暮らしの達人 >> ウォーターサーバー >> 基礎知識・コラム > ピュアウォーターとは何か?特徴や安全性

ピュアウォーターとは何か?特徴や安全性

公開年月日 : 2016/09/16 更新年月日 : 2016/09/16

ミネラルや不純物を取り除いた水

ピュアウォーターとは、 水分中に含まれる細菌などの不純物だけでなく、ミネラル成分も限りなく除去した状態の水のことです。市販されているミネラルウォーターや、ウォーターサーバーの天然水、RO水などは、ミネラル成分を損なわないために、ろ過や加熱殺菌などの処理を必要最低限に抑えていたり、成分や風味のバランス整えるために、ミネラルを添加したりしているものがほとんどです。しかし、ピュアウォーターは、不純物と一緒にミネラル成分も除去してある上、ミネラル成分の添加もしていない水です。水分中に水分子以外はほぼ含まれていない、純粋な水と言えることから、ピュアウォーターと呼ばれています。

超軟水なので赤ちゃんにおすすめ

水は、含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって軟水と硬水に分類されます。成分量が少ないと軟水、多いと硬水となります。ピュアウォーターは成分量がほぼ0に近い水なので、超軟水と言われるほどの軟水になります。超軟水と言うほど成分量が少ないと、消化する成分がほとんど無いことになるので、消化器官に極力負担をかけなくて済むメリットがあります。このことから、消化器官が未発達な赤ちゃんのミルク作りなどにとても適した水だと言われています。

逆に、硬水などミネラルが多く含まれている水は、赤ちゃんのお腹には負担がかかりすぎてしまいます。そのため、消化不良を起こしやすくなってしまうことから、適さないとされています。

胃腸が弱い人、腎機能が弱い人にもおすすめ

消化器官への負担が少ないピュアウォーターは、胃腸が弱い大人の方の水分補給にも適していると言えます。また、高齢などによって腎機能が弱っている方、腎機能に疾患がある方の水分補給にも適していると言われています。

腎臓は体内の老廃物など不要なものを尿として外に出す働きをはじめ、色々な役割を担っている臓器です。その役割の1つに必要なミネラルを体内に吸収させる働きもあります。そのため腎臓が弱いと、ミネラルを多く摂取すると、腎臓に過度な負担がかかり、体に悪影響が出ると考えられます。その点、ミネラルをほとんど含まないピュアウォーターなら、腎臓に極力負担をかけずに水分を摂ることができます。

ピュアウォーターを取り扱っているウォーターサーバー

ピュアウォーターと言えばアルピナ

ピュアウォーターの代名詞と言えるくらい、ウォーターサーバー業界ではアルピナが有名です。価格も安く注文ノルマもないという利用のしやすさも魅力です。ピュアウォーターを扱っているウォーターサーバーの利用を考えている方は、まずアルピナがおすすめです。

アルピナ(公式サイト)

放射性物質が気になる方はハワイウォーター

ピュアウォーターを扱っているもう1つのブランドがハワイウォーターです。ハワイで採水した水を使っているので、他のどの国内のウォーターサーバーよりも、放射性物質に関しては安全だと言えるのが特徴です。ピュアウォーターを利用したいけど、国内の水は放射性物質のことが気になって仕方がない方は、ハワイウォーターを利用するのがよいでしょう。

ハワイウォーター(公式サイト)

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

フレシャス サントリー天然水サーバー コスモウォーター クリクラ