暮らしの達人 > サブスク > 家具のサブスク「AirRoom」の評判まとめ

家具のサブスク「AirRoom」の評判まとめ

公開年月日 : 2022/02/16

AirRoom

画像引用元:家具・家電のレンタル・サブスクするならairRoom(エアールーム)(2022年02月16日取得)

お申込みはこちら

家具や家電を月額500円からレンタルできるサブスクサービス「AirRoom」について、その評判からわかるメリットデメリットを紹介していきます。良いサービスだとはお思いますが、活用方法を覚えておかないとかえって損する可能性もあります。おすすめの使い方も紹介するので、参考にしてください。

AirRoomとは?月額500円から家具をレンタルできるサブスクサービス

AirRoomは、2018年10月に正式リリースされた個人・法人問わず利用できる家具の月額制レンタルサービスです。レンタル料は家具によって異なり最安500円(税込)から利用できます。

家具をレンタルすることで、不要になった場合は返却すれば良いので処分の手間が省けるのが最大の魅力です。引っ越しや単身赴任、模様替えや購入前のお試し利用、さらに法人のオフィス家具など様々なニーズに応えられます。

一度利用し、季節の変化や利用者数の変化など環境に変化があった場合は交換することも可能です。保証もあるため、安心して利用できます。

一方で家具のサブスクならではのデメリットもあるので、メリットともにそれぞれ詳しく紹介します

目次へ戻る

AirRoomの良い評判

まずはAirRoom利用者の良い評判4つをまとめてみました。それぞれ解説もしているので、利用者がどのような点に満足しているか確かめてみてください。

目次へ戻る

買う前にレンタルできる

良い評判で多いのが、買う前にお試しで部屋に置けることです。返却期限はなく、気に入ればそのまま購入できます。サイズや使い心地などで迷っている場合は、まずレンタルしてみて、実際に部屋に置いて試してみましょう。

購入価格は、商品価格からレンタルで利用した料金を差し引いた額です。したがって、定価が33,000円のソファーを月額3,300円で3ヶ月レンタルした後にそのまま購入すると、33,000円-(3,300円×3ヶ月)となるため23,100円で手に入るのです。

目次へ戻る

3ヶ月経過後はいつでも返却・交換可能

仮に気に入らなかった場合は、3ヶ月経過後から返却可能です。交換も可能で、交換の際には返却時の送料は無料です。なお、通常送料については悪い評判で紹介するのでそちらもあわせて確認してください。

交換(返却)方法も簡単で、マイページの注文履歴から返却希望商品のページへすすみ「交換」ボタンを押して手続きをすすめるだけです。

目次へ戻る

他社サービスよりも対象地域が広い

以前は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のみの対応であり、対象範囲は狭かったです。しかし2022年2月現在では、1都3県に加え群馬・茨城・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良(一部提供外)と範囲が圧倒的に広がりました

東京都・千葉県・神奈川県の離島は対象外であり、埼玉県も一部対象外の地域がありますが、その他の府県は全域を対象としています。

目次へ戻る

保証があるので通常使用範囲内の傷は不問

家具のサブスクを利用する上で、どうしても心配になるのが傷です。家具なので、使用しているうえである程度の傷が発生することは想像に難くありません。

その点、AirRoomは保証があり通常の使用範囲の傷および汚れで別途料金を請求されることはありません

目次へ戻る

AirRoomの悪い評判

AirRoom利用者が不満に思っていることを3つ紹介します。

目次へ戻る

基本的には中古品

悪い評判の中で最も多いのが、中古商品であることです。もちろん全て修繕やリフレッシュ(クリーニングや消臭、消毒)をしています。状態があまりに悪いものが配送されることはありません。しかし気になってしまうこともあるかもしれません。また小さな子供がいる場合、ダニなどを原因としたアレルギー反応が出る可能性もあるので要注意です。

目次へ戻る

送料がかかる

送料が商品ごとに設定されていて、大型家具なら3,300円かかります。返却時にも同様の送料がかかるため、大型家具になると往復で6,600円もかかるのです。結構な金額になるため、頻繁なレンタル商品の変更は大きな負担です。

なお、組み立ても含めて依頼する場合は送料がさらに高くなります。大型家具の場合、組み立て配送を依頼すると片道送料が倍の6,600円です。大きな負担になるため、基本的には分解された状態での配送の利用がおすすめです。

ただし炊飯器など小さめの家電なら送料無料もあるため、使い方によっては送料の影響はおさえられるでしょう。

目次へ戻る

コスパは微妙かもしれない

近年では格安家具を販売している店舗もあり、わざわざレンタルする必要はない、と感じる人もいます。また送料がかかることや、サブスクサービスなので長く使えば使うほどコストがかかり、場合によっては買った方が安いということにもなりかねません

また家具のコーディネート診断と呼ばれるものも行われていますが、1回あたり16,500円(税込)もかかりるため利用者の評判はよくありません(オプションなので利用しなくてもOKです)。

目次へ戻る

AirRoomのおすすめな使い方

AirRoom利用者の良い評判および悪い評判を踏まえると、短期間で買い換える可能性が高い家具のレンタル、さらにはお試し感覚での使い方がおすすめです。

目次へ戻る

短期間で買い換える可能性が高い家具を借りる

たとえば、「季節によってカーテンを変えたい」「季節に合わせた照明を利用したい」「冬だけコタツを借りたい」など短期間のみの利用を前提とした契約がおすすめです。それならコストも高くならず、しかも使わない時は返却すれば良いので収納を圧迫せず部屋が片付かないとお悩みの方、そしてミニマリストの方も安心です。

目次へ戻る

お試し感覚で借りてみる

「部屋のサイズにマッチしたベッドのサイズがわからない」「椅子が欲しいけど自分にあっているものがわからない」などの時に、AirRoomを借りて試すことで失敗のリスクを減らせます。仮に借りたもので失敗しても返却して新たに合いそうなものを試せば良いだけであり、処分や収納の手間もありません。

目次へ戻る

AirRoom
  • 月額500円から家具や家電をレンタル可能
  • 気に入ったら購入可能!購入費用は累計レンタル料から差し引き
  • お試し感覚で家具を設置できる

家具・家電のサブスクサービスであり、気になる品をレンタルできる。不要になったり、イマイチだったりしたら返却や交換が可能。長期レンタルするとコスパは悪いが、購入する際には累計のレンタル料から差し引き可能。季節ものや試してみたい家具家電の利用に最適なサービスだ。

お申込み

目次へ戻る

格安SIM 簿記 中国語検定 アメックス ACマスターカード