暮らしの達人 > 中国語検定 > 中国語会話教室に通うならプライベートかグループレッスンどちらが良いか?メリット&デメリットを解説

中国語検定の作文問題に部分点はあるか?

公開年月日 : 2018/09/07 更新年月日 : 2018/09/07

中国語の受講スタイルは大きく2つあります。

先生1人と生徒1人のマンツーマンで行うプライベートレッスン、先生1人と大勢の生徒で行うグループレッスン、中国語教室に通うならどちらの形式が良いのでしょうか?

これから中国語を勉強する初学者の方に向けて、プライベートレッスンとグループレッスンのメリットとデメリットを解説します。

プライベートレッスンのメリット&デメリット

プライベートレッスンは中国語教室のマンツーマンコースや家庭教師、インターネットを使ったオンライン中国語会話レッスンで行われているスタイルです。

プライベートレッスンは生徒1人が先生を独占できます。他人を気にせず、自分のペースで勉強できます。

時間あたりに中国語を話す機会も多く、意欲さえあれば自ずと会話も弾みます。

今の実力に合わせてレッスンを進められるので苦手分野に時間を割くことができる、今の自分自身に最も効果のある方法で学習できるので、はじめて中国語を勉強する人におすすめです。

しかし、やる気のない先生だったり、自分に合わなかった場合は勉強ははかどりません。先生選びは慎重に行いましょう。

まずは複数のお試しレッスンを受けてみて、一番自分に合った先生を選ぶのをおすすめします。

メリット
他人を気にせず、自分のペースで勉強できる
やりたい分野に集中して学習できる
グループレッスンと比べて会話できる時間が長い
デメリット
学習成果が先生のレベルに依存しやすい(先生選びは慎重に)

グループレッスンのメリット&デメリット

グループレッスンは多くの中国語教室で実施されてるスタイルです。

グループレッスンの良い点は、受講生と交流できることです。

中国語を勉強している彼らと中国語で交流できるのは良い訓練になるはず。また、仲間同士で良いところ、改善点を教え合って学習活かすことができるし、モチベーションアップにもつなげられます。

一方で、プライベートレッスンと比較して自分が会話する時間は減るため、待ち時間は他の生徒が話している内容を聞き取るなど集中を切らさず効率よく学習しましょう。グループレッスンは自分の取り組み次第でどれだけ伸びるか変わります。

また、他の生徒と同じベクトルで学習しているかの確認も大切です。あなた自身は勉強したいと感じていても、他の生徒は暇つぶしや友達がほしいという理由で受講しているかもしれません。そのスクールの雰囲気を確認するために、体験レッスンの受講をおすすめします。

メリット
他の受講生の良い点、改善点を学習に取り込むことができる
勉強仲間ができる
デメリット
話せる時間が少ない
授業中もさぼれるので、積極的に参加しないと成長できない

最初はプライベートレッスンがおすすめ

中国語の勉強を始める人には最初はマンツーマンレッスンをおすすめします。

ある程度お話できるようになってからグループレッスンを受講すれば良いと考えます。

なぜなら、最初は受講生同士で会話をしたり、彼らの発音を聞くよりも、先生の発音を聞くことや自分が積極的に会話をすること、お決まりのフレーズを頭に叩き込む方が学習の効率が良いと考えるか。

また、グループレッスンの場合、クラス全員のレベルに合わせて進行するので自分のペースで勉強できない苛立ちを感じることがあります。

ある程度基礎ができたら覚えた知識を活かして他の受講生と交流を持った方が有意義だと思います。

インターネットを使った新しいスタイルのオンラインレッスンを受講しよう

グループレッスンの方がプライベートレッスンよりも安いと考えるのが一般的でしたが、最近はSKYPEを使ってインターネット上でマンツーマンレッスンができるオンライン中国語会話が増えています。

従来の中国語教室や家庭教師よりも料金が安いだけでなく、自宅でレッスンが受けられるので通学時間を省けたり服装を気にせず受講できるなど、様々なメリットがあります。

私も以前オンライン中国語会話を受けていました。効率よく自分のペースで学習できました。

料金も安いので、お試しで受講してみてはいかがでしょうか。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キクタン中国語 中国語検定トレーニングブック 中国語会話301