暮らしの達人 >> ウォーターサーバー >> 基礎知識・コラム > ワンウェイ方式とリターナブル方式の違い

ワンウェイ方式とリターナブル方式の違い

公開年月日 : 2016/09/30 更新年月日 : 2016/09/30

ウォーターサーバーのボトルタイプには、ワンウェイ方式とリターナブル方式があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。ここでは、それぞれのボトルタイプのメリットと選び方について解説していきます。

ワンウェイ方式のメリット

ワンウェイ方式の特徴はボトルを使い捨てられることです。返却する必要がないので、空ボトルの置き場所がいらないメリットがあります。

また、ボトルに空気中の雑菌が入りにくい仕様になっているため衛生的です。 交換が楽な軽量サイズのボトルがあることや、ボトルのコンパクトさを活かしたオシャレなデザインのサーバーがあるのも特徴です。

メンテナンスを簡単なセルフメンテナンスだけでOKとしているサーバーがほとんどなので、メンテナンス料がかからないメリットもあります。

リターナブル方式のメリット

リターナブル方式は、毎回ボトルを回収して洗浄・殺菌を施して再利用する方式です。使い捨てのワンウェイとは違い、ゴミを出さないので環境にやさしいと言えます。また、自社配送をしているところがほとんどなので、何か困ったことがあれば、配送時に直接業者に相談できます。

リターナブル方式の業者は、ほとんどのところが定期的にサーバーメンテナンスを実施しています。利用が長期にわたる場合、セルフメンテナンスだけだと衛生面に不安も出てきます。その点、業者によるメンテナンスがあれば、より安心して利用できます。

ワンウェイ方式とリターナブル方式はどちらがいいのか

どちらの方がいいのかは、一概に言えるものではなく、利用者のニーズによって変わってきます。

ボトルを使い捨て出来ることを重視したい方や、なるべく楽にボトル交換をしたい方、サーバーのデザインにこだわりたい方などはワンウェイ方式がよいでしょう。

一方、日頃から環境に配慮した生活を送っている方、置き場所のことよりもゴミを出すことの方が面倒で嫌だと思う方はリターナブル方式を検討してみましょう。

ボトルタイプにはそれぞれ違った特徴があります。それぞれの特徴を比較検討してみて、より自分に合ったサーバーを選ぶとよいでしょう。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

フレシャス サントリー天然水サーバー コスモウォーター クリクラ