3級試験で出題される決算整理事項は次の8つです。

決算手続きの流れ STEP③ 勘定締め切り

決算手続きの流れ STEP③ 勘定締め切り

したがって、決算整理完了後、次期会計期間に繰り越される勘定の残高を集計する必要があります。この作業を勘定の締め切り、決算振替仕訳といいます。ここで作成される一覧を繰越試算表と言います。

決算手続きの流れ STEP④ 財務諸表の作成

ここまで整理した情報を基に貸借対照表と損益計算書を作成します。

財務諸表の作成:日商簿記3級試験で貸借対照表と損益計算書を作成する方法と注意点を解説で解説します。

第3章 決算手続き コンテンツ一覧

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

簿記3級 基本 簿記3級 期中取引 簿記3級 決算手続き 簿記3級 伝票会計