暮らしの達人 > サブスク > ベースフードの口コミを紹介!誰にでもおすすめできるわけではない理由を解説

ベースフードの口コミを紹介!誰にでもおすすめできるわけではない理由を解説

公開年月日 : 2022/02/23

ベースフード

画像引用元:BASE FOOD®継続コース スタートセット – BASE FOOD JP(2022年02月23日取得)

お申込みはこちら

ベースフードは「完全栄養食」です。健康を維持するために必要な栄養素において、その1日の摂取目安の1/3を含んでいます。したがってこれを1つ食べるだけでバランス良く栄養を取り込むことが可能です。

しかしベースフードはその効果を誤解しているような人も見受けられます。利用者の口コミから、実際にどのような効果があってどういう点に気をつけるべきなのかをまとめたので解説していきます。

ベースフードの良い口コミ

ベースフードは栄養効率の高さ、腹持ちの良さに大きなメリットがあります。ここではそれらの口コミを掲載し、その上で詳しく解説します。

目次へ戻る

1食で必要な栄養素の1/3が摂れる効率の良さ

ベースフードの最も優れているポイントは効率の良さです。たくさんの食品を用意しなくても、ベースフード1つを食べるだけでバランス良く栄養補給できるため、手間がかからないのが大きな利点です。

ベースフードは完全栄養食と言われるだけあり、1食で1日に必要な栄養素の3分の1が摂取できるように設計されています。26種のビタミンやミネラル、 たんぱく質や食物繊維など、身体に必要な栄養素が詰まっています。偏食で栄養に偏りがあるような方にこそ、おすすめの食品系サブスクなのです。

目次へ戻る

腹持ちが良い

ベースフードには様々な成分が含まれていますが、糖質に関してはおさえられています。低糖質なのでダイエットにも適しているのですが、糖質が少ないとなると心配になるのが腹持ちです。食べてもすぐに空腹になっては、ダイエットの成功は困難です。

その点、ベースフードは低糖質であるにも関わらず腹持ちが良いのです。ダイエット中についつい間食する人は、お菓子をベースフードに置き換えるだけでも痩せられる可能性があります。ベースフードは食物繊維やタンパク質が多く含まれている傾向にあり、お腹にたまります。過去に空腹に耐えきれずダイエットに失敗した経験がある方は、ぜひ一度試してみてください。

目次へ戻る

ベースフードの悪い口コミ

ベースフードの悪い口コミで多いのが味に関することで、特定の効果が得られるものではない点もマイナスとしてよく指摘されています。以下、それぞれの悪い口コミを紹介したうえで解説します。

目次へ戻る

味がいまいちな場合あり

特にベースパスタはイマイチとの口コミが多いです。アレンジである程度は美味しくなるかもしれませんが、そこまでするのならベースフードにこだわる必要はないでしょう。

ベースブレッドに関してはそこまで味について悪い評価はありませんが、プレーン味およびカレー味はまずいとの口コミがいくつかあります。

全体的に見て味にメリットはないと考えられるので、普段から食事の味にこだわりを持っている方にはおすすめしません。

目次へ戻る

なんらかの効果を期待するものではない

ベースフードはあくまでも必要な栄養素のバランスが良い食品であり、これだけ食べ続ければ健康になることを保証するものではありません。つまりカロリーメイトみたいなものなのです。

一方で良い口コミの通り、低糖質で腹持ちが良いのでダイエット効果も期待できるのは事実です。理論上、ベースフードだけ食べ続ければ、摂取カロリーも大幅減となるため痩せられる可能性は高いです。

しかし、毎日ベースフードだけを食べ続けるのは難しいでしょう。ジャムなど塗って食べやすくする方法もありますが、それではダイエット効果が失われるため本末転倒です。また変わり映えしない食事はかえってストレスに感じてしまうこともあるので、毎日食べるのではなく、週に2回から3回などセーブして食べるなどの対策も必要になるでしょう。

目次へ戻る

ベースブレッドとベースパスタの違い

ベースフードには「ブレッド」「パスタ」「クッキー」の3種類があります。そのうち主食になるのはブレッドとパスタの2つです。

3種類の中でおすすめなのはブレッドで、調理が不要で味もベースパスタより悪くないとの評判が多いからです。実際にベースパスタは単体で食べても美味しいものではなく、美味しくするためには何かしらのアレンジが必要で手間がかかります。一方でベースブレッドに関しては好みもありますが、中には単体で美味しいものもあるのです。

種類の多さにも違いがあり、ベースブレットは5種類(プレーン・チョコレート・シナモン・メープル・カレー)でベースパスタは2種類(アジアン・フィットチーネ)です。ベースブレッドのほうが種類が多いため、パスタよりも飽きにくいです。

またベースブレッドは、ベースフードのコンセプトである「簡単に栄養補給」にマッチしています。調理する必要がなく、そのまま食べられるのは大きなメリットです。

一方でパスタに関しては、タンパク質が高くボリュームも大きいとの利点があります。しかし先の通り味に不評が多いことと調理にひと手間かかるため、そこまでするなら最初から自分できちんと調理した方が満足度は高いはずです。

目次へ戻る

ベースフードはどんな人におすすめ?

ベースフードの利用に適している人を紹介します。

目次へ戻る

偏食の人

ベースフードは栄養バランスが良いので偏食な人におすすめです。例えば野菜が苦手だと食物繊維やビタミン・ミネラルなどが不足する可能性がありますが、ベースフードを食べれば野菜を摂取することなく補えます。

一般的な食事だと、どうしても糖質や脂質を過剰に摂取しがちです。成人病を招いたり肥満につながったりなど、大きな問題を抱えることも少なくありません。

肉が大好き、ご飯やパンが大好き、といった方にこそベースフードはおすすめです。

目次へ戻る

食事の時間を短縮したい人

普段、忙しいなどの理由で貯食を抜いているような人にもベースフードはおすすめです。お話したとおりにブレッドの場合は、特に調理することなくそのまま食べられます。それでいて、1日に必要な栄養素の3分の1が効率的に摂取できるのです。

目次へ戻る

まずは単発利用で味を試してみよう

いきなり継続利用するのは不安な方も多いでしょう。そこで活用してほしいのが、ベースフードの単発利用です。

「1回あたり2,400円以上の注文」の条件をクリアすると単発利用ができます。別途送料が500円かかるため最低でも2,900円かかりますが、継続コースの契約に踏ん切りがつかない方は是非活用してみてください。

ただ継続コースには縛りはなく、1回の利用で解約も可能です。 継続コースは初回20%オフ、2回目以降10%オフになるため最初から継続コース利用の検討もおすすめです。

目次へ戻る

ベースフード
  • 複数栄養素の1日の摂取目安の1/3が摂れる
  • パン16袋セットが初回3,156円(税込)!
  • いつでも簡単に解約可能

パン1つ食べるだけで複数の栄養素をバランスよく摂取できる。完全栄養食であり、普段の食事が偏りがちな人や、食事に時間が割けない人におすすめ。ただしコストはそこそこ高いので、本当に必要なものかどうか見極めが大切だ。まずは単品購入やスターターセットで試してみよう。

キャンペーン情報

初めての契約+下記条件クリアでAmazonギフト券300円分をプレゼント

  • 継続コースの初回利用
  • 商品価格が1,500円以上(税込・送料別・割引後価格)

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

格安SIM 簿記 中国語検定 アメックス ACマスターカード